« うぬぼれる | メイン | 富貴の袋ラーメン »

2011年9月30日 (金)

愛を読むひと~朗読者

Aiwo 「愛を読む人」を観た後で気になる部分が残ります。ハンナとマイケルのひと夏の恋……映画はそのように描き、観る方もそのように考えます。この映画に限ってひと夏の体験は違うのでは……それで原作「朗読者」を引き出します。

 

いわゆる映画を見た後に、恋は愛と同意語になって行きます。経験、個人教授、おもいでの夏……恋と愛は、たとえば情事とは違う。情事という言葉は肉体関係の意味合いが強いのです。

 

愛は深く長い人間関係を示し、恋は浅く短い男女関係を示します。どこからどこまでを情事といい、恋といい、愛というか。特定した定義はないが意味の違いはあります。

 

脱線しますが「おもいでの夏」は、どういう映画かト女性に聞かれた事があります。ミッシェル・ルグランの書いた映画音楽は間違いなく名曲で、これを聴いた人は映画を観たいと思います。

 

だが映画は名作とは言えない。男側にとっては都合のいいラブストーリーで、男が年少なので許されるが経験、個人教授と同列のソフトポルノに近い内容……女性が見て楽しいとは思えない。

 

愛を読む人でも前3分の1、マイケルのひと夏の恋までは、そう違わない内容になります。それが中間部で次第に重さを持ってきて、最後3分の1で大変な事になる。

 

あたかも情事で始まり苦い恋に育ち、やがて重い愛に終わる……映画の内容をバラさないでいうと、こういう表現にならざるえません。ああ、そうですね。ハンナは彼のことを坊やト呼んでいる。

 

情事での相手の名称はベイビィです。男が女性を、女性が男をどちらが呼んでも、そう呼ぶ方が関係や相手を仕切る事になる……双方でベイビィとは言わないでしょう。

 

私の友人で、二人の時はお互いを、とおちゃん、かあちゃんと呼びあおうと……そういう取決めをした恋人たちがありました。むろん取決めの前は、普通に何々さんト姓で呼び合っていました。

 

取決め後も、誰かいると姓で呼ぶのです。相手の事に関して責任を取る。少なくともある部分の責を負う……あるいは責任を任せる。愛とは本人に代わっても、自分が責任を取る、そういう関係を意味します。

 

原作「朗読者」で見ても、マイケルは結局、最後の所で腰を引いた。責任を拒否したと読むべきです。それは戦争や状況や社会の責任と言えない。その辺に作者の主張があります。

 本でもハンナは後年に至るまで、マイケルを坊やと呼んでいます。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/394232/27164459

愛を読むひと~朗読者を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿