« アカデミーの日に | メイン | 死ぬまで寝たきりにならない身体を作る方法 »

2012年2月28日 (火)

点火プラグを締める

Purag点火プラグを外してススを払います。デンソー、イリジウムタフを使ってます。最近はクルマの調子は今イチです。悪いというほどではないがプラグ交換時のエンジン音ではない。それで運転感触にも今イチの冴えがない。

プラグのススを払うと運転の感触が違う。そういうとアイマイですが、中心はエンジン音にありります。ススは払わないより払った方がよい。ススを貯めこんで遂に発動しなくなった人もいます。

私も前に発動不能となって、以来懲り、ススはよく払います。今回それでも気に入らない。何がどうなのかも判りません。それでネットで他人のブログをのぞきます。

しかしエンジン音が気に入らないト書いてる人はいないです。極端な人は3年ぶりで出してみて、プラグが痛んでいるトカ書いています。デ、新型プラグに交換したという。

デンソー、イリジウムタフはよく使われている。初めて見るブログで、その見慣れた画像に行当たります。これは? イリジウムパワーか? そこで、あト気がつきます。

イリジウムパワーというのはタフが出る前のモデルで、基本的には同じ形になります。それが古くなると点火部分が開いている。画像でいえば1と2の間、プラス極とマイナス極の離れが感じられる……ヒラめきました。

実際に自分のクルマのプラグを取出してみると、やはり開いている。1年半前に取り付けた時とは気持ちだけ、極間が開いている。これを絞めるにはマイナス極をアスファルトにコツコツと数度たたく。

半ミリとか、そういう感じで極間が詰まって見えたらOKでしょう。そして始動……エンジン音が変りましたね。小さくて詰まった、締まったというか、いい音になった。走ってもいい感じです。

タフはノーマルプラグの3倍ほど持つそうです。それでも1年半で極間が開く、そういう事は書いてない……どこかには書いてあるのか? 私が常識、知らないだけかも知れません。

自分でやるのメンドクサイ? 出た! メンドクサイお化け。まあ自分で出来ない人はスタンドにでも行ったら相談してみて下さい。お宅のクルマも、もっと調子よくなるカモしれません。

●2010年10月27日hataさんのかけはし「プラグ交換、イリジウムに」

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/394232/28006579

点火プラグを締めるを参照しているブログ:

コメント

NGK 白金イリジウム
LKR7BIX-P

コメントを投稿