« 2011年5月 | メイン | 2011年7月 »

2011年6月

2011年6月16日 (木)

パソコンの寿命

Hd PConlineが「パソコンの寿命」と題して新旧パソコンの速さ等、比較します。機能の限界、延命の処方箋は? 本体の買換えを済ませたばかりの、私は興味津々ですが、お付き合い願えますか?

詳しいデータは下記を見てもらいましょう。前回の買換えピークは2010年前後だった事実。それにハードディスクの寿命、約5年を足すと、現在が丁度、買換え期になる。ちなみに次の交換時期は5年後、2016年になりそうです。

ハードディスクの寿命にOSの寿命が重なり、つまりWin7の存在と重なって、パソコンの買換えがブーム化しています。Win7もおよそ、06年にサービスを終える。その意味では次のブームも、すでに決まっています。

「いやいや、私は今のパソコンをもっと使う」いうのは勝手ですがこの流れは、頭に入れた方がいいでしょう。故障原因の第一と言われる、ハードディスクをバックアップをして置いても、CPUやディスプレイが先に壊れる場合もある。

故障の第二原因、第三原因はCPUやディスプレイで、この両方を足すとハードディスクをやや上回る故障原因となる。Ks電気の保障が5千円で、ハードディスク価格は1万円前後、価格対比から言っても、下手な準備は割が合いません。

もっとも中古ハードディスクが5千円で入手できたら……バックアップしておく意味があるでしょうネ。しかしパソコンを開けるには封印を解かねばならず、保障を受ける際、解いた封印は問題になる……可能性としてはあります。

ディスクのバックアップもした事がある、私としてはお勧めしません。パソコンにもクルマと同じで寿命がある、時期が来たら未練を残さず乗り換えた方が現実的です。

調査によると20代女性が、起動に5分かかるパソコンを未だに使われるという……趣味の世界ですなあ。PConlineでは言及されないが古いパソコンはノイズ等が多く電磁波も多い。大変疲れるパソコンと、あまり疲れないパソコンと、分かれる。

私の場合、今のパソコンがいい。ついでに言うとガソリン車、ハイブリッド車、電気自動車でも電磁波や快適性は違うと思われる。そのことは試乗程度では判らないのではないか?

ガソリン車、クルマの保有にも、もう固執すべきでない。買換えを急げというのでは更々ありませんが、パソコンも書いたような理由で固執すべきでない……いうのが私の意見です。

チューブな政権と政治家の権力闘争の愚かしさを見ていても判りましょう。もっと賢く生きたいものです。パソコン選びやクルマ選びもさる事ながら、生き方選びが問われています。

PConline「パソコンの寿命」

http://pc.nikkeibp.co.jp/article/basic/20110309/1030682/?f=ranking

http://pc.nikkeibp.co.jp/article/basic/20110309/1030686/?P=1

2011年6月15日 (水)

プルスイッチ

Puru

プルスイッチと言うそうです。主に和室に柱や天井付近にある、蛍光灯を点け消しに下がる紐。その先に小さな小さな釣鐘の合成樹脂が付いたりする……あのスイッチです。

それが壊れて、直すよう頼まれました。本人によると40年ぶりに壊れたプルスイッチ……スイッチ名はまだ判らないので、ただのスイッチとしか言われません。

私も最初の段階で、その何とかスイッチは判りません。しかし掃除機や冷蔵庫を売っている電器屋さんに、このスイッチはありません。壊した本人はなぜか、それを知っている。そこは何だか怪しい。

では何所にあるのか、名前も判らないモノが、私たちの周りにはイロイロある。室内配線の意味での電気工事、それに使う電気部品……プルスイッチの他に壁スイッチとか、蛍光のソケットとか。

むろん室内配線専門の、その電気部品店もあります。熊本市の場合、「ハッピー電気商会」といい、県内に9店のチェーン店がある。まあ、別系列の、電気部品店もあるでしょうが。

私は店に行って問います。冒頭に書いたように、

――柱の天井付近にある、蛍光灯を点けたり消したりする、紐に小さな小さな釣鐘形の……ありませんか? ほらコレ。

実物は壁にある。フタだけ持って行きました。

店のオネエサンとオバサンの間の微妙な女性が、私の話を聞きます。ラチが開かないと聞くや、事務を取っていた年配の男性が立ち上がる。何も言わず、店のとあるコーナーに一直線に、とある商品を選び出す。

――ソ、それです。何という名前? プルスイッチ? 覚えとかないと……次に壊れる予定は知りません。その何時かに……怪しくなっている私の記憶が持つかどうか?

私は昔、配線工事をやっていて、そんな専門店も知っている……ウソです。友人が配線工事をやっていて「ハッピー電気商会」の名も友人に教わったのです。(新市街11-14 ℡096-355-7131)

それでこの画像の部品を買って来ます。後は室内のブレーカーを落として、電気配線をむいて切ってつないで間の新しいスイッチを入れ変える。ドライバーとニッパーの腕に覚えあり。

素人でも出来ない事ではないが、正しくは資格がないといけない事にはなっています。記憶に問題や腕に覚えもない人は……でも店で売ってくれる。聞けば教えてくれる。

依頼主は、部品代と別に私に千円札を出します。

――それはいりません……出来れば本当の事を教えて欲しい。スイッチが壊れたの初めてではないのでしょう?

トイレの壁スイッチが新しい。以前はトイレスイッチもプルスイッチではなかったか? 誰が直したか壁スイッチに替えてある。それは誰か、いくらだったか? それが全部判りました。

前にトイレのプルスイッチを直したのは町の電気屋さんです。プルを壁スイッチに替え、高く取っている。今はプルスイッチはなくなったと言い……ハッピー電気商会を知らなかったのか?

それとも室内配線に資格のない、私と同じ素人だったか? 経営の難しい電気店も、そういう商売内容で怪しい。まあ怪しい内容で商売の足しにしている。咎めるほどの事でもありませんが……

2011年6月13日 (月)

読んでから考えるか

Promet

新たな事態には新しいモノ、新しい対応というか。手を打つべきです。だが、その新しい何かが見つからない。ならば何か、古い手を取り合えず打ってみる……まさか、そういう事ではあるまいに。

いえ新潮社の雑誌を読んでいると同社宣伝があって、高村薫「神の火」井上ひさし「吉里吉里人」新潮文庫ですって……これは東日本震災、原発事故にむけた読書CMです。

事故・震災に不謹慎なと思います? そういう発想は古い。事故も震災も考えられない。自分は何も出来ない……なんて思わないで、古い本を手がかりに事体を考える。不謹慎も何も、むしろ今、大変のぞましい事です。

チューブの悪口をいうのは易しい。グチャグチャのココさえ攻め切れない。ソコは結局、グチャグチャを過ぎたドロドロです。事体を何とか出来るはずもない。何とかしたければ、もっと勉強する必要があります。

プロメテウスがもたらした神の火とは何だったか、知らない判らないを超えなければ、私たちもチューブと同じになってしまう。ずるいチューブを倒しうるのは私たちであって、ソコではない。

本屋に行く前に本棚に「神の火」はありました。ゴメンなさいツンドクしていました。そして付近のブックオフに吉里吉里人は何冊もありました。ナイスCM、新潮社さんありがとう。

事態を考えてから読むか、読んでから考えるか? あ、これはライバル、角川書店のキャッチコピーでしたっけ。

2011年6月12日 (日)

170枚のLD

Ld ちょっとした映画好きで映画評も時々書いています。買い集めた訳ではないのにLD、レーザーディスクが量あります。見た目の量で約100を超え200枚に近い。

枚数はいいとして、最近タイトルの記憶が怪しい。ハンフリー・ボガードで持っていたのは「アフリカの女王」だったか「カサブランカ」だったか? その記憶は曖昧なのです。

あるなら探せばいいが、探してみても見つからない場合、はて、はて? では困ります。この際、リストも作ってLD棚を整理しようと思い立ちます。数えたら全部で170枚ありました。

そのうち映画が90枚、後は音楽、美術その他になります。どちらにも属するのがカルメンとかウエストサイド物語。こういうのは把握するのは難しい。他にもアマデウスとかラウンド・ミッドナイトも、それに近いですね。

問題のボガード作品はカサブランカでした。他にも黄金や、裸足の伯爵夫人があるが「アフリカの女王」はない。一旦買って売ったか? 記憶違いでした。

好きなLD作品だけ集めたのではない。一時、ブローカーをしてて売れない、ないしは安い物は棚に残した。それで必ずしも名作ではなく、単なるヒット作品がある。

スピルバーグやキャメロン作品があります。ゴースト、ボディガード、プリティウーマンもあります。2足3文のヒット作は研究資料として残してみたのです。

名作らしいが長すぎる映画として無視された「美しき諍い女」「ワンス・タイム・イン・アメリカ」も残したまま、まだ観ていません。記憶の彼方に消えかけて、また思い出しました。

美しき諍い女はDVDでは出たのか? レンタルでは観るのが難しいかも知れません。意外だったのはアダルトが結構ありました。(笑)アダルトは売れず、見事に拒否されました。

箸にも棒にもかからないAVも2、3ありましたが、秋元ともみ、木田彩水、冴島奈緒さんといったトコロです。イブさんの「私は子猫」これは正しくはアダルトには入らないと思うが、実にキレイ。

引退記念のワンマンショーかな。音楽プロデュースがかしぶち哲郎さんですって。篠山記信、樋口可南子さんの「ドラマ」もさすがに古くならない。ただ音楽の選曲は問題あり。

ついでにDVDもリストに追加しようと思っています。名作映画大全集は百何本になるのか?

●画像は「それゆけ!! タツヲさんのよもやま日記」から借物、左がレーザー、右がCDですね。 http://tatuwo.blog32.fc2.com/blog-category-19.html

2011年6月11日 (土)

友だちの友だちは?

Tomo 友は必要か、なんて質問はヘンでしょうか? いえね、身障者には身障者の友だち、なぜ健常者の友ではいけないか。基本そもそもに疑問があるのです。

車椅子に始めて乗る身障者は、車椅子に関する情報がない。普通の健常者に聞いても判らない。福祉関係者、端的には車椅子製作者は別として、車椅子に関する情報は車椅子身障者でないと判りません。

身障者同士は、そういった身障者情報によってつながります。当り前ですね。善意を期待して同士にこだわる。ところが身障者同士もいつもいつも善意の第三者という訳には……実は行かない。

 先輩身障者は、色々いろいろ車椅子情報を出すのですが、そのウチに微妙な情報も出します。

「君の使ってる車椅子屋さんより、少し高いんだけど、ボクの知ってる車椅子屋さんの方が……」そう言い出します。

いう事を聞くと先輩身障者は機嫌がいい。だが聞かないと途端に機嫌が悪くなる。どうも車椅子屋さんから何か見返りをもらっている……そういう感じがする。

リベートはともかく、先輩が体験をタテにプレッシャーをかけて来る。用心しなければなりません。友というのは平行した横の関係、圧をかけた、かけられたの縦の関係では困ります。

友だちとは名ばかりで親分子分、殿様家来の関係に持っていかれても困りましょう? ……何、健常者間でも、それはある。どこにでもあるのではないか?おう、そう思われますか。

今日書いてる事は前々から思ってはいましたが、ネット内のある記事にヒントを得た事柄です。隠すことなく下の方にデータを出します。関心向きは読まれて下さい。

友だちが本当に必要な時というのは、実は短い。ただ困った体験が一度でもあると不安が残る。それで何時もいつも必要な気がしてくる。その不安が大きいと依存的になる。

お母さんにくっついていないと不安な子供のように、いつも誰かと同じでないと不安になるのです。健常男性でも、友だちと同じクルマに乗り、同じパソコンを使い、同じケータイにしてる人はいます。

本人は友だちと言ってますが、親分子分、殿様家来の関係に近い感じがします。むろん本人が不自由がなければ、それはそれでいい訳ですが……自由とは言えない。

人と違うクルマに乗り、違うパソコンを使い、違うケータイにして……しかも使いこなしている。不自由な人が自由になるには最終的に自立が必要で、具体的にはそういう事と、私は思います

●ママ友って必要? http://netallica.yahoo.co.jp/news/188726

2011年6月10日 (金)

Wiiでリハビリ 筋トレ篇

Kint

Wii Fit Plusを使っています。筋トレで水平ひねり、横ひねりをやると下半身の動きが短時間でよくなる。30分か1時間か、それで一日分のトレーニングにしています。

Wiiがなくても水平ひねりや横ひねりは出来る。ひねる速度やバランス、体重のかけ方、適不適の評価は自分では判りません。勘で行い悪い癖がつくと効果はなくなります。

Wiiだと即座に66点とか評価が下ります。66点と65点の違いは自分では判りませんが、大雑把には最近では高得点になっています。それで安心出来る。この部分のシステムは優れています。

寝起きでボーッとやったとして、今のがよかったか悪かったか? 不安が残らない。最高点だと、更に気分がいい。これが次回のモチベーションにもつながり、ダレや飽きにならない。

時々思うのは、FITはダイエットのプログラムとして開発されたのではなく、もともと体調管理くらいの考えがあって、それでは売れ筋ではないのでダイエットにしたのではないか。

ソフト内で出て来る話題にダイエットは皆無……どうでもいいが使っていて首を傾げる部分です。使ってみて首を傾げる。聞いただけ見ただけでは、とても理解できないゲーム機です。

折角、WiiがあるのだからFitPlus以外のソフトをとも思っています。海に潜るというシュミレーションソフトや、ミステリードラマらしいソフト、それから楽器の音楽ソフトもあるらしい。

気にはなっても今のところやってません。ネットにつないで他人と交流するシステムもあるが、波長を合わせるのは難しいでしょう。ダイエットされる方が多く、私は目的がリハビリですから。

写真鑑賞のシステムがあります。デジカメで撮ってきた写真をTVで家族と共に見るシステムで、パソコンで見るシステムなら製造会社が、すでに作っています。

クローズアップやクローズダウンさせ、さらに好きな音楽を重ねるという所が目新しく、なかなか実用的でもあります。特に好きな写真については同じ影像を2、3枚重ね入れる等、私流の活用法も考えました。

スチール写真を映画にしたようで面白い。現に写真家、タレント写真をビデオ化、DVD化した作品はあります。この写真家気分が自家製写真で楽しめます。

ただWiiでは設定や影像コントロールの方法が少なく、効果的に見せるいうには物足りない。焼き増し注文につなげたいトコロを除けば、これもオマケ機能なので文句を言ってる訳ではありません。

2011年6月 9日 (木)

デスクトップはgatewey 4

0827103161984

新しいパソコンは早い……とは言っても何も入れてなければの話です。マイクロにするかキングソフトにするか、Officeをセットで入れて、Photoshopも新しいのを入れると重たくなります。

でもまだ旧のemachinesより早い。圧倒的に早いのです。しかしそろそろ気になり、ネットの関連記事を見ます。まず、

XP、Vista、7……どれも大差ない」トいう意見があります。

それから、同じWin7も32ビット版と64ビット版がある。どっちがどうと言う人があります。私の旧Photoshopなどが使えなくなった理由はコレらしいが、未だそれ以上は理解できません。

下にアドを挙げますが、まあ微妙な表現で一般には考えなくていいかも知れません。今後は64ビットが主流になるだろうという。ここらでネット情報の収集は止めます。

これ以上は読んでも判らない。現段階でXPパソコンは少しですが在庫の店にはあります。営業で使う分は、これでいいのでしょう。ただ古いソフトやプリンターを、何時までも引っ張っても仕方がない。

古いパソコンはテクノストレスが高く、不快感が大きいのです。他人に使わせる分には自分は感じない。仕事ができれば同じと評価する人はあるでしょう。

それはVistaもXPに次ぎます。世間でいうほどは悪くない。イメージが悪い分1万円ほど、安くは買えます。ただCPU、メモリとも基本的に古く、力がなく量が出ない。

私のGatewayはWin7の64ビットでした。CORE i5はi3以下よりはいいが、すでにi7が出ている。その分が安物。メモリは4メガ、なお空きソケットがあるので増量は可能です。

I3かi5か、それともi7か? 32か64ビット版か? 2メガか4メガか? 悩ましい問題ですが考えても答えは出せない……クルマでいうと電気か?ハイブリットか? どちらを買うか?シェアウェアにするか?

それと似たような問題です。あ、まだガソリン車を選ぶ人もあります。3択になると考えられなくなるどころか頭が痛くなる。問題を拒否してしまう人って、いるみたいです。

すでにクルマが同じ問題を孕んでいるように、今後は電気製品など三択の問題は時代とともに増えると思われる。ある程度を考えて後は飛ぶ……賭けるというか。勘です。エイヤーと決めるしかない。

エイヤーであなた決められますか? 決められないのは勘が悪いんです。結果が悪いのも勘が悪い人です……そういう人は後で後悔します。しょうがない、持って生まれた勘ですから。

XPの人はWindows7買うべき?64Bit版、32Bit版の違いは何?どっちが良いの?

http://freesoft.tvbok.com/cat97/xpwindows764bit32bit.html

2011年6月 8日 (水)

精神 映画 2

Souda01映画「精神」で精神科の患者を見ていると、むろん身体障害はないが、言動は何か身障者と似ています。それはドコか、どういう部分かを探してしまう……文章にすると、こうなります。

 

あまり意識しないで見ているだけ、私は思います。写真の人もそうですが、だいたい太っています。私自身はそうでもないが、身障者はヤセてるか、太ってるか。両極端になる傾向があります。

 

ここだけ指摘すると科学的ではない。身障の現実はプレッシャーになるのです。足を使わないように生きるのは難しいが、たとえば右手を使わないように時間を送ると、右手だけ使わないでいると。

 

30分、1時間を過ごすのが大変です。試しに目を使わない、あるいは耳にイアホンを挿したまま外に出かける。それでも同じ様な圧力、プレッシャーになります。

 

道の真ん中で大声を出したいような衝動が起こります。そうして感じた衝動が発散欲求です……イアホンを耳から外して下さい。むろん健常者にも圧はあり、何にでもプレッシャーはある。

 

身障者の感じる圧は、少し高いだけかもしれません。思うようには行かない現実は、誰でも同じではあるが、それを感じ易い人やストレスには比較的強い人、個人差があるかも知れません。

 

ストレスに晒されると食えなくなる人と、食べ過ぎる人とある。今の西日本には食べ物は豊富にあって比較的安い。東日本ではそうは行きません。そうすると太った人が多くなります。

 

食べてストレス解消するのが手ッ取り早い。私は水泳に出かけます。太ると腰が痛み、膝が痛む。体重と体調の因果関係が明瞭に見える。やたらとは食わない。ストレスがない訳ではないのです。

 

先日ひょっこり、同級生の友人に会いました。友人は同級ですから同じくらいの年齢です。それが妙な事をいう。最初は意味が判りません。私が大昔に出した本にサインを入れてくれろと言う。

 

話を詳しく聞くと、給料取りとしてはソコソコの給料を取って来たが、定年になりそれも終わった。ひるがえって見ると自分には地位も名誉も何も残らない。終わって見るとただ寂しいばかりである。

 

判り易くいうとそういう心境らしい。それで私に対し風変わりな嫌味という行動に出た。すわれば想いばかりが過ぎ、動けば無念ばかりが過ぎる。誰に当たる事も出来ない、悔しいと友人は言います。

 

誰も思うようには生きられない。60才の思いは取り返しのつかない焦りとなっている。もし自分が身障者でなかったら、もし自分が患者でなかったら……もし自分が60才の務め人でなかったら……

 

そういう思いが人を食欲に駆り立てる。また別な人を性欲に駆り立てます。地位欲や名誉欲、有名になりたい有名欲もある。それはプレッシャー、圧力になりストレスになる。10代も60代もその辺りの苦悩に大差はないのかもしれません。

●画像は想田和弘監督

2011年6月 7日 (火)

精神 映画

Seisin_5精神科病院を舞台にしたドキュメンタリー映画です。これが主演者の名前が本名なのかは知りませんが、モザイクもなく顔を隠さず出られる。病気がうつ病中心で、比較的軽いからではありますが、まあ驚きです。

 

想田和弘監督は前作もドキュメンタリーで、「精神」は2年くらいで撮られた。映画の成り立ちは、山本昌知医師は70前後に見えるが、個人病院の医師です。まず医師が撮影を許可します。

 

山本病院は普通二階家を買取って病院とした、外から見ると病院には見えない。山本医師は定年後、営利を目的にしない病院を開き、患者はもっとオープンであるべきと考える……で映画に自分も出られる。

 

患者本人がいいなら撮ってかまわない……そういう意見です。そうはいっても、ほとんどの患者が断る中で出ていい。ないしは出たい患者が表れます。観る側としては、なぜ出たいか出てもいい思うのか? それが疑問になります。

 

匿名にしたいのは身障者もそうで、私が何か書く時も同じ問題は出てきます。書かれる人も実は誰でも、書かれたい半分と書いては困る半分です。どっちか片方いうことはない。

 

ただ家族の意向があり、家族の迷惑を考えて出ない方に意思がまとまる。クローズいうか閉じる訳です。自分を閉じるのはコモルという事で、自分の内に圧が生じる。

 

圧はプレッシャーな訳です。他人に言えない事を抱える、それを自覚するだけで圧力になります。話せば何でもない事がストレスになる。精神が病むという事は、精神がストレスを抱える……ほぼ同義語になります。

 

医学的にはもう少しあると思うが……この過程は身障者も同じです。身障者は身体障害をまず、どうにかしなければならず、障害によって生まれるストレスも解消しなければなりません。

 

二重にどうにかしなければならない。そこは身障者が観てもよく判る。一般に観てもよく判る映画に仕上がっています。一人の患者さんが居る……その状況があって、それと別な状況もある。

 

別な患者さんがいるいう事です。最初の患者さんとある意味で似ていて、同じではないもう一つの状況がある。それは劇映画のように判り易くない登場人物で、受け入れは簡単ではないです。しかも登場人物は多い。

 

数人ではない人の外側を大雑把に理解し、その上でもっと細かい理解が必要になる。その辺りから混乱も生まれ易い。最低限でも2回は観ないと……ちょっと大変な映画になりますか?

 

ツタヤで普通に貸し出しています。レンタルDVDも営業がキビシい状況になって、こういう映画がいつまで観られるのか?……いや、みんなに観て欲しい映画の一本です。

 

●カメラを前に躁状態の患者は、監督の口調をマネてはしゃぐ。

2011年6月 6日 (月)

豊田事件とマルチ~嫉妬の時代~岸田秀

1637c66e

豊田商事事件というのは随分前の事になります。あれがマルチ商法の類型になって、今になお長い影を落としている。岸田秀さんによると永野一男は資本主義を深く理解しているという。

永野一男というのは豊田商事発起人の一人です。豊田商法はたとえば、セールスウーマンが一人暮らしの老人のところに行き、掃除、洗濯、炊事を行い……一晩寝て行った例もある。

つまり家族のように振る舞い、親しくなって純金を買わせる。金を買わせてその金を預かる。預かり書は出しますが、元の純金は絶対に返してくれない。その後、家族や友達を紹介をさせる。

寂しい老人はセールスウーマンと一緒になって親戚や友人に、金を買わせる。それは毎日、毎日が楽しいショーのように展開します……私はマルチには無縁ですが、催眠商法、ハイハイ教室には行った事がある。

コシヒカリ1袋が百円というのに誘われます。セールスウーマンではないが担当の話をみんなで一時間も聞く。あれは洗脳です。米の次はパン、パンの次は醤油を百円でくれる。

誘ってくれた友人を「ちゃん」付けで呼ぶ。親しくなったような気になる。セールスウーマンとも親しく話す。よそから来ている人とも話す……寂しい人にはたまらない。寂しくない老人は少なく、フレンドリーな雰囲気に、ほとんどの人がハマります。

岸田秀さんは家族の仲、友人間が薄くなった現実と、金と紙幣の関係や資本主義のからみから、自立できない。寂しい日本人に迫っています。身障者も障害を抱えたいう意味で、家族からは離れています。

ニュースにもなったので書いて、いいでしょう。聴覚障害者がマルチにかかって聴覚協会ぐるみでやられてしまった。原因はセールスウーマンに聴覚の弟がいて、手話に堪能だったとニュースに出てました。

協会ぐるみでないが、単に障害者という事でも似たような事はあると思われる。私もハイハイ教室は、友人関係から誘われました。米はともかくパンは好みがあって、コーヒーも提供がなくて、そういう訳ですぐ行かなくなりました。

私も個人が確立している訳ではありません。確かに資本主義の自由社会は、岸田さんのいうように人を寂しくする。何かの会に入るのも良し悪しで、聴覚協会はマルチにヤラれています。今更、社会主義というのも解決にならない。

頼りにならない自分を磨いて、その自分を頼りにする他はない。否定的にいうと、それが自由という事の意味です。家族や友人と違う、自己に目覚め自己を生きる。自由はそういうと楽しい。しかし責任を伴う……そういうとまた、否定的になる。

人が家族や宗教から遠ざかり、個人を生きるようになったのは世界的な傾向です。人は自由になった分、寂しく孤独になっていった。それは身障者の境遇とも重なるところがあります。

自由つまり資本主義の裏表を永野は看破していた。それで永野は豊田商事を宗教法人として登録し、マルチを宗教として展開させようとします。天下一家の会……その跡が熊本にあります。

自分が宛てにならないと判れば新興宗教にコるのもパターンといえばパターンです。しかし永野の夢想を実行したのは、また別な人、事件には別な発起人もいた。

豊田商事は有罪判決を受けても、同じような事件が起こる。極端なことを言えば被害者が加害者になる。つまり原因はなくならず、次の被害者を生む構造は残る、そういう事になります。

●映像は物を売れる時の利益図。マルチで生まれるの利益構造と似ている。