« 2013年2月 | メイン | 2013年4月 »

2013年3月

2013年3月31日 (日)

薬局通信

Sogoそうごう薬局は意識が高いト前にも取り上げました。画像では判り難いが薬の説明書、その裏側を通信にしている模様です。この「月刊そうごう島崎店版vol.91」は花粉症対策を書きます。91の号数から逆算すると8年目になる。

 

赤シソ、青魚、ヨーグルト、甜茶4点を、花粉症の緩和食品としている。店内でも販売(?)する甜茶が最後に上がるところが奥床しい。シソのポリフェノールはロズマリン酸といい、過剰に反応する免疫反応を正常化する方向で働く……

 

などと記載内容は薬学的。4つを1度に試した体験は? 突っ込みを入れたい所ですが、かなり難しいのでは。シソは期間が限定され、青魚とヨーグルトは嫌われる。甜茶は価格に難がある……とそれぞれ問題点がある思う。

 

この薬局は、あの慈恵病院の院内薬局店にあたり、スタッフ職員に女性が多い。カトリックに宗教的造詣があるかどうかは知りません。この通信には一部手書きの部分があり、そこを下記に無断引用します。

 「春らしい陽気になってきましたね。でも花粉症の方はちょっとツライと感じてらっしゃるでしょう。昨年までは平気でも今年からなってしまったという方も少なくないはずです。今回ご紹介した内容で少しでもツライ症状がなくなればと思います。ぜひ、お試しください」

●慈恵病院は赤ちゃんポストで、全国1有名になった産婦人科。ただし現在は産婦人科を中心に総合病院として機能する。

2013年3月30日 (土)

アベノミクス

Abe_shin安部晋三さんは人気があります。就任前の予想通り、あるいは予想に反し、今の現状があります。だが自民党内での安部さんの支持率は高い訳ではない。この人気は株高と世論による、言い切っても過言ではないでしょう。

 

 

ところで安部さんはこれまで、なぜか福祉に発言してません。理由は判らないが、よく言えば白紙状態、悪く言えば無関心です。反面、機能性胃腸障害という病気持ち、安部さんはつまり一面の障害者とも言えます。

 

 

党内の似た議員、たとえば麻生太郎さんと比較した場合、違いは明らかです。安部さんが世論に弱い立場にある。世論によって変わる可能性が強くなる。麻生さんはオリンピック出場体験もあり健常性が高く、福祉の必要も飲み込みにくい。

 

安部再当番の後は、麻生再当番の可能性は高いと私も見ます。前回、安部さんと首相を競った石破茂さんはその後、人気を下げます。石破さんは再度首相に立候補できるか。絶対ないとは言いませんが低いのでは……

 

安部体制の今、必要な福祉世論を盛り上げる必要はあるが……具体的な目標は見つけにくい。先の県研修会では差別スーパーを例に出します。だが実際にはそういう店はない。街ではむしろ身障者、高齢者を取り込む競争が始まる。

 

シニアカーの普及、ケータイの普及もむろん福祉効果はありますが、使いたい意欲の方は盛り上がらない。身障者にシニアカーは危なく、ケータイの操作は難しいト思う……私ではなく本人が思うんですよ。身障者需要は個々に拡散している。

 

県政が差別の店を探す時……私に聞こえて来る身障者の声は、安くて身障者も買いやすい店はないか? そういうオーダーいうかリクエストになります。差別を探すというと聞こえがいいが、行政はない店を探している。

 大昔いたような頭の古い店主を探し、指導したい? それって県の頭も古いってこと? 県政がしたい事と安部さんがしたい事とも、また違う。おそらくギャップがあるでしょう。ギャップを指摘すれば私の仕事も、また済んじゃう。

2013年3月29日 (金)

熊本県の地域相談員研修2

Kensyu_3熊本県の地域相談員研修会について修正します。同会について県担当に電話を入れました。一昨日に書いたように委員の出席率が低すぎるト思ったからです。これは前回、全委員を3ヶ所に集めたに対し今回は4ヶ所に集めたとの事。

 

出席率、低くなっておりません。この他に電話で話して判った事があり、県と市の担当の話合いが不足しています。県としては熊本市内の身障者差別の報告が欲しかった。それで市の相談員も集めた訳ですが、この点に明確な自覚がない。

 

何となく熊本市からも集まって欲しい……と集めている。それで市相談員もなぜ2重に召集されるか、明確な意識がない事が判りました。熊本市は相談員に対し年4回の、報告書などを義務付けます。これに対し県相談員は報告書などが、今もない。

 

私の推測通りでした。熊本県、担当は市での報告書の存在を知りませんでした。おそらく熊本市の担当も県の報告仕組みを知らないでしょう。市は報告書は受けますが、そこからの対応は取りません。しかし熊本県は人権や差別に関し24年度から対応を取る。

 

そのために差別人権問題に関しては2重の報告が必要となる……デ、何で私がその辺りを厳密に言うか? ここを明確にしたいと思います。差別と一般身障者の状況についての報告を受けてしかるべきは県市、両担当だけではないのです。

 

市民や県民もある程度は知る必要がある。ある意味で一番、知る必要がある。私はブログで報告リポートを書き、紙にまとめ直して配布してます……専用、それだけを目的にはしませんけどネ。この点で市や県で必要を意識されてる方は少ない。

 

県相談員は全く報告を書かない、県担当に聞きました……話が抽象化したので少し具体的にします。真夜中に子供が泣いている。アパートビルのどこか……腹を空かせたか、あるいは虐待か? 障害児か健常児かも判らない。

 

こういう事をみんなで失くそういうのが県の趣旨ですネ。市か県か、どちらの相談員か、見回り警察官かサラリ-マンか。職業関係なくみんなで注意しましょう。そういう趣旨ですネ。市相談員は市に報告して終り、県の相談員は県に報告して終り……

 

そうじゃない。でも意識しない所でそうしていた。夜中に子供が泣いても、私の子じゃありません。知りません……県担当は県の事しか知らない。市の担当は市の事しか知らない。同じ事ではないでしょうか。

 真夜中に泣いてる子はめんどうでも調べよう。腹空かせてらいいけど良くもないけど……虐待だったら注意、しかるべき所に報告もしよう……こういう知識は十分には普及してません。

2013年3月28日 (木)

緊急告知FMラジオ

Razio熊本市は緊急告知FMラジオを2000円で販売する……今回が最初ではなく前にも同型のラジオを売ったと思うが、私の記憶は定かでない。買う方向で考えているがどんな物だろうか? との内容の相談です。

 

いくつか問題があって直感的にダメだろうト思うが、いきなり本人にそうも言えないので、市に電話で聞いて見る。

 

――電源は? 

コードと電池の両方。いつもはコードを刺して置いてもらって、緊急放送を聞いて逃げるという時には、電池に切り替えてもらう」

 

――選局は可能か?

「災害放送はシティFMで行う。他局を聞いてもらっていてもいいが、災害時はシティFMが自動選局される。ただAMは最初からつかない」

 

――ビル陰などFMは受からない問題は、事前に確認したがいいか?

「手近なFM機などで、された方がよい」

 

災害対応、専用ラジオで緊急対応には優れるが、一般ラジオより不便な側面もある。以上を依頼者に伝えると、AMが聞けない点をネックに断念との事。

 ●緊急警報放送ラジオ(ネットでは5000~7000円送料別)は一般に販売され、放送波の届く全国で使えるのに対し、緊急告知FMラジオは市町村又は放送事業者からの貸与や支給、期間や数量を限定した販売でしか入手できず、転居や一時滞在の際など、利用したくてもすぐには利用できないことがある。

2013年3月27日 (水)

熊本県の地域相談員研修

Kensyu昨日は熊本県要請の地域相談員研修会でした。これは熊本市の身障者相談員は自動的に汲み上げ、つまり任命だけでのノーギャラ参加です。市相談員には市から出ているので県は予算を出さない。受けなければそれも自由。

 

県独自の身障者相談員は今もあるとは思うが、県相談員は前には報告書提出の仕事はなかった。今回から出すことになったのではないか? その辺の説明はされない。私としては推測するだけ……違っていたらゴメンなさい。

 

県は障害者差別の事例に関心を出して、その事例について報告を出すようにと言う。身体的、性的、心理的、放棄放任、経済的と5つ虐待を具体例として上げています。だが私にそれが電話相談されるケースは、まずないでしょう。

 

昔、私が小説で出した例に、経済的虐待があります。読んでいただけるといいのですが微妙な問題で、本人より親御さんに同情される方も多い。小説ではその役を局長に割り振っていますが、記載全体が小説です。

 

県は「本人の同意なしに障がい者の財産や年金、賃金などを使うこと。または障がい者に理由なく金銭を与えないこと」と表現しています。昔は県も市も、こういうケースに関心を持たなかった。今は関心を持ち対応したい訳で、それは進歩です。

 

ただ具体的な現実にどれほど相談員が立ち入るか。発言力を確保できるかには疑問があります。今回の研修会に当たって障がい支援課は、既成パンフと別に8ページの会資料を作成しました。立派、しかし本当に県内から今年、起きた内容か?

 

事例に疑問を持ちます。事例研究として出された内容にも「これはありえない」と私は言いました。私もフィクションを書いてます。県が「実は……」トいわれてもとがめだてはしないつもりです。正直に、どうでしょうか?

 

予算がなくて帳面を消したい事はどこにもあります。それがこういう事例、研修内容、相談員会の任命の仕方や、会員の出席率にも出てしまう。基本賛成、評価もしたい。だがそういう意味では反省を願いたい所です。

 カトちゃんの口座 2006/4/1518

2013年3月26日 (火)

まほろ駅前番外地 ドラマ

Ryuhei探偵物語の工藤俊作は印象に残りました。どこまで本気か判らない真面目不真面目な感じに、見ていて開放されましたねえ。例えば踊る大捜査線とは対極でした。松田龍平さんは、どちらか言えばお母さんの美由紀さんに似ている。

 

性格はつかみどころがない感じで、そこは工藤俊作似。映画「まほろ駅前多田便利軒」では多田に引っ張られていたが、ドラマ「まほろ駅前番外地」では引っ張られてない。最終回の工藤駿作に似て来たなあ、なんて。

 

いくら頑張ったって世の中を仕切っているヤツに敵わない。町のヤクザか警察か、もっともっとエラいさん……なんてニヒルがチラっと匂う、そういう感じ、青島俊作はそんな顔しないもんね。室井さん信じてます、日本システムってそうだっけか?

 

どっちがいいという話ではなく、両面で見て両面で考えないと現実は見えてこない。それにしても英字幕で見るドラマは不思議です。このセリフはノウで、あのセリフはイエスと変換されるのか? グッドドラマネットってドコのネット?

 

しょっちゅう出て来る「お使いのPCがクラッシュ寸前……」というコマーシャルがウルサイが、OKクリックしなければいいみたいです。

 

good drama net

 無料視聴やダウンロードのドラマ番組やドラマで映画をオンラインで韓国語、日本語、中国語、香港、……など最新の映画。

2013年3月25日 (月)

音楽とのスタンス

Kobayashi小林亜星さんがコンサート宣伝にラジオに出られます。どういうコンサートか言うと童謡です。亜星さんの話では「童謡には普遍的な価値がある、それを見せるから来てくれ」簡単にいうとそういう発言に終始されます。

 

私は童謡は好きでない。先日、ある綜合病院に行ったら、突然、待合でミニコンサートが始まります。それは医学部の学生さんの発表会で、ほとんど童謡です。一部ニューミュージックも入るが、本命は童謡を弾くらしい。

 

私は童謡より亜星さんのCMの方がいい。日立の歌とかブリジストンの歌とか、あれはいいです。童謡は意味の判らない歌詞で馴染めません。医学部のそれは童謡を歌わない。クラシック弦楽器で演奏しました。

 

だから歌詞はない訳ですが、聞いていると呪文のような歌詞がまつわりついて来ます。ふるさととか、赤とんぼには、怨念や悪い状況が染み付いて聞こえます。メロディは似ているけれど亜星さんの、日立やブリジストンの歌に怨念はない。

 

亜星さんには悪いけれど子供に童謡なんて、聞かせるべきではない。そう思う私は間違っているでしょうか? でも楽器はクラシックのバイオリンとかチェロ、ビオラですから、バッハとかクラシックを弾くのが本筋でしょうネ。

 

「G線上のアリア」とか「主よ人の望みの喜びを」とかは難しいからだと思います。ちょっと聞きたかったが、殴られそうな気がして聞きせんでした。私たちの世代は、子供の頃には亜星さんのCMを聞きます。

 

大学生になった時に同世代音楽としてフォークやニューミュージックも聞きます。森田童子さんの「さよなら僕の友達」ユーミンの「私のフランソーワーズ」……そういうの聞くと宿題が出ます。

 

「さよなら僕の友達」に「君の居なくなった部屋にチャーリー・パーカー、見つけたよ」という詞があって、ジャズがどんな音楽か知らなければなりません。まあ、パーカーさんでもマイルスでもコルトレーンさんでもいいが、聞いてみない事には話にならない。

 

フランソーワーズはシャンソンです。フランソーワーズ・アルディさんのこと。まあ、これもジェーン・バーキンでもセルジュ・ゲンズブールさんでもいいが、何かそういう現代シャンソンを聞かない事には話にならない。

 そんなに色々聞いてどうするか? 気持ちに合わせて聞き分ける。ジャスを聞きたい気分と、シャンソンを聞きたい気分は違う。つまり今の気分のを見極め、聞く音楽を変える。心をコントロールする。それが私の、いえ私たちの音楽へのスタンスです。

2013年3月24日 (日)

伊豆の踊り子

Kawabata 福島章「天才の精神分析」を買った時には川端康成さんに興味を持った。その部分を立読みで共感します。つまり「伊豆の踊り子」には不可解な場所があって、そこを読み解くには仮説を立てないといけない。

 

「踊り子」の最後、船室で主人公が泣く。泣き方は激しく「どうかしたのか」周囲の客に聞かれる。「人と別れて来たのです」と主人公は答える。だが行きずりの少女と別れたくらいでは、そう激しくは泣けない……のではないか?

 

私の仮説は簡単です。少女が誰かに似ていた、つまり母を連想させた。主人公、あるいは康成は母と悲しい別れをした体験がある……初歩的だよ、ワトスン君。しかし伊豆の踊り子のどこにもそうは書いてない。

 

果たしてどうか? 康成さんの小説はどれもややこしく、以後の小説を素直に読んでも訳が判らない。男は無意識下の母を求める。恋愛の2割がそうなのか、3割がそうなのか……統計を取ってなく責任は持ちません。

 

女性でいうと割合は低く。女性はもっと意識的に恋するフシがある。「あら、この人はお父さんと一緒!」と言う。あるいは「母と一緒」と意識します。そういう風に彼女たちの恋は意識されたものですから、比較を自分で知っている。

 

これも統計がない。違うと言われたら強弁はしません。自分で覚えがなかったら周囲に聞いて下さい。足の裏でもいい母に似ていて意識した。2割はそういう事がある。中には結婚するまで判らなかったトカ……

 

さだまさしさんの歌にもある。それに未だに気が付かない人もありますから、そうすると統計を取っても本当の事は判らない。それで康成さんにもどります。康成さんは、踊り子に最初に会った時から意識したかも知れません。

 

前後を考えると康成さんは、ここで母を思って泣いたらしいト推理できます。君にだって、それくらい判るだろう明智君……康成さんが若い母と死別している事が、福島本には、はっきり書いてある。

 

康成さんのややこしい小説を読まずに仮説がどうやら証明されます。ただこの事実は康成さんの2才の時、自分の記憶ではないでしょう。人から聞いた話からトすると……どっちみち一般論にはなりませんがネ。

 

だが、どの映画でも映画で見ると、泣くのは踊り子であって主人公ではない。そうしないと絵にならない事もあるが一般には、ここは問題にならない。康成さんの意識、無意識は判らないが死別の再確認が以後の作品でもバリエーションになるらしい。

 トまあ、そこまでは本にない。次を読む、さて三島由紀夫さんはどう書いてあるか……三島さんは病気と書いてある。分裂病は今でいう統合失調症、お医者さんの福島さんがいうから、そうだろうが、そう読んでも面白くも何ともない。

2013年3月23日 (土)

あふれ咲け花の棲家の三月に

Sumire

2013年3月22日 (金)

タンポポの脇で昼寝の正午かな

Tanpopo