« 原田芳雄さん | メイン | タイヤ交換3 »

2011年7月21日 (木)

身障者運動会

Undokai 熊本市主催の障害者運動会に関して、協賛の福祉協会から文書が届きます。協会としては、やはり運動会事業から手を引くようです。やはりとは話として聞いていて、知ってはいました。

簡単にいうと、参加者は集まるが開催スタッフがいない。市側としても協会としても、開催人員が確保できない。福祉協会に代わってスタッフを用意できるような組織も、ない。

協会側としては幹部はむろん、会員全体の老齢化が目立ち、運動会という感じではなくなっている。それでも市は、何とか開催に踏み切るようです。それには個人として参加して欲しい、旨の文書が届きました。

年に一度のイベントで健康増進、および多少の娯楽いう考え方は実状に合わなくなっている。いろいろ理由はあるでしょう。運動会は町内会でも、町内の小学校に合せ行われます。似たような状況でこちらは参加者が少ない。

私、個人はスポーツをリハビリとして捉え、週に何度するかト考えます。体調を維持するのが目的で、イベントと思っていないから、弁当の出るでないは問題としません。

だが運動会は、その辺が重要で吸引力になったりします。熊本市は元々は弁当を出していて、ある時期から出さなくなります。協会は会員需要を考えて、会から支給します。そういう時期もある。

しかし遂にそれも終わり、運動会から撤退しました。どこかで考え方を違え、何かを誤った。書いたり申し上げたりしたのに、聞いては戴けなかった。今はため息を付くだけです。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/394232/26811468

身障者運動会を参照しているブログ:

コメント

日本の身障者、老人福祉がよっかたですね

この記事へのコメントは終了しました。