« タイヤ交換3 | メイン | ウィルスソフト »

2011年7月23日 (土)

視聴率1000

Sityouritu 

他人は何に関心があり、またないか? ブログを書いていると判ってきます。書いて興味をひくのではないけれど、あまりに関心の薄い事を書いてもしょうがない。

 

その辺は書いて業務追行としている、相談員としてはパブリックコメント性、公共性が必要なのです。私のブログでの読者は毎日、およそ百です。これが先日、千を越えている。特別な事は書いてないのに……

 

で調べると、小山内美智子さんを書いた記事からのセンセーションらしい。いえ私に原因があるのでなく、小山内さんが急に高収入を得られたらしい。そういう事なら私も衝撃といわず問題さえ、起こしたい位のものですが……

 

なかなかそうも行きません。私のブログはジャンルで言いますとクルマねたと、性にからんだネタは一般に視聴率が上がります。私が一番読んで欲しいのは身障者のネタなのですが、そうも行きません。

 

一般論として身障者同士が交流しても効果は限界に来ている。健常者と交流を計らないと前途は開けない。このブログのコンセプトであり、私の生き方とも重なります。

 

ブログの書き始めでは漠然としていました。しかし年を追うごとにそれは次第に、リアリティを帯びて来ました。子供、若者、女性が、弱者が社会にとけこめない人は沢山あって、身障者だけではなくなって来た。

 

小山内さんは障害に、出来ない自分に開き直った所があります。その考え方の基本には青い芝があり、病気がCPだった。全部が正しかった訳ではないが、間違いなく先進的でした。

 

私に言わせると小山内さんの関連出版では「車椅子で夜明けのコーヒー」より「あなたは私の手になれますか」が洗練され、はるかに完成度は高い。しかし注目を浴びるのは前者の本です。

 

私のクルマねた、性関連ネタと似たような物です。クルマ関係はたまたま珍しい車種に乗っていた。情報交換企画を考えたら参加がありまして盛り上がった。

 

これは私のブログで千を超える、視聴率を取っています。参加いただいた人たちにも、いい影響が出たろうト思います。一日、千が出ても翌日、元の百にもどることはない。150とか、120とか。いい影響が出ます。

 

この時、自分で書いた分はそれほどなく、これを機にクルマ情報も書けるようになりました。(先日の「タイヤ交換3」を参照)ちょっとしたツウを気取ってる訳です。

 

性に絡めては障害と関連して、もう少し、大きな問題があるように考えています。紙の「かけはし」ではほとんど性がらみの記事は扱わなかった……考え直したいと思っています。

 小山内美智子さんに何があったか具体的な事は知りません。これを機に著作がもっと読まれるといい。一瞬の注目から、もっとよい影響に向かえばいい。思っています。

画像は連日のアクセス数グラフ。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/394232/26820824

視聴率1000を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿