« おくればせながら原発 | メイン | 焼肉のたれ »

2011年7月31日 (日)

コピー店、案内

Honkon怪しい事はすぐ判る。画像だけ見てもそれはそうです。このサイトを作った製作スタッフの中に、日本人はいません。むろんそれは悪い事ではないのです。

どの国のどの人が日本人向けのサイトを作っても、悪いと非難されるべきではない。だがこのサイトは誰を対象に、何をしようとするか明らかではない。

私は中国の人です。日本の人に買って欲しくて店を開いた……はっきりと書けばいい。画像左肩のHandbagの字の下、商品分類の類の字の「頁」部分が抜けています。

抜けたのではなく省略とすれば、今の中国ではこういう表記をするのでしょう。サイトに行くきっかけになった迷惑メールを見ると状況は、もっと判るかも知れません。

こんにちは!「 http://www.newkety.コム」
*HOT* 財布 *HOT* バッグ *HOT* 時針
■是非少し時間をかかて、当店を見てくれませんか。絶対こんなに良いコーピ店を逃してはいけないです。
■ルイヴィトン、シャネル、グッチ、コーチ、ロレックス、プラダ、ブルガリ、FRANCK MULLER、OMEGA、CARTIER、CHANEL、BVLGARI、デュポン、ROLEX
■同じな高品質の状況には、他の商店を比べて、当店の価格は利点があります。去年から今まで、広大な顧客は満足の商品を買いました。お支援ありがとうございましたなあ。
■店長:佐藤 秀子

私は中国の人。日本の人に買って欲しくて店を開いた……そう書けばいいという意味が判るでしょう。日本人はこんな文は書かない。半端な日本語はおかしい、怪しい。

ただ、これに似た事は身近にもあります。身障者で自分が出せない人がいます。自分に自身がないから健常者のマネをする。健常者に一歩でも近くなる事を指針に生きていく……

そう公言される。悪いとはいいません……それではつまらない。その人らしさが出て来ない。中国人の書いたことが一目で判る文章に、偽名の日本人佐藤秀子とサインを入れたもんです。

佐藤秀子さんに限りません。中国は自身に中国らしさを求めなければ、結局、誰からも尊敬されない国になる。それは日本で実証済みです。金権もさることながら、日本人と製品の繊細な感覚に、世界が驚いた。

中国は今、何が中国らしいのか。自分で自分が判らない……断言します。身障者が身障の自分に何かを見出し、健常者と対抗できる事が出来るなら……中国も中国らしさを見出すでしょう。

「こんなに良いコーピ店を」と書かれてるのを見て驚きました。ああ、この人は欧州に似ている事にしか意味が見出せない。むろん日本だってまだ、そういう所は残っています。

私も買うマガジンハウスの雑誌。クロワッサンでは、こんなエコをしようとエコを提唱する時に、欧州をモデルに持ってくる。ターザンでは米国人写真でのスポーツ紹介しか出来ない。

いわばアレなんだ、そう思いました。健常者をモノサシに使っている間は身障者も自分が見出せない。障害の自分を自分で見ようとしないからです。そんな逃げ腰で得られるモノは底がしれてる。

コピーを作ることしか出来ない国、コピーの行き方しか出来ない人……私はブランド商品は高くて買えない。きれいに言うと物の価値を金額にしたくない。そういう所もあります。

ブランドのコピーはなお買えない。生来のへそ曲がり反権威主義があって、偽の権威はなお、かざしたくない。まして誰かのコピーになりたくない……ああ、コピー製品事体が非合法なの、忘れてました。これはいけません。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/394232/26861368

コピー店、案内を参照しているブログ:

コメント

こんばんは
個人的には、中国の文化や文物に経緯を評しているのですが、最近(文革以降)はおかしい!本来の中華思想とは、全くかけ離れていると思うのです。
共産主義の皮を被った大資本主義、コーピ品(笑)の横行が何よりそれを物語っています。アップルストアやイケアの模倣から、行き着くところは高速鉄道。「中国版新幹線」なんていってますが、車両は日本の供与した技術の盗用で、それを米国で特許申請しようとしていたといいますから!
このままだと、中国自体が脱線転覆しかねませんよ!

こんばんは。
ああ、あああっ……このブログ、お店から読まれています。
どうやって調べるかお教え出来ませんが、お店は確実に見てらっしゃいます。
敬語つかっても今更、ダメですねえ。マークされています。これ以上は何も書きません。

コメントを投稿