« コミュニケーション | メイン | 誰か側にいてほしい »

2012年10月23日 (火)

あげ底のかかと

Innsoru2_2 ちょっと表現しづらい。メーカーは「靴下の中にこっそりあげ底」と言ってます。身障者の障害対策とは書かない。「人体工学に基づいた設計」……かなあ。そこは私、知りません。

 

 

 

背丈に希望のある人に向けた2センチアップの踵グッズ、中敷がグルーポンの対象に出たので、注文を入れました。グルーポンではインソール、靴の中敷の扱いになる。

 

 

 

一般の店に行っても背丈を上げる踵、そういうインソールといっても近所の店にはない。グルーポンでも店の名前ははっきりしないが……「風水国際グループ」株式会社〒135-0064 江東区青梅2-7-4  EOO+SHOP 2cm靴下インソール(2足セット前回より値下げ、今回は送料共999円 だが通常一足1980円、2足3500円という。

 

 

 

アマゾンで「インソール」を検索すると、その手のあげ底用インソールはいろいろ種類があります。ネット内では背丈問題は大きく取り上げられる。これを流用すると下肢、足長差の対策は、意外に簡単に出来ます。

 

 

 

アマゾンでの価格はいくら何でも送料共2足1000円という事はない。だがおそらく数千円。整形病院で補助具の注文を出すより、だいぶん安くなるでしょう。アマゾンでは、むろん行政補助の処置は受けられませんがね。

 

 

 

ここ「EOO+SHOP」ではサイズが2センチに限定される。女性専用のように見えました。コレ関係ない、かといってあまり大柄な人には合いません。つまり踵だけな訳でほぼ、ほぼですよフリーサイズといえます。これを流用しただけです。

 

 

 

左右サイズ差もあるが大差はない。右を左にしても左を右にしても、大きくは変りません。9月28日にネットに申し込んで、到着が翌月の22日ですから、その辺は厳密ではない、いい加減です。

 

――相談に乗って下さい。ト、足長差について知り合いの身障者に聞きました。「なりお整形」では足長差は縮める方針のようです。一般の整形病院では言わない。どっちがいいのでしょうか?

 

Kakato3
「やった方がいい。大分違う、自分はそう思う」大分というのはどういう違いを言うのか。そこは言葉にならなかった。この人は10センチの足長差がある。

 ――私は2センチと言われます。それでも?

「やった方がいいと思う。大分違うよ」

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/394232/30104573

あげ底のかかとを参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿