« 2011年11月 | メイン | 2012年1月 »

2011年12月

2011年12月31日 (土)

クルマの事故

Doraiv2_2 今年、熊本県内での死亡事故の違反のうち、前方不注意など「漫然運転」が全体の6割を占め、10年前より167ポイント上昇したと、熊本県警は分析しました。これは全国レベルでみても似た傾向でしょう。

 

漫然運転の問題とは、単調で変化に乏しい道路で、ほぼ一定した速度で前車の後方を追従する。すると集中力や緊張感が薄くなり、別なことを考えたり、ぼんやりボーとした状況に陥る。そして状況判断が遅れ事故につながる。

 

熊本県警では漫然運転は「ちょっとした不注意が重大事故につながるが、対策は難しい」としています。私の提案はTVからの映像がyoutubeにあるので、ドライバーにまずこれを見て欲しい。

 

漫然運転と似た意味で、番組映像では覚低走行が言われる。クルマの性能や道路の状況は昔に比べると良くなり、運転はあまり労力を必要としない。その疲れ難さが逆に長時間運転に向いている。

 

それで、いったん事故となると、むしろ大事故になる……クルマの悪魔性です。私のクルマなども、デザインは小さく丸まってペット的というか? 

 

クルマが鉄塊であることを忘れさせ、機械でないようにさえ強調します。しかし事故映像で見るようにイメージは錯覚です。忘れてはならない。クルマは生き物でなく鉄塊で、人を傷つけ殺しうる。

 

……なぜこのショッキングな映像が大量に撮れるか? この数年でドライブカメラ、あるいはドライブレコーダーと言う。車取付カメラが発達し、普及したためです。

 

自分で取り付ければ価格は5千円から(画像製品も、ただし配線なし)……レーダー探知機の価格で売られる。操作使いこなしには難点、ノイズ等こなれない部分はあるものの、想像以上に鮮明な記録が得られる。

 

これを事故対策だけでなくドライブ記録として、自己運転の検証や反省として、広範囲に使われる。デジカメやビデオカメラに次ぐパソコン周辺機器に当たります。

 

後先になりましたがドライブレコーダーは、一瞬の事故の立証が難しい。歩行者や自転車、バイクに対して、一方的にドライバー責任とされる場合、そういう場合を目的とした対策でした。

 

しかしドライブを楽しむ道具としても需要もある。自動車保険が普通の事になったように、すでにドライブレコーダーを備えるべき時代になっている……メーカーや保険関係で、そういう人もある。

 

今度のオイル交換のついでに、カーショップで検討されてはいかがでしょうか? 漫然運転、覚低走行への警告情報が、何だか反対の方向に脱線しました。どちらにしても安全運転にご注意下さい。

 ドライブレコーダーによるYOUTUBEの映像 http://www.youtube.com/watch?v=Cgb3dfaKaKE&feature=related

2011年12月30日 (金)

トゥルー・ロマンス 映画

Romance 私の中で、また政治への無関心が広がりつつあります。まず、自民党が昔の社会党に見える。民主党は第2自民党であることが明らかになる。そして非自民系の新人政治家への関心も薄れます。

 

こういうのをアナーキーというそうです。無政府というと大袈裟ですが、この映画に出て来る若者はある意味でそうです。「トゥルー・ロマンス」のタイトルは恋愛ですが、犯罪映画……たとえばゲッタウェイと同じ内容です。

 

アラバマ「ソニー千葉って今、画面に出ている人、この人、善玉?」

クラレンス「殺人を請け負っているんだから善玉とはいえない。どちらかというと悪人だろう」

 

映画館で知り合った二人は、そんな会話から親しくなる。クラレンスは人生を太く短く、せめてカッコよく生きたいと思う。アラバマも教養がある訳ではなく、好きな男に100%尽くしたいと思っている。

 

そうは言っても、この恋自体が、バースディガールとして仕組まれたロマンスで……厳密にはアナーキズムでも何でもない。このとおり男は簡単に恋に落ちるが、そのへん女性は映画のように簡単ではない。

 

ただ一目惚れは女性にもあるようです。二人は何も頼りにせず頼りに出来ず、やっていこうとします。障害者は恋愛が出来ないのが普通で、もし恋愛すると家族が大抵、反対します。状況としては似ています。

 

その意味で、この犯罪映画は面白い。社会も政治もあてにはならない。クラレンスは粗雑だが純愛……まあ、そうです。こんな単純なお相手なら私も好きになれそう、アラバマは思ったんでしょうね。書いたように今の日本がこの映画を面白く見せます。

 

こんな単純なアナーキー男が実際にいるか? 物語が単純すぎてバカバカしいので、お父さん役のD・ホッパーや親分役のC・ウォーケンとか脇役がリアリティを加える。この2人の対決シーンは最大の見せ場です。

 

他にもちょい役でブラピとか、サミュエル・L・ジャクソンが出て来ます。こういった脇に比べると主役の2人が、今ひとつ売り出せなかった……それが残念なところ、まあ上手くばかりは行かない 

 

たとえばですが嘱託医が身障者に不都合な診断を下します。一人の身障者にではなく何人もの身障者に対してする……嘱託医というのは県が任じたか、市が任じたか……ともかく行政が任じる。

 

身障者の不都合は嘱託医の都合ではないが、誰か都合がいい人がある訳です。その誰かとは行政ではないか? 疑いが生まれます。私のところに寄せられる相談内容には、そういうのがあります。

 

「医師は私が困っているのを知りながら、私の都合を聞いてくれない。どうしたら……」そういう話です。私でも多分、地域相談員に委託されると思います。県からギャラの割り増しはありません。召集だけされるノーギャラです。

 

私もギャラが出たら県の利益になるような処置をするか。相談員にそんな権限はありません。他の医師にそういう処置書を書いて下さい……そう言って面談して下さい。診断ではなく相談に上がりました。そうも言ってみて下さい。

 

いえ、そうすると診断だけして処置書は書かない……それは出来ないという。嘘かホントかは知りませんよ。そういう話がある……なんて私は話をします。個人情報は行政にもブログにも出しません。

 

 

 ●アナーキー 無秩序である。無権力ないし無支配である。無政府である。

2011年12月27日 (火)

事例、スザンヌさんと比べて

Suzanu 昨日に引き続き、千葉県での差別例です。昨日のリンクを見てください。

 

教育からの事例  軽い知的障害のある女子。普通学級、学童保育に入っている。学童保育ではあえて補助をつけずに入れたが、仲間外れにされていたのに指導員は放置した。指導員や運営委員長に「学童は障害児の施設ではない」などと言われ、仕事を辞めざるを得なかった。また、学校で担任が替わり混乱しているのに「お母さんが追いつめたせいです」と家庭のせいにした。的確な配慮を求め、学校と10ヶ月もめた。すれ違いざまにせせら笑う先生もいた。常識的認識に欠けている。

 

 

 

改善提案 無理解には知識を普及させる啓発が必要。講演を開いても関係者しか集まらない。一般の人も参加して差別は恥ずかしいことだという発想を広める。

 

千葉県では差別例としているが文面だけから、事例は差別と言えるかどうかは判らない。お母さんが困られ、お母さん側に立って考える人が誰もいない。そういう状況には違いがない。

 

こういう場合、相談員は学校側や教育委員会側に立ってはいけない。相談員は子供家庭の側に立つべきで、もし母と子が対立している場合は、親の側に立ってもいけない。あくまで障害本人の側に立つべきです。

 

熊本県ではスザンナさんが県大使として活躍されている。お母さんキャサリンさんによると、スザンナさんの場合、付属高校から大学への進学が問題になり、成績が悪く行く大学が見つからなかった。

 

それで高校時代からバイトでやっていた所の、モデルやタレント活動を目指してスザンナさんは関西に行った。お母さんには無断、妹とは連絡を取っていたという。お母さんが心配をしている間、約2週間、大人の顔になって帰って来たといいます。

 

千葉女子の場合、元担任がおられる間は問題はなかったが、何らかの理由で担任が替わった。その変り目に指導員はクラス内に起こった仲間はずれを見過ごした……と解釈できる。

 

仕事を持っていた、お母さんにも迂闊があったとして責められるのだろう。新担任、指導員も問題に取り組むに手に余り、放置したのかも知れない。簡単にいうと先生や学校や、教育委員会の力がなかったからだろうか?

 

せせら笑う先生など、処理を間違えた事はあつれきの中にある。力のある学校を替わらないとうまく行かない。いい先生のいる学校に行かないと上手くいかない……だろうと思います。

 

さて、スザンナのお母さん藤本清美、キャサリンさんはタバコ屋の娘で、娘時代にタバコを売り売り、立ち飲みビールを売ったら儲かるだろうと考えたそうです。商才あざといというか、人間関係に鋭い読みがある。

 キャサリンズ・バーは今も繁盛……スザンナさんも高校の成績は悪かったが人間関係を読み、その間に立つ。伝わったものがある? と、私は感じました。

藤本さんは離婚後、スザンヌ、マーガリンの姉妹を連れて、保険勧誘員をされたという。勧誘員をしたことのない私は大変だったろうと思いました。勧誘は子供つれて行くと成績が上がるそうです。

意図的ではなかったでしょうが、勧誘の一方で人間関係の機微を子供に教えられた。現在のスザンナさんの県大使としての下地は、そこから始まっていた訳です。

 

それにしてもスザンナさんは美貌ですから、だから誰もいじめたりしないように思います……お母さんの講演を聞くと、そうではない。何かがある気がして来ます。障害児がいじめられない方法はあるのでしょうか?

2011年12月26日 (月)

地域相談員(熊本県身障者)

Tiiki熊本市の相談員に県からの委託になりそうです。名称は地域相談員、身障関係内容で見聞きした差別について報告を出す。熊本県での研修はこれから、そういう依頼が予定されます。

 

「俺は市の相談員だけん。県までは……」そういう相談員もおられる。たいして手数の任務ではない。そう言われながらも悩まれる。後輩の私としては何とも言えない。

 

では、どのような差別が起こっているのか? ネットで検索してみると千葉県でその内容を出されている。寄せられた「障害者差別に当たると思われる事例」がそうです。

 

医療の部にこういう例が上がる。「車いす給付のため、医療機関で指定医による補装具判定意見書の作成を依頼し面談した。しかし、医師の一方的な意見により本人に合致したものは作成できなかった。面談中にも指定医とは思えぬ言動。複数の母親から同じ悩みが寄せられる。」

 

 

 

改善提案として3つ上がっている。 1 指定医の指定基準を公開 2 指定医の氏名公開 3 身体障害者福祉法施行令第3条第3項による指定の取り消し ……ただ、実行はむずかしそうです。

 

 

 

ぐるりと見渡すと間接的にだが、聞いた事のある事例もあります。これは参考になりそうです。地域相談員は各県で依頼があると思われ、こういうの見聞きしたら、報告書を書けばいい訳です。

 

 

 

うまく出来るといいのですが…… 

 

 

 事例 http://www.pref.chiba.lg.jp/shoufuku/iken/h17/sabetsu/index.html

2011年12月25日 (日)

コンタクト消毒液

Aoseputコンタクトレンズ消毒保存液をエーオーセプトに変えます。コンセプトクイックに比べて効果が高い。あまり高いのでその話を、もう少し先にすべきかとすら思うほどです。

 

下記に価格コムでの評判をリンクしますが、似たような事が書かれ、その内容は私の感想とも矛盾しないので、出してしまう気になります。

 

コンタクトレンズで怖いのはアカントアメーバーという、動物性の菌でこれを考えると殺菌力のある過酸化水素系列の消毒液がいい。それでエーオーセプト、コンセプトクイックが候補に上がって来ます。

 

こすり洗いには、もっと具合のいい消毒液もある。が、この際は2番目の併用液になる。そういうコンセプトクイックは1液で消毒後、H2O2過酸化水素を2液で中和させる。

 

最初、私は中和剤を買い足していたが……精製水で希釈する手に切り替える。消毒液も普通の保存ケースを使って、ポタポタポタとちょっぴり垂らすだけにする。

 

つまり私は消毒用、水稀釈用、保存用……コンタクトケースは普通のものを3個用意します。不経済だから付属ケースは使いません。コンセプトクイックは10分で消毒可といっている。

 

それよりエーオーセプトはH2O2成分が多い。ケースに仕込んだ白金を使ってH2O2の解消をはかるため、解消時間がかかる。当然、消毒自体は10分で可能と思われる。消毒が済んだら水で稀釈し、保存液に浸して朝まで保存します。

 

レンズを水に入れる時間が長くなり、朝にあわてて保存液を潜らせるだけで装着という事もあります。レンズを消毒液のまま忘れたら、少し温めるとH2O2の解消が早まる……どうしても土壇場になりますなあ。

 

この手を使うと消化保存液、一瓶は長く持つ。久しぶりに消化液を買おうと店頭に行くと、消化液の相場が倍ほどに上がっている。千円台で買えるのはエーオーセプトだけでした……それを買って来る訳です。

 

コンタクトレンズはこすり洗いをしなければ、涙のタンパクや不純物が付着します。しかし、こすればレンズを傷め、寿命を短くします。それでヤンパク除去剤を使ったり使わなかったり……最初からその矛盾の中にあります。

 

コンタクトレンズ自体が丈夫なのと、そうでないのとあります。私は試用期間を越える目的があります。快適だけを目的にしたとしても、傷めずに使えれば、それに越したことはない。

 

不純物がよく落ちれば、こすり洗いを短縮化でき、レンズはキレイなまま長寿化する理屈になります。消毒液をエーオーセプトに変えてから一日の使用時間を、私はすでに増やしました。

 

レンズ一枚あたりの使用日数も増やせるか……その検討に入っています。これを言及するには日数がかかる。まだ何とも言いませんが興味深いところです。

 

 

 

●価格COM AOSEPUT評 http://review.kakaku.com/review/K0000004991/

 

●同 満足度ランキング 報告数から実質的な一番を考えたい。

 http://kakaku.com/contactlens/contactlens-care-soft/ranking_4810/rating/price=0/

2011年12月24日 (土)

神のささやき~養老訓 3

Spir 映画トワイライトゾーンの「第2 真夜中の遊戯」では老人ホームの人々が、缶蹴りをして一夜だけの子供にかえります。神の分身ともおぼしき男はそこで、老人たちに誘いをかけます。

 

 

 

「もう一度、子供に帰らならないか?」と。しかし老人たちは申し出を拒否、希望や、生きる喜びのないホームでの生活に帰って行く。それは「もう一度、苦労するのがイヤ」との理由によります。

 

勇気や決断力を振うのが大人であり、子供は成長して大人を身につける。成人式を上げたから、学校を出たから、あるいは時期が来たから大人になるものではなく、責任を取ったり実績を積んだり、また決断を振るえる大人になる。

 

つまり大人になって以降も、勇気を振るうには圧力を伴う。正直なところ、出来れば避けたい道ではないか?……好んで自分に圧力をかける人はいない。エピソードの意外な展開の、これが根拠にもなりそうです。

 

スピルバーグの映画は子供っぽいト言われた事がある。引用した映画だけでなく、どの映画でも主人公は判断や勇気で、状況を切り開く訳ではない……逃げて逃げて、逃げおおせる事で主人公は救われます。その辺の理由と思われます。

 

「還暦以後」はどう生きるか。缶蹴りをすればいいト私は思いつきます。子供になってもう一度、大人を目指さなければなりません……今までとは違う意味での大人、大人になる。そういう意味になります。

 

物事は終った。自分はやり終えたの認識は、逃げにつながり、新しいものは生まれません。130才とか孫からビールを注いでもらう未来はプレッシャーが足りない。そんな目標では自分への圧力に、ならない。

 

しかしこれは満足するか、しないかの問題でもあります。外側から強制は、どこからもない。あくまで自分の中の問題です。主観になります……自分の中にあって適当な高さの目標を掲げるのは難しい。

 

熊本年輪ピックのシンポジウムで、清水国明さんが言っていた目標は、新たに子供作って養育する事でした。同じく姜尚中さんの目標はバイクの免許を取って、若い頃に行けなかったツーリングに行くことです。

 

熊本県は年輪ピックが予想以上に儲かったト発表しています。人生は長く、還暦以後といえども実りある時期になるかもしれません。だが、そうするには苦労も伴う……

 

目標が高ければ喜びも大きいが、その前に圧力が高い。達成の喜びが人を育てるか? いえ圧力が人を育てる。たとえ目標が達成されなくとも自分を育てる事は出来るのです。

 

「もう一度、子供に帰らならないか?」私は神のささやきのように、この言葉を思い出します。最近は目標を立てるとは言わず、夢を持つう言い方が一般的ですが、この言い方がいいよう私は思います。

 ●参考記事 男女誕生死亡 11年10月24日

●養生訓 11・11・30
●若者と老人~養生訓2~11/12/12

2011年12月22日 (木)

17才のカルテ 映画

17sai 後の統合失調症、Aと一緒に映画に行った記憶があります。私が誘ったのか?……いや、Aから誘われたと思います。「日本の青春」という映画は遠藤周作さんの原作小説で、元は「どっこいしょ」といいます。

 

映画内で関係言及はないのですが、Aはすでにキリスト教に凝っており、遠まわしに私も信者にならないか……その旨の根回しだった気もする。今となっては判りませんが……信者になるにも、Aは連れを求めました。

 

今日はその映画ではない映画「17才のカルテ」の方の話です。これは境界性パーソナリティ障害とか、境界性人格障害と言われる、患者手記を題材にしています。

 

ウィノナ・ライダー、アンジェリーナ・ジョリーという対照的な女優が、精神病院を舞台に、華やかな演技合戦を繰り広げる。時代設定が1960年末でもあり、この17才は「カッコーの巣の上で」に、とても似ている。

 

ウィノナは軽い精神障害(に見える)普通でもやっていける。自分もそう思っているが……Aも、薬は必要ない。自分は精神障害ではないと主張していた時期があります。

 

ウィノナは親が心配して病院手配をし、すぐ出て来るつもりで、手配に乗るのです。しかしDVDには未公開シーンがいくつか収録され、そこにはウィノナが幻覚を見る映像がある。

 

ここを観るとウィノナの障害性は重度で、観客の同情は来なくなる……で、製作側はカットしたと思います。病院に入らなくともやっていけるけど、親を心配させたくない子という設定が観客に同情を引きやすい。

 

同情を引いたり関心を引いたり、他人を引くことに懸命で……そこまではいいが自分の行動が出来ない。下の方に関連情報を出してますが、その辺に境界性障害の重要な内容があるようです。

 

観たい映画があれば一人で観に行く。それは普通の事で、たとえば一人外食する事が、普通である国もある。家族で行く、あるいは友人と一緒でないと奇妙に感じられる。日本もそういう国です。

 

わが国ばかりでなく、韓国や中国、そういった東洋の国ではそういうメンタリティがあります。どちらがいいのでしょうか? ふっと気が付いた時……

 

何も自分一人では決められない自分を見つける。でもまだイコール境界障害という訳ではない。境界障害には違う要素が絡んでいます。それにしても西欧での、自立の概念には厳しいものがある。

 

若い犯罪者の多くは家族と連絡を取ってない……とある韓国系の作家が指摘しています。服の色も自動車の色も、自分では決められずケータイかける人も、どうかとは思うのです。

 

Aはキリスト教の洗礼を受ける時に、ひとり教会に行ったのでしょうか? 今はともかく、村上春樹さんはオウムのような新興宗教にそれなりの信頼を置いた時期があったようです。

 

映画にもどって、アンジェリーナの方にはそういうメンタリティはないか……に見えます。ハデで自由で気ままに他人をも操作するかに見えるアンジェリーナです。

 

タバコの吸い方が決まっていて、グラサンを首筋でTシャツに引っ掛ける。意気込む猫を逆に威嚇してみせる。金がないと判ると男とも寝てしまう。しかし本当の自由とは……

 

おっと映画のタネは話せません。アンジェリーナさん、この役でアカデミー賞を取っています。私は「カッコーの巣の上で」と見比べたくなりました。

 

 

 

●境界性パーソナリティ障害の特徴と接し方 http://www.fukuchi-clinic.com/ga/be/2008/be048.htm

 

●境界性人格障害とは

 

http://homepage3.nifty.com/doremi/kyoukaiseijinkakushougai.htm

 

必要な時期に適切な愛情や保護・養育が受けられなかった。母親から分離し、個体化していくプロセスでの失敗が原因と考えられている。

 見捨てられ不安が強く情動不安定になり、ときに攻撃的、破壊的になる。過去に「見捨てられた」ような何らかの辛い経験をし、それが思春期から成人期に思い起こされ、過剰反応やパニックを起こすとも考えられる。

2011年12月21日 (水)

蛍光灯

Sinkeikou 耳慣れない言葉で恐縮です。プルスイッチという記事を書いた事があります。書いたのは一般スイッチとして電線のオンオフに使われていました。しかし多くの場合、蛍光灯スイッチとして使われる。

 

蛍光灯の場合のプルスイッチの交換は、即座には、お勧めかねます。止めた方がいいかも知れない。なぜと言うに、スイッチや蛍光管を代えても、土台機器は数十年を経ている。

 

うまく点灯しないかも知れません。むろんグロウランプや弱灯ランプがいたんでいる場合もあります。全部をチェックして、直それでも悪い蛍光灯は土台を疑う必要がある。

 

若い人に聞いてもらってブーンという音が大きい場合は、安定器が古くなっている証拠です。機器ごとの交換が必要になります。直らないまま放置すると機器は発熱する。

 

ヒートからショート、点火、火事というケースもある。少ないケースとはいうもののあると言います。まあ、これを期にLED型蛍光灯に変えて頂くのが最善と考えます。

 

……とは言うものの、一時期に比べれば安くなったもののLEDライトはまだまだ高く。蛍光灯は20型の直菅だと100円、グローランプも弱灯ランプも2個から3個で100均ショップにあります。

 

ちょっとまあ、安易に代える気にはなれません。新年に向けまだのお宅は100均はどうでしょうか。蛍光灯ランプだけ代え年の暮れ……なんてことで、今年もお茶を濁しますか?

 ●画像はうろこ模様の新型蛍光灯4000円前後 http://calamel.jp/%EF%BC%AC%EF%BC%A5%EF%BC%A4%EF%BC%A0%EF%BC%A9%EF%BC%B4%EF%BC%A5%EF%BC%AD/shopitem/PA01097993?pg=1&sr=2&vt=1

2011年12月20日 (火)

ポップコーンを食べながら

Popcorn 映画館で食べるポップコーンは是か非か? そういう話題がネット内の、ドコゾであります……バカバカしいので取り上げないつもりがネタがなく、やっぱり取り上げます。

 

ポップコーン自体がそれなり精選されて、最終的に近く残ったお菓子です。例えばフライドポテトあたりと比べると音が立たない。匂いも少ない。お許し願いたい線として出て来ている。

 

映画館としてはチケットの他に、館内で何か買って貰わないと経営が厳しい。映画は斜陽産業であり、はっきり言って衰退は時間の問題と思う。ポップコーンで延命している状態か?……そこまで言うのもネエ。

 

話としては友人が、佐藤浩市さんの出る方の魔界転生を観に行ったら館内に客がおらず、たったひとりで映画を観たそうです。幽霊というか転生した人が、次々出て来る内容も内容、だんだん気味が悪くなったという話です。

 

金から日曜日、週3で館を開け、後の4日は休む……そういう映画館も出て来るのでしょうか? 経営協力の上からはコーヒーや酢昆布の匂いを嫌いうような事は、言ってはいけない。……

 

あと個人の好みで嫌なものはイヤ。そこから言うなら勝手です。昔は2人連れで、話しなから観てる人もありました。

 

「あの帽子はカッコいい、ああいうの俺も買いたい」

 

「頭が大きい人はツバの広いの似合わないの」

 

どうでもいい映画は、それはそれで面白かったもんです。そういう風に二人でいる事を楽しむ映画があります。辛い現実から逃避する人もあります。ただ雰囲気に浸りたい人もいます。映画を観る目的は人によって違います。

 

喜劇を楽しみたい人がいて、音や匂いさえ気になる人がいる……勿論、映画にもよりますなあ。ストレス解消に観る映画と、映画至上主義で観る映画は違います。

 

食べるという行為でのストレス解消効果には、大きなものがあります。ストレスを溜め込むか脂肪を……? そういう判断もむつかしい。私はストレスを感じたらジムに行きますが……そういう回路自体ない人もある

 ポップコーンを食べながら映画を観るべきか……意外に難しい問題をはらんでいる。結局、TVだって個々で観て、家族が揃うことはありません。ポップコーン食べたい人も食べたくない人もDVDに行きつく、これがオチになります。

2011年12月18日 (日)

オペラ座の怪人 映画

Opera長いマントをひるがえし、らせん階段を駆け上がるショットがいかにも映画的でロマンチック。白い仮面の怪奇趣味もあり、何となく「犬神家の一族」の兄弟作ではないか? そう思ってしまう。

 

何だか悪いような書き出しになったが、DVDミュージカルとして、いい印象を受けてます。あまり名演、名唱という内容はないが、欠点は少なくセクシー。「シェルブールの雨傘」に次ぐ印象を受けています。

 

タイトルは実演ミュージカルとしてもウケている。内容的にはストーカーの要素アリーの、「アンデルセン」と同じく三角関係でまとめる。アンデルセンは欧州勢のミュージカルで、予算が厳しくドラマでまとめる。

 

仮面を広い意味で障害と捕らえるなら、アンデルセンでは下肢障害を人魚姫とからめている。(ドラマ内容には伝記要素があるが事実無根)オペラもアンデルもどっちもどっち、荒唐無稽、これは映画でありミュージカルなのであります。

 

ただの荒唐無稽にこれだけの予算を注ぎ込む、オペラ座の怪人の方は……バブル趣味の誹りは免れない。だからヒットしなかったのだろうが(ヒットした?)私などはついスマートでモダンなミュージカルを考えてしまう。セクシーにはなりませんナ。

 

私のミュージカルの標準はシェルブールと……今、気がつきました。サウンドオブもウエストサイドも悪くはないど、ま、ちょっとトいう気がします。いくら身障がらみといってもダンサーインというのも、ねえ。

 

私はシェルブールを持っていない。ロシェフールの恋人たちは買ったが……ゲオに今度、聞いてみよう。あそこはスゴイ。価格が価格なのに何でも出てくる。アイデンティティが良かったので「17才のカルテ」を探したらアッタ!

 シェルブールは持ってなきゃいけません。オペラ座が、なんでこういうオチになるんだろ。