« ミレニアム2 | メイン | 椰子の実はいくつ? »

2012年6月25日 (月)

未来授業 養老孟司

Yoro養老孟司さんが面白い。おおむね言われることが正しいが、中にはどうだか怪しいと思う事もある。最近聞いたのでは何か不都合があったら「自分を変えろ」と養老さんはいう……

 

よく聞くと相手の前で自分を変えると、そのエネルギーで相手をも変える。最終では相手を変える話になります。最初は自分を変えろ、そういう話になります。

 

身障者たちも、昔、そういう論議はありました。自分たちは変る必要はない。社会が不自由なのは健常者に原因がある。健常者に変ってもらう……そういうような話をよく聞きました。

 

気持ちは判ります。苦労して自分を変えるのは楽ではない。苦労は健常者にしてもらって、自分は楽をして、なおも社会を変えたい……その思いが強い訳です。

 

――でもねえ。

 私が言いかけると、

 「ナンセンス!」意地悪に論議を断ちました。簡単には相手は変らない。それを証明するように、その人の言葉が残ります。

 

自分は一人、自分は変らない。養老さんによると昨日の自分と今日の自分は違い、今日の自分と明日の自分は違うといいます。脳学者としては、右の脳と左の脳が、それぞれ正反対の事を考えるト言います。

 

私は脳学者ではないので、適当な事を言わせてもらいます。イケメンの男があって、ある女性が好くとします。顔はイケメンでも男が好ましい人格かどうかは判りません。

 

好意はあるが女性の好意は最初64だったり73だったりします。6割が好きで4割に人格の疑いがあるとか、そういう訳です。いきなり100%好き、そういう事はありません。

 

たとえ話で右脳が好き、左脳が嫌い。そういう事もありえます……何? あなた上半身が嫌い、下半身が好きなの? いつもそういう風に別人格で困る? そういう話は私にしないで、養老さんに聞いて下さい。

 

自分は思うほど厳格にないです。7割好きな人はいい所で、8割や9割好きになる事が現実にあるか? 私には判りません。こういう風にかつて「ナンセンス」と否定した人に、今私は、意地悪を返します。

 

どこの誰かは書きません、だから判らないと思います。昔の事ですから判らなくていいのです。他人の事はそういうモンです。自分の事も大差はないのかもしれません。

 

自分はひどく、はっきりある思ってる人があります。それは誤解と思います。この文章の切掛けになったyoutubeを下記に上げます。これは最初の収録で、全部で6まであります。よければ、全部見たらいいと思います。

 ●未来授業 http://www.youtube.com/watch?v=SmMrTiyP6Lw&feature=relmfu

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/394232/29281033

未来授業 養老孟司を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿