« 音楽とのスタンス | メイン | 熊本県の地域相談員研修 »

2013年3月26日 (火)

まほろ駅前番外地 ドラマ

Ryuhei探偵物語の工藤俊作は印象に残りました。どこまで本気か判らない真面目不真面目な感じに、見ていて開放されましたねえ。例えば踊る大捜査線とは対極でした。松田龍平さんは、どちらか言えばお母さんの美由紀さんに似ている。

 

性格はつかみどころがない感じで、そこは工藤俊作似。映画「まほろ駅前多田便利軒」では多田に引っ張られていたが、ドラマ「まほろ駅前番外地」では引っ張られてない。最終回の工藤駿作に似て来たなあ、なんて。

 

いくら頑張ったって世の中を仕切っているヤツに敵わない。町のヤクザか警察か、もっともっとエラいさん……なんてニヒルがチラっと匂う、そういう感じ、青島俊作はそんな顔しないもんね。室井さん信じてます、日本システムってそうだっけか?

 

どっちがいいという話ではなく、両面で見て両面で考えないと現実は見えてこない。それにしても英字幕で見るドラマは不思議です。このセリフはノウで、あのセリフはイエスと変換されるのか? グッドドラマネットってドコのネット?

 

しょっちゅう出て来る「お使いのPCがクラッシュ寸前……」というコマーシャルがウルサイが、OKクリックしなければいいみたいです。

 

good drama net

 無料視聴やダウンロードのドラマ番組やドラマで映画をオンラインで韓国語、日本語、中国語、香港、……など最新の映画。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/394232/31301437

まほろ駅前番外地 ドラマを参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿