« ハミガキ粉のモニター | メイン | 代わり映え »

2013年4月28日 (日)

MRIインターナショナル

Mri
 

MRIとはいうが核磁気共鳴画像とは関係がない。フルネームで「MRIインターナショナル」米国ネバダ州の資産運用会社で 投資商品を扱う。米国の診療報酬請求権を安く買い取り、日本の投資家向けに販売した。

 

 

銀行か証券会社を通しのでしょう。変わっているのが、MRIインターナショナルオフィシャルブログ。日本でだけとは思われますがオフシャルホームページが、アメーバーブログですって。フリーを使うのは節約か? 本国、米国ではどうしてるんでしょ。

 

 

 

MRIインターナショナルオフィシャルブログ - Ameba 

ameblo.jp/mars-mri-international/ 

MRIインターナショナルのブログ、MRIインターナショナルオフィシャルブログです。MARS投資商品をご購入いただいたお客様・ご家族の皆様専用のMRIインターナショナル公式ブログです。

 

 

まあ表現は勝手というか自由ですが……聞いた事もない、怪しいです。現在ではブログは閉鎖され、ありませんが今も画像のように痕跡は残っている。なお被害のほとんどが日本人と言われる。

 

 

 ネットのMRI記載では、核磁気共鳴画像を抜いてヒットします。年7%くらいの利子を付けたらしい。誰が引っかかったか、どこの銀行、証券会社が取り扱ったか? 記事内容からは不詳。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/394232/31462423

MRIインターナショナルを参照しているブログ:

コメント

「アベノミクス」便乗詐欺?が横行=国民生活センターなど注意喚起

 政権交代後の今年に入って、安倍晋三首相の経済対策「アベノミクス」などの言葉を巧みに使い、詐欺まがいの投資を持ち掛ける電話が全国で相次いでいる。国民生活センターは「印象深いフレーズで信用させる手口。惑わされないように」と注意を呼び掛けている。
 安倍首相の就任以後、大胆な経済対策の影響を受け、株価が上がり、円安が続いている。同センターによると、便乗した電話は1月末から散見されるようになり、最近は「新政権」という言葉がより強調されているという。(2013/04/29-14:34)時事ドットコム

コメントを投稿