« 2012年7月 | メイン | 2012年9月 »

2012年8月

2012年8月31日 (金)

嘘とだまし

Damasi私自身は宗教や哲学には深い接点はない。「八日目の蝉」では新興宗教が、「ロックンローラー」ではヤクザというカルチャーが、ある意味を持ちます。

 

カルチャーというか媒体というか、高校生くらいになると哲学の情報が入って来ます。よくあるのがニーチェの超人思想にコる。昨日まで文学していた友人が「ツァラトゥストラ」の話をします。

 

男の文学から哲学への飛躍は、女性にとってキティちゃんから教祖への飛躍と同じ位のものでしょうか? キリスト教くらいなら映画によく出てくるので、私にも常識があります。

 

芥川龍之介の魔術の出てくる物語を、何度読んでも魔法使いや魔術師になれる訳ではない。つまり芥川は小説を書きながら魔術にあこがれていた……いや魔術でも使わなければ解決しないような困った問題を抱えた。

 

それで作った物語とは、一種の告白です。告白とは、そういう意味です。西部劇では困ったことになると教会に逃げ込むシーンが出てきます。自己の罪を神に告げ、罪のゆるしを求めるのが、告白のキリスト教的な意味です。

 

子供は困った事があると母に告白する。母は解決策を考え、自分でも思いつかないと父に依頼する。間接ながら子供は父に告白する事になる。教会の神父や牧師は、父の意味を持ちます。

 

つまり文学はお母さんで哲学はお父さん……そのような違うような、スーパーで商品について判らなくなったら、若い店員に聞く。すると若い店員は年配店員に聞きます。

 

芥川は困った。物語の終りには唐突に老いた両親が出てきます。同じようにニーチェもまた困った。困ったからニーチェはツァラトゥストラを書いたが、書いて解決した訳ではない。

 

しかし年配店員にも判らない事はあって、お父さんにも神父にも判らない事がある……私の場合、インターネットにお伺いを立てる。判った事を組み合わせて判らない何かをさらに考えます。

 

ヤクザ映画においては都合が悪いと人を殺す。あるいは金を強奪します……八日目の蝉においては友人を頼る、あるいはウソを組み立てダマす。友人はこの場合、お母さんの意味を持つ……宗教教祖もまた女性なのです。

 むろん孕んだ子の父は男です。男は何も知らなかった。主人公にとって母と同じ意味しか持たなかった。簡単にいえばダマされた。ダマされた自分も、誰かをダマす事で、たった今を生きのびようとします。

2012年8月30日 (木)

DVDプレイヤー 中古

Dvd 中古DVDプレイヤを物色しています。メーカーはSONY、先日、復活はしたが、もう10年ほど使います。適当なのがあればスペア用意したが無難でしょう。

 

ありますねえ。通常には3000円台ちょっと安いのは2000円台になります。どちらもリモコン付きでの値段。スペアだからリモコンなしで本体だけでもいい。

 

そういう意味でジャンク品が面白い。リモコンなしノイズ付きとコメント、品書きが出ています。ジーというノイズが出るそうで……こうなると525円になります。

 

手持ちプレイヤの一番悪い時が、そうだったんで、これは気になります。ある操作をしたら良くなった。ノイズが消えました。それが同じ操作で消えるなら、こちらのノイズも消えるかも。

 

回復ぶりはあきれる程。10年前にもどってます。ノラ・ジョーンズでは映画館よりいい。ライブ系の音楽DVDがそれに次、オペラ座の怪人なども……スペアはいいかあ、そういう気にも成りかける。

 

原則として手持ちプレイヤと同じ、あるいは近い型番で探してます。ただ、ライバル機も気になります。絵がキレイといわれる、ビクターとかパイオニアは果たして実態はどうなのか?

 2段に重ね置いて、ソフト内容によって使い分けるとか? バカなことを考えますね。バブリーな高級DVDプレイヤはあるか? これも少しはあるというが、今日の所は行き当たりません。

2012年8月29日 (水)

ロックンローラー 映画

Rook ガイ・リッチー監督の物語は基本的にヤクザ映画で、たとえば邦画の「仁義なき戦い」で文太さんが「じゃけんのぉ」とカッコつけるのと似ている。「ロックンローラー」いうから音楽映画かと思う。

 

「スナッチ」と変らない「シャドウゲーム」とも多分、違わない。まだ観てないが……つまり親分はエラそうで子分は可愛そう。その上下とロシアマフィアとの利害関係を斬新な映像で、最初の10分で見せてしまう。

 

斬新すぎて判らないから私はDVDで2~3度、重ね観する。親分も子分もチンピラも殺し屋も、金を追い金に追われる。そこは同族同士だ。金子信雄と菅原文太さんが同族では、女性は首を傾げるが、間違いない。

 

カッコいいことはカッコ悪いこと……だ。若い男は誰も菅原さんになりたくて金子さんには成りたがらない。年を取ると自分の中の金子さんに気がつく。ロックンローラーは、生き方の古い親分がスゴんでいて、子分は最後には親分をヘコましたくて、そして生きている。

 

男の子だもんね。それは女の子が「八日目の蝉」観るのと同じ。喜和子は恵津子と、あるいは久美とはさらに同じ境遇にある。真里菜は安藤千草と同じ境遇にある。似た者同士がキャッチボールするように物語は進行していく。

 

 

 

「対岸の彼女」もそうだったので、原作の角田光代さんはお父さんと縁が薄かった。ほんの少しづつしか溝を埋められない。問題を一気にえぐる事もない。自分を変えるのに臆病だ……バスや電車の中で、知らない男に声をかけたりは出来ない。

 

一枚の絵をめぐって発覚する。英国ヤクザの親分は絵が気に入り、ロシアマフィアの親分から借りるのだが、呉れるのではない。盗まれた無くしたいうとエラい事になる。ヤクザやマフィアに好かれる絵はどんな絵か?

 

絵は画面には登場しない。ヤクザの子分は絵をチョロまかし、女会計士に送る。会計士も絵が気に入り、その子分の事も気に入る。カッコいいの定義は何なのかトいうと。

 

ひとつに絵が判るということ……この場合、判るというのは値段が判る。あるいはその値段が好きな事ではない。脱線するとハウステンボスに未公開のゴッホが何枚か来るという話です。福岡にはフェルメールが来るという。

 

そう聞いただけでドキドキする。絵の前で誰かと内緒話くらい出来そうな事を感性といいます。何にも言えないのはヤボ……むろん係員が怖いの意味でない。

 

同じようなヤクザ映画でも仁義なき戦いは単純で判り易く、ロックンローラーは判り難い。字幕だけで一回で判る映画なんてロクな映画じゃない。今時、アニメだって、映画化コミックだってヤヤコシイ。

 飛び越えればスクリーンの向こう、異邦の街は広がっている。外国映画は流行らない……このところ私も知らない女に声をかけた事がない。アニメの次はAKB28で、その次はモモクロ?……本物の女にかける声を失ってしまう。

2012年8月28日 (火)

飲酒運転撲滅

005_0063  22日に発表された熊本「市飲酒運転撲滅宣言」は(1)絶対に飲酒運転しない(2)少しでも酒が残っていると感じたら、絶対に運転しない(3)飲酒後少なくとも8時間は運転しない

 

 

(4)周囲の人にも気を配り、飲酒運転を許さない-の4項目。幸山政史熊本市長が指示したルールという。これで効くなら問題ありません。ところがツバメさんがブログで、福岡の一般の状況をこう書いてます。

 

 

その後の福岡県の状況だが、今年は7月時点で112件と激減しているという。とはいうものの、飲酒運転して、事故を起こしている件数が112件。検挙者は963名というから、やはりその根は深いといわざるを得ないだろう。そして、検挙者の大半が再犯で、アルコール依存の疑いもあるというから、そうなると、免許の交付自体に問題がなかったのかという話にもなる。

 

 

 便利な道具であるはずの車だが、1トン、いや2トンもあろうかという鉄塊が高速で移動しているということを考えると、正常な人であれば飲酒運転なんてできないはず。なのに呑んで運転するということは、抜き身のナイフを振り回して歩いているのと同じことだと思うのだが…。

 

 

 つまり懲りてない人はいる? ツバメ説ごもっともです。感覚の麻痺というか……う~ん、ストレス発散の方法を変える。泳ぐとかボーリングとかカラオケとか運転代行とか……

 

 

 各自が発散ないしは飲む方法を開発しないと……熊本も最初のノンアルコールがきっかけで2杯目から、やっぱりアルコールという事にも成りかねません。

 

 そうなると依存症扱いになります。勝間和代さんは専用DVDを見て、止めちゃえと書いています。あの人は酒依存の体験は? タバコ依存症だったので、同じと考えています。

2012年8月27日 (月)

加藤清正の実像に迫る

Yamada言い伝えに何らかの根拠を考える人がある。何らかの根拠にウエイトを置いて、なければ伝わるはずがない……トまあ、その先は信仰の世界になる。清正についての言い伝えもあまり根拠はないそうだ。

 

22日の第3回熊本元気塾で、熊本県美術館の山田貴司さんの「加藤清正の実像に迫る」の講演を聞きます。清正の軍記物語によるイメージは3点に分かれる。

 

第一は勇猛果敢な武将で、虎退治のイメージによる。虎の頭蓋骨は今回展示にもあるが、秀吉は諸大名に虎狩を命じていた。当時の流行、清正の虎狩だけが有名になったらしい。

 

第2は忠義の臣。清正は、尾張中村、秀吉の実家に近いところで生まれている。300mと離れていない。父の死後は母の親戚であった秀吉夫婦にかわいがられたトいう。

 

駆け出しの頃から秀吉の側近で、子飼いの大名には違いない。最初の手柄は天正8年に120石、次が11年に3000石に加増される。この時、福島正則は5000石です。

 

15年、佐々成政が失政した時、秀吉は南半国を小西に、北半国を清正に付与した。これが195000石。秀吉の天下統一に参加し、キャリアを重ねて行ったのは違いない。

 

山田さんは清正を秀吉チルドレンであり行財政キャリアだという。清正は各地の市場を利用し、穀物取引で利ざやを稼ぐ、相場師的な側面を持ち合わせた。

 

「大豆のねあいよく候ハ丶、つけ候て、うり候へく候、」の資料。清正は南蛮人や東南アジアの貿易に着手し、中世以来から繁栄してきた肥後の湊を活用したの資料もある。鉛、金、小麦……

 

清正にはお金があった。これで流浪武士を採用したり、秀吉から命令にも500人の所を700人出すなど、大きく答えた。つまり資料が示す内容とは、出世を買った経済人の清正像が浮き上がってくる。

 

文書で事実を見た場合と、伝説、言い伝えを重くみた場合では大きく変る。正室が亡くなった後、清正は徳川側から後正室を迎える。徳川側との交流を深くした資料が多い。

 

合理主義者、清正像が浮かぶ。そして忠臣の人物像は揺らぐ。たとえば忠臣蔵と同じ、そういう話が愛された時代背景から、根拠のないお話ではなかったか。そして今直、合理主義よりも忠臣に重点をおく人も……

 

第3のイメージ、建築家だが180通の文書のうち建築に触れた内容は一通もない。すべては今からと山田さんはいう。清正、熊本城に関しては資料が多いという。黒田藩については城に本丸があったかなかったか、それすら判らない。

  ●第4回熊本元気塾 9月13日(木) 18:00 前熊本県警察警備部長 吉村郁也「激震する内外情勢と危機管理」℡096・377・2091流通情報会館で要予約。

2012年8月26日 (日)

DVDプレイヤー

Dvdp 経過を話せば長くなる。最終的にDVDプレイヤーが犯人になる。それでネットで下見をしてブルーレイディスクプレイヤーの候補を絞り込む……最後までDPが、DVDプレイヤーの略です。

 

DPがいいのかBPがいいのか迷う。DPは最終的に4000円でBPは一万円台になる。今のコトを考えるとDPで十分だが先の事を考えると次第にBPに傾く。BPではメモリカードを使ってのプレイも出来るという。

 

その辺の新しさも気になる。価格からも音質は期待できない。韓流やTVドラマを見る人は音は気にしないト言われる。基本がメロドラマなのだから……

 

メロはメロウ、人物の行動から人間性について考えさせるより、次々に物語展開して情緒に訴える。弦楽器の使用が目立つ。若向きドラマはホラー展開で嫌悪感や恐怖に訴える……大袈裟な衝撃音が重なる。

 

どちらも質的に大差はない。Dグルーシンが音楽を担当した「恋のゆくえ」ではキザな芸術家気取りのピアニストと、その兄、実務的な性格、ダブルピアニストがさっぱり売れなくなる話です。

 

映画はジャズのスタンダードを何曲も流し、その間に兄弟喧嘩のやりとりが挟まる。これが演劇的で名セリフが並ぶという内容。「シェルブールの雨傘」は伝説的なメロドラマだが音楽的で全セリフが歌になっている。

 

この手の地味で音楽的な推薦版は「アマデウス」「フェノミナン」「シティオブエンジェル」「死刑台のエレベーター」「カルメン」があります。

 

そういう映画をかけるト音が質的に気になる。いっそヤフオクで前と同じ型番DPは調達できないか……などと思いは迷路に迷い込む。韓流やTVドラマを愛する人を、あまりバカに出来ない。

 

それで壊れたDPを取り外し、未練がましくモニターにつなぐと……音がした。最後にいじったバックパネルの操作が効いたか。それよりコードの接続が甘くなっていた可能性の方が高いのか?

 あらためて「恋のゆくえ」をかけて、この話をおしまいです。やれやれ。

2012年8月25日 (土)

告白 映画

Kokuhaku 母子関係が有効ではない。父子は実質がない、というより登場しない。どの母もすでに父への愛はない。むろん子からの父に向かう関係性は生まれない。「八日目の蝉」とほぼ同じ作りになっている。

八日目の蝉で回想の中で美しく自然と人間の関係性が取り込まれるに対し「告白」での自然はほぼない。教室を出ると、そこは屋上から見るような雲だらけの空が広がる……かの印象を受ける。

3才の愛美が愛するのはウサギの商品キャラクターと、リトリバー(?)老犬のムクです。中学生の犯人Aが発明するのは、財布やポシェットから中身を守る電流仕掛けのジッパーになる。

他人はあらかじめ悪い人として位置付けられる……かの印象を受ける。森口悠子が対する教室は学級崩壊しているし、13才の生徒たちは全員がそれぞれの個に閉じこもり、悪意を抱えてすら見える。

色を落としたカラー画面はモノトーンに見え、ユウウツに閉塞する。告白はモノローグであり、森口から委員長の北原美月に受け継がれる。美月は犯人に好意を持った時期がある。

原作ではそういう設定と聞く。映画では現在形で裏返しの好意、それに近い感じもある。だがそう至らない。13才の未熟、美月にも心理的な余裕はない。美月から次の語り手、Bの姉にバトンが渡る……

6つの告白が繰返されるが全体を聞く人はいない。つまり劇中のコミニュケーション不全によって、世界のコミュニケーション不全を象徴しようとする。原作者湊かなえさん、ないしは映画監督の意図がある。

八日目の蝉では二組の女性たちが、それぞれ母子愛に救いを感じて終る。告白でそれはない。6番目には再び森口が告白者となる。森口は復讐が犯人の厚生へもつながることを語る。具体的に追求は犯人の母に及ぶ……

告白は手は込んでいるが復讐劇に終る。映画ラストの破壊シーンは若い人にとってはストレス解消になるが、復讐は何も生み出さない。ある程度、成熟した人には失望しかない。

ドストエフスキーは「罪と罰」で映画と、とても似た話を書いている。それでは主人公と副主人公のロマンスを示し救済とする。その他、主人公には親友があり、その親友の善人ぶりが話を落ち込ませない。

ドストエフスキーは美月の存在を展開した事になる。八日目の蝉では宗教団体、あるいは知り合った友人が主人公を救う。その背景には美しい自然や情に満ちた故郷が、友情をバックアップする。

 

現在の都会にそれはない。13才の未熟は未熟のままの大人を育て、復習にしか癒しはないト作者たちは言いたいのだろう。その年の日本アカデミーは「八日目の蝉」の方に軍パイを上げている。

 

●15才以下は不可映画で、映画予告では内容に深く触れない。

http://www.youtube.com/watch?v=TuVcUVv7ipE&feature=related

2012年8月24日 (金)

黒龍紅ピリ辛ラーメン

Kokuryuku グルーポンの格安シリーズ、ラーメンです。「黒龍紅」聞いたことのない店が二本木口にあるという。行けないはずはない。電車で行くか、クルマで行くか? そう思いながら買い入れます。

 

そうして買った以上は無論行きたい。情報誌では見て行って食って、それから払う。グルーポンは逆になる。ここを評価すべきか……で、クルマで行きました。

 

熊本駅を通り過ぎ左に折れる。すぐ右に有名な餃子店が見え、正面に熊本朝日放送の駐車場が見える。右にのれんの「黒龍紅」が見えた。手前のマンション駐車場にクルマを止め、様子を伺う。Ekimae

 

もし朝日放送を行き過ぎると、すぐ黒亭に行き着く。くどく言うが黒亭から数百メートルにある黒龍紅です。まあ、いい所に店を開けたものです。その後、有名餃子店が出来たらしい。

 

放送局を左に見て、右折すると20メートル、左右に駐車場が見えるが、左側に黒龍紅の駐車場がある。この辺り密集した地区で油断がならない。しかし道が込む事はないでしょう。

 

引用地図でいうとホテル5番館の文字「ル」の上あたりです。奥まった店に行くと壁に「グルーポンは終った」旨のワープロ文字、店主に声をかけると「昨日までだから」という。

 

しかし私のグルーポン券には12月までの有効とある。「ああ、そっちの方は大丈夫。有効です。後で出した方の期限が切れたんです」グルーポンを短期間に2回出したらしい。

 

グルーポンは価格は安くなるものの、基本的に初めて行く店です。こういった不安感がつきまとう。スリルがあるト楽しむべきだろうが、一般にどうでしょうか? ラーメン程度だといいが一泊の宿や、美容関係にはご用心下さい。

 

「ピリ辛」との命名ですが辛くはない。期待の向きは増し辛注文を出して下さい。味は豚骨スープではないもののイメージの熊本ラーメンで文句なくよかった。ただ量は足りません。予め、大盛り、ダブル大盛りの注文がよいと思います。

 

●黒龍紅 ホームページの熊本駅前地図は古い?

 http://www.kokuryukou.com/menu/index.html

2012年8月23日 (木)

東京島 映画

Toukyouzima 「東京島」は「蝿の王」を下敷きに書かれた小説と聞いた。聞かなくとも映画をしばらく観ると判るようになります。ただ抵抗は残る、何への抵抗なのか? それももう少し見ると判ります。

 

蝿の王は海がキレイで、島の自然も基本的にキレイです。それは登場する子供たちの着てる物にも言える。キレイな制服が島の作業で汚れ、子供らも何か着るという事に重点を置かなくなる。

 

東京島から見える海や空は最初から、青く透き通っていない。昨日も一昨日も見た、ありふれて日常的な海と空です。東京島からどこにも行けない、そして何もやって来ない……本当はそうでもないのだけれど。

 

そういう象徴としての海であり空なのだから、そういう様に見える。異性には惚れなければいけないそうです。惚れるとキレイに見えるか、キレイに見えるから惚れるか。ともかく、それはそうだろうと思います。

 

木村多江さんという女優は、例外的な人で、極端に上手い役者ではない。ほんわかして若くもないのにキレイ、むろん芝居が下手ではない。それで生き残った女優さんです。

 

あんな風に代表作もなく脇役女優が三十年後、いきなり主演女優としてクローズアップされる事はない。木村さんだけで他はありません。40才を30才に書き違えそうになりました。

 

原作、清子の年齢設定は40代半ばの普通の主婦になっています。木村さんが演ると良い方に無理がある。23対1、若い男が狂うのは無理がない様に見えてしまう。繰り返すが、年齢だけでいえば親子です。

 

障害女性も健常男が好きで、親子ほどの夫婦がいくらもあります。「介護力として観てる訳ではない」と本人、無意識を主張しますが事実は事実に違いがない。2婚説をいう国もあり、当面の問題もありますし……

 

身障者は今のように何でもありになる前からで、ここをあまり一般化して説明すると問題になりそうで、これ位にします。最初から書くな? いえ、この後に書く事に関係があります。

 

原作では普通の主婦がモテモテになる状況、戸惑いを書くのですが、映画化されるとニュアンスは吹き飛んでいます。原作では清子が食物の貢物で、すっかり太ってしまう。清子が鏡を見て愕然とするシーンがあります。

 

映画にもありますが、あれでは意味が通りません。身障者は男女を問わず、多分ですがモテた試しは一度もなく太ってしまう。一般にはネ……複雑な感慨に打たれます。映画その物が一種の鏡なのです。

 

ただ身障女性に限って言えば、モテない健常男には身障女性が好きという人はいます。自分は健常であっても劣等感が大きく、どんな健常女性にも息がつまる。これは好きの意味に該当するか、とにかくいますネ。

 

障害女性といると対等を感じてしまう。世間がまだまだ男社会だからか、良し悪し別にしてそういう男もいる。これから社会で劣等感はどうなるか? 私個人での女性像はどうなのか? 差別と片づけるのは容易いけれど……木村さん主演は、そういう事を考えさせます。

 ●予告編 http://www.youtube.com/watch?v=HHLOdaVTb3w

2012年8月22日 (水)

健康寿命

Kenko 介護を受けたり病気で寝たきりになったりせず、自立して健康に生活できる期間を健康寿命と言います。熊本の健康寿命は男女共に全国21位にあり女性73.84才、男70.58才となっています。

 

熊本の平均寿命は女性の3位86.54才、男1079.22才、寿命からは少し下廻る。調査期日が違うので熊本の場合も、大雑把に9年から13年、そこそこ不健康期間がある事になります。出ているので書きましたが小数点以下の数字に意味があるか?

 

さて河合薫さんという気象予報士兼、健康社会学者の人が、面白い話をします。長野県と静岡県は健康寿命が長い。これは長野は野沢菜、静岡はお茶を囲んでミーティングをやるから、ストレスがたまらなくていい。

 

それで寿命が長くなるのではないか? 別に反論する事でもないので、なるほどとラジオを聞いています。熊本県の平均寿命が出た時、男女差は男は酒を呑むからト言われました。どれほど確かな話だろうか?

 

そうだとすると明日から野沢菜をあてに茶を飲み、熊本でも長話をしなければなりません……ただの冗談かもしれません。ストレス解消に長々、時間を取っては前向きの生き方といえない。素面の飲み会みたいで詰まりません。

 

どこか聞いたような気がすると思ったら「実態はこうなの? 8/3」で聞いた事ではありませんか。よくある結論、外から入れず閉じられた仲間で、話だけ進めても健康とは言えない。ストレス解消に悪口がエスカレートしてしまう。

 

悪いといってるのではなく実験の裏づけが必要です。私の経験では誰かがボスになったり、新入りを拒んだりするようになりがちです。身障者の場合は、あそこまで行きませんが、仙台市高校いじめのような問題は起きます。

 

兄弟でも3人集まればパワーの差が出ます。誰かが誰かと結びつき、残った誰かを弾き出す。それが他人だといじめになる。お決まりの手順でエスカレートすると、もう仲間ではなくなってしまう。良かった時期は輝いて見えますが……

 

ストレス解消にもリスキーな側面があります。最初は仲間だった事実が抜ける事をためらわせる……結果としての健康寿命がいいので、その為の試みは止めた方がいい。むつかしく言うと自立性の確保です。

 

仲間が欲しければグループを作るのはむろんいい事です。だが息苦しければ少し離れてみる。それでも悪ければ別れてもいい。自立のための仲間であり、仲間のための仲間はない。そういう意味では小数点以下を打って競う事でもない。

 

●健康寿命 http://www.47news.jp/47topics/e/229924.php

 データは色々あります。国際データと国内データは取り方が違うとも言われます。