« 2012年8月 | メイン | 2012年10月 »

2012年9月

2012年9月30日 (日)

サプリ、飲みますか?

Guru 週刊文春 921日号がグルコサミンやコンドロイチンなどのサプリについて書いてます。まず効くという証言は「軟骨の修復に役立つとされています」これは宮城大学食産業学部・西川正純教授の意見です。

 

 

 

逆に「効果が個人個人では実感しにくい小さなものだとも示されている」武蔵国分寺公園クリニック・名郷直樹院長の意見は効かないというもの。文春は2つの意見の間にバランスを取ろうとします。

 

 

 

「良い効果があると実感しているユーザーがいる一方で、科学的な裏付けとなるデータはない……。結局、効くか効かないかは、飲んでみないとわからないのが現状のようだ」とまとめます。これでは足りないのでは……

 

私もグルコサミン飲んでます。だがコンドロイチンは飲んでない。理由グルコサミンはサプリで取らないと永続的に取るのは無理だが、コンドロイチンなら納豆のネバネバなど普通に食品成分に含まれます。

 

このほか軟骨強化には、コラーゲン、MSMが合わせて必要です。これも牛乳など普通の食品で取れる。つまり若干の食生活の改造が必要なのです。ネットなどで調べ、意識的に取り込めば全部をサプリで取る必要はない。当たり前ですね。

 

裏返すと人には誰にも好みがある。ない方がいいのですが……仮にネバネバ食品と牛乳は食べない人があったとするとグルコサミンだけ飲んでも効かない。極端にはそういう事もありましょう。もう少し一般的に……

 

膝が痛い軟骨が細いという人は体重を減らしたい。それには甘物を止め、全体の食は細める。しかし骨成分の食に関しては強化と、改善しなければなりません。コラーゲンは取りたいが脂肪は欲しくない。葛藤がありますなあ。

 

人生が長くなれば矛盾が生まれます。それで寿命がある……それは別な話です。私がこの方法を始めた5~6年前にすでに、グルコサミンは効く人より効かない人が多い。そう言われました。文春記事に間違いはない。

 

ただ記事として役に立たない新しくもない、ただ浅い。私でさえここまで書くのだから、もう一息がんばって欲しい……それはいいとして、心当たりの方は以上を留意の上で飲めば、ほぼ約2ヶ月で相性は判ります。

 

効果を感じなければ止めて下さい。グルコサミンはアレルギーの人が多い、相性が悪い人も多い、そのようです。高価なものが話題ですが、私が使っているのは画像、20日分500円程度の安価なもの。

 ●なんとかよく聞くグルコサミン http://shukan.bunshun.jp/articles/-/1811

2012年9月29日 (土)

ココア何処の……

Vanhouten バンホーテンのピュアココア。私は嗜好品はコーヒーですが、まあ遊んでみましょ。通常グラムでは400円ほどです。ただ量は少し多く、価格はバカ安、なぜなら賞味期限が近いからです。

 

 

 

どうするって……簡単な所ではコーヒーと混ぜる。チョコレートカレーには砂糖が入らない分、純粋になるのではないか? チョコレートではなくココアカレーにはなりますが……

 

 

 そういった目論見の、台所への安易な衝動買いです。ネタは本棚のコーヒー本に記事はあったような、むろんネット検索でも何か面白いことが見つかるでしょう。あ、価格は50円。

2012年9月28日 (金)

配合血圧剤

 結論からいうとメタボで高齢高血圧という人には、ミカムロなどの配合薬が効きそうという話です。細かくいうとヤヤコシイ、これ以上のことは私、判りません。関心の方は掛かり付け、内科医などにご相談ください。

 

 

 ただ効果があるのでは? そう言われたのは今年で。熊本大学の光山医師らによる。しかし薬は2年前に作られ、すでに発売されている。安い血圧薬に比べると、この配合剤は1錠あたり133円と高価になるなどの問題点もある。

 

 

 

 心血管系疾患あるいはCKDを合併する高齢高血圧患者の追加治療において、ARBCCB併用療法が有効である可能性が示された。OSCAR Studyのサブ解析の成果で、研究グループを代表して熊本大学の光山勝慶氏が、920日に名古屋で開幕した日本高血圧学会で発表した。 第35回日本高血圧学会2012920日~22 名古屋

 

 

  日本ベーリンガーインゲルハイムとアステラス製薬はこのほど、高血圧症の治療に用いる持続性アンジオテンシン2受容体拮抗薬(ARB)のミカルディスと、持続性カルシウム拮抗薬(CCB)アムロジピンの配合剤ミカムロ配合錠APを10月7日付で新発売すると発表した。ベーリンガーの担当者はミカムロの特徴について、「降圧作用の持続時間が長いことや、メタボリックシンドロームの高血圧症患者に対しても有効であることが期待されている」と話している。CBNEWS 2010年09月22日

2012年9月27日 (木)

プロヴァンスの贈りもの 映画

 Puro南仏ブームに関連したお気楽映画です。リドリー・スコットさんがピーター・メイルさんに原作を発注し、ラッセル・クロウさんを例によって主役に据えた、まあ男性主義の映画です。

 

ピーター・メイルさんは既婚で女性物色はない。クロウさん未婚だけど結婚のつもりは? この映画での本命、ファニー役のマリオン・コティヤールさんは、もう2人の女性と天秤にかけられ、比較の対象になります。

 

たとえば「ローマの休日」が明らかに女性映画であったような作りには成ってない。まずいワインしか出来ないブドウ畑は、それでもプロヴァンスの畑というか、別な価値を持つ。あなた価値をピーター・メイルさんに認めますか? そういう問いかけです。

 

マリオンさんはこの後の映画「エディット・ピアフ」で大当たりします。リドリーさんの目の確かさはお見事です。でもこの映画では3人並べておいて、君なら誰にするってなモンでしょう。

 

女性には不快だから映画としては当たらない。でもピーター・メイルさんも仏女性と、米女性と比較するゲームに参加してます。それでもって畑と家は売るか、叔父さんの遺産をどうするのか?

 

……という、もう一つのゲームにも参加します。リドリーさんの立ち位置は今は米監督ですが出身は欧州です。心情的には死んでしまった叔父さんアルバート・フィニーさんに一番かぶっています。簡単に売っちゃえいう風にはなりません。

 

原作のピーターさんは大金を物にしてリタイアした人で、趣味の作家業といってはいけませんが、余裕のスタンスにある。この映画のヒットがなければ……そういう人ではない。その辺で話は揺れるのです。

 

そんなん日本と関係ない思われます? ところが日本でも高齢者が、温泉つきホームを買う。そういう物件があります。ある程度は田舎が前提にはなります。ここがプロヴァンスと似ますなあ。

 

物欲を断念する。あるいはパソコンで欲しい物を調達できる人に向きます。高齢になっても問題は食べ物です。ホームに行かなくともオール電化すれば、料理はかなり出来ます。

 

多少、腕さえあれば……なければマックスバリューの出来合いバイキング、グラム1円の惣菜を買うだけです。熊本市内には銭湯タッチの温泉はある。病気がややこしく毎週、専門病院に通うとなると田舎ホームは便利かどうか。そういう風に観ると面白い映画です。

 

クロウさんが乗り回すクルマは米車ではない。ちっこいスマートです。確かに南仏に米車はヤボです。ツインに満足できる感性って意外と難しい。軽で満足出来ますか? あなた田舎のホームでもクラウンに乗るの、そうですか。

 

水泳中毒の私なら、温泉つきはいいけれど温泉プールになってるかどうか? それが問題です。

 A Good Year 予告 http://www.youtube.com/watch?v=LGmXc7zqr7g

2012年9月26日 (水)

フェイスブック

 Facebookこんなにパソコンが流行る前に「恋に落ちて」という歌が流行りました。電話の「ダイヤル回して手を止めたぁあ」恋愛に抑制が効かなくなった人の歌です。相手が望まない電話をかければストーカーになります。(流行は1980年か)

 

 

相思相愛ならおめでたいが、恋愛はなかなか相手にいい具合には思って上げられない。道路に速度制限もあれば一方通行の時間帯もあるように、恋愛もまたこの世の不都合なのです。

 

 

米ウェスタン大学の学生が”失恋のショックがFacebookの使用にどう影響するか”を調査したところ、10人中9人が元カレ、元カノのFacebookアカウントにアクセスしていることが明らかになった。

 

 

90%とは、ほぼ100%のことです。ツイッターはともかくフェイスブックは構造に問題がないか? 私の昔の疑問が今頃になって学生に立証されてしまいます。パソコンは人脈をたどれば新たな人間関係も何となく見えてしまう。

 

 

80%でもまだ、ほとんど全部の意味は変らない。便利さが反面の不便を見せます。人間関係そのものが便利に様変わりした訳ではない。昔の電話以上に、パソコンは関係をこじらせる、厄介な道具に成ります。

 

 

 

論文をまとめたヴェロニカ・ルカーチ女史によれば、「88%のユーザーが元恋人の動向を監視しており、80%が新しい恋人の出現に目を光らせていることがわかった。未練というよりも元カレや元カノへの独占欲の表れではないか」という。

 

 

 

電話があれば電話を使ったストーカーが成立し、パソコンがあればパソコンを使ったストーカー行為が……いえパソコンの場合、ハッキングになります。歌にあるように人の心は恋愛中だけ抑制を失う。いつもではない。

 

 

WIN時代になってもMAC時代になっても、嫉妬は嫉妬感情、独占欲は独占感情と変りようがない。人間はパンツをはいた猿で、パソコンをいじる猿でもある。愚かさの全てから無縁になる訳ではない。特に誰も見てない自分の部屋の中ではネ。

 

 

恋の終りには電話番号を変えたように、フェイスブックのパスワードは変えるようにと、ルカーチさんはいいます。調査は若い人限定での結果、対象を広げると多少の違いは出るでしょう。いえ私は今更、恋愛もありませんが……

 

 

すべての人間関係には恋愛と似た面があります。近づく感情と遠ざかる感情は、どちらか一方ではなく、一対になっている。ツイッターだってフォローとフォロワーが一対になってましょう? フォローするのは何時でもいいが、それを外すタイミングは難しい……私? フェイスブックはむろんしません。

 

 

●恋に落ちて http://www.youtube.com/watch?v=VK-gECM_lOQ&feature=fvwrel

 ●大学調査 http://irorio.jp/sousuke/20120720/19298/

2012年9月25日 (火)

九月の情勢

Nihon 922日、米国の有力紙ワシントン・ポストは尖閣諸島をめぐる中国との領有権争いなどを受け「日本が右傾化している」と記事を掲載します。

 

 

 

ポスト紙は1面で尖閣諸島を例に論評を加え「日本は徐々にだが、右傾化への重要な変化の途上にある」と指摘した。で、一般的には指摘を日本はどう受け止めたか?

 

 

 

2チャンネルの投稿では「フツーだ、今までが左に過ぎた」と、確かに現状肯定意見が単純に判り易い。仲間うち大和魂という言葉は出ていません。

 

 

 

私は「さあ、戦争前夜ですよ」出会いがしらの挨拶がわりにそういう。すると皆さん苦笑をされる。一般にはそういうもんです。今までが過ぎたと意見は、私の挨拶でのお返しは皆無なのです。

 

 

 

フツー意見が一部とは言わないが、私は参考に留めます。それから、今や門外となった田中均さんはダイアモンド誌など、ここに来ての露出が目立ちます。

 

 

 

田中さんは「外交は見かけではなく、日本にとって好ましい結果を作るための長い作業」意味の、左でも右でもない、むろん目先でもない安定的外交を説かれる。

 

 

 

教育者となったのだから学校をやっておられればよかろうト思うが、そうなされない所に危機感がある。落着きはらって見せかけるが、田中さんも内心はご心配なのでしょう。

 

その田中さんは抗議デモをやれとか、行列を作れとか言わない。外交は担当に任せろの意見とみえます。私たちは韓国製品でも中国製品でも、今まで通りに具合がよさそうなら買えばいい訳です。

 ロシア製というとトカレフしか思いつかず、この場面はトカレフではまずい。意固地にならずカニ食いますか?

2012年9月24日 (月)

二重誘拐 映画

Nizyuu90分映画です。コメンタリで観るといったん120分版を作っておいて、試写の後に削った。だから誘拐サスペンスにはなっているが、ドラマ志向の映画であってサスペンス要素は低いと……。

 

Rレッドフォード、H・ミレン、ウィレム・デフォーさんと3人揃えたんだから演技合戦だろうと思うと、そうはいかない。ミレン、デフォーは顔すら合わせない。責任追及の任にはないが、脚本に問題がないだろうか? 

 

孫の出来た老夫婦の描写は珍しくない。レッドフォードさんはトヨタレクサスに乗っている。ミレンさんは小さく見える自宅のプールで泳いでいる。そんなありきたりからドラマは始まる。

 

お前は軽で近所のプールに行くだけだろう。たいした違いだ……ご批判はあるト思う。ここの自宅プールは冬場は使えない。「卒業」のそれより小さい、いっそジムのプールがよい。いまや駐車場に時々見かけるレクサスより、自分でメンテナンスしたクルマの方が調子はいい。

 

そうすると孫どころか、子供も連れ合いもない私の現実が浮かび上がる。しかし成功者となって幸福の夫婦は、誘拐されてみてそれまで見なかった自分の現実をシゲシゲと眺める。映画はサスペンスでなく、そういう日常を描く。

 

警察はまずレッドフォードに愛人がいる事を暴く。ミレンも知っていた、だが続いているとは知らなかった。それは蒸し返される。ミレンさんは再び愛人に会い、今まで続いた理由を知る。

 

愛人はレッドフォードを愛するいうより、崇拝したのだ……こういう話をクダクダ描き過ぎると物語はダレる。ダレるだけならいいがタネもバレる。ダレバレが重なると話は下らなくなる。

 

一番近くにある為に本当の価値が見えなかった。ミレンは夫の価値を悟るが、それは誘拐後、犯人は夫と金を素直に交換するかどうか? 気丈なミレンも不安になる。そして取引に失敗したと思い泣くシーンは、ここは見ごたえがある。

 

物は失われて初めて価値が判る。もう帰らないとなって初めて逆流する記憶の中に、価値は最後の輝きを見せる。だが一番近い物は近いだけに自分自身をも巻き込む。自分の部分を削り取って消え去る。老いということだ。

 

サスペンス目当てでいると見えない。老いの向こうに消えていく命の本質を映画はかいま見せる。ミレンは夫ではなく、自分の死を感じ泣く。社会には成功や幸福があふれるが、人生の幸福は簡単ではなく、手に入れた端から消えていく。

 

映画の人物は自分の手の中のそんな成果を探す。誘拐されるレッドフォードさんも、犯人側に立つデフォーさんもまた、自分の手の中をのぞく。3人の成果の全部を知り、ベスト判定を下すのは観客、観客だけだ。

 

警察から帰ってミレンは疲れてベッドに横たわる。すると夫は側にきて、自分を愛しているかと聞く。ミレンが「うん」と答えると夫は「それ以上の事はない」と耳元にささやく。

 

ハッピーエンドの映像に子守歌の音楽がタイトルと共に流れていく。とても美しいシーンだと私は思う。しかしこの映画の評判は悪い。サスペンスが足りないと言う。観客は人生の何が大事か、判定能力に欠けてないか。

 ●「二重誘拐」予告 http://www.youtube.com/watch?v=HoyTd1hxrvE

2012年9月23日 (日)

9月の病状

 私もこれで病状は大変です。6月に出た病状に検査結果が伴なわず、9月の再検査となった。今月になって、むろん病院には行ったが、検査結果はやはり出ない。再々検査は12月です。

 

一人暮らしの女性が風邪かインフルか、得体の知れない熱を抱え土曜深夜に帰宅します。夜食におかゆか何か食って、日曜の朝、遠くの当番医に見てもらう……で、タミフルを処方されてしまう。

 

即座に一錠を飲んだもののタミフルは副作用も怖い。昨夜は9度近く上がった熱は7度台半ば、薬を続けるか否かト迷います。飲むのも怖いが飲まないのも怖い。薬ないしは病状については行った病院に聞けばいいのですが……。

 

遠くてもう行きたくなければ電話でも、そこそこの対応はある。縦の関係は嫌いか、不信があるのだろう。ネットで体験筋につまり素人に聞く。私ならどうかと思うが……これも現実。

 

人は様々です。村上春樹「アンダーグラウンド」に出て来る坂田功一さんは経理関係の商売柄か。杓子定規なところがある。サリンで調子が悪くなりかけながら、いつものコンビニでいつもの牛乳を買う。

調子の悪くなりかけた時まで牛乳を飲まなくともいい。いいと判りつつ習慣を続ける理由は、実はないのです。それしか思えない……あえて言えば習慣を守れば、安泰だった昨日のような明日につなげたい。意味がないから止める判断がつかないのです。

 

サリンで暗くなった視力なのに結婚式に出たいと無理な退院をします。日常に帰ろうとする。坂田さんは50才という年のせいではない記憶の薄れがあって、その症状は進むか止まるか判らない。まだ軽いとの受け止めです。

 

私の症状については県内でも指折りの総合病院に任せます。県外に線をたどれば何件か思いつかない訳ではない。再検査で出ない結果が再々検査にすんなり出るとも思えない。

 生きている事には基本的に不安があって坂田さんの場合、女性の場合、私の場合とそれぞれ違う。いや違っているとも言え似たような物とも言える。昼間の光の下を風が吹いて行きます。九月も下旬ですネ。

●9月29日のリビング熊本によると特定検診を受けている主婦は13%、受けない主婦が87%にもなる。その理由「健康だから」「なんとなく」が、上がっている。まさかの糖尿病、肝機能異常の発見もある特定検診、本当の受けない理由は、ここに書いたように「知るのが怖い」ではないか?

2012年9月22日 (土)

冷血 映画

Reiketu_2強い印象を残すタイトルだが、それで内容は判らない。むろん「冷血」(67)とは近所から評判のよかった家族を4人全員惨殺した犯人や事件を指すのだが、調べてみると違う含みもある。 

 

 

取材のため表向きは加害者と友情を深めながら、作品の発表のタイミングを狙い死刑執行を待ち望んだ、作者自身を指すという。見知らぬ土地で一攫千金を夢見る犯人加害者像だが、極貧の少年と共に道でビン拾いをするシーンがある。

 

 

映画はシリアスだけでなく、皮肉でユーモラスな場面もある。70年に封切られた邦画「裸の19才」は本作と似ている。ただ殺人とビン拾いが隣合わせる事は忘れ去られる。読者や観客は、その同居の事実をなかなか認めない。

 

 

 

ノンフィクション・ノベルの名称は作者トルーマン・カポーティの銘々という。各当の邦画は「復習するは我にあり」もある。この映画には気楽なロードムービーの面もあるが、その気楽さは観た後で消えてしまう。

 

 

 

ロバート・ブレイクが演じる障害者を、私は自画像のように見ていた。気分屋でキレ易く、知識や常識は持ち合わせず、その時々を行き当りばったりに生きていく。水に浮かんだ風船を連想させる。水中とは関係なく、ただ風に吹かれていく。

 

 

想像や推測を交えず、あくまで取材による事実を重ねていく描写には確かさがあって、曖昧さの入込む隙がない。書く側も読む側もそうなので、的確なコミュニケーションが行なわれる気はする。

 

 

方法に対する一般の評価は必ずしも高くない。映画もアカデミー賞部門にノミネートされながら1本も取れなかった。その一方でカポーティ自身も前に書いた理由からか、以後には小説が書けなくなる。

 

 

 

カポーティと一人の加害者の悲惨な境遇は似ていて、カポーティはノベルに強い執着を寄せるが、ノベルはノベルであり何枚書いたところで自伝にはならない。作者は作者、加害者は加害者という線も越えられない。

 

 

 

物語や映画をロマンテイックな夢と考えると、現実もまた夢の続きに過ぎなくなる。高速の広い道路を走れば、やがて夢の国にたどり着く気がする。襟首から入りこむ砂の感触にうんざりして……ふと目が覚める。

 

 

 

リチャード・ブルックス監督は「ミスターグッドバーを探して」で再び障害者に挑む。音楽はあのクインシー・ジョーンズ、主演は松田優作もマネたロバート・ブレイク。

 

 

 ●冷血予告 http://www.youtube.com/watch?v=7IL-4wAzVCg

2012年9月21日 (金)

麺王 博多ラーメン半額デー

Img_0098Menou_2まだ行ってないので内容は未確認。熊本市上代1-21-17  電話 096-211-2260。

 頭がい骨と上質の昆布を使用した、コクがあるのに後味さっぱりのとんこつスープ。ストレート細麺。上質な豚バラ肉を特製ダレに三日三晩漬け込んだチャーシュー。

博多ラーメン麺王 580円など。