« 伊集院静の脱無頼 | メイン | ウイルスソフト2 »

2011年7月27日 (水)

家でこける

Bool ユニバーサルデザインで家庭内事故は防げるか、防げないのではないか? 端的にいえば家を便利に改造すればするほど、それに上回る形で身体は退化します。そして家庭内事故が増えるからです。

 

家庭内事故ではありませんが、私は2度転びました。とてもよく似た転び方で、同じような所を打っています。身障ならではの問題、一度ならともかく二度打つと、かなり痛い……つまり歳な訳です。

 

身体は歳だから衰えるのか。いえ動かさないから衰える。合理的に住むに楽な家を作れば作るほど、身体が衰えが早くなります。むろん端的に言えば……厚労省によると、2008年には家庭内事故で13000人以上が死亡しています。

 

家庭内事故死者は交通事故死者を超え、グラフにすると×印を描くように逆転する。家庭内事故死者は私のような60代からではなく、50代、40代後半の健常者も含めて亡くなっている。道路より家の中は危険……端的に言えばですよ。

 

むろん死者の言は取れませんが、友人のキララ文庫さんが階段から落ち、死にそうな所から回復しています。(下部から6・10の分の日記)年代は古いが50代の初めのことです。

 

こう書くと、また筋トレをやれという話だろうト、先回りをしてはいけません。本質から言うと筋トレでもユニバーサルデザインでも間に合わない……両方やって準備しても失敗する時は失敗します。

 

むろん両方やるないう話でなく出来るだけやった方がいい。いいに決まっていますが……金と時間を注ぎ込める人は注ぎ込んで下さい。注ぎこめない人は若い時に思いっきり活きて……後は諦めるしかありません。

 

●オールアバウト 吉田建 http://allabout.co.jp/gm/gc/379442/

 ●キララ文庫 過去のヒロッピー http://kirarabunko.cool.ne.jp/www/hiropee69.html

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/394232/26841850

家でこけるを参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿