« 2013年1月 | メイン | 2013年3月 »

2013年2月

2013年2月15日 (金)

フルーツミックス乳酸菌飲料

Mix 味はバナナが勝ってるがオレンジ・キウイフルーツの3種のミックス味です。天然果汁5%と少ないので、ほとんど合成ジュース? 本物ではないという事でしょう? 悪くはないが問題はあります。

 

 

 

生きたまま腸に届くL.カゼイ菌使用というのは原案のピルクルと同じトいうかバリエーションをつけているだけ、基本はピルクルだろうと思う。酸味はピルクルより更に無くなりました。

 

 

つまり乳製品には特有の酸っぱさ、こってり感がつきまとう。あれは太りそうで嫌との感想に、実は根拠がない。甘味を控えるのはあくまで建前、本音では控えたくない。つまり酸味が苦手になるのです。

 

過剰な甘さを美味しいと感じる。だが美味しくて薄味がいいと表現する。言葉にも感覚にも不自然というか、狂い間違いがあるのでしょ、もし要求するなら要求自体に矛盾がある……私などは思います。

 酸味が苦手という苦手意識を克服した方が早い。学校給食あたりでテーマに掲げ、治すが一番簡単でしょうか?

2013年2月14日 (木)

誘惑メール2

Koakuma 「はんにゃ」の金田哲さんや 岡村隆史さんに、詐欺メールが来ている。これは有料サイトを使った「振り込め詐欺」で、噂によると「××の付人をしている者です。

 

 

 

ウチの××が金田さんに(あるいは岡村さん)相談したい事があると言っているのですが……」と接近して来る。これに応じると女性タレント××が出てきて……

 

 

 

出るといってもメールだから、受取人がそう思い込めば、確かに××の証拠はなく、証明の必要もないというか。そして2~3のメール交信後に有料サイトに誘い込む……こういった手口という。

 

 

 

つまり基本は、このブログにも紹介した「誘惑メール20121011と同じです。64才の私に、27才女性が「年齢関係ない。近くにいるんだから会おう……」んなバカな話はないが、対応すると有料サイトに誘い込みがある、アレですね。

 

 

 

私にはタレントのお知り合いはない……と書いて戸惑う。こういう時代だから楽器プレイヤー、および往年の女優さんに、1、2、面識のある方がある。「ハタさん、昔CDを直販売した事のある○○です。あの時は……」と来て「ちょっと聞いて頂きたい事が……」

 

 

 

変とは思うでしょうが、美人ピアニストだったり名エッセエストだったりすると、絶対に騙されないとは、私も言い切れない……そうではありませか? 楽器を買ったので金に困ってるとか、ちょっと代作してくれとか、上手い口実はあるでしょう……ないか?

 

 

 

あるピアニストの演奏タッチにはセンスがあり、コメント力もある。曲間の紹介、言葉選びにまでセンスがある。変だなあと思っていると、なんと親戚に物書きがおられる。CDを直に手渡し買いで買います。

 

 

 

ブログに評を書いていいか? 聞きますト「何というブログですか?」メモ帳を出されます。音楽家から読めと宣伝があるのは普通ですが、ブログアドを問われる事はありません……怖くなって恐れ多い事は止めます。

 

 

 

このブログも経過が長く、その手の話はもう幾つかあり「ハタさん、誰々さんを知ってるでしょう?」なんてメールは絶対来ないとは限らない。あとは「私にはある障害がありまして……」何てメールも鬼門であります。ついつい有料サイトに入って行くかも。

 

 

 そういう訳で堅気の人も水商売の、名前で釣られない事はないとも言えない。十分に騙されるトいう事です。そういうことで有料サイトへの誘惑には皆様、お気をつけ下さい。

2013年2月13日 (水)

レミゼ 2

Suzuki2鈴木邦夫さんもレミゼを見たと言っています。2月7日のDIGで公安警察はジャベールを思わせる……といった表現です。コイツは偏向している。今に何かやるト見られ、それ以外の見方はされなくなるとのニュアンスになる。

 

ユーモラスな表現か、ある種の感慨が含まれるのか……ちょっとラジオの声だけでは判断しかねる。鈴木さんと反対の立場に立つ、私にはそういう友人もあります……病棟には信仰に凝った人が必ず居る。少数ながらそういう人はいます。。

 

友人は公安の尾行を受けます。「電話器を取るとカチカチとノイズが入らないか? オレの電話器はアヤしい。あれは盗聴器が付いているのでは……」ト言うのです。鈴木さんはある意味、やさしい印象を与えます。

 

私の友人もそうで、何だか女性にモテそうな感じさえする。少数派、なぜ鈴木さんが思想信条を抱くに至ったか、友人もなぜサヨクを支持するに至ったか。私は聞いた事がない……でも何となく判る気がします。

 

ヒョコヒョコ歩いているト、どうしても私は目立ってしまう。警察に道路使用許可を取りに行った時に「君は前に会った事がないか?」と言われました。ありません。ステッキを使いびっこ引くからでしょうト返しました。

 

私服の刑事をおぼしき警官の視線は、使用許可を取った後も私を追いました。その時の私服は公安ではないと思うが、まつわり付く視線はひどくうざったかった。鈴木さんの言葉を笑い、友人に同情するのは、私のそういう体験によります。

 

ミュージカルでは感じませんが、レミゼのジャンバル・ジャンは大男の設定になってます。体力のスーパーマンになっている。作者ユーゴーは体が小さく、それでそうしたかったト私は思います。

 

つまり裏返しの劣等感が透けて見える。大袈裟に言えば、何かを信じなければ自分を支え切れない。鈴木さんや友人の思想信条は、私が突いているステッキに似ている。こういう表現は失礼かも知れませんが……

 

私自身がジャンバル・ジャンであるが故に、鈴木さんの中の、あるいは友人の中のジャンバル・ジャンと共鳴してしまう。またレミゼをモチーフにした「逃亡者」でも毎回、リチャード・キンブルは行先もなくヒッチハイクの車を探します。

 

革命の意味とは……すべてをチャラにしてイチからやり直す。建て直す、友人はサヨクに燃えておりました。仮に革命に成功したとして私の杖を突く現実は変わらない……しかし一般には革命は恋より激しく興奮する、だからレミゼなのです。

 

行先もないキンブルに幸福などないト知りつつ、日常には縛りつけられない幸福を……私は思いました。鈴木邦夫さんはレミゼを見て「主人公のジャン・ギャバン……ジャン・ギャバンじゃなく……何でしたっけ」

 鈴木さんそれは、おとぼけですか、ギャグですか? 往年のいかにも女性にモテそうな2枚目も、すっかり白髪になられて……ま、私も同じだけ年を取りましたから、他人のことは言えませんけどね。

2013年2月12日 (火)

キャンベル・ヌードル

Cam1012.11頃に辛ラーメンなどから発ガン物質「ベンゾピレン」が検出され、回収になった。韓国 農心の実質と製作。米国キャンベル社はライセンスって、包装だけって事か? 

……ま、問題は「 辛ラーメン 」それも去年、こちらは大丈夫だろうと……賞味期限近いのが58円、価格が買いの主因だったり。

味は、ぼやっと外国ラーメン、韓国よりは米国っぽい大味です。小味が利かないですねえ。

2013年2月11日 (月)

レミゼ 1

RemiゲオでDVDのレ・ミゼラブルを借ります。映画はまだ公開中だから映画版ではない。これは25周年イベントをコンサート形式のイベントを録画した物で、いわゆるミュージカル版とも違うらしい。何がどう違うか知りません。

 

収録場所は数千人収容の体育館です。空間表現には5とか7チャンネルが相応しいと思うが、レンタル分はただの2チャンネルドルビー。まず音質に疑問が……なぜこうしたか? 時間的に3時間弱、長いので音までよくすると。

 

DVD一枚に収納できなかった? 公演後にアンコールとか、製作サイドからメッセージが、いろいろあります。現在のキャストの他、歴代のキャストの声も入るが、知らない私などには解説代わりにはなる……この部分は画質音質はいらないけどなあ。

 

ちなみにゲオには、この盤のブルーレイはありません。ブルーレイプレイヤーも持たないで、好きな事を言ってますが……この盤、ツタヤではどうだったか? 不在と思う。ゲオには「オペラ座の怪人」ミュージカル版、さらに続編もありました。

 

ここから内容、評に入ります。「オペラ座」は大雑把にいうと中年と若者が、娘を取り合う話です。クリスティーヌは二人を争わせ恍惚となる……その辺は、マ解釈しだいですが、そんな恋もホコリを被って感慨になってしまう。

 

レミゼでもそんな感慨もないではないが、後半に革命が来ます。大興奮の革命、まあ悲恋と三角関係があり、信仰に革命に、信念で戦う人間にウエイトがかかる。それで興奮度は高い、どちらにしろミュージカルは興奮させる物です。

 

ユーゴー原作のレミゼは「逃亡者」のモチーフにもなって、意識を貫くが、教訓みたいに言われる。ジャン対ジャメール、信仰対法律という訳です。しかし生きていて意識できる事は、意外と狭く浅いものです。

 

例えばマリウスとコゼットは一目惚れで魅かれ合う。一目惚れは意識ではない。無意識です。潜在意識は大事な事を、どうやって決めているか。判りません……一目惚れはともかく、どうやって生き方まで決めるか。大部分は意識下にある。

 意識で潜在意識をリードできるか? 出来ないと思います。ジャベールは敗北し、市民の決起を願ったマリウスも敗北します。この辺のバランスはうまい。正直、私もレミゼの後半は知らなかった。見てない人は是非、面白いですよ。(以下次回)

2013年2月10日 (日)

保存用クラッカー

Kurakka保存食に取って置いたマレーシア製のクラッカー。去年、百均のキャンドゥで買ったものの賞味期限で、開けました。日本製でいえばヤマザキナビスコのリッツと同じ、リッツより薄味。

 

私は薄味の方が好感が持てる。何か乗せて食べるようにと指定が出てますが、れだけでも十分、おいしい。リッツと違は小分けしてない。一袋づつ分けて食べるという使い方は出来ない。

 

ミネラルウォーターで食べて十分おいしい。隣の赤ちゃんに上げたところ、美味しいという反応です。お隣では離乳食にグリコのビスコをお使い。ビスコより味が濃いのでは? 

 

どとらにしろ決め手は200gという量、リッツのほぼ倍か……その辺をお考えの上、お宅でもご購入下さい。ただ量だけでいい方は中国製がいい。百均ダイソーで300gのがありました

 

今年の保存食はそれ買って来ました。食べてないので味は判りません……どうでしょうか? 買った時に高齢の男がひとり、つまり私と同じような人が中国製を買われました。よく売れてます、中国製。

 その味のリポートはまた……

2013年2月 9日 (土)

節分の豆

Mame「ハタさん、ちょっとちょっと」と近所の人に呼ばれます。何でしょうか?

 

「スーパ-に行った時でよかつよ。節分の豆、買ってきて」豆まき用の豆が欲しいと言われる。節分の豆を旧の節分にでも使われるのか、それは大豆のことか? 

 

止せばいいのに豆の使い方を、それとなく探る。炒った豆ですよね。大体、100g二百円くらいですが、節分を過ぎると安くなって半額処分になったりする。

 

「それそれ、安くなったのがいい」100g百円見当で、いいのだろうか? それ以下にはならないト思うのだが……豆って撒くんですか? 撒かないなら、もっと安いのもありますよ。

 

「……何それ?」200gで80円くらいの大豆、ありますよ。粉になってますから撒くには向かない。大豆の粉だからオニも驚きますよね……メーカーはマルキンのきな粉なんですけど。

 

「納豆のマルキン? そんなに安いの。きな粉があるのね」食べる時、砂糖を使うと不健康ですが、健康食では牛乳やヨーグルトで溶きます。

 

「そっちがいいかなあ。あのね、だったら落花生を買って来て」落花生って殻つきの事でしょ……普通は200g三百円くらいかなあ、殻つきピーナッツは半額にはならないでしょう。

 

「ならんの?」撒かないならバターピーナッツじゃいけませんか? バタピなら200gで百円で何時もありますよ。殻がない分、軽くなっていて、実質うんと安い。いつもありますよ。

 

「いつもあるト? よう知っとるネ。放送で言いったのは、節分後の豆は安かて……安なかね」バタピは何時でも百円ですよ、殻付きはもっと高い。買って来ますか?

 「安ないの、なーんね。本当にいる時でんよかてぃ」放送で節分後の豆をネタにあったらしい。豆はお得とあおったらしい……そういう風に聞いた。何だか落語のような、これ以上、詳しくは知らない。

2013年2月 8日 (金)

送りつけ商法2

Yamato注文してない商品を一方的に送りつけ、勘違いしての支払うのを狙った商法、送りつけ商法がやはり熊本にも来ました。県外ではサプリとの話だったがその後、話ではカニやハンカチが送られている。カニは販売業者、ハンカチは福祉への寄付を言う。

 

まず代金引換郵便などを悪用した業者が多い。代金引換郵便で支払った代金を取り戻すことはほとんど不可能。家族が注文したものか確認してから受け取ること。まずは受け取らない事が大事になる。

受取拒否 受け取ったが開封せずに不都合が判ったら、郵便局などに持って行き、受取拒否の札を貼って発送元に送り返せます。あくまで開封してない場合で、この受取拒否には送料はいりません。

代引きでない場合は代金の支払義務はない。開封しなければ判らないなら、開封してかまわない。送付主に引き取りを要請します。受け取ってから14日間か、業者に引き取りを請求した日から7日間のどちらかを経過したら、業者は返還請求できなくなる。この間は商品を使用せずに保管しておくこと。

 

代引きでない場合は、送り返さなくても実は代金は発生しません。書いたように、受け取った日から14日間経過した時、引き取り請求後7日間経過したら処分して良いとされます。つまりハンカチは使ってもいい事になる。

 

ただ期間経過前に商品を使用したり、消費した場合は、購入を承諾したものとみなされる。この場合、その他の場合にも請求書がしつこく送られる可能性がある。請求書に対し受取拒否を行って下さい。カニも14日過ぎたら食べられるか……ワルくなってるでしょう?

 

冷蔵庫に入れて保存されます? 入れてた物を出してまで大変でしょ? おおよそカニは代引きで来てると思うけど、ウチに来たんではないし……私としては健闘をお祈りします。

 

熊本県消費生活センター  〒862-8570

  熊本市水前寺6丁目18番1号 ~熊本県庁新館4階~

  相談電話:096-383-0999

  FAX番号:096-383-0998

  消費者ホットライン

  0570-064-370(まもろうよ、みんなを)

 

送りつけ商法の初回記載は20121225

 

2013年2月 7日 (木)

債券の理想を買え

Iryousai債券の利子を買うな、理想を買え……なんてネ。また景気のいい事を書きますが、債券を買ったことはありますか? 画像が噂の医療機関債の募集チラシです。

 

 

 

むろん騙す方が悪いが、こんなのに騙される方も騙される方ですねえ。こんなに利子が高い訳がない。安っぽいチラシに騙されるのは人間が安っぽく仕上がったから……

 

 

 

真っ赤なニセモノ、医療機関債の本物はいくら位なんだろ……いやいや、そういう関心が間違いの元です。そんな物があったとしても私たち庶民に手に入る訳がない……主犯格はまだ逃げているトいう。

 

 

 

東日本震災の時も騙されました。平等に分けるだなんて口実で寄付金をため込んだ機関、何ていいましたっけ、忘れてしまいました。もっともらしい言い訳、ウソでしょう、あれも……政府も流用してたし、いい訳は信じません。

 

 

 

私は当分、あそこには1円も寄付したくない。しなくても政府には消費税名目では取り上げられる。そうでなくとも不信感は、社会生活ではよくない影響が出ます。信頼が人間を幸福にします。不信は不幸につながる。

 

 

 

話は少しズレますが、とりあえず相撲は見ない。私は柔道は見ない、野球も見ない……書いてるとサッカーにもニュースが。??? スポーツは汚れている。寄付先が信じられないと人間への信頼まで失くす。そうなる所が怖い。

 

 

 

人間を信じます? アレ、黙り込みましたね。人間が信じられないとお金しか信じなくなる。で、医療機関債を買いたくなる。で、騙されるんですよ。その悪循環、サギ被害額は12億円ですってよ……人を信じられない人が多いという事です。

 

 

 

不信の次の段階として、理想とか希望が持てなくなる。私? 私は今年、JAICを買いました。国際協力機構債、利率は? 少しあるが、ほとんどないです。投資ではなく投価を通した国際協力と捕らえてほしい……理事長の田中明彦さんも言っています。

 

 

 

貧しい国はいつまでも貧しくない。やがて普通の国になって、明日の日本の相手国になる。希望その物でしょ。その辺を機関紙の最新号で渡辺真理さんが繊細な笑顔で話します。

 

 

 

理想の輝きが写真に出てますね。むろん文章にも……写真といえば伊藤聡子さんの記事もいいですよ。あんな物を買うよりこっちがいいでしょ? 理想を持って人間を信頼する、信頼を買うという意味でね。

 

 

 

JICA http://www.jica.go.jp/ 

 

 渡辺真理さん

 

http://www.jica.go.jp/publication/j-world/1301/ku57pq000010c0ct-att/13.pdf

 

 

 ●医療法人社団「真匡会(しんこうかい)」(東京都新宿区)の医療機関債をめぐる詐欺事件。http://www.asahi.com/national/update/0206/OSK201302060027.html

2013年2月 6日 (水)

松元伸之介さん

Matumoto_4 聞いてませんが、大原美術館展シリーズを書いたからト思う……松元伸之介さんの、このカレンダーを頂きます。松元さんは89年生まれのイラストレーター、自閉と知的障害を言われた人です。

 

ご覧のように動物が好きで、大きな動物の形をした乗り物に、何10種もの小さな動物が、左向きに乗っている……これが典型の絵を描かかれる。描き方でいうと肉食動物が好きなのか? トラとかライオンが優位に描かれる。

 

竜の時もある。画面はどこも同じではなく、向って左上に優位な場所があり、絵の眼目になります。そこに何が描かれるかで画家の意図を読みます。例えばこのブログでも左上に、象徴的な画像を出しています。

 

画像は右上でも左下にも出せますが、左上の画像がいい。私は意図的に行いますが、無意識つまり自然に行っても結局そうなる。これが絵の不思議なところ。松元伸之介さんも左上に一番好きな動物を描きます。

 

その位置はトラや竜、ライオンである事が多い。動物群は単に群れとして描かれるのではなく、多分ですが松元さんの分身、トラに率いられ左を向いている……トまあ、読む訳です。

 

同じように動物と乗物を描いた、ジミー大西さんを連想させます。なぜ動物なのかト考えて、推測に推測にを重ねてもどうなのかトも思います。大西さんの障害症状は軽い気がします。私が壁に貼っているのは大西さんの「LOVE」シリーズの一枚です。

 

これは結婚が決ってからの絵で、やはり画面の向って左上に自画像がある。右上には奥さんらしい女性の顔がある。「LOVE」シリーズは二人を描くので、動物や乗物は友人関係を意味します。大西さんの最初の絵には、乗物や動物だけの絵がありました。

 

シリーズでは主人公は、はっきり自分で、ついで女性、自分たちを幸福に包み、取り囲む世界として描かれる。それが見る者も受け入れ幸福に変える。つまりジミー大西はもうお笑い芸人ではなく、自信を持って芸術家になった。そういう意味があります。

 

大西さんはどこかに行って旅先で描いた、着想した物は現地で画材を出し、色を決め、帰ってから仕上げる……本人発言でそうありました。旅先で受けた刺激が絵になるいうのは、山下清さんがそうでした。松元さんはどこで何に刺激を受け、絵を描いているか?

 

私には判りませんが、バスのような乗物での、通所かよいではないか? 動物たちはバスに乗ったように左向きに並ぶ……映画や舞台でいえば下手に向うことを意味する。映画では約束、下手は帰る意味がある……とすれば、通所から家に帰る途中のバスと読める。

 

松元さんは通所先での仕事より、家でリラックスされた方が楽しいのか……このように、あまり読み込んでの鑑賞は適当でないのか? 私には判りません。ただ松元さんの絵には背景がない。背景は周囲との関係性が薄いから、そう思わせる。

 大西さんの絵も周囲との関係性から、複雑な発展、展開が見られます。それが幸福感につながり、芸術的な価値にまで高まる。若い松元さんはもっと色々に、自分を展開して行くのでしょう。イラストももっと広がって行くと思われます。

ソニックジャパンは複数の保険会社から、客様に合った最適商品を勧めるという総合保険会社、ソニックジャパンでは当カレンダーの製作費の一部をスペシャルオリンピックス日本に寄付した。