« 2013年3月 | メイン | 2013年5月 »

2013年4月

2013年4月15日 (月)

かけはし拡大版と休載

Kakudai 紙の「かけはし」で123号を編集しました。今回はアベノミクス、熊本県の地域相談員研修2、岸洋子「さくらんぼの楽譜」、大橋巨泉さん、薬局通信、プライバシー、沢村貞子「老いの道づれ」他が若干という所です。

 

今回、画像のように「拡大してほしい」との声があり、その人の分をコピー機でA4からB4に大きくしました。これで1、2倍ほど大きくなる。A4はA3に大きくすれば2倍になり、よく見えるが逆に読みづらいと思います。見えると読めるは違う。

 

その人に限らず、弱視者の主張は「新聞も市政だよりも大きな活字を使っている。大きくしてもらえないか?」というものです。ところが「自分で対策を取るべき」の意見もあります。

 

私は新聞、市政だよりのもっと前から、該当者は大判で上げるべきの考えです。どちらかと言うと協会の方が「自分で対策を取るべき」の意見……結論は出ています。これに今さら論議を蒸し返す気はありません。

 

むしろ気になったのは……今まで見えた物がなぜ見えなくなったか? メガネが合わなくなったのならメガネ屋に行けばいいが、そうではなく視力が極端に落ちた。つまり眼科に行く必要はないのか?

 

白内障など老化にともなう眼病は手術が必要になる。本人がはっきり手術しない方針なら、それは自由ですが、怖がって病院に行かないだけなら……若干、お勧めした方がいい……かもしれない。まあ、余計なお世話であります。

 

もし白内障だったら現段階で、少しは「手術しない方がよかった」意見も聞きますが大多数は「してよかった」の意見になります。良かった悪かったの、詳しい分布は知りません。むろん私が手術の結果を請け負う訳にも行きません。

 

私としては、いいかも知れないトお節介かも知れないの間で迷っているところ。皆様の家庭でこういう事が問題になったら、どういう態度取られますか? 割とある話ですよ。どちらにしろ、お渡しする時に少しお話するつもり。

 それから本ブログの掲載を暫く休みます。ふく甲状腺亢進症のためふく甲状腺のひとつを切り取ります。4日間前後の入院になります。本ブログの再開は来週を予定しています。

2013年4月14日 (日)

るろうに剣心 映画

Ruro「るろうに剣心」を観ていて、こりゃどういう話だト首を傾げます。主人公はややこし過ぎ、副主人公の神谷薫の設定を見ます。神谷道場は、抜刀斎によって人切り剣道の悪名が立つ。薫は都内をうろつき抜刀斉を求める。

 

道場の汚名をそそぐ為、木刀を持って挑む訳だが、今は剣心と名乗る抜刀斉との果し合いはない。剣道に生きてきた薫だが、時代が変わって生き方を失ったト解釈すべきでしょう。理想的な時代などないのだが、そう信じたい。

 

剣や剣道に道を求めるトいうのは無理がないか? のみならず神谷道場から収入は上がらず、実は薫には経済的基盤はない。薫の状況の延長に剣心の状況があるト見るといちおう筋が通る。剣心は浪人で、新時代になっても生き方が見つかりません。

 

戦後の最初の頃は、生きるのに精いっぱいと言われました。食うに困らなくなって人々は、酒やタバコを呑む。贅沢の始まりです。贅沢と言われる事を1つづつ試しながら、自分の生き方は何だろうかと思うのです。

 

木刀の他にも刀だけでなく、逆刃剣とか馬倒剣とか奇妙な物が出てきます。人を殺すだけなら銃の方が早く、マシンガンはもっと早い。実は刀だけの時も、剣道が人の生き方でもあった事も幻想ではなかったか……ト思わせます。

 

三島由紀夫さんの「剣」という小説は、実は剣道を扱います。書いてる間に、三島は2段になったという。小説中には3段だ、4段だという話があります。段数が多くなると人間まで高級になったように喜びます。主人公は剣道部の部長です。

 

習慣に添って部長が、部員を指導します。夏休み合宿中は海で泳いではいけないトいう。しかし部員は指導を守らない、この部長は薬を呑んで自殺を遂げる。三島さんの最後を暗示するようで、ちょっと怖い小説です。

 

「るろうに剣心」も剣道にしがみついて、新しい生き方が見つからない人々ではないか? 私は思います。ここは冷たく突き放しているのでなく、私も健常者から身障者になった人間です。身障者はいくら健常者のマネをしても健常者には、なれません。

 

飢えなければよかった時代はそれだけ単純でした。メシの事だけ考えていればよかった。赤とんぼを口ずさんだ時代は、CDもオーディオもなく、歌うしかなかった。ジャズだクラシックだ、何を聞いて当り前の時代には知らない方が恥ずかしい。

 

トラウマは切られた傷が癒えない事で、切った相手のある事ではない。道場の中傷にしたって傷としては成立しにくい。この作者はトラウマ体験はないト思われる。適当な口実が欲しかっただけでしょうが、それが見えてしまう。

 

マシンガンに何とか刀で対応しようとする剣心が、昔の自分を見るようで痛いたしく……少しだけ笑いました。映画タッチはラストサムライに似るのね。米国資本だと、こういう感じになるのか? 面白い、どこでなるんでしょ。

 ●るろうに剣心本編 http://www.gooddrama.net/japanese-movie/rurouni-kenshin-2012

2013年4月13日 (土)

アンフィニッシュ・ライフ 映画

Anfin ロバート・レッドフォードとモーガン・フリーマンさんが出てくる西部劇というと観たくなるでしょ? ちょっとだけでも「明日に向って撃て!」みたいと納得します。西部劇というよりは、まあレッドフォード好みの田舎話か。

 

 

 

誰かと思うのはレッドフォードさん、頬ヒゲで目だけギョロっと偏屈爺さんを演じます。彼を除くと流麗な画像、実感のあるセリフです。監督は誰かと調べます。「アンフィニッシュ・ライフ」はラッセ・ハルストレム監督作品です。

 

 

 

スウェーデンの人で 75年に監督デビューで御年66才。けっこうな高齢で含蓄がセリフに染み出します。たとえば、

 「俺も長引くと息が切れる年でね、一気に勝負をつけてやろうか」なんてね。

 『ギルバート・グレイプ』や『サイダーハウス・ルール』で知られる監督。これ以後の作品には、

 

 

 

カサノバ (05)

 ザ・ホークス (07)

 HACHI 約束の犬 (09)これって忠犬ハチ公?

 親愛なるきみへ (10)

 砂漠でサーモン・フィッシング (11)

 The Danish Girl (12)というラインナップです。DVDを借りに行く時はリストにしましょう。

 

ジェニファー・ロペスさんが暴力男から逃げ回る役ですが、殴り返しそうな勢いで、とてもレッドフォード、フリーマンさんの出番はないような? ……外で打ちのめされ家庭内暴力に走る男は多いらしいです。

 

13才児くらいの女の子の出番が多い関係で、動物の出番も多い。猫が2匹にアライグマも名演技……あ、すっかり熊本名物になったクマモンも出て来ます。ただクマは演技でなくCGでしょう。そっくりに作って、何だってやらせるんだから。

 

……まてよトいう事は。猫ちゃん達もCGなのか? 猫が何をしても許せ、同じくクマがしたことも許せ。自動車事故や肝心な時に呑んだくれていたことも許せ。なぜなら、それは神のしたことだから。全体にそういう主張があります。

 

ただ、これを言うと日本では東日本震災の問題が出てきて、神のなさったことでは納得は出来ないでしょう。それでなくとも日本は因果応報、歯には歯を、すべての刑は極刑を持ってと成りつつある。それは寛容とは違う。

 

最後にはフリーマンさんも拳銃を抜き、それより先にレッドフォードさんはライフルをぶっ放す。こうでなければハッピーエンドが保たれない。ラッセ・ハルストレム監督のある意味、米国への批判がこもります。

 

地味だけど、そういう風に見れば鋭い内容です。しかし原題のままでは何も判らない。原作本は「果てしなき日々」でもう1つ。レッドフォードの「静かなる日々」とか何とかオールドファンに向けたタイトルには出来なかったのか。

 

●「アンフィニッシュ・ライフ」予告

 http://www.youtube.com/watch?v=6_C_8K_KnG8

2013年4月10日 (水)

天使の卵 映画

Tennsi歩太(あゆた)は美術大学を志向します。父も美術に才能を見せ、もう一方で精神を病む。だから父から引き継いだ才能に、歩太は屈託を見せる。屈託とはどういうことか? 視聴者には判らない。とりあえずは、ありそうな事とでも思えばいいか?

 

 

 

その父は結局、自殺してしまう。そうなると歩太にも自殺願望があるト思われる。だがそういう描写はない。私も精神障害はなく、体験は全くない。そういう意味では何も書けない。ただ青春は程度問題で、多かれ少なかれ危ないもんです。

 

 

 

私の病気、骨髄炎ですが、若い頃に何度も再発します。風邪のように微熱があって疲れた感じがして、病院に行くと「コレは何だなあ、暫く入院しないか?」と主治医に言われる……そういう体験なら何度かあります。

 

 

 

歩太の美大志向も、美大に行っても将来が開ける訳ではない。そこが屈託とすれば、すればだが何か判らない訳ではない。だが歩太のケースは、そういう漠然でもない。何なのか。はっきり言えば発狂、自殺不安ではないか?

 

 

 

その恐れが精神科医師、五堂春妃(はるひ)へ……言ってしまえば恋愛動機となる。恋愛感情は春妃へのあこがれらしいが、依存ではない……のか? 私の場合、それで入院すると同級生が学生看護師になって、私の病棟に回って来る……そういう事体となる。

 

 

 

hataさんって私と同級なの……中学が同じよね、そうよねえ」言われてイヤーな予感がする。予感は違わず、手術の際、その学生看護師は担当になって私に寄りそう。「あら偶然ネ」なんて言うが……

 

 

 

分担割振りのどこで、その学生看護師が自分で手を上げたのはミエミエ。つまり映画ケースと私ケースとは、ほぼ逆になっていると思う……断言はまだしない。それから先に言っておきますが私ケースは恋愛に、なりません。

 

 

 

映画ケースで、歩太は春妃の絵を描きます。絵を描く行為そのものが、恋愛感情の発露になる。そういう意味になっている……好きでないと描けないか。惚れると描き易い、そこは事実と思うが、だから描けないというのでは絵描きではない。

 

 

 

ちなみに学生看護師は男兄弟がなく男は不得手でした。このままでは看護師として失格。その辺を克服する為に私をモルモットに選んだらしい。看護の別の学生看護師に聞き出し、少なくとも前半は確認しています。後半は勘です。

 

 

 

つまり歩太は、美大を志向した動機が甘い。あこがれの対象は若い時はいっぱいあります。しかし中年にかかる時から、その対象は少なくなって、やがて全く無くなる。それが現実、歩太は理解した後は描けないと言う。そこに問題がある気がします。

 

 

 

つまり、あこがれとは何だかよくは判らない事です。判らない事も接していけば次第に判る、するとあこがれは消えてしまう。むしろある理解から関係付けを始める。就職とか結婚とか、一生から見れば、そういう出発が大切になります。

 

 

  ●「天使の卵」本編 http://www.youtube.com/watch?v=DOByBdfHO_0

2013年4月 9日 (火)

自信の根拠

Kumamin自信にも判断力にも限界がある。しかし自信も持たず自分の判断力もないで何かすることは、おそらく誰にも出来ない。どう問題点を指摘されようと……自信ではなく自信めいた何かで判断を下し、それは行われる。

 

 

 

『テレビで「アポロは月に行かなかった」という説をキッシンジャー等ニクソン政権時の政治家へのインタビュ ーを通して実証するという外国(ママ)の番組が紹介された。実はエイプリルフール用に作られた冗談番組だったというのがオチなのだが……』

 

 

 

たとえば米国のプライドの根拠は、アポロで月に行った事であり、逆に不安はニクソン時の不正にある……ト考えてもいいでしょう。しかし、その辺の状況をギャグにして笑う、笑えるという事に米国の強さがあります。

 

 

 

宋文洲(ソウ・ブンス)@sohbunshu1さんはツイッターに関心が高い。4月8日にも記載されている。「やる気を口癖にする社員のその後を、長く観察してきたが、仕事でよい結果を出していませんね。やる気で仕事が進む訳でもないし、やる気を口に出す奴にやる気がある訳でもない」

 

 

 

宋さんは中国から日本に留学して、そのまま中国に帰らない人です。このコメントは日本へ向けるものか。中国に向けるものか、それとも一般論なのか、よく判らない。最後のだろうとは思うが、よくは私には判らない。

 

 

 

アポロが悪い冗談になるように、やる気も冗談になる。米国がニクソン体制時のアポロに実感が持てないように、日本も経済大国だった時の実感は持てていない。夢の中の一瞬のように過去を受け止めるだけだ。つまり、やる気を自信に代えて判断する。

 

 

 

もっと言えば昔の元気が、今もあればあの時にもどれそうな気がする。ツイッターでの宋コメントは、その辺を揶揄するようにも見える。フジだの朝日放送だのと宋さんはTV出演が多い。その有名ぶりに比べればツイッターの支持者は少ない。あるいは宋さん自身がそうかも知れない。

 

 

 

むろん半信半疑では判断が降りないが、73か64なら可能性からそう判断せざる得ない。ほんの短い時間、先回りして判断が下される。よい結果に導く判断と、やる気には関係がない。この洞察に私も共感します。

 

 

 宋さんの洞察は、こうして次の洞察につながって行く。それはアポロとニクソンの関連付けに似ている……宋さんの笑顔にエイプリルフールの悪い冗談と、同じ根を感じる。おそらく誰も自信の行動は出来ない。どう問題点を指摘されようと……自信ではなく自信めいた何かで判断を下し、人は行動に移す。

2013年4月 8日 (月)

痔核硬化療法

Ji 先日、痔の手術をします。チクチクチクと3ヶ所から薬を注入しただけで、手術というには大袈裟です。痔核硬化療法(内段階法)というので、実質は注射での処置です。

 

 

 

それで行った病院は、先に出した慈恵病院です。上手いです、痛くありませんでした。場所にもよる。画像でいうとあまり手前だと逆に痛い、私と同じ症状なら同病院を推薦します。

 

 

 痔も早く処置すると軽いが、まあ死ぬまで行きたくない。しかしそういう訳にも行かず、貧血を起こすように悪化してから行く人もあるそうです。そうなると注射じゃ済みません。

2013年4月 6日 (土)

プライバシー

Hyouzi先刻、覚えのない保険会社から電話がかかります。知らない名前の問い合わせです。念のために自分の名前は言わず、間違いの旨のみを伝えます。楽しくない事ですが監視社会が、すでに始まっています。

 

 

 

 岡山県教育委員会の職員が、県立高校の部活動で体罰があったとする匿名の電話を受けた後、電話機に表示された電話番号から情報提供者の名前と住所を調べ、学校側に伝えていた事が判ります。

 

 

 

この職員は、電話番号をインターネットなどを使って、名前と住所を把握した。教育委員会は職員の行動を問題ないと発表しています。事態を裏返せばどうなるか……あなたは自分の電話番号を調べたことはありますか?

 

 

 

 現在、ネットでは電話番号の持主を調べて、名前や住所を割り出すのは難しくない。むろん商用内要などは、すでにネットに登録されている。また完全な個人でも間違い電話の対応などから、相手がその時の模様を書き込んでいる。そういう場合もある。

 

 

独身女性が代表的にはなるが、家族が少ない男性でも、あるいは身障者でも、個人情報は電話から読み取られては、ならない。なぜならそれを知られれば犯罪対象に選ばれる……その可能性を思うべきでしょう。

 

さて非通知発信って何だったか覚えています? 電話の通知・非通知発信を意識して使ってますか? 電話番号の頭に入れる「184」は先方の電話設定が通知、非通知に関係なく番号が表示されない。

186」は先方の電話設定の通知、非通知に関係なく、こちらの番号が表示される……また、いかに善意であっても教育委員会は、その意図は汲んでくれないとも思うべきでしょう。

 そうそう私にかかってきた、覚えのない外資系保険会社、TVなどでは有名な会社です。電話でそう言っているだけ、本当かどうかは判りません。その通知番号はKDDIのケータイです。間違い電話のふりして怪しいリストを作ってないとは、言い切れません。

2013年4月 2日 (火)

GoodDramaNet

Good

前にも書きましたが「GoodDrama.net」という謎のインターネット局があって、日本映画やTVドラマをyoutubeを使って動画アップしている。ソースはDVDやエアチェクした放送という所まで判ります。

 

当然、著作権侵害ケースと考えられます。しかしグッドドラマネットが何処にあるかの所在すら不明で……しかしCMは日本企業からも取っている。企業でいえばユーセンあたりと似た内容仕事をしている。

 

ただ観る側からはフリー、無料の大盤振舞いです。韓国ソースや日本ソースが多く、それぞれ3分の1。台湾ソースと香港ソースに中国ソースを合わせても3分の1か? これを著作権と見ると1番割を食うのは日本になる。

 

海上保安庁がいくら海を見回っても、侵される著作権はいかんとも仕難く、大砲も機関銃も空をにらむばかりです。日本の防衛費はすでに高く(世界3番目か)本年はなお充実されるらしいが、守りの限界もはやミエミエなのです。

 

もっともネットを観る側に回れば、映画「13人の刺客」やWOWOWドラマ「贖罪」フジTV「カラマーゾフの兄弟」といった珍しい動画が熊本でも観れる。ついでながら「篤姫」や「セカンドバージン」といったNHKドラマもあります。

 

特に連続ドラマは毎週切れ切れにではなく、コーヒーとスナック菓子をお供に、休日や夜中の一気見が迫力ですなあ。この所の日本作品は悪は大きいが善が小さい。つまり良くない事が幅を効かせ、良い事の出番がない。

 

そういう犯罪の描写をくり返し内向きです。オチやネタには実父の娘への欲望だったり、母がそれを嫉妬するというような、後味の悪さが残る……私も辟易し、これなら犬猫の映画の方がまだマシと思ってしまう。

 

県もこういった近親関係を人権問題として位置づけ、相談員にも気をつけるよう促す。その意味は正しい。状況は弱者の袋叩きに向いている。家庭内では子供や老人や身障者が被害者になり、社会は特定外国人や生活保護者を目の仇にする。

 

ドラマはフィクションだけど、そういう意味では現実反映です。誰が主催しているか知らないが、私も、そういう意味ではグッドドラマネットに反対しない。そのためには映画やドラマの感想が国を越えて交換できたら、意外な道が開けるかもしれないからです。

 

●スパイウェア、パソコン性能低下の表示は気にしないで、むろんクリックもしないで。探索等でタイトルを選ぶのだが……使い勝手は日本向けではない。

 http://www.gooddrama.net/

2013年4月 1日 (月)

大橋巨泉さん

Oohashi ラジオで大橋巨泉さんを聞きます。久しぶりだが言われる事は変わらない。話のネタはコンビニのおにぎりで「100円は安い」という。レンジで暖めてもらい自分でノリを付けるとパリパリのお握りになるト、初めて気が付かれたらしい。

 

巨泉さんも79才、つまり3、40年も時代錯誤のもようです。温かくてノリがパリパリのおにぎりは、確かにおいしいのだが、あれをおにぎりと言うかどうか? コンビニおにぎりは握って固めたものではない。

 

機械で絶妙に柔らかく、ふわっと丸めた物で、おにぎりとは似て非なる食べ物と、私は認識する。2・22「ひとりの時代」に「スマート飯」という道具を紹介してます。先日、似たような物でオニギリケースをみかけます。

 

自宅で飯を詰めて持ち歩く、一種の弁当箱です。つまりコンビニおにぎりが高いと思う人があって58円のおにぎりケースを買う。そういう現実な訳です。巨泉さんはカナダに出店の富豪です。普段は伊東に自宅があって、たまたま仕事でコンビニを使う。

 

そういう物を初めて判られる……まあ、そこまではいいんですが「コンビニ飯、これ食ってヘルスに行ってれば若者は結婚しない訳だあ」そういう部分もあるだろうが、問題発言ですなあ。巨泉さんは自分の若い時の感覚のまんま、今を見ている。

 

若い人は現実は見ない。寸暇を惜しむようにゲームをする。巨泉さんは親といる時は親と話せ、そう言いたいらしい。伊集院静さんが親から聞いた話を書いているト、言うのです。伊集院さんは若い時には、親のいう事が素直に聞けなかった人です。

 

そこは飛び越し「将来の為に親のいう事を聞け」トとまあ、言いたいらしい。巨泉さんも実の娘たちと縁が遠いのではないか? つまり話を聞いて欲しい……親の話は役に立たない、あまりはっきりいうと何なのだが、実は未来自体が少ない。

 

日本は増税で未来がない。世界では普通に貧乏な人ほど沢山食べる。それで一番、貧乏な人には食物が回らない。若い人はそれを直感で理解している節がある。それで現実を見ず、ゲームの世界に逃げ込むと私は思っている。

 

巨泉さんは「100円は安い」「コンビニ飯、食ってヘルスに行ってれば若者は結婚しない訳だあ」「将来の為に親のいう事を聞け」などなど、聞くに堪えない。しかし判りやすい放言をくり返した後に「やはり人類は滅びる」との結論を下す。

 若者と老人とどっちが悪いか、老人が悪いに決っている。私と巨泉さんとどっちが悪いか、大差はないかもしれない。希望がないのではなく小さく、大きな絶望の間に隠れるほどに……希望の可能性は低く限られているトいうだけの事。

健常者にはどうあれ、身障者にとって現実はいつだってそうだった。今さら驚くべきことではありません。