« 悪人2 映画 | メイン | メゾン・ド・ヒミコ 映画 »

2011年9月24日 (土)

スィートポテト味 ふんわり食パン

Suito ヤマサキのふんわり食パンシリーズで、スィートポテトが出ています。懲りなくてまた買いました。スィートポテトいうのは芋餡のお菓子……言わなくとも誰でも知って、ます、けど、ね。

 

これは女性は誰でも好き。男は顔をしかめる人もあります。私はどうでもいい……好きでも嫌いでもありません。あれば食べます。なければ食べない……そういうの多いです、私。

 

そうは言っても菓子化です。菓子を食べるように食事をしたい……そういう人が多いのでしょう。私としては別に誉めなくても、これは書くと読む人が多くなる。奇妙な食材です。

 

病院生活が長いせいか、私は食事について、こういうスタンスになる事は多いです。食べる人たちの退廃いうと大げさですが、このシリーズでなくとも主食の菓子化の傾向は、あります。

 

病院では病気で食欲がない……トレー見ただけでうんざり、あります。一般にはないでしょ。病院でないココでは、そうではなく何か目先の変った物を、いつも求める。ある種の過食状態にあって、それは日常化している。

 

病院とは似ているけど、明らかに違う。幸福なのか不幸なのか、第三者として、いう人がありますが、本人にとってはどっちでもない。同時にどっちでもある。つまり第三者の目線は意味がない。

 

ほんのり甘いいうのは、甘くはない事。濃厚なスィートポテトの香りは、もうイースト菌の匂いで幸福になれない……その意味の匂いかも知れません。私が退廃的いうのは、そういう意味です。

 

幸福と決めつけられるのは僭越なら、不幸といわれるには、おっと反発を感じる。でも、この状態を何なのかは自分でもつかめない……ふんわり食パン、スィートポテトは、そんな味がします。

 

私は一度は買いましたが、もう一度、買いたいと思わない。このパン、好きというのには憚られます。例によって季節限定、ヤマサキとしてはシリーズとしてヒットした言うことです。次が出たら私も、また書く事になるでしょう。

 11・7・13と8・24に1、2回目を書いています。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/394232/27132533

スィートポテト味 ふんわり食パンを参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿