« キャット・フードとTPP | メイン | 春婦伝 映画 »

2013年2月28日 (木)

プリンタインク

Dcpj515nプリンタのスペアインクを準備します。私のプリンタはブラザーで、キャノンやEPSONに比べると画質は落ちると言われる。確かによい訳ではない。むしろ使い勝手や価格で上回る感じで、一般にもそう定評がある。

 

ただブラザーは家電店にインクがあったりなかったり……で純正がないので詰替を使ったら、悪くなったそうです。ただ古くなれば純正でも悪くなる。前のプリンタが古かったので、その辺の事情は知ってます。

 

それに新しいブラザー製でも不良は出ていて1年強で、はや画質が落ちたと言う人もある。それをメーカーは新品交換したという。3番手メーカーとしては腰を低く商売しないと客が定着しない。ブラザーは確実に3番手メーカーになっている。

 

一般論としても1番や2番手メーカーと、それ以降のメーカー、どちらを選ぶかは判断が難しい。何も考えず、寄らば大樹の影と大メーカーを信頼される方も無論あります。ソフトサイズが大きい、動作音はうるさい……使い勝手は悪いと聞きます。

 

某メーカーは動作音を昔から言われ改善されない。つまりメーカーとしての努力がないのです……それは動作音に関してだけでしょうか? ま、疑問の方は自分で調べて下さい。画質は平均で上がっているので、それだけで選ぶ時代ではない。

 

ブラザーの新商品の開発方向も画質ではなく、A3印刷まで刷れて価格やサイズは抑えたまま、A3は手挿し印刷なんですが、それで売ろうという……面白いこと考えますねえ。頭がいい。無礼なメーカーより、私、そういうのが好き。

 

今、私の使ってるプリンターも、コードレスとかFAX付きとか、インクが減らないとか別な点で各社との違いを見せた。画質は悪いと書きましたが普通です。それはルーペで見れば落ちるがルーペを使わなければ同じです。

 

そのブラザーも、3年目になれば純正インクでなくともいいんじゃないか? 純正インクと海外メーカーのインク、価格差は約一桁になってます。純正よりキレイという画質を見てやろうじゃない……そういう気になりました。

 

加えて中古プリンタもありとなれば、新製品や内部事情を勘案しての難しいインク選び……それで通販で格安詰替インクを買ってみた。実装着の折には、またご報告申し上げます。誰です、そんなセコイ話はいらないって……

 ●DCP-J515Nは本体が8000円強だった。前回、純正インク代は2001年末、家電店で1セットインク4000円弱。今回通販で送料共セット640円。私のランニングコストはワンセットインクで1年近い。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/394232/31131545

プリンタインクを参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿