« 乗物と恋愛 2 | メイン | A香港型インフル »

2012年1月24日 (火)

出かけたら靴屋によって 2

Suni 左右足の長さが違っている。矯正したがよかろう……というのが医師の診断でした。私の場合どうも効果はないようです。厳密でなければ左右差は、別スニーカーでも矯正できます。ただし……

私の場合は矯正2センチ前後という話で、実際には1センチ強の底厚の違うスニーカーで試しにかかりました。始めるとすぐ判るのですが歩き始めと、途中500mとか歩いた状態で、矯正必要差が違ってきました。

さらに1キロ歩くと、歩ける限界に近くなる。この時には矯正必要がまた違ってくる。最初から最後まで2センチではない……そういう現実が待っていました。矯正したがいいか悪いか、感覚的には判りません。

私は3週くらいで止め、元にもどしました。平地での試しにはそれほど問題はないが、階段の昇り降りに、矯正中は気を付けなければなりません。矯正始めは身体が慣れてないので特に……

なお矯正サイズの取り方は次のとおり。物差しを2本用意、靴の踵に1本の物差しを立て、靴ともに10センチの高さ、もう1本の物差しで計ります。

当然、後の物差しでは靴の中には差し込まない。床からの高さを測ります。最初の物差し10センチ位置と、後の物差しの10センチ位置では数センチの差が出る。その差が靴の底厚になります。

ぴったり狙った寸法差は出せませんので、適当な寸法差に下敷きや靴下で、寸法を足して行きます。いい具合が見つかったら先にも書いている「あゆみ」に注文を出してみたら、どうでしょうか。

病院での注文との価格差など、取材先と折り合っていません。折り合いましたら、また記載を加えます。

●「あゆみ」 http://www.tokutake.co.jp/

●本日の記載は「出かけたら靴屋によって」の続き。正編は 2011/12/13

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/394232/27829546

出かけたら靴屋によって 2を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿