« 2012年11月 | メイン | 2013年1月 »

2012年12月

2012年12月28日 (金)

ウイルス、アドウェイの検出

ウイルス、アドウェイの検出排除は
windows defender からスキャン、クイックスキャンで3分ほどで出来る。

 

windows defender を呼び出すには「ヘルプとサポート」の虫メガネ入力に「windows defender 」と打ち込む。その3.windows defender を使用するをクリックする。

ただ一人立て!2

Pasoneko バイト店員が、店に来た有名人をツイッターに書いてトラブルになった。情報が広がると店頭には……そしてバイト店員は店で働けなくなった。ツイッターがなければ、こうならなかった。何人かの友人にメールで来店ニュースを送っても……

 

ソーシャルメディア、SNSに投稿すると、短い間に多数の人へ拡散する。店の営業上の機密、客のプライバシー保守の責任も問われる。友達が少なければ問題は起こり難いが、多いとリスクも高くなる。トラブルを避ける為だけにならソーシャルメディアは利用しない方がいい。

 

今やSNSは情報社会のインフラとして普及した。まったく利用しないのも個人の利、社会の利益にならない。先日、三菱自動車のリコール記事を書いたが、私自身は三菱に乗っており、残念の思いで書いている。批判的な意味はうすい。

 

このブログでは様々な物を実名で取り上げるが、全体にはプラスマイナスでプラス情報、宣伝になる。間接的に購買意欲をそそる方向に働く。CMをシャットアウトしているが、私の活動は消費に加担する形でしか動けない。そして消費は有意義と限らない。

 

友達は10人より100人の方がいい、そういう風潮がある。知名度があって顔が広い事はいい事なのか? 私はそうは思えないのだが最近は、私自身も怪しい。何かあるとブログ記事化しようとメモを取ってしまう。

 

事を深く吟味しないで、お笑いのネタをネタ帳に仕込む、お笑い芸人に近くなっている。別に知名度を上げる必要も顔を広げることもなく、無名人と沈んで行けばいい年になっている。バイト店員とは違う。

 

店員がツイッター記載に行動したのは、若かったからだ。端的にいえば異性の目を引きたかった……無罪とは言わないが本能的な、衝動だろう。意識の深い底に自己顕示欲がある。それがSNSに向わせるト私は思います。

 

そんな事を言うならオマエだって……ハイ全面否定はしません。フェイスブックは大学構内の女学生を品定めしようと、男生徒が始めたのです。「ソーシャルネットワーク」という映画を見れば判ります。それも、むろん全面ではないです。

 

実際の友人が1人いれば1時間、その友人のフォローの時間を取らなければならず、10人いれば10時間のフォローの時間が必要です。私が友人をフォローするから、友人もまた、いつか私をフォローしてくれる。フォローの為に多少のお金も必要で……友達100人できるかな、なんてコピーはウソと思う。

 

 

 

沢山の友達は必要、いや可能でしょうか? SNSがあっという間に広がったのには、実際の友達の面倒があったからではないか? 私などは思います。いえ身障者相談員なんてのもイチイチ電話で言われ、実際に面談してた日には……

 

 

 

足の鬱血どの医師に見せれば? 熊本血管外科かなあ、096-288-3851に電話して見て下さい。

 

安いリサイクル店はどこ? ハードオフ、オフハウスですか。

 

光ネットはどこが安いか? 12月からドコモが安くしたそうで。

 

ある意味ではメールやブログで対応した方が広く早く対応できる……それもまた事実です。長くなりました、本日のオチは……有名人がバイト先に来たらインタビューしたらよかったのです。「次回作品は?」あるいは「少しだけ教えて?」

 その答があったら「ブログやツイッターに書いていい?」了解まで取ったら堂々、出せるでしょうネ。有名人も来たお店といういう事で店名を出すのなら、店としても大歓迎されたのではないかト思います。

2012年12月27日 (木)

ただ一人立て!

Zika 奇妙な電話がかかります。先方はどうやら出版関係らしい。はっきりとは言わない。こちらの様子を伺うように聞いて来る。忙しくない私は面白半分、切ってしまうほどの事もなかろうト、しばし付き合います。

 

 

 

10年前の出版体験がある人のリストを先方は持つ。で、自家出版を勧める。リストは自分で作ったか、あるいは何処からか買ったのか? 疑問に思うが聞きはしない。だが情報化社会です。その程度の推測はつけなければ……

 

 

 

出版業界も厳しい冬が続く。中小社だけでなく大きい会社でも自家出版を商う。古本は汚いとiPodでデジタル本を読む、潔癖症の女性がいる。そういう中、iPodには縁のなさそうな加齢臭世代を勧誘し、自家出版を誘うわけだが、コンタンは透けて見える。

 

 

 

黒い服を着た目立たない老人は淋しい。他人から忘れられるのが淋しい。昔の自分を今に喚起しよう。退職金で本を出そうと試みる人もある。でも今が理解できない。うっかりすると教えるより教わるべき自分を見抜かれるのがオチ。

 

 

 

自分には価値はない。それでも目立ちたい。価値がないからこそ出版から価値付けたい。倒錯した価値観を願う。知人の目立つ人は腹立たしい。それは嫉妬の対象になります。何でアイツが脚光が浴びる。自分の思いは沈む。

 

 

 

オレがこんなに地味なのにアイツばかりが派手にやれるか? 電話は嫉妬心を逆手に取ろうとも感じられます。出版のお勧めにもスパイスのように黒い感情がチラのぞく。覗かれれば覗き返す、どこでお知りになりました。私の事。

 

 

 

「介護ヘルパーは見た」というあざとい題の本に、淋しくてウンチをこねくり回すおじいちゃんが出て来る。宝石を身につけてお風呂に入ろうとするおばあちゃん。1人暮らしなのに3人分の食事を作り、出来上がると、誰もいない2階に向かって叫ぶ主婦も出てくる。

 

 

 

ひとりが恐い症候群。テンションを上げて電話で同性の友達を呼び出すという。どこそこに行くのよ、行かない? 一緒に。断ったらアナタの時に付き合わないわよ。ニュアンスを語尾ににじませるのがコツという、乾いた友情。

 

 

 

奇妙な電話は、また言って切れます。電話を置いて私もテンションを上げる。出かけます! 年末でどこもプールが閉まる。トレーニング室も閉まる……私? 私は誰も誘わず誘われず、正月は見てないビデオを観ます。

 

 

 お友だちは、もちにスナック、干柿、ピーナッツ、コーヒー、ヨーグルト……優雅というかウツというか、太るというか。

2012年12月26日 (水)

三菱軽、大量リコール

Mitubi  財経新聞 関連記事 抜粋 >三菱自 軽自動車 エンジン  オイル漏れ 不具合  4回目  リコール

 財経新聞 : 2012-12-20 】によると、三菱の軽車にはオイルシール において フロントケース  加工 ばらつき及び オイルシール 圧入量 ばらつき等  複合要因 により当該 オイルシール  保持力  低下 しているものがあり、そのため 当該 オイルシール  抜け出し エンジンオイル  漏れ油圧警告灯  点灯  そのまま  状態  使用  続けるとエンジン 内部部品  焼付き 走行不能 となる おそれ  あるという。

 

 

 

 今回対象車種  ミニカ  ek-WAGON  ek-SPORT  ek-CLASSY ek-ACTIVE  ミニキャブ  タウンボックス オッティ  クリッパー  8~9車種といわれている。今段階で、アイはリコール対象に含まれない。

 

 

 私はオイル交換を自分で行った体験はあるが、シールについては判らない。エンジンオイルの量は何度も点検するようにし、オイルもれ発見の際には、各自が三菱に持って行くなり、対策を行われたい。

 

 

 ●三菱自動車 http://www.mitsubishi-motors.com/publish/pressrelease_jp/corporate/2012/news/detailcc19.html

2012年12月25日 (火)

送りつけ商法

Kozutumi 注文した覚えのない健康食品が送りつけられる。着払いで送って来る健康食品に注意を、新手の商法に警戒です。被害の大半が高齢者、覚えがないのに数万円分とか、大量に送りつけるのが手法

 

 

「注文をされたサプリメントを今日発送する」いきなり電話がかかり「頼んだ覚えがない」と答えると「注文を受けた記録が残っている」という。会社名を聞いても答えないので「受け取り拒否する」というと「払わなければ弁護士を使って裁判する」と脅すのです。

 

 

 

「商品が送られてきたらどうすればいいか」伊万里消費生活センターに被害者から相談がきた。熊本ではないが、すぐ側の佐賀の出来事です。対象は高齢者中心。断るつもりの「いいです」が、承諾と解されたのかも。

 

 

 

「注文の声は録音しているから弁護士を頼むぞ」業者に「申し込んだのだから払え」と高圧的に出られ、押し切られて購入を承諾する例もあるという。現実には電話勧誘販売はクーリングオフが可能です。

 

 

 

判断力や記憶力の衰えた高齢者を狙って勧誘している様子で、国民生活センターではそういう。やがては熊本にも来ると思われる。電話をいったん留守録で受け、知らない人は直に出ない。そういう方法を考えたい。また宅急便などで箱を受け取ってしまった場合も消費者センターに相談を。

 

 

 

●熊本市生活センター (096)353-2500

 ●読売新聞記事は似ているのか、同じなのか? http://chubu.yomiuri.co.jp/news_top/121221_2.htm?from=localtop

2012年12月24日 (月)

鈴木先生 ドラマ

Suzuki見ました? ギャオが期間限定で公開した「鈴木先生」面白かったです。一口でいうと金八先生プラス高校教師というトコロ。最低視聴率2%から最優秀ドラマに、映画化が決定、デジタルTVもヤルもんです

 

ただ線を細くした感じはあって、まだまだドラマの予算も削れれて行くト思う。クラス分けのシーンから始まって、今はくじでするとムラが出来るから、細かく再調整を入れる。ホントかいな? 私には否定するデータはない。

 

説得力はある。昔の小山内脚本のように見えます。先生と先生の心理的な駆引きは女性的、男教師に出来るか? 私にはとても出来ないト思われます。当り前か? 主人公の鈴木先生には鈴木心理学のメソッドがある。

 

物事には色んなやり方があるべきで、多数意見と少数意見は並立すべき物。両者は相互に認め合うべきである。具体的にはクラスの生徒と生徒の意見を明らかにし、事情と事情を会議の中で即興認め合わせる。教育効果も上げる。

 

では、富田靖子先生の管理主義や山口智充先生の個人主義とどう同居するか? さすがに無理かと思われ、ドラマ限界がある。即興は、悪くいうと行き当たりバッタリと隣合わせ。さらにいうと話はコメディゲームにもなる。意見を持つことは他への攻撃にも重なる

 

中学生なのに友人の妹、つまり小学生と出来たり、教師の出来婚といったセックスがらみのネタが刺激的に満載です。その辺はあざとく高校教師も取り込んだ。テレビ東京としては意図して話題になろうと狙ったらしい。

 

視聴率狙いの部分は外れたが、全体ではドラマ賞を外さず、やらしく映画化も決定した。狙わないと「それ生き」のようにならない。私としては「それでも生きてゆく」の方が好感は持てるが、それ生きもクサいのはクサい。

 元ネタは言うまでもなく坊ちゃん、ついで石坂洋次郎さんの「若い人」だろう。若い人については「高校教師」の時も言及されたが読んだの声は上がらなかった。もう文庫にもないのか? 検索すると新潮文庫にあるようだ。青空文庫にもない。

2012年12月23日 (日)

青画面対処

Ao 121015日の記事の続きです。「深夜の青画面」のあとケーズ電器に行き、夜の内容を相談しました。一般論としては「メーカーもそれほどの体制がある訳ではなく、言われるケースには手を焼くと思われる」

 

「症状を出すのに時間がかかり、パーツを取り寄せるのに時間がかかる。それで2ヶ月かかった例もある。出されるなら早く、パーツのあるうちが、時間の上からは有利です。メーカーは?」

 

「あ、ゲートウェイは修理が遅い、そういう事はありません。専門メーカーにはそれはない。それでも症状出しはありまして……最終で再インストールがパターンです。お出来になるのなら自分で再インストールされて、それでも悪いならお出しになる」

 

そのような逆手もありではないか? ト店員は言われる。少なくとも時間的には早い。再インストールでも悪ければハードディスク等の部品交換となるらしい……それで私はそうしたか? 何もしてません。

 

翌日にウィンがネット更新、ファイルを書き換え、ぱったり青画面は出なくなります。深夜にラジオを付けて寝ても、パソコンは切れるが朝、マウスに触るとキレイに起き上がります。やれやれ修理に出すのにも時期がありますなあ。

 ああ、ついでにもう1つ「メモリの再装着? 付け直しに自分で開けやる? ……止めた方が無難です。いじったから修理代、無償が出ない事もありえます」というのがケーズ電器の見解でした。

2012年12月22日 (土)

警戒インフルエンザ

Maou インフルの今年の流行りもA香港型という。21日、厚労省はA香港型の検出が最も多く、全国的に流行期に入ったとした。警戒体制に入って下さい。12125日の私自身のブログ記事などからA香港型インフルに関する情報を集めますと……

 

 

 

「全国でインフルエンザが本格化とあります。24日までの国立感染症研究所の分析によると、今季検出されたインフルエンザウイルスの約9割がA香港型。この典型的な型の流行は5年ぶり。

 

 

 

乳幼児は脳症の恐れがあるほか、高齢者も重症化が心配される。例年よりも70代以上の患者が多いとの指摘があり、高齢者は特に注意が必要です。潜伏期間は2日前後」

 

 

多分、インフルエンザという人の話では、いきなり発熱の高熱、鼻水、喉の痛み、咳、関節痛、頭痛などが典型的な症状という。一般的な風邪も多い時期でアテになりません。

 

 

一般風邪も39度の高熱を出し、鼻水、喉の痛み、咳、下痢など、事実上インフルエンザとの見分けはつかない。病院で医者はインフルエンザの簡易検査をして、診察所見より診断します。

 

 

以上が12年の記載。検査薬もない素人判断での判別は無理。今年はノロウイルス、感染性胃腸炎も多くなっており紛らわしい。そういう訳で下痢にも注意の必要あり……

 

 

 

検査で陽性の場合は特効薬、タミフル、リレンザ、ラピアクタなどの抗ウイルス薬が投与されます。患者心理としては抗ウイルス薬は副作用が恐い、だが副作用は極めてマレで、せっかく貰った薬を飲まなかった場合の方が恐い。

 

 

 

抗ウイルス薬は飲み遅れても効果はない。インフル症状に思い当たったら夜間内科、当番医を探すべきで、簡易検査を受けるべき。医師がどうしても見つからなかったら仕方がない。薬局に行って薬剤師に相談「麻黄湯」を買うのが次善となります。

 

 

 また治まってもウイルスが残っており、他人にうつす可能性が高い。医師の指示に従い、もうしばらくは自宅で休むべきです。

2012年12月21日 (金)

大いなる期待

Kitai_2 与党が変わったので期待が集まります。何かやってくれるだろうトいう訳です。任期はもう少しあるが、旧与党があまりに悪かったから、いくら何でもマシな事をやってくれるだろう……そういう期待の話です。

 

64才になると自分に過大な期待はしなくなります。出来ることと出来ないことが、ほぼ見えてしまう。自分で長大な物語を書こうとは思わない。ただ筋肉少女帯の大槻ケンヂさんは長編小説を書いたと言います。

 

「歌詞を書くと報われるが、小説は書いても報われない」大槻さんがボヤいてました。ライトノベルのことか、それは出版には漕ぎ着けたものの、売れないそうです……そういう事は誰にもあります。

 

自分でたくさん読むと他人も、書けば読んでくれると思う。本を読む人が少なくなって、読んで欲しい人の方が多くなっている。自分の書いたものを……読ましてやろう。悪くいうとそういう事になりましょう?

 

忘れましたがタレントだか俳優で、何か小説書いた人が居たでしょう。それで文学賞を取ったとか返したとか……読んでませんが内容ヒドかったという話で、私はブックオフで待ってますが、その本、出て来ない。

 

イケ面で話題になって本が売れて、それを映画化したら商売の採算にも合うだろう。そういう心づもりの出版社が文学賞を出したんでしょう? ハーレクインロマンスのように……つまり読む、書くという行為はそういう事ではありません。

 

鏡花が古くなって鴎外が古くなる。森鴎外を読んでる人はまだ少しいますから、言うと怒られますが鏡花はもう怒られない。映画やドラマにしないと見ない人がいます。小説は映画が出来る前の媒体です。

 

最初から映画化やドラマ化をあて込んだ小説、自作自演の完全小説というのはない。そこまでコミの俳優、タレントですから狙いとしては悪くない。上手く行かなかっただけでしょ。近い線では辻仁成さん、カミさんが何とかいう女優でしょ。

 

辻さんが一番、上手く行ってるンだから……難しいですよね。今日のブログ記事は怒られそうだなあ、それは漱石の頃からそうだったんです。例えばです。夫人が外出して、そのよそ行き着物を部屋に吊るし、陰干ししていると……

 

漱石は夫人の着物を着て遊んだ。軽い女装趣味があったという。それで文章の中には自前の着物で、ずばり女になって出て来る。都合によると猫に化けて出る人ですから。女に化けるくらい訳がない。

 

そういう風に思うと、辻さんがカミさんに宛てた小説書くのと変わらない。文学賞タレントを作るのにも似ている……ただ簡単ではない。なぜか、ありがちな物からは新しい物は生まれないという理屈です。

 そういう訳で期待できません。いえ新内閣じゃなく、私、64才についての下らない話です、これは。下らない物をお読み戴き、本日もありがとうございます。明日はもう少しは、ましな物を書きたいと……

2012年12月20日 (木)

ザ・ライト 映画

Raith 善悪をも超越したレクター博士こと、アンソニー・ホプキンスさんのエクソシストです。でもルーカス神父役といえば神側、レクターといえば悪魔側で、そのギャップをアンソニーさん、どう演じるか興味深い。

 

 

 

先にネタを割りますと、いいのか?いいんです! 文学のカミユ、サルトル、ドストエフスキー……その辺が十束ひとからげに無神論者になりまして「悪魔払いとは、そういう立場に立ってお払いをする事なんだ」そういう主張があります。

 

 

 

文学には詳しい私が解説しますト(ウ、ソォー)有神論者は「神はある」と言います。神はいないとはカミユ、サルトル、ドストエフスキーは自分自身では言ってなくて、有神論者たちが「あの論法だと神はない事になる。あいつら無神論だ」決めてる。

 

 

 

ルーカス神父やマイケル神父の立場は、神はないではなく、あるかないか判らないというが近い。時々、神が信じられなくなる……ただ、映画全体のなかで彼らも悪魔は信じている。少なくとも悪魔払いに払わなくてはならない物として存在する。

 

 

 

ある宗教関係の方に聞きますと、お金を取ってオマジナイをして上げる事がある。その権利いうか資格は、その宗教団体から、お金で買うそうです。基本は私と同じ、相談業務という。その方に言わせると「相談に乗ってオマジナイをする、宗教なの」だそうですト。

 

 

 

若いマイケル神父は、悪魔付きの少女を見て「良心が咎め、精神病を起こした」病人と明言します。神父の考えとするには問題がある。お金を取ってオマジナイをすると、全部は効かないがそこそこは効く……人はそういう存在です。

 

 

 

天国で神があなたを受け入れる。死が間近い時、誰もがそう言って欲しいのです。あなたは直ぐ死ぬ、天国があるかどうか、神が存在するかどうか、私にはよく判らない……そんな事は言って欲しくないのです。

 

 

 

無神論者のひとりサルトルは、ノーベル文学賞を拒否しました。最高権威に権威付けられる事が嫌だったんですね。喉から手が出るほど、誰でもみんな欲しがる。サルトルはただ猫や杓子になる事を拒否しただけ、かもしれません。

 

 

 

マイケルの父親役でルトガー・ハウアーさんが、いい感じで出ています。葬儀屋、おくりびとです。つまりマイケルは葬儀屋の息子で、若い頃から死を間近に見て来て、肝が据わっている。人からクールと言われ、自分でもクールと言う。

 

 

 

「カッケ」とは「カッコイイ」つまり「冷静に受け止めよう」という程の意味があるのか? これって昔、Pニューマンが言った事です。そういう訳で映画はニューシネマ、実存主義の匂いがします。死もまた冷静に受け止める、そうか、レクター博士は実存主義者だったか。

 

 

 ●ザ・ライト予告 http://www.youtube.com/watch?v=8J2JrM7O6tQ