« 2013年3月 | メイン | 2013年5月 »

2013年4月

2013年4月30日 (火)

他人の顔 映画

Taninnokao 安部公房さん「他人の顔」映画化を観ます。その前に「砂の女」も観ますが、砂の女は小説からの大きな変更はなく、忠実な再現になります。他人の顔の原作は観念的な進行が多く、ラストも主人公と妻の破綻を待つばかりとなる。

 

他人の顔の映画版には、担当の精神科医師が登場し、主人公と対話の内に物語が進行して行く。顔を火傷した主人公が何を求めて仮面を作るか? 顔の持つ意味、自由の意味が哲学的というか、形而上学的に展開する。

 

主人公に仲代達矢、医師に平幹二朗、主人公の妻に京マチ子ほか、岸田今日子、岡田英次、千秋実、市原悦子さんといった役者が脇を固める。映画では副主人公としてケロイドの女、入江美樹さんが出て来る。若い女性の顔のケロイドは人生の意味がない。

  

これではっきりするが、顔がない事は、ほぼニヒリズムを意味する……女は兄と性体験し、入水自殺を遂げる。主人公が妻を誘惑するという仮面の意味は、つまり性的な展開からしか、自由の可能性はないトの意味になる。

 

少し厳密に意味をいうトすれば、ここでの精神科医師はフィールドワークというか現地取材を兼ねて行動する。たとえば仮面を作るために一万円札をチラつかせて型取りのモデルと交渉したり、モデルの男を井川比佐司さんが演じる。

 

性だから売春を計算内にすると話は簡単になる。肉親や元カノ、元カレといった既成関係から流用すると、その次に簡単になる。難しいのは肉体関係に心通わせ、違う成果を期待する場合です。妻を誘惑して復讐とするか、高揚感に酔いたいのか?

 

安部さんが他人の顔を書いた時、大江さんは「個人的な体験」を書き、三島さんは「剣」を書いた。つまり障害児を抱えて生きる意味や、剣道で何が出来るか意味を考えていた……安部さんは医学部を出るには出たが、医師の開業免許は取れなかった。

 

赤貧の中で小説を書いた時期があった。その中からも性は性という結論を出している……言い換えればニヒリズムからの脱却がテーマになる。かなりの長い時間、性を意識して暮らし、やがて卒業の時間とはなるが脱却という事にはならない。

 

長い影法師のように性がまつわりつく。先日も77才の女性が、79才の男を結婚詐欺にかけたとか、フロイトの説は奇妙な形で立証される。長い間、性に引きずり回された過去からも簡単に抜け出す訳にも行かないのだろう。

 

自由は自立と背反する。映画のような医師の存在を置いても、なお孤独という言葉を負わされる。情報収集と、多い情報から判断がつけば、孤独は自由という言葉に変換される。仮面はロボットスーツにも、いや、ただのコンタクトレンズにも変えられる。

 ●他人の顔 本編 http://www.gooddrama.net/japanese-movie/the-face-of-another-movie

2013年4月29日 (月)

代わり映え

Purius無難な選択をすると映えない。普通にすぎて自己主張は出来ないからです。ふとガラスに映った自分が、地味で消えたように見える……まあ何ごともそう言えばそうですが、つまり具体的にはどう言ったらいいんだろう?

 

 

 

自動車選びはカローラを選ぶのが「良い」と聞きます。一番、ありえる選択で、それが結局は間違いがない。カローラは今まで積年生産台数から一番、売れた車で、現段階でもハイブリット化はされていない。そのカローラに次ぐのは、むろんプリウスだろう。

 

 

 

ここで話を少し変える……ラジオで久米宏さんが言っていた話です。車体はグレーが、いいそうです。一番汚れが目立たない、目立たないついでに一切、洗わない。汚れの上に汚れを載せて、意図する訳ではないだろうが……

 

下取りに出すまで一度も洗わない。つまり買い替えが決って下取りに出す時、初めて洗うと、地肌はキレイなままトいう……それが合理的なクルマの乗り方というが? なにせ久米さんの話ですから若干と言わず、作った可能性がある。

 

下取りに出すまでトは言うが、車検には出さなければならない。車検も今ではメーカー車検の他に、スタンド車検など、いろいろ安い車検もあるが、大抵は洗車サービスをするだろう? つまり、私はこれを嘘とは言わない。

 

話として久米さんが面白くした可能性がある。グレーは灰色、ドブネズミ色、心理分析ではシルバーも同じ扱いになる。久米さんの話ぶりは派手だが、あれは職業柄、落語を研究して会得したトーク術で、本来、あの人はあの性格ではない。

 

ドブネズミ・ルックは一時、日本でのスーツの色を揶揄して言われた、言い方で。スーツを車体のカラーに変えても、人に見せる外側という意味で、あまり変わらない。ドブネズミがシルバーに変わっただけ……むろん私は揶揄する気はない。

 

この際、カローラでもプリウスでも大差はない事になる。ドブネズミをシルバーに変えた程度のこと。ある日、男が自分を変えようとクルマの買替えを思い立つ。灰色の古いカローラに乗って郊外のカー販売の店に訪れ……

 

ある日、もう若くなくなったお嬢さんが、いやお嬢さんとも言えなくなった女性が、白いカローラに乗って販売店を訪れる。ホンダ店の前で迷い、日産店の前も行き過ぎる。それで結局、いつもトヨタ店に入ってしまう。

 

男は灰色のカローラを降り、セールスマン氏に声をかける。「このカローラに飽きあきしたんだ。だからと言って有りがちなプリウスは勧めてくれるな……なんか違うクルマはないか?」

 

「もう白いカローラは嫌、何か違うクルマはないの?」あの女性も似たような事を言います。それでセールスマンはアクアを勧めます。パールホワイトのアクア……一方、カローラの男もアクアを勧められる。いろいろ迷いますが結局、色も無難なシルバーにします。

 

変えようという思いだけで何かが変わる訳ではない……まあ何ごともそう言えばそうだが、具体的にはどうしたらいいんだろう。そう、トヨタ店のショーウインドウに映った自分にため息をつく。なぜ自分は代わり映えしないんだろうト……

 

2013年4月28日 (日)

MRIインターナショナル

Mri
 

MRIとはいうが核磁気共鳴画像とは関係がない。フルネームで「MRIインターナショナル」米国ネバダ州の資産運用会社で 投資商品を扱う。米国の診療報酬請求権を安く買い取り、日本の投資家向けに販売した。

 

 

銀行か証券会社を通しのでしょう。変わっているのが、MRIインターナショナルオフィシャルブログ。日本でだけとは思われますがオフシャルホームページが、アメーバーブログですって。フリーを使うのは節約か? 本国、米国ではどうしてるんでしょ。

 

 

 

MRIインターナショナルオフィシャルブログ - Ameba 

ameblo.jp/mars-mri-international/ 

MRIインターナショナルのブログ、MRIインターナショナルオフィシャルブログです。MARS投資商品をご購入いただいたお客様・ご家族の皆様専用のMRIインターナショナル公式ブログです。

 

 

まあ表現は勝手というか自由ですが……聞いた事もない、怪しいです。現在ではブログは閉鎖され、ありませんが今も画像のように痕跡は残っている。なお被害のほとんどが日本人と言われる。

 

 

 ネットのMRI記載では、核磁気共鳴画像を抜いてヒットします。年7%くらいの利子を付けたらしい。誰が引っかかったか、どこの銀行、証券会社が取り扱ったか? 記事内容からは不詳。

2013年4月27日 (土)

ハミガキ粉のモニター

Hamigaハミガキ粉の使い分け、やってますか。湯やコーヒーや熱いものが歯に染みる。あるいは冷たいものは苦手、痛いというには及ばないが……歯科でそう言ったら何だか薬を塗ってくれます。それで「様子を見ておいて」トいう。

 

まずこれが知覚過敏。温度に反応、何もしなければどうもない。春先や秋にだけ湯が染みる……軽い程度の知覚過敏で、何もしないのに痛い、そうなると知覚過敏と、もう言わない。そこまでヒドいのは痛みは……歯科で対策を講じましょう。

 

(画像、1番上)シュミテクトや、ハミガキ粉での対応は無理、ト思う。歯科医に聞いて下さい。たぶん知覚過敏段階で、シュミテクトのモニターに応募しました。説明書を読むとマイクロの粉が、歯の過敏穴を埋めるらしい。

 

「先月、塗った薬も理屈は同じです」ト歯科医の説明。シュミテクトを2、3回使うと知覚過敏は改善します。説明書には続けて使うようにと書いてあるが、いわゆるハミガキ粉としては物足りない。私は普通の安いハミガキ粉に戻します。

 

「それでいい。また染みるようになったら使って下さい」歯科衛生士はそう、お墨付きを出す。ネットで検索すると同じような説明がされる……一種類のミガキ粉で対応する時代ではなくなった、ようです。使い分ける事が大事……

 

トいうと偉そうですが私の歯が老化し、ひとつのハミガキ粉では足りないとも言えます。2番目はディープクリーン(液体)は歯槽膿漏、歯肉炎を防ぐハミガキ粉です。電動ブラシで使うと、その意味での相性は液体の方がいい。

 

液体ハミガキ粉は、デンタルリンスとも言うそうな……これもモニターにもらったのです。新しいのは味、ミントではなく緑茶です。刺激も強くないので、水でクチュクチュやらない方がいいのではないでしょうか? ブラシだけ洗って、すっきりお仕舞い。

 両者中間を取って買ったのが下、ディープクリーンセンシティブ。知覚過敏と歯槽膿漏の両対策になります。電動用の液体はどうするつもりかって? 液体ハミガキは実は、また別のをモニターしてます。画像にも出してないが、もっと調べ、今日の続編にします。

2013年4月26日 (金)

スパイボットつけてます?

Spybotパソコンの起動が遅くなります。加えて動画の読み込みも遅く……これは先にウィンの更新があってからのような気がするが確かな根拠はない。原因は特定できません。ウイルスチェックもやるが異常はない。

 

ウイルスの次にスパイが問題になる。ウイルスソフトを有料の物に代えてから、スパイも一緒にチェックするだろうト、アテにはしているが根拠はない。以前はウイルスチェッカーにスパイボットを併用した。

 

無料は心配で2つ使い、有料だから安心して1つにする。気持ちはお判りであろうか? これ以上の説明は略します。ここに合理的な根拠はありません。その反省ではないが直感的にスパイソフトを入れたくなる。

 

スパイ専門チェッカーは今もスパイボットが権威です。あれはどこでダウンロードしたかマズイ、完全に忘れています。それを何とか探してインストールして、即座にチェック……Babylon.Toolbarが72個ほどヒットしている。犯人はこれか?

 

Babylon.Toolbarがなぜスパイか? 理屈はさっぱり判りませんが駆除は簡単です。これで軽くなった。一安心の翌日。パソコンを入れるといきなりスパイボットが起動する。見慣れない怪しい事をしている。それでパソコンが使えません。

 

30分もかかってやっと動き出して、古いファイルが残っているが駆除していいか? そういう事を聞いて来ます。迷った挙句に駆除の方にします。するとスピードが上がります。昔のようにサクサク行くようになります……ヤレヤレ。

 

2回目からは軽く起動します。慣れない行動はなく、それほど気にならないが、以後スパイのヒットはなく、まあ外してもいいですね。また定期的にインストールすればいい訳です……ん、どうしましょう。

 ●スパイボット http://www.filehippo.com/jp/download_spybot_search_destroy/

2013年4月25日 (木)

端っこの椅子

Suba心理学は科学ではないトそういったのはユングだったかフロイトか? 教室の端に席を取れば中央から遠くなる。教室の真ん中に居れば、参加意義があるかは別として、クラスに参加は出来る。まず積極的な参加から始めたい。

 

いじめが起こる前に教室の隅に追いやられ、席替えをしても似たような席というのが怪しい……自覚があるような、ないような、席はどこだっていいと思わず、真ん中に行った方がいい。だが端が好きな人はいつも端にいる。

 

端が好きという心理は、成績などいい方にはみ出すか。悪い方にはみ出すか。はみ出し加減にある事からの自覚だろう。いや納得してはみ出したいなら一度はみ出してみるのも、それは経験だろう。それとこれは関係がないト思いたい。

 

単に端が好き。端にいると落着く、気も休まる。だから端にいたい。それだけ。あくまでそれだけ、イジメ前だなんて思わない……そう思う人は気をつけた方がいい。無理強いはしないが心理学的に、あなたは少しだけアブナイ。

 

なぜって事もないが、人は単一に自立して自分という訳にはいかない。相手あっての私であり、読み手あっての書き手です。ブログは日記ではなく、日記のように書いたブログは面白くはない。似てはいるが違う物です。

 

急にラーメンを食いたくなって、一緒に行く友達を探し電話をかけまくるような話です。家の中央は母の席です。お父さんの部屋のお父さんの椅子ではない……たぶんキッチンの丸椅子かなんか、お母さんの席です。

 

一時離れてみるのはいいが長く離れるのは良くない。お母さんがどうこう言うのではなく、娘をが言い出す。息子が無視する。それで行く所は、お父さんの部屋のお父さんの椅子です。つまり教室の端の席でしょ? 家庭の運営から遠くなります。

 

根拠になりそうな、なさそうな席の意味……ちょっと考えてみました。何から手をつけていいのか判らないとは言わないで、まあ席から入ってみて下さい。画像は「素晴らしき哉人生!」から、多分に心理学を応用した映画でした。

 

なぜ娘は父親を嫌うのか

 http://www.men-joy.jp/archives/52855

2013年4月24日 (水)

柔らかな頬 3

Yawaraka_2娯楽小説なので端々を突ついても何ですが、人買や人さらいについて前は色々あったものです。たとえば江戸川乱歩の「妖怪博士」では怪しい人物を町に見かけ、その跡をつけて行くうちに少年は行方不明になります。

 

明智探偵に小林少年率いる少年探偵団が召集される。まあ、そういう風な話があります。歌がドラマの主題歌に使われので有名になる。現役では地味だった歌手も、現役時には公演で、人買や人さらいの話をしました。

 

芝居を観に行った夜、控室に芸人に会いに行って、それぎり家には帰らなかった女性もあったとか?「柔らかな頬」の主人公は、人買や人さらいだか判らない怪しいスカウトの男に名刺をもらい、まるでお守りのように名刺を握りしめます。

 

そういう話を展開して桐野さんは話を作る訳で、リアリティがあるかないかとか、大袈裟な話にはなりません。人買人さらいがなりを潜めた昨今には原因があって、かなり田舎でも芸能プロからスカウトが行くようになった。

 

小学生でも中学生でも、むろんスカウトされる意味を理解します。それ所か、スカウトでもあろうものなら、親が大変で「何という芸能プロからのスカウトか?」ト当人より大騒ぎするので、とてもこの小説のようにはなりません。

 

江戸川乱歩の少年探偵団シリーズは今も文庫になって読まれているそうです。事実ウラの取れない話はそれはそれとしてあり、もう一方で事実から発想した小説、つまり事件をネタにした小説が出来ます。私はどっちでもいいト思う。

 

読んで気になったのは、このトリックが不味いというのではなく、桐野さんちょっとお人が悪いト、そう思える箇所があります。小説の登場人物が誰もかれも身勝手で、身勝手でないと話全体が成立しない。

 

最終的にも嫌な感じが付きまとう。「告白」「贖罪」で見ると湊はなえさん辺りも似た作風で、登場人物が自分の小さな損得ばかりを勘定している。道徳の教科書を読む訳ではないので人の悪い人がいてもいいが……

 

こう端から端まで誰も彼も人が悪く、相手を伸ばす為に少し自分が犠牲になっても構わない、そういう人が全く出て来ないとなるとリアリティにならない。唐突ですが最近、私が杖を落とす他人は拾ってくれます。男も女性も子供も、年寄も……

 

前はこんな事はなかった。私は杖を落とすと自分で拾ったもんでした。むろん自分で拾う素早さがあった、私も若かった頃と比較してる訳ですが……私の生きてる現実は、この小説のように嫌な感じではない。

 読んでる時に面白ければ、刺激的であればとよいいう意味です。読後感が悪くてもかまわない……そういう計算がある。作によっても少しは違うでしょうが、これに限らないでしょう。私などは、桐野さんはもういいかな。そういう感想になります。

2013年4月23日 (火)

柔らかな頬 2

Yswaraka桐野夏生さんの文章は、文語的表現こそ少ないが、読みやすくはない。意図的に省略したのか、ただ雑に書かれ損ねたか、主語がないので解釈に迷い読み返す……そういう事は2、3度ではない。特にラストにかかると、もう推敲が雑ですネ。

 

読み始めるとすぐ判る。この物語にはまともな結末は付けられまいト思うのです。何がまともで何がヤクザか、そのどこからどこまでがそうか? それは自分に聞いてみるといい。カスミの娘、有香を誘拐したのは実はカスミ本人だったり……

 

あるいは犯行が、愛人の石川だったり夫の森脇だったり……そういった物語に伴なう合理的な意味づけ。これは出来まいト、何となく判ってしまう。少しはっきり言えば、カスミはよく判らない理由で故郷を捨て、親子の縁を切ってしまう。

 

いえカスミの両親自体が物語には登場しません。都会に行ったカスミはよく判らない理由で森脇と結婚を決める。その結婚が失敗であり、その結果としての二人の娘を捨てる気で石川にのめり込む……それは現実の重さではなくゲームの軽さに似ている。

 

会社に出入りする男、石川とカスミとの関係は、エレベータで始まります。先にエレベータに石川がいて、後で乗り込むカスミの方からキスをする。エレベータのドアが閉まる……ずっと後になって説明されるが、石川はホストのようなハンサムだと。

 

つまり安っぽい、もっと言えばカスミは何をしたいのか判らない。若いからそうなのではなく、娘を2人作った後もカスミは基本的に変わりません。終バスで故郷を出るように今の生活を、娘たちさえも捨てようとする。まるで軽いじゃないか。

 

カギはカスミが高卒の学歴しかなく免許を取る訳でもない。荒涼とした恵庭付近の風景は、どこかで見た気はするがむろん何処とも似ていない。ああ、阿蘇一角の火山風景とか文学の嵐が丘とか、そういうのとは別に願います。

 

カスミは文化的な事には関心がない。男と音楽を聞いたり映画演劇を行くことはない。自分を広げようとする訳ではない。つまりセックスにしか関心がない……二人は単調に限られ、その結果も早くに見えてしまう。

 

主人公のカスミはむろん一人です。物語にはカスミに似た人物が何人か登場する石山の妻、典子もまあ似ている。それより和泉の妻、蔦枝は20才も若く見え、水島という愛人を持つ。、蔦枝は、男と男の間に収まり、侵入者であるカスミを警戒、嫉妬します。

 二組の三角関係、その合わせ鏡の間の世界では、性がすべてである所の、怪しい風景が広がる。その最中に小さなカスミに生き写しである少女、有香は忽然と神隠しのように姿を消す……ヤレヤレ、もう少し、柔らかな頬の話を書きましょう。

2013年4月22日 (月)

コードブルー

 Kodobドラマ「コードブルー」で脳腫瘍のケースを扱う。シーズン2の第2話パート2での夫婦、夫患者が、手術か放射線治療か選択を迫られるシーンがある。手術では記憶を失う場合がありえ、放射線治療では命を失う場合がある。ここで医師は、そう説明する。

 

 

もちろん一般論で記憶よりは、命が大切と考えられる。だが日本人的選択としては、記憶を大切に短い生命が選ばれる場合もある。このような選択は欧米と日本は価値基準が違うからだ。たとえば韓国、中国とも違う選択がなされるの、かも知れない。

 

 

ドラマでは医師白石恵が説明役を買って出て、夫婦を手術志向へと流れ入れる。病院としては手術をしないと保険の点が取れない。医師としても手術をしないと経験が積めない。放射線治療を言い出されては実際問題、困るからだ。

 

ドラマでの同僚医師は「あれなら患者は手術を選ぶ。いい選択をさせるのも医師の仕事だ」と白石医師を誉める。現実の患者も医師の説明を聞くが、聞いた段階で、すでに選ばされている。悪く言えばだが、説明はアンフェアになる。

 

つまり手術の得意な医師があったとすれば手術するように説明し、もしあるとすればだが放射線治療の得意な医師はそのように説明するだろう。患者が医師の意見を超え自己判断することはとても難しい。全く出来ない事ではないが……

 

今回、私が手術したのは脳腫瘍ではない。ただの副交感甲状腺の切り取りでしかない。主治医は入院期間は5日と言った。あらかじめ検査して置き「入院日に手術します」そういう。だが私は妙な気がした。

 

「コードブルー」とは緊急事態を意味する隠語だが、私の行った病院も緊急患者の取扱い、高度な手術を得意とした。副交感甲状腺の切り取りをする病院を熊本県下で探しても、あまりない。この病院では院長説明も行われた。

 

以前は手術自体が出来なかった。つまり私は幸運という。院長も主治医に負けず劣らず副交感甲状腺に詳しかった。術後は早くリハを行うようにと指示がある。私は「何日後にプールで泳げるか」と聞いた。

 

「退院、翌日からでもいいですよ」院長はそう説明した。「入院は3日間です」とも明言した。私はまた妙な気がした。入院の翌日に手術するなら5日であり、入院日に手術するなら3日ではないのか。

 

県外、その筋の病院のホームページにはそう書いてある。果たして実際には私は3日で退院を勧告された。3日でも5日でもいいが、院長の方が正しかったわけか……ト思った。「私は泳ぐのを趣味としています。明日から泳いでいいですね」

 

退院当日、念のために看護師にそう聞いた。「家のシャワーならいいがプールは雑菌が多い、一週間はダメ」と昨日出て来た看護師がそういう。院長の言葉をいうと看護師は主治医にではないが医師に再確認を取ったのだ。

 

つまり院長意見は完全に消された。院長は話のどこを強調したかったのか? とにかくチョンボを言った事になる。あまり簡単な手術ではないが、大手術と怯えられても困ったのだろうか? この辺の詳細は私にも判らない。

 

副交感甲状腺の治療は今や切り取り手術が確立しており、院長の言葉どおり一般的です。しかし治療薬もない訳ではない。私は立場にないので薬の説明はしない。ドラマ「コードブルー」の問題シーンはここで観れる。シーズン2の第2話パート1から2にかけて。

 コードブルー2 http://www.gooddrama.net/japanese-drama/code-blue-2

2013年4月21日 (日)

柔らかな頬 1

Yawaraka桐野夏生さんの文章は、かなり強引で奇妙と思うが、ついて行かなければその世界には入れません。冒頭、主人公カスミに魅かれる石川は今のカスミに魅かれるのであり、過去や昔のカスミにではないト言う。

 

この物語は現在形で進行するがカットバックで過去が織り込まれる。石川の言う事を、あらかじめ桐野さん自身が裏切っていて石川自身も、やがて自分の言葉を裏切る。つまり書かれなくていい事が最初に書かれる。

 

桐野さんのいつもの、はぐらかすような書き方です。「これグロテスクでしょう?」と看護師が聞く。ええ、どぎついですねえト私は受ける。「ちょっとグロで、でも面白い」そんな事を言いながら看護士は体温計を取った。

 

感覚を逆なでするように物語は進行して行く。男女はダブル不倫を勧めて行き、すぐに上手く行かなくなる。カスミを選ぶのが石川なのではなく、石川を選ぶのがカスミです。ではなぜ石川が選ばれるのか。

 

結局、書かれない。石川は一旦、物語から姿を消し、違う女を連れてカスミの前に現れるのだから、書くまでもなく魅力的な男として存在するのでしょう……か? タイトルの「柔らかい頬」とは子供の肌を意味し、対極にある肌とは。

 

石川の肌か男の肌を意味します。看護士がなぜ、個人的な会話をするのか。この話は個人的ではないのか。よく判らない……いえ先刻、この看護師に妙な質問をして、妙な質問を返された。重要ではない話は、そこから逸脱した。

 

カスミの、夫への失望が別な男への期待に変わる。ひとつ逸脱すれば次のもうひとつを逸脱する。学歴もキャリアもない女性にとって、男は社会をよじ登る梯子のような物です。病室に来るのは医師、看護師の他にない。

 

むろん用務員もあられるが会話すらなく、まして会話から逸脱する事はない。コンクリートの部屋と廊下で、基本的には業務連絡が続いていく。個人ケースからの逸脱はないのです。

 

しかし本当は逸脱しない個人はなく、あぶれ出さない人間もいない。好きだとか嫌いだとか、どうしても嫌だとか……あぶれ出した心は言葉となって灰汁となって染み出す。

 まだ微かに麻酔のかかった心で、私は、私を開放できないかのように桐野さんを読んでいる。小説はフィクションで事実に即したものではないが、事実でもあるように記事を模した描写から始まります。