« スィートポテト味 ふんわり食パン | メイン | 早春スケッチブック ドラマ »

2011年9月25日 (日)

メゾン・ド・ヒミコ 映画

Mezon メゾンとは辞書では館、住宅の意味だが「めぞん一刻」のメゾンにかけ、ここではコメディ内容を指す。犬童一心監督の「ジョゼと虎と魚たち」に続く、渡辺あや脚本といえば判る人には判るのか?

 

柴咲コウ演じる主人公サオリは最近、母を亡くし天涯孤独。父は母やサオリを捨て、ゲイの道に走ったと聞いている。サオリはむろん、その見も知らぬ父を許せない。父だけでなく男というモノが許せない。

 

サオリが会社で事務員をしてると、男(オダギリ・ジョー)がやってきて「父に会え」という。嫌だというと男は、何とサオリを金で釣る。余命少ない父はガンで寝そべっている。その家が「メゾン・ド・ヒミコ」年取ったゲイたちの館だった。

 

……映画の話はこれくらいにして、男が許せない女性は沢山おられる。映画のサオリがそうで、脚本の渡辺あやさんが昔、そうだったらしい。女性特有の問題かというと、男の身障者にもそういう人はいます。

 

具体的にどういう事か? 映画でサオリは金に困っています。母が死んだ時に何がしか借金が出来、その処理にバイトをしようと考えています。それで会いたくもない父、ヒミコに会う事になる。

 

映画では主な動機として使われる。映画としては借金は重要ではない。しかし借金はその人にとって重大な問題で、自己破産すべきか否か。専門弁護士、あるいは会計書士に相談すべき事です。

 

サオリはそういう風に考えない。サオリの勝手でしょト、そう思う人も沢山います。借金は返すのが当たり前ト、しかしその常識は違います。覚えてますか、TVで円ショップの武富士が、取りすぎた金額を返すト言っていました。

 

有名な金貸屋さんからして常識の外、処理を誤った訳です。そこまでなくとも借金を苦に、自殺や心中する人はいっぱいいます。かなりの人が法的な処理を違えている……

 

サオリの借金はいくらで、どう生じたか判らないので、あまりな事はいいませんが、男目線が足りない。処理の仕方が違う話は時々、あります。

 

杖は今や、どこにでも売ってあり市役所で補装具として取るのもおかしな事かもしれません。数百円の杖を1本1万円で商ってみたり紹介してみたり……市役所も誤っています。

 

同じように自己破産すればいい事を、自殺だ心中だいうのも誤ってましょ? 事故や病気で身障者になったら、私は生きていけない思うのも、あまり変らない。誤っています。広い視野や長い目で見ての判断が下せない状態です。

 

男でもなるが、女性視点の特徴である……視点をあらかじめ欠いて疑問に思わない。犬童一心監督や渡辺あや脚本には、ちょっとそういう傾向に……あら、映画にもどってしまいました。

 映画は彼らに任せるとして、身障者問題については私ら、相談員にも一言お聞き下さい。いつでも無料で承っております。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/394232/27137475

メゾン・ド・ヒミコ 映画を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿