« 人間性の共有化 | メイン | 高齢者の便秘 »

2012年5月30日 (水)

赤とんぼは歌わない

Akato_2由紀さおりさんが理想の歌は童謡といいます。その童謡の中で人気ナンバーワンの曲は「赤とんぼ」。由紀さんは一般に歌の言葉が多すぎると言います。伸ばされた子音が、十分なセンチメントを含有するのでしょう。

 

シンガーソングライターがブームの頃に、由紀さんにも詩を書くよう、お勧めがあったト言います。だが由紀さんは自作ブームには馴染めず「言葉が多すぎる」と感じたそうです。

 

「今日の仕事はつらかった あとは焼酎をあおるだけ……」という岡林さんの曲はともかく「おいで皆さん 聞いとくれ僕は 悲しい 受験生……」高石さんの曲は、いわれるように音符より言葉数が多くなります。

 

 

 

これはセンチメントをより、状況説明、人物画取った行動を述べる事に重点がある。「夕焼け小焼けの赤とんぼ負われて見たのはいつの日か」という中、主人公は姉やの背中にある。

 

 

 

幼くて行動がない。姉やは15で嫁に行くが、姉やにも主体はなく、おそらく結婚は周囲の大人が決めたと思われます。赤とんぼの中では、夕暮れのセンチメントが自分の物となっています。

 

 

 

由紀さんは「姉と歌う」この歌に理想を見ます。この時、由紀さんは何をどう思うのか? 姉やや坊やは何をどう思うのか? あるいは何をどうしたいのか? 気になります。

 

 

 

五輪真弓さんの歌でも、状況はともかく行動はあまりない。ユーミンでも「海を見ていた午後」では「あなたを思い出す この店に来るたび」店に行く行動はあるが、後は何も行動しません。

 

 

 

ユーミンも「いちご白書をもう一度」では、主人公は映画をもう一度見に行きます。学生集会にも時々、出かけました。行動を取ることで何をどうしたいか、を考えます。

 

 

 

中島みゆきさんの歌の中で、女性の主人公はとても行動的で、男に出した手紙の束を取りに行ったりします。フラレて立ち尽くす、五輪さんの歌の主人公とは違います。

 

 

 

「逢いたかった逢いたかった逢いたかった、エイ」目当ての男子を見かけ、走り寄ってコクるように迫る。AKB28に出て来る主人公、この女性は非常に行動的です。みゆきさんを越えて行動的です。

 

 

 

親だか親戚だかが決めた、訳の判らない結婚を受け入れる「赤とんぼ」の姉やとは違いましょう? 由紀さんは詞が書けなかった事もありましょうが、自らの行動が取れなかった。何をどうしたいか判らなかった……と私は思います。

 

 

 無論そういう時代であった事もありましょう。私は間違ってるでしょうか。行動する事で考える。考える事から行動する。私は赤とんぼは歌わない。なぜなら以上のような理由があるからです。あなたは赤とんぼを歌いますか?

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/394232/29172209

赤とんぼは歌わないを参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿