« 2012年1月 | メイン | 2012年3月 »

2012年2月

2012年2月19日 (日)

カルメン・マキさん2

カルメン・マキさんから直のコメントがありました。先日の記事が事実と違うというので、私としては先日分は全面カットとします。知りませんでした。ごめんなさい申し訳ありません。ここに書き直します。

 

往年の女神は40年経っても女神であり、抗議コメントと言えども光栄の至りです。先日に変える記事を書きたい思います。マキさんというと一般には「時には母のない子のように」が有名で、私もそれで知ります。

 

しかし注目は「私は風」です。風の歌詞を読むと悲しい事ばかりあったという初め、自由に街を出るという中間、旅の途中で自分を見失う終曲部、ほぼ3つの部分に分かれます。

 

これは例えば、岸洋子さんの「希望」と似た歌詞構造になっています。岸さんの場合、膠原病があって自分の病気と重ねて歌っている。意識的ではなかったが、私の岸さんに共感したのは病気持ちだったからです。

 

病癒えて音楽を聞く訳ではない。退院はしたが何時、再発するかは判らない……そういう状況で聞く「風」は自分を歌い当てられたような、あるいは両手を耳に当てて走り出したい衝動と、矛盾し相反する感覚があって……ロックでしたねえ。

 

そのマキさんが熊本に来るいう情報があって、市外に聞きに行ったのは何年のことだったか? ロック系の何グループかが来ていて、私が聞いたのは紫という沖縄のグループまで……後は中止になりました。

 

マキさんご指摘通り、私はあなたのライブを聞いておりません。ライブハウスに行きたしと思えども、東京横浜はあまりに遠く、せめてコーヒーたててYOUTUBEのライブ録音を聴く……身体障害の状況は悪くなるし「風」が身に染みますなあ。

 

いろんな人が「風」を歌っていますが、部分的抜いてというか。シャウト部分を中心に、そこを歌うと快感があるらしい。後は不快なのか省略します。意外に構成が全的に捕えられていない……逆にいうとカリスマ性の謎は解けてない。

 

それで、レンタル屋に「ベスト&カルト」という不思議な2枚組CDを見つけた時には即、借りました……この人は声や歌唱力に歳が出ない。変って来ているが衰えとは言えない……これはトレーニングか?

 マキさんについては時代との交差、その意味とかまだまだ、書けそうです。またクレームが来るかもしれませんが、それが楽しみだったりして……もし東京行くような事があったらライブにもおじゃまします。

2012年2月18日 (土)

愛欲生活1969

Itigo 組織に属すると関係者や指示から影響を受けます。オウムに属した、平田容疑者も明美容疑者も、延々15年も同棲する事になろうとは思わなかったでしょうなあ。

 

とうに籍を入れて、子供が育ち中高生になってる頃ですから、オウムに属した悲哀といえば、マそうなります。平田、明美両名は週刊誌に「愛欲の生活全真相」なんて書かれています。

 

友人が昔、大学で左翼の活動組織に属し、人と組むように言われます。組織は連合赤軍ではなかったが、似たような組織でした。あの連合というのは元々別な組織が合わさった意味です。

 

赤軍の場合は、赤軍派と京浜共闘が、組織の都合で合流した。個人個人は全く知らない同士で男女組になって、どの辺りに潜伏してくれト声がかかります……例えばですが、そこに行くのです。

 

波長が合うと本当の男女に……マなるようになる。合わないとなりませんが、若いので確立的になってしまう。つまり、映画「いちご白書」やユーミンの「いちご白書をもう一度」みたいになります。

 

そういう二人に聞いた事があります。指示がなければ、二人はそんな事にはならなかった、お互いそう言う。政治活動も宗教入信も、親がいないと入り易い傾向があります。

 

ないしは父に対する反発が動機になる。動機があるとそんな指示に従順になります。私が聞いた二人がタマタマそうだったか、一般的にそういう傾向があるのか……

 

少なくとも二人には、そういう傾向があってまとまった……ように、私には見えます。そういう途中経過はそれぞれ違うが、結果として神田川のフォークの世界みたいになります。

 

「ねえ、これから銭湯に行くの。ハタさんも行こ!」誰が行くか、ワシは身障者じゃ。お前らサヨクと一緒にせんでくれ。いえ、その時は介護者を必要としなかった。二人にはつもりがあって、カモフラージュに利用したかったト思います。

 

警察の尾行を意識したりかわしたり、生活は楽しいというより欠乏して見えます。1969年は大した物質はありませんでした。今の平田、明美両名はコンビニ弁当とレンタルDVDの、その暮らしは貧しい。

 

二人いる事がバレないよう、レンタル会員証を作る事すらはばかったと言います。この世の意味を薄めると、あの世の意味が濃く見えて来る。オウムの使ったトリックなんて、そんなもんでしょう。

 

子供に夢を託すから親の夢は痩せていく……痩せた夢だけ見ていても全体みた事にはならないようです……早い話、子供作っちゃえば、出来てれば生きる意味も、もっとノーマルに変わったんでしょうが。

 

●「愛欲の生活全真相」http://www.wa-dan.com/article/2012/01/post-253.php

 ●いちご白書をもう一度 http://www.youtube.com/watch?v=aR0KzJjDejw&feature=related

2012年2月15日 (水)

だからチョコがもらえない!

Hinnkon ラジオTBSFMで日本の貧困問題の現状について大沢真理さんの話があります。まず、可処分所得が93000円以下を貧困といいます。手取りから家賃を引くと生活保護対象の金額より更に少ない金額しか残らない。

 

これは生活保護よりも低い水準と言われる。毎月の手取りが93000円以下で、その中から家賃など払わなければいけない人は、日本では単身女性の約3割と言われる……義理チョコがもらえない事情ではありません。

 

 

日本の相対的貧困率が16%(09年度数字)になることが、厚生労働省の調査で判りました。一億総中流で豊だったのは昔むかし大昔、では相対的貧困率とは何か、他の国と比べ日本はどう違うか。気になる所です。

 

 

 

それで単身女性が具体的な貧困になります。だから不幸と決め付けるのは何ですが、あまり幸福とはいえない。16%にもなると気の持ちようと慰めても……無論、男でもそういう人はあります。

 

この年始に、札幌市白石区で孤立死した姉妹がありました。アメリカと日本はとても貧困率の高い国なのです。 姉妹は数か月間家賃を滞納し、暖房用のガスや電気を止められました。

 

12月下旬に姉が病死し、1月半ばまでに知的障害の妹も凍死したと見られる。電気ガスの停止は区役所には報告されず、姉は区役所に3度相談に行ったが、生保申請は出されておらず、札幌市も措置はしなかった。

 

滝川市では妹は作業所に通った。しかし、07年に札幌市に引っ越してその関係が切れた。アパート暮らしの2人は近隣のつながりを作れず、つまり周囲も異変に気付けなかった。

 

貧困生活では付き合いを少なくする傾向にあり、ライフラインも細くなる。このような悲劇的な事が起こらない保障はない。姉妹が支援団体に入っていれば状況は違ったという人もいる。

 

行政は税を取る時は、取りはぐれる事なく取るが、税を配るつまり還元には偏りがある。中流以上に向けて配るト大沢真理さんは指摘する。貧困が、政治によって作られる部分もいうが……

 

私などもTVは持たず新聞は取らず、情報はパソコンのみ。熊本市にあって東京や、国外のラジオを聞いている。かなりの貧困という事になるのでしょうが、義理チョコも何とか返したいと思います。

 

 

 

大沢真理(195344日)は、日本の社会学者。東京大学教授。専門は社会政策。日本学術会議会員。経済学博士(東京大学、1987

 TBSFM 津田大介 JAM THE WORLD

2012年2月14日 (火)

シャーロック・ホームズ09 映画

Homu 09年版の「シャーロック・ホームズ」です。来月くらいに続編「シャドウ・ゲーム」が出るという話で、これがなかなか面白い。始まるとすぐ見たことのある感じで、それは「明日に向かって撃て!」と気がつきます。

 

ホームズ、ワトスンの関係は怪しい。ホームズよりワトスンは年上で、いつまでも学生気分じゃない言うんで、女教師との結婚を決める。むろんホームズは結婚に反対で、何かにつけ考え直すよう迫ります。

 

気持ちの上でワトスンの方がリードしている。ホームズ映画というよりワトスン映画に特色があります。2人は依頼人からの収入よりは博打収入でやっているらしい。ホームズはかなりヤクザな感じです。

 

「明日に向かって……」の時はブッチとキッドがキャサリン・ロスをはさんで、ボリビアで生きづまる……あまりに子供っぽい2人に呆れてキャサリンは米国に帰ってしまう。このあたりの関係を再現してます。

 

ワトスンの正業は医師で独立して十分にやって行けるが、ホームズは探偵でタダ働きをする事もある。事件現場から適当にくすねて来てやっている。出て来る彼女役のアイリーンは泥棒と裏書がされます。

 

ガイ・リッチー監督「明日に向かって」好きを認めている模様……難しい解釈とか何もなくて、ただ楽しめばいいです。テンポがやたら速いので楽しめないか? やはり2回見が前提になります。

 

明確ではないが、どちらにしろバイセクシャルな雰囲気です。漫才のような減らず口をたたき合う。捜査を進める訳ですが、ほとんどサスペンスとアクションです。筋肉隆々、格闘技大好きというホームズは斬新です。

 

悪党役のブラックウッドは魔術を信奉している。ホームズは科学をもって、これを打ち砕くという設定になります。これはコナン・ドイルが表で推理小説を書き、裏といっては何ですが、降霊術に凝ったという現実の反映になります。

 

科学は信じない魔術なら信じよう……正義は信じない悪ならば信じよう。そういった気分は今、始まったのでなく前からあった事になります。ただ、こういった気分の反映や分析に、この監督は深い関心はないようです。

 続編シャドウ・ゲームも、アクションに中心の娯楽作になるとは思いますが、内容はどう変化するか、私も気になりますなあ。

2012年2月13日 (月)

高齢ゲーマー登場

Gamer なーんだ。などと言ってはいけないが、そう思うことがあります。美しい言葉と汚い言葉があるという、そういう言い方は何となくあるので、実証された訳ではない。前回の話はあれでお仕舞い。

 

 

 

キレイは汚い、汚いはキレイ……水が流れてキレイになるように言葉は使われてキレイになる。同じく、高齢者とパソコンは相性も悪いように言われてますが、これも実証された訳でありません。時代が過ぎれば多少なりとも、良くなります。

 

 

 

その辺は先入観の間違いと、慣れのようです。欧米や中国の話ではなく、「日本に高齢者のゲーマーたち出現」という記事が出ています。驚きません。ゲームで障害リハビリという記事を、私もすでに書いていますから……

 

 

 

その記事で、ゲームをしている高齢者の顔に注目し、熱中はしているが楽しいとか幸福の概念とは掛け離れる……思います。下記記事はゲームセンターでゲームする高齢者を書きます。

 

 

 

ゲーセンのゲームもパソコンのゲームも基本は同じで、どこでするか。ゲーム内容に違いが少しはあるでしょうが……「毎日退屈している。する事がない。夫にしゃべることももうないし。家でテレビを終日座って見ているより店に来た方が良い。刺激が必要よ」

 

 

 

本人に、そういう認識はあるから、それほど悪い事ではない。私もそう思います。「楽しいし、頭の働きが活発になる」というのは高齢者本人の意見です。リハビリ用やゲームも、ゲームはゲーム、ゲーセンのゲームと構造は同じでした。

 

 

 

ゲームはゲーム脳を作る。頭に悪いというのがウソ、丸っきりウソだった。(ゲーム脳=日本大学文理学部体育学科教授の森昭雄が20027月に出版した著書『ゲーム脳の恐怖』《NHK出版》で提示した前頭前野のβ波が低下した状態を表す仮説を示した造語)

 

 

 

パソコンの前のマイコンで仕事というのは上手く行きませんでした……最初にコンピュータで仕事をしようとしたのは病院で、これが導入に失敗します。会社がコンピュータを入れたので、社員もコンピュータをいじるが最初は上手くいかなかった。

 

 

 

会社で使えず家庭に持ち帰り、家庭でも使えず、ゲームかなんか入れて遊びに使う。そういう時代が確かにありました。夫の留守に奥さんがコンピュータをいじって、そういう時代もありました。

 

 

 

そして高齢者はパソコンアレルギーでいじれない。そういう時代もあって、アレルギーは解消したようでゲームはするようになった。そうすると次第にいろいろするようになる。

 

 

 

今パソコンを持たない病院はない。パソコン持ってるのにカルテだけは紙で、早くデジタル化したいと言ってます。パソコンいじれない社員も、フェイスブックしてない市役所も、もうないんでしょ? 

 

 

 

ネ? 仕事中にヤフオクで物を売ってる総理大臣だっていますから……誰とは言いません。野田さんですが。ゲーセンでゲームしている高齢者は、それで問題はないのか?

 

 

 

あるんですよねえ。画像みれば判るように、ゲーマーでは心を打たない。どう見ても存在が心を打たない。過去、リハを兼ねてパチンコやった身障者など、ありましたが、その時も言われましたが……どうでしょうか?

 

 

 

 高齢者ゲーマー 

 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120211-00000016-cnn-int

2012年2月12日 (日)

言霊おたま

Otama 言霊はあるか?……というと言葉の意味を否定しにかかったように聞こえますか? そうではありません。言葉に意味があるかと言えば、あるに決まってます。では、肯定的な意味の言葉と否定的な意味の言葉があるのか?

 

 

 

否定的な言葉とは……何でもいいが「バカ」と言います。知識がない、用法を知らない、常識的でしかない……そういう人を一般にバカという。これが否定的なカテゴリーに入ります。そう呼ばれ喜ぶ人はいません。

 

 

 

普通はそうです。でも異性に自分の話を聞いてもらって、ちょっと間を置いて「バカ」と言われたら、アナタ喜びませんか? つまりバカという言葉すら肯定的な側面もあるんです。この場合のバカは「愛している」と同じような意味がある。

 

 

 

障害のガイはよくない意味があるトして、言葉狩りに遭いました。それはそうですが、問題を端的に示す言葉として障がいより障害がいい……そういう面もある。たとえばアナタ、異性にバカと言われたい、そう思いませんか?

 

 

 

1位2位3位って言います。1位が金で2位が銀で、3位が銅、あの1位です。当たり前ですが2位は1位につぎ、3位は2位につぐ。3位は否定的な意味あいがあるから、3位と言うのは止めよう。

 

 

 

1位も2位も3位も同じようにしよう。金も銀も銅も全部まぜて合金のメダルを作ろう……そういう風にはなりません。順位を競っているのに順位を失くそうというのでは困る。

 

 

 

こういうと障害者の癖に、お前は健常者至上主義か。言われそうですがそうは言っていません。障害者は健常者にサポートする必要があります。サポートの要不要を明確にする為に、明らかに出来ることは明らかにした方がいい気がします。

 

 

 

言葉の意味を理解するのは意識です。少なくとも最初は、好意敵意は無意識です。先に書いた異性からの「バカ」は、無意識の好意がにじんだから嬉しいのです。それで鼻の下を伸ばすと本当のバカという事になります。

 

 

 

なぜならバカが意識され、よからぬ下心に結びつきかけた事と関係します。意識されると心はいろんな方面に伸びて行きます。良くも悪くも意味が広がる、それを悪い方に伸ばしてはいけないト壁を立て掛けるのはドウカ?

 

 

 

悪くなった言葉は、さらに伸びて行った先で、良くならないと限った物でもない。障害者をサポートした事がない健常者は多く、意外にも一度したい。チャンスがないと思ってる人いるんですって……むろん思わない人もいますがネ。

 

 

 

えーと、この記事は、言霊はあるか、そういう書き出しだったのですが、収拾がつかなくなりましたネエ。本当は私、言霊はあってもなくてもいいんで……ここで便利な決めセリフを行使します。本日はこれまで。

 

2012年2月11日 (土)

がん患者 鳥越俊太郎

Gankan 前からちょこちょこ引用していた鳥越俊太郎さんの「がん患者」です。がんの最初の前兆はビールがマズくなった事からという。しかし通風の持病があり、そのせいと思ったという。次の兆候は便に赤いものが混じる。

 

血は痔かなと解釈される。そういう訳で、戦地取材に慣れたジャーナリストは自分のことを「ツイている」と考え続ける……私が最初に鳥越さんの講演を聞いたのは80年代の末、TVタレントとして出発前後でした。

 

人権講演会で講演に慣れない鳥越さんは、左手で髪をいじり続けました。「人前は得意ではない」精神的に弱い部分を抱えるト告白まで……私は「正直な人だなあ」という印象が強かった。印象はこの本にまで続きます。

 

ここまで「ツイている」と考えるのは弱気の裏返しです。もっとも根っから強気という人はいませんが……その鳥越さんがキャスターを始めた時には私、驚きました。基本的は小心な人がどうやって大胆になったか……謎でした。

 

がん対策で見ていくと、一番評判のいい病院を選んで、抗がん剤療法と免疫療法を両立させてます。簡単にいうと、あっちもこっちもヤルのです。一方で抗がん剤をやって、もう一方で筋トレで免疫力をつける。

 

現実に沿い人生を楽しむ。残り時間を深く味わうように生きる。桜が散れば花びらに感動し、紅葉が散れば葉の一枚いちまいに感動して生きるトいう……あるいは物事を末期の目で眺める。これを何年延ばしてやろう……

 

もう一度、桜を見たい。見られるサ……そういう希望的観測をしない。そうは書いてはないけど、あの世や生まれ返りを信じておられません。そうすると今までしなかった事に挑戦したい。そういう気持ちが猛然と沸くそうです。

 

するとさらに免疫力が高くなる。そういう循環になっています。現実主義、事実至上主義といえるかも知れません。あの世を否定し、この世に全力を注ぐ。今を力に変える……書いてありませんが、そういう考え方になります。

 

私がリハビリと言って、水泳や筋トレを取り込もうとしました。しかし、それほどの効果はなかった。ただスタイルは良くなって(健常者と比べの意味ではない)体力は付いて、風邪その他の病気がなくなって行った。

 

三島由紀夫さんはボデービルから奇跡を願ったんです……それで私は肯定した。そこは鳥越さんと似ています。私の場合は無意識でやりました。鳥越さんはコレどうなのでしょうか?

 

ボデービルしても軍隊作ってみても敗戦の事実は変わらない。三島さんは失望し、ああいう死に方につながる……ここはボデービルでも筋トレでもいいのですが、ここが分かれ目になっています。

 人は必ず死ぬ。100%死ぬ……がんが受け入れられないのではなく、死が受け入れられない。それであの世を作り再生を信じる。すると今、この現実がますます空疎化する……この本はがんの本ではなく、悪循環からの脱却がテーマになっています。

2012年2月10日 (金)

アカサギ

Kizima ドラマ「クロサギ」は映画になっています。これは詐欺に会い一家心中にまで追い詰められた主人公、山下智久さんが、詐欺師たちに復讐する話です。相手役の山崎務さんは昔、「悪の紋章」という復讐譚に主演したことがあります。

 

その山崎さんが、この映画では山下さんの仇であり、また指導者という、ややこしい役柄を演じます。騙される事は騙す事と正反対のように見え、実は紙一重なのです。山下さんは個人でも母子家庭に育ち、作り笑いが苦手という。

 

笑顔の苦手なアイドルとは、また不思議な役者がいたものです。個人の境遇は主人公の不幸と重なり、奇妙なリアリティになります……俗にいう、騙すのが悪いのではなく騙されるのが悪いという言い方も、白サギがいてクロサギがいる。

 

騙す事と騙される事の紙一重の関係を言い当てる。白でも黒でもない詐欺、赤サギは結婚詐欺師を言います。週刊朝日の書いている木嶋佳苗被告(37)は、それに当たる。ケータイサイトを通して年上男を何人も手玉に取ったと言います。

 

週刊朝日は、基本的に都会的なスマートな女性ではなく、手料理が十八番という田舎出の不器量な女性とリポートします。大出嘉之さん(41)の場合も、手料理が決め手になった。大出さんは手料理にツラれます。

 

ガストで昼飯を食えば480円、期間限定なら380円。今時そんなもんです。木嶋被告は40才前に見えなかったか。家と家庭にかしづく女性が欲しかったのでしょう。被告が見せたのは料理ではなく、そんな嫁のイリュージョンに過ぎない。

 

ミセスの一番したくない事は、洗濯、掃除、縫物と……現代ではだいたい機械がしますが、料理機だけ開発が遅れ……それでも出来合いオカズやワタミの配達弁当ならある。20年ほど古くなっている発想を変えるべきでした。

 

結婚紹介所の会費入会費は安くない。そこを節約して出会い系サイトを使うのは賢いが、サイトもまた女性有利に出来ている。いえ40才にもなれば結婚や恋愛自体が、女性に歓迎されない。今や、それを求めているのは男だけです。

 

端的にいえば……ちと端的に言い過ぎたか? 補えば現代女性にとって結婚は、よほど条件がよければ、してあげてもいい。しなければしないでもいい物に化しつつある……むろんこの事情を飲み込めない。飲み込みたくない人はいます。

 

20年前はそうではなかったが、ここ20年でそう変化した。大出さんや被害者はそこが読めなかった。木嶋容疑者は時代の変化を読み取り、逆手に取った……と私は思います。朝日リポートで書き手は、容疑者像がつかめないと嘆きますが……

 

木嶋容疑者は20年前、モテない女性だった。だから今、モテる女性を演じて見せた。家庭の中にあって「家」にかしづく古い女、男の幻想を増幅して見せた。いや昔に、若かった自分が演じたかった役を、今、中年になって演じて見せたのではないでしょうか?

 

モテさせなかった男への報復か、モテなかった自分への報復か。辛いことがあると人の心は多重化する。一昨日、書いたように福山さんだけが多重化した訳ではありません。騙す事は騙される事と正反対のように見え、紙一重です。

 

そう時代は変わった。もう昔には、もどれない。もし加害者と被害者が20年前に会い、被害者が加害者を受け入れたら、この復讐譚はハッピーエンドに終った可能性がある、いや、その可能性は高いのではないでしょうか?

 ●週刊朝日EX http://www.wa-dan.com/article/2012/01/post-261.php

2012年2月 9日 (木)

図書館で

Tosyo本を必要とする重度身障者が、それほど多いとは思えない。本当に必要な人はネットを備えるだろうし、調査ならパソコンの方が早いからです。それでも熊本市立図書館に、重度身障者に向ける貸し出しと聞き、取材に行きます。

 

資格は3級程度以上、家族がないか少ないか。図書館には来れない状況にある。従って私はカスリもしない対象外となる……判断は代理人の来館あるいは、電話での対応で決まる。これにOKとなると図書をまとめて貸し出す。

 

本を郵便で送受するのだが、送料は大部分郵便局で持ち、部分的には図書館が負担する。借りる身障者の負担はゼロという……というと枠を広げて欲しい気もする。全市で現段階、約100人が登録しておられる。

 

当日、雪がチラつくというか。風花状態の寒い朝だった……にもかかわらず本店館内には客が多く、係員はテンテコ舞でした。私は予定していた本を借りて帰ります……ここ、予算減らされてないかなあ。

 

さて図書館のついでにどこ行ったか? 付近にツタヤはないけどBOOKOFFがあります。数軒先のヒロセでパンを買う。私は車の中で本読みながら、お食事であります。午後からセミナーをのぞき、帰りに電気店で用を足す。

 

返さなくていい本、BOOKOFFは百円。フランスパンも百円、ヒロセはグラム1円のおかずを売り出しました。この店は改装を進める感じで、ちょっと価格は高くなってきた。おかずの中からエビチリを選んでミネラルウォーターでもって、車内で昼食。

 

図書館本館前にはちゃんぽん店はあるが、このように節約した方がスマートに見える。何を言いたいかトいうと図書館は便利なのか? 使い道はないのか? そういう疑問が私には基本的に消えません。

 

くまもと森都心プラザ内にも市立図書館はあります。プラザ館の方は館内にレストランがあって、目玉のおむすびランチが千円。付近にラーメン店もあります。目の前が熊本駅なので車内で昼食も、出来ないわけではありません。

 

プラザの方では月末土曜、6時から映画をやる。今月は「市民ケーン」。講演会などの企画が立っている。それに有料だがカルチャーセンターとしての機能を備え、元アナウンサーの話し方教室、ヨガなど……内容がちょっと前の感じはする。

 

ここは起業ビジネスへの関心が高い、駅前情報室、談話室の感じ。その他は20代を対象に恋活というのが出ます……あこれ、東野圭吾の読書会です。集まる人はいるでしょうが発言が難しそう。むかーし、発言係で刈り出されました。

 

 

 ●市立図書館 http://www-library.kumamoto-kmm.ed.jp/hp/menu000000800/hpg000000789.htm

●森都心プラザ内図書館 http://stsplaza.jp/

2012年2月 8日 (水)

2重人格

Tazyu昨日ちょっと、福山雅治さんが女性のキャラを作った事を書きました。私はちょっと女性キャラを作ってご機嫌だった原田芳雄さんを思い出します。原田さんは中後期に、女歌でブルースを歌っていました。

 

しかし福山さんが、なぜサブキャラを作ったかは定かでない。しかしひょっとして龍馬を演じたからではないか?……と私は怪しんでいます。国民的英雄の龍馬を一年もやるについては、福山さんも、役者として決心がいりました。

 

ドラマは、ご承知のとおり成功する訳です。しかし福山龍馬は「JIN」の内野聖陽さん演ずる龍馬と比較されます。内野龍馬は男臭く、史実を越えた大らかな魅力があり、男性視聴者には評判がよかった。

 

この現実は福山さんにどのように伝わったか? 知りませんがJINはドラマとして成功しており、二人の龍馬対決の行方は気になったと思われる……で、福山さん心配の結果がサブキャラ、マサコの誕生に結びついたと思われる。

 

簡単にいうと人格2重化です。鳥越俊太郎さんは、がんになって自分でカメラを呼んで、自ら題材になって手術台に上がった。好奇心の対象としての自分、その過程を著作「がん患者」で人格の2重化と告白しています。

 

患者鳥越と取材者の鳥越が2重なって、がんという重い現実を受け止める。ジャーナリストは名目があれば何でも対象にします。弾丸飛び交う戦場へも、ボールペン1本、カメラ一台あれば何も怖くない……いや怖い。怖いからこそ多重化するのですが。

 

女性的龍馬と評された福山さんが女性キャラを作ったのは、むしろ当然とすら思われます。簡単にいうとそうなるが、これを正確にいうと、福山さんや鳥越さんが精神病化した。人格多重化いうのではありません。

 

俳優として渾身に演じたが、福山さんの中での龍馬は、内野さんに負けたと思われます。後には福山さんの俳優業に戦いが残った。それは例えば初期の原田さんが、次なる成長に向け歌手業を始めたのに似ている。

 

初期の原田芳雄さんはサングラスを使って男クサい、男性像を作り上げますが、その自分に限界を見てしまう。シリアス演技にユーモアを持ち込む過程でゲイを材料にしていく。それが歌になる。

 

TVキャスターとしては鳥越俊太郎さんには勝てないライバルがいました。しかし問題ががんになった時、ライバルを越えました。最後に越えればいい。

 

お歳の上からは持ち時間は長くはないでしょうが、鳥越さんに日本ジャーナリズムを変えるような活躍を期待します。素晴らしいじゃないですか? 俳優福山雅治が内野聖陽を越える日……そういう意味で、私は今後の福山さんに期待しています。

 

画像はハロウィン用 コスプレ衣装♪ 47%OFF

 定価:33,500円(税込)17,700円