« 九月の情勢 | メイン | プロヴァンスの贈りもの 映画 »

2012年9月26日 (水)

フェイスブック

 Facebookこんなにパソコンが流行る前に「恋に落ちて」という歌が流行りました。電話の「ダイヤル回して手を止めたぁあ」恋愛に抑制が効かなくなった人の歌です。相手が望まない電話をかければストーカーになります。(流行は1980年か)

 

 

相思相愛ならおめでたいが、恋愛はなかなか相手にいい具合には思って上げられない。道路に速度制限もあれば一方通行の時間帯もあるように、恋愛もまたこの世の不都合なのです。

 

 

米ウェスタン大学の学生が”失恋のショックがFacebookの使用にどう影響するか”を調査したところ、10人中9人が元カレ、元カノのFacebookアカウントにアクセスしていることが明らかになった。

 

 

90%とは、ほぼ100%のことです。ツイッターはともかくフェイスブックは構造に問題がないか? 私の昔の疑問が今頃になって学生に立証されてしまいます。パソコンは人脈をたどれば新たな人間関係も何となく見えてしまう。

 

 

80%でもまだ、ほとんど全部の意味は変らない。便利さが反面の不便を見せます。人間関係そのものが便利に様変わりした訳ではない。昔の電話以上に、パソコンは関係をこじらせる、厄介な道具に成ります。

 

 

 

論文をまとめたヴェロニカ・ルカーチ女史によれば、「88%のユーザーが元恋人の動向を監視しており、80%が新しい恋人の出現に目を光らせていることがわかった。未練というよりも元カレや元カノへの独占欲の表れではないか」という。

 

 

 

電話があれば電話を使ったストーカーが成立し、パソコンがあればパソコンを使ったストーカー行為が……いえパソコンの場合、ハッキングになります。歌にあるように人の心は恋愛中だけ抑制を失う。いつもではない。

 

 

WIN時代になってもMAC時代になっても、嫉妬は嫉妬感情、独占欲は独占感情と変りようがない。人間はパンツをはいた猿で、パソコンをいじる猿でもある。愚かさの全てから無縁になる訳ではない。特に誰も見てない自分の部屋の中ではネ。

 

 

恋の終りには電話番号を変えたように、フェイスブックのパスワードは変えるようにと、ルカーチさんはいいます。調査は若い人限定での結果、対象を広げると多少の違いは出るでしょう。いえ私は今更、恋愛もありませんが……

 

 

すべての人間関係には恋愛と似た面があります。近づく感情と遠ざかる感情は、どちらか一方ではなく、一対になっている。ツイッターだってフォローとフォロワーが一対になってましょう? フォローするのは何時でもいいが、それを外すタイミングは難しい……私? フェイスブックはむろんしません。

 

 

●恋に落ちて http://www.youtube.com/watch?v=VK-gECM_lOQ&feature=fvwrel

 ●大学調査 http://irorio.jp/sousuke/20120720/19298/

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/394232/29918039

フェイスブックを参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿