« 熊本県の地域相談員研修2 | メイン | 薬局通信 »

2013年3月30日 (土)

アベノミクス

Abe_shin安部晋三さんは人気があります。就任前の予想通り、あるいは予想に反し、今の現状があります。だが自民党内での安部さんの支持率は高い訳ではない。この人気は株高と世論による、言い切っても過言ではないでしょう。

 

 

ところで安部さんはこれまで、なぜか福祉に発言してません。理由は判らないが、よく言えば白紙状態、悪く言えば無関心です。反面、機能性胃腸障害という病気持ち、安部さんはつまり一面の障害者とも言えます。

 

 

党内の似た議員、たとえば麻生太郎さんと比較した場合、違いは明らかです。安部さんが世論に弱い立場にある。世論によって変わる可能性が強くなる。麻生さんはオリンピック出場体験もあり健常性が高く、福祉の必要も飲み込みにくい。

 

安部再当番の後は、麻生再当番の可能性は高いと私も見ます。前回、安部さんと首相を競った石破茂さんはその後、人気を下げます。石破さんは再度首相に立候補できるか。絶対ないとは言いませんが低いのでは……

 

安部体制の今、必要な福祉世論を盛り上げる必要はあるが……具体的な目標は見つけにくい。先の県研修会では差別スーパーを例に出します。だが実際にはそういう店はない。街ではむしろ身障者、高齢者を取り込む競争が始まる。

 

シニアカーの普及、ケータイの普及もむろん福祉効果はありますが、使いたい意欲の方は盛り上がらない。身障者にシニアカーは危なく、ケータイの操作は難しいト思う……私ではなく本人が思うんですよ。身障者需要は個々に拡散している。

 

県政が差別の店を探す時……私に聞こえて来る身障者の声は、安くて身障者も買いやすい店はないか? そういうオーダーいうかリクエストになります。差別を探すというと聞こえがいいが、行政はない店を探している。

 大昔いたような頭の古い店主を探し、指導したい? それって県の頭も古いってこと? 県政がしたい事と安部さんがしたい事とも、また違う。おそらくギャップがあるでしょう。ギャップを指摘すれば私の仕事も、また済んじゃう。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/394232/31326277

アベノミクスを参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿