« 結石と尊厳死 | メイン | 酸味の推論 »

2012年5月19日 (土)

火災と事故

Onomiti広島県福山市の「ホテルプリンス」はいわゆるラブホテルで、ビジネスホテルや一般ホテルではありません。この火災を一般化してああだ、こうだ言うのは適当かどうか?

 

昔にネットで、関西方面の方と知り合いました。メル友という言葉が、その頃は流行ってましたっけ……九州関西の中間、たとえば尾道あたりで一度会ってみるのも面白いかも。

 

なんて話は、冗談のように終わり、やがてメールは途切れがちになって行きました。先方がクルマを持ってない。つまり一人、走り会いに行くには関西は遠すぎました。

 

しかし熊本大阪の深夜バスを使えば、ある意味で関西は近い。夕方7時前に、交通センターから出発した深夜バスは、翌朝7時に大阪につく。ここでの深夜料金は特別安く3800円、身障者の半額処置で更に安くなる。

 

ただ、つい先に、死者事故のあった、これが例の深夜バスです。このバスは普通の、昼間の定期便とはちょっと違う。シートも4列でトイレがなく、昼間ほど快適とはいえない。使い込まれてノイズも多いエンジン、古いタイプのバスなのです。

 

とにかく安く行きたい。そういう需要は無論あって、映画や放送局のロケハンなど……ムチャな運行になりがちなこの時刻にも、それなりの支持はあるのです。(放送局の関係情報によると費用の理由で新幹線は使えない)

 

20代で異性のメル友というのなら、まあ私も週末ごとに深夜バスで会いに行ったかもしれません。同じように、業務改善命令を聞かなかったラブホテルも、それなり需要がある理屈になります。

 

このラブホテルと深夜バス、同じ線の上にある。予算なく何でもやって、時に危険な業務、むちゃな運営となる。ある意味で起こるべくして起きた火災であり、また衝突事故ともなった。つまり自由化の悪い側面が見えた。

 

体力を無くしメル友に会いに行く元気が出ない。私だけでなく先方も似たような事情で自由は効かず、尾道のロマンスは生まれなかった。よかったやら悪かったやら……

 一般には急ぎ過ぎるより余裕のある方がいい。安全のため規制になるが規制のための規制では困る。急がないと間に合わない事もある。元も子もなく終らせるか? 自分自身の責任のありかを問われる気もします。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/394232/29118145

火災と事故を参照しているブログ:

コメント

That's the best asnewr of all time! JMHO

今晩は、意味が取れません。残念です。

コメントを投稿