« 悪人 映画 | メイン | 悪人2 映画 »

2011年9月22日 (木)

BOOKOFFの80円本

Book 本が売れません……BOOK・OFF、田崎市場の奥にある店では105円分を80円に下げてしまう。在庫処理のために当分の間だけとはいうが、厳しい経営が透けて見えます。

 

つまり本が売れない。まあ一般に本を読むどころの状況ではない。私の推測とはいえ、これは大きくは外れない。不景気に伴う切り詰め、その煽りは本とか、TVとか、映画とか、そう言った情報源にも向いてます。

 

昨日、映画評を書いた「悪人」も(続きはまだ書けません)原作本を読もうかト迷い、結局やめてしまった私です。先々号のターザンは本屋に見に行こうと思う内に、先号が出てしまう。ターザンも結局、買っていません。

 

なぜかセカセカと落ちつかない。背中に負った薪がけぶる狸になったような気が、私はします。かちかち山です。同じ理由かどうか、駅の構内、自販機のドリンクも売れないそうです。

 

デザインでもない価格でもない。新製品のラインナップでもない。なぜ売れないか調査を入れたら……売る為のアイデアが上がっています。何だと思います?

 

これがアッと驚く、自販機の上部に時計をつける。次の電車が来るまでの時間を計れる。待ち時間を正確に計るというと、構内の客も落ち着いてドリンクを飲む気になる。

 

東日本震災以降の鬱積した不安、イラだち……つまり落ち着かなさがある。かちかち山で狸になったような、先の見えないトンネルに入ったような。これに対しつける薬は、ないですなあ。

 

いえ私個人ならひと泳ぎすれば済むこと。ゴルフ好きなら打ちっぱなし、野球好きならバッテイングセンター……酒好きならウコンを飲んでシジミ薬も買って飲み屋に集合。

 

そうは言うが、飲めば飲んだで朝に付けが行きます。今日のストレスに利子をつけて明日に回すだけの事。本読んだって、この齢になると簡単に人生は開けない。陰々滅々としてかちかち山、先のないトンネル。

 先々号のターザンは無理としても、やはり「悪人」は買った方がいいか? どうなのでしょうか。BOOK・OFFの80円本という話でした。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/394232/27121673

BOOKOFFの80円本を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿