« アベノミクス | メイン | 大橋巨泉さん »

2013年3月31日 (日)

薬局通信

Sogoそうごう薬局は意識が高いト前にも取り上げました。画像では判り難いが薬の説明書、その裏側を通信にしている模様です。この「月刊そうごう島崎店版vol.91」は花粉症対策を書きます。91の号数から逆算すると8年目になる。

 

赤シソ、青魚、ヨーグルト、甜茶4点を、花粉症の緩和食品としている。店内でも販売(?)する甜茶が最後に上がるところが奥床しい。シソのポリフェノールはロズマリン酸といい、過剰に反応する免疫反応を正常化する方向で働く……

 

などと記載内容は薬学的。4つを1度に試した体験は? 突っ込みを入れたい所ですが、かなり難しいのでは。シソは期間が限定され、青魚とヨーグルトは嫌われる。甜茶は価格に難がある……とそれぞれ問題点がある思う。

 

この薬局は、あの慈恵病院の院内薬局店にあたり、スタッフ職員に女性が多い。カトリックに宗教的造詣があるかどうかは知りません。この通信には一部手書きの部分があり、そこを下記に無断引用します。

 「春らしい陽気になってきましたね。でも花粉症の方はちょっとツライと感じてらっしゃるでしょう。昨年までは平気でも今年からなってしまったという方も少なくないはずです。今回ご紹介した内容で少しでもツライ症状がなくなればと思います。ぜひ、お試しください」

●慈恵病院は赤ちゃんポストで、全国1有名になった産婦人科。ただし現在は産婦人科を中心に総合病院として機能する。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/394232/31328687

薬局通信を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿