« プロヴァンスの贈りもの 映画 | メイン | ココア何処の…… »

2012年9月28日 (金)

配合血圧剤

 結論からいうとメタボで高齢高血圧という人には、ミカムロなどの配合薬が効きそうという話です。細かくいうとヤヤコシイ、これ以上のことは私、判りません。関心の方は掛かり付け、内科医などにご相談ください。

 

 

 ただ効果があるのでは? そう言われたのは今年で。熊本大学の光山医師らによる。しかし薬は2年前に作られ、すでに発売されている。安い血圧薬に比べると、この配合剤は1錠あたり133円と高価になるなどの問題点もある。

 

 

 

 心血管系疾患あるいはCKDを合併する高齢高血圧患者の追加治療において、ARBCCB併用療法が有効である可能性が示された。OSCAR Studyのサブ解析の成果で、研究グループを代表して熊本大学の光山勝慶氏が、920日に名古屋で開幕した日本高血圧学会で発表した。 第35回日本高血圧学会2012920日~22 名古屋

 

 

  日本ベーリンガーインゲルハイムとアステラス製薬はこのほど、高血圧症の治療に用いる持続性アンジオテンシン2受容体拮抗薬(ARB)のミカルディスと、持続性カルシウム拮抗薬(CCB)アムロジピンの配合剤ミカムロ配合錠APを10月7日付で新発売すると発表した。ベーリンガーの担当者はミカムロの特徴について、「降圧作用の持続時間が長いことや、メタボリックシンドロームの高血圧症患者に対しても有効であることが期待されている」と話している。CBNEWS 2010年09月22日

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/394232/29935495

配合血圧剤を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿