« 新・知的生産術 勝間和代 3 | メイン | 火災と事故 »

2012年5月17日 (木)

結石と尊厳死

 尊厳死の言い方が最近よく使われますが、その前は安楽死と言いました。どちらにしろ死が、痛さや苦しさを伴いそうで怖い……とまあ、そういう事のようです。

 

外見のみじめな生よりは、いっそ死を願う。その法制化には「生の権利を確立させない先に死の権利を確立させるのか」と重度身障者の反発を買います。

 

私が最近やった腎臓結石は痛いので有名らしい。病名が確定するとすぐ医師は、ボルタレンサポ、痛止めを処方します。結石を抱えても外出は不可能ではなく、私は出かける事も検討します。

 

痛みが出たら薬を使えばいい。それはそうですがボルタレンには意識もうろうとする副作用があり、私もボルタレンを使うとすぐ寝てしまう。事実上、クルマの運転は出来ない。

 

バスや電車も出来なくはない理屈ですが、お出かけは現実的ではない。眠いのと尿出し用にコーヒーを入れ、観ても観なくてもいい映画を観ます。強情を張らないで、さっさと寝ちまえ。そういう意見も判らないではない。

 

観た映画は先日、論じましたザ・メキシカンです。体調がよいならガイ・リッチー監督のがもう1本あったのですが、体調が悪いので出気もよくない、という噂の方にします。

 

体調なんて悪けりゃ悪いでやり様があります。腎臓結石で死にゃあしません。どうしても行きたきゃ、バスで出かけてタクシーで帰って来る手もあります。他人に迷惑をかけなければ、そうすればいい。

 

オール・オア・ノッシング、杓子定規にしか考えられない人が時々、おられます。結石ですから薬で溶かし体外に出さなきゃ、対策になりません。早く直すには、寝てるだけでは闘病にならない。

 

生きる意義というのは意外にも、どこにでもあります。こう言っては何ですが障害者ですから障害慣れしている。健常性が高い若い頃には、中年や高齢の気持ち状況が判らない。

 

元気すぎて病んだ感じ、元気がない事も判らない。ああだろうこうだろう親切は判りますが、言われる事が正しくは当たりません。腎臓結石もこうなりゃなったで、やりようがあるんです。

 

みじめか豊か、生きてみなければ判らない。外見から内面は見えない。生きた後でしか判らない……結石は痛そうだから結石になったら自殺しますか? 法制化して死の権利を確立させたいですか? 

 私も法制化には反発します。尊厳死、安楽死どちらでもいい。痛さや苦しさという意味では結石と同じ。私も死が怖くないとは言いませんが、障害については手慣れています。あの世までの通信が出来るならリポート書いて上げたい……やっぱり怖いですか?

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/394232/29109217

結石と尊厳死を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿