« 2011年4月 | メイン | 2011年6月 »

2011年5月

2011年5月31日 (火)

横浜家系ラーメン「とら家」

Toraya

横浜家系ラーメン「とら家」が一周年イベントというので行きました。「こむらさき」ないしは黒亭、味千、桂花の……いわゆる熊本ラーメンではありません。

しかし豚骨スープには違いなく、その辺はやはり意識されている。醤油豚骨と塩豚骨の2バージョンのスープがある。スープの味そのものは水準をクリアされていて文句はありません。

出てきた時の熱が足りない。冷めて出てくる感じがある。まあ梅雨前の寒くもない時期ですから、配慮されたのなら失礼さまです。私の感覚からはヌルかった。

麺は太麺が得意らしく、うどん状というか並外れて太く、パスタのようにコシというか硬さがある。その事自体はいいのだが、何か主張につながっているとは思えない……水準は行っている。しかしネライが見えない。だから首をかしげます。

新進は何か主張がないと老舗に負ける。横浜のブランドや、風変わりというだけでもダメ。トッピングはチャーシュウ、ホウレン草にウズラの卵……価格は通常抑え目600円だそうです。

●映像はフリーペーパー「スパイス」から。http://spice.kumanichi.com/

2011年5月30日 (月)

水の健康学 藤田紘一郎

Mizu

水による健康学が出ています。何にでも効く怪しい健康法ではない、あの藤田紘一郎氏による健康学です。人の体重の6割が水という指摘から始まって、水は命の出発点という表現に私は反対しません。

その水に種類があるという……アルカリイオン水、スポーツドリンク、ミネラルウォーター、海洋深層水、セラミック処理水……それぞれに適性、向き不向きがあるという。

そうは書いてないが、医食同源が食による健康の源をいうなら水を種類で飲み分ける事で、健康状態を維持する。あるいは悪い状態を脱する事もアリでしょう。つまり医水同源ですな。

この本の最初に書かれるレシピの1は、老化防止。それはアルカリイオン水を一日にコップ5杯。目覚め、朝、昼、夕方、寝る前に分けて1杯づつ飲めというもの。

これを実行するとすれば、お茶はその間にしか飲めない。全く飲めない訳ではないが、まあ、いつもの半分も飲めない事になる。私の好物コーヒーに置き変えても、ほぼ同じ状況です……つまり長生きしたい人はコーヒー飲むないう事です。

幸か不幸か、私は長生きしたいとは思いません。それにしても好きなコーヒーが飲めないのはちょっと困る。いえコーヒー豆の値上がりが言われる中では、経済に限っては歓迎でしょうか。

去年の夏には熱中症が流行。高齢者にはスポーツドリンクが勧められました。ポカリスエットを子供や孫に勧められ、老人たちはありがたく押し頂いたが、あまり素直に飲まなかった。

ポカリをしまい込み、飲まない。それでいつものお茶を飲みました。だから室内にあって熱に当たり倒れる老人が相次いだ。お茶ではダメ、ポカリでなければならない理由が納得いただけませんでした。

でもあれ、どうなのでしょうか? それほど意識的にポカリを飲まなかった訳ではないにしても、薄々は気がついていて半ばは意識的な……お茶ではなかったのか? 私などはつい思ってしまう。

本のレシピの13に、ゴルフ中の脳梗塞への対処があります。熱中症への予防がこれに似ている。ゴルフプレー前にはアルカリイオン水を1杯。プレー中と後にはスポーツドリンクをコップ1杯づつ、2回くらい合計5杯も飲めとあります。

これを我慢し、後でビールとの考えは脳梗塞を呼ぶ。この辺の対処が熱中症への気持ちと重なる。渇きを満たしたい思いと満たさず放置したい感触が裏腹のような……ねえ。

寝起きの悪い人にはミネラルウォーターといった例はありますが、全体にはアルカリイオン水の多用が目立つ。私はマックスバリューでもらって来ればいいが……19のレシピのうち、私に適用できそうなレシピは見当たりません。

とりあえず私は、飲みたいモノを飲めばいい事になる。しかし一般論としては、飲みたいと飲んでいいが、違う時代になった。つまり飲みたくなくても飲まなければならない。

飲みたいモノと飲んでいいモノも、健康を考える上からは違う。あなたの事はあなたが一番知らない。気がつくのは遅い、間に合えばいいが、判断がついた時は手遅れ……そういう時代でしょうか?

2011年5月29日 (日)

デスクトップはゲートウェイ 2

Top

パソコンがなければ情報が取れません。そのパソコンが壊れ、次を買う訳ですから情報収集の神通力は、そもそも使えない。同じgateweyにするにしろ、J電器かK電器で買うかは微妙に違う。

「今は大抵どこでも5年保障しますよ……昔はB電器では3年保障でした。確かに、私いましたもん……そのB電器に」とプロの店員までが言うのです。高いパソコンを買うなら店員のいう通りです。

しかし故障を前提に買う場合は同じではない。昔ですがK電器が有利と言われた記憶があります。確かめる事は出来ません……それにしても私にはK電器が近い。その単純な理由でK電器を選んだのが……どうやら功を奏します。

方法はいくらもある。Gateweyサービスに電話をかけ、宅配で取りに来させる手も、身障者ならあり。有利かも知れません。K電器でいったん修理を願い出て、本体以外を持ち帰り、取説を読みます。

それで機械のWinが悪評のVISTAらしいと判る……とするならVISTAから7へ、アップグレードは幾らかかるか? 昨日も書いた上級機はWinは何だったか? その辺が微妙でしょう?……かけ引きというか調整は難しいのです。

更に日を改め、K電器に行き質問します。「Winのアップグレードは12800円です。一万円強高い上級機にはWin7が入っています」というのがK電器の答になります。両者ほぼ同じになるのですね。

――(苦笑いの後)先日は上級機に変えないかト提案されました。今から変える事は出来ないでしょうねえ?

K電器は少し考えて「いいですよ!」

Winも違うのだが本体性能も新しい、つまり高速化などの可能性が高いト私は反射的に思います。ついでながらGateweyには、KINGSOFTのOffice2010や、バックアップを作るのに必要なDVD-Rも欲しい。K電器ではそっけない。

J電器では両方を優待しています。K電器ではしてない。金額がJより安いので仕方がないかも知れません。まあ安物は何かと不便がついて回る……富士通やNECなら便利か? それもまた違う気はします。

持って回りましたが私が最終的に買ったGateweyパソコンは予想以上に速く、音や画面の作りもキレイでした。意外な事に先月店頭に出たばかりの商品とも判ります。やっぱり光はいらず、画像処理も出来るかと言うと……

それはまた別な話になります。正体というか、すでに怪しいところはある訳で、もう少し使ってみなければ判らない。今のところは情報収集と同時に勘のようなモノも大事でしょうかねえ?

●2チャンネルによると「ケーズデンキ5年保証・・加入料は購入金額の5%で最低5,000円、何度でも無料で修理が受けられる。修理が不可能な場合は代替品が提供される。

上新電機3年/5年保証・加入料は購入金額の5%、修理代金の合計が購入金額に達するまで、             3年保証は無料で5年保証は1回1万円で修理が受けられる。」とあります。これは正確でも最新情報でもなく、内容は年を追って変わってもいるでしょう

●同じく2チャンネルによると。SX2860先月に出た新製品で\ 54,800という。Gatewey社旧製品に比べCPUが新しく、メモリ量も増える。 なのに旧製品との価格差は5000円で割安……グラボの追加ないし変更が出来ないか、ゲーム用(?)に注目となる。ゲームはしないが、どうやら私はうまくやったらしい。

2011年5月28日 (土)

デスクトップはゲートウェイ

Images9 パソコンはなぜ壊れるか? 私のはハードディスクらしい、詳しくは判りません。eMachinesのパソコンは5年強を使いました。怪しい気配も何もイキナリ壊れ、私には対策がない。

eMachinesの前のパソコンが3年強で、比べると長寿か? 同じ系列で買おうと思う。最低限ソフトが入っているだけ、つまり安物が希望です。安ければ安いほど……そこまでは?

eMachinesやGatewayは外国系という話で、さらに安い中国製もある。だが近所の電器店にはない。通販ならもっと安いのを買ったのですが、それほどの差は……と高をくくってGatewayの最安値を電器店で買う事にします。4万円弱。

K電気です。B電気にも行きましたが同じ製品がやや高い。理由は場所がいいからでしょ。Y電気には富士通、ソニーかNECが目に浮かぶから行かなかったのです。でもヒューレットがあるかも?

――ゲートウェイでもイーマシンでも同じでしょ?

(笑)店員への大雑把な質問です。答えがないかと思うとありました。

「……合併しましたからね。同じですね」

実はeMachinesよりGatewayの方がちょっとカッコつけてる。それに驚くほど静か。価格の割には高性能の部分はeMachinesと同じです。ただねえ……トラブル率は高いと思いますよ。

「ネット環境は光ですか? この際、光にすると2万円安くなります」

――ADSLだけど光にはしません。前に光にした事はあるが変化はなかった。自宅からNTT本社が近い為です。

「……羨ましい! ウチは光が来てないのです」同じ事を言っている人はいる。

「ン、これとこれなら、こっちにしませんか? こっちがうんと早いですよ。価格差は1万強で5万円丁度です」

結果から申し上げて、そっちにして置けばよかったのです。後で気がつくのですが4万弱の安物はWINVistaなの。

家に帰ってスイッチを入れると初期不良。文字化けならぬ絵化け、怪しいと思う間もなくフリーズ。リセットしたら真っ暗、字も出ないんだもん。ネットの評判はeMachines、Gatewayには多いんですって……そりゃないよ。

ちなみにeMachinesの時はメモリ交換から始まってイロイロ、イロイロ……あそこは交換のメモリを封筒で送って来て「何日までに古いメモリを送り返せ」いうの。仕方がないから自分で箱を開けて、従うしかない。

むろん送り返す前にメモリ全部を試着します。この体験はメモリ増設時に役に立つ……後でハードディスクにゴムをはさんで静寂化とか。いじるクルマ同様、いじるパソコンの始まりになりました。つまり経験者用パソコンです。

価格COMで読むと、他にもそういう人は珍しくない。故障はあっても評判が悪くならないのは、いらないソフトが入ってなくて安いからです……それも大した経験ではない、いきなり絵が出なくなればビビります。

青くなって夜の中、閉店間近のK電機に行きました。この続きは明日にでも、ご期待ください。バカだよ(笑)

2011年5月26日 (木)

こんな夜中にバナナかよ 3

なぜ介護するか? 健常者の介護する側からの疑問なら、答えを作るのはた易い。誰にも少しくらいは余裕はあり、それは自分を将来に向ける……学習になる訳ですから、まあ、タマタマの介護でもいい訳です。

しかし、なぜ介護されるか? してもらえるか。その理由は難しい。他人の時間を自分に割いてもらえる理由は簡単には見つからない。考えれば考えるほど合理的な答えは袋小路に入って行く。

健常な介護側が、自分を優先させることはあるか? 主力ボラである遠藤貴子は前に知り合っていたいた男性と急激に親しくなる。結婚を決めます。その2週間後に、遠藤にはカナダが行き決まる。

人生には何があるか判らず、自分を最優先にしなければならない時もあります。遠藤は自分の代りのボラを紹介はしますが、来たのはあくまで新人、シカノ介護の体制主力には急にはなりません。

それでなくともカツカツの介護体制は、遠藤の行動からガタガタと崩れます。介護体制を作った主人はシカノ本人、私はそのような印象を受けていましたが、主体は介護する側に大きくあったようです。

「生きる」が口癖のシカノは「死にたい」と口走るまでに追込まれる。生きられない者が生きていこうというのは、ある意味ではゼイタクであり言わばワガママなのだろう。いや生きるをワガママとは表現しない。

鹿野はクリスチャンであり、今はともかく最初の介護体制を組んだのは信徒会でした。鹿野のが妻と離婚に至る理由は、言ってしまえばシカノの介護男性との恋愛です。妻のワガママもこういう場合ワガママとは言わない。

シカノが介護される王様のように見える時も、そう見えるだけで実際には不安に怯える日々を送っている……ことになります。生きるという口癖には、死にたいという内心の表現が含まれるんですね。

介護体制の崩壊とまで行かないにしても、常時、介護で問題になるのはシカノのワガママです。本のタイトル意味もそこにあります。介護を維持するのは健常の介護者たちであり、介護されるシカノではない。

どう表現するか、言葉の問題,で主客を変えるのは易いのですが、私が考えるのは実相というような事です。ある意味でなら結婚する遠藤だって困っている訳ですが、本当に困るシカノの困り方とは比較にもならない。

シカノと遠藤の現実にどう名前をつけてみた所で、対等にはならないのです。全く同じにならない言う意味です……そう考えないと本の意味は通りません。そして本に終りが書かれます。

病院で危篤に陥ったシカノは、その直前に介護者たちを解放します。すると結婚を決めた遠藤が振り返る事なくカナダに向かうように、介護者達もそれぞれの人生に向かうのです。

まあ、タマタマの介護という訳です。シカノは若い頃にタバコを吸う習慣があって今はタン取りが苦しい。それでも時々、今もタバコを吸います……ですから本のタイトルは「それでも今だにタバコかよ」でもいい事になる。

少し座りが悪いタイトルですが、シカノに寄せる介護者たちの好意を裏返しの表現にしたことになる。介護という人間関係に限らず、一般的な関係にもこういう事は含まれる。

これで一応、私はこの本の眼目の部分にコメントした事になります。もう少し引用、考えたい部分が残るような気もしますが、これはまれに見る名作でしたねえ。

2011年5月17日 (火)

パソコン故障につき

2011年5月 9日 (月)

縁談の相談

Tora3 とあるFM番組を聞くともなく聞いているト、結婚相談の依頼が入っています。36才の娘にやっと相手がと思えば24才の男である。親としては相手の男が子供に過ぎ、とてもではないが気に入らない。父親が特に、この結婚には反対という。

最近よくある話であります。当の娘さんはというと、当然判っていて何とか男を教育し育てたい……お母さんにそう言っているという。相談された番組のキャラクターが去年の龍馬伝の福山雅治さん……私は笑います。

実は最近、主導権が女性にありまして、恋愛の前半、恋の部分では男の立ち入る隙がない。そうするというと勢い、こういう事になります。36才まで女性はキャリアかなんか磨かれていたのでありましょう。

焦燥として周囲を見回すと目に止まるのが、自分の精神年齢に対応する男という訳であります。そういう意味では特別ではない……何才か女性が上いう事は珍しくないのです。依頼主のお母さんも判っておられる。

ただ12才年下いうのに、ため息が深い……反対するのは容易いが、36の娘に次ぎの相手が出来るのは? 高齢出産の心配がある。あまり、とやかく言う余裕もないのであります。身障者のお相手いうのも、その意味で同じであります。

世の半分は男であり女性なのですが、まず恋愛対象に見えない。男が白い馬に乗っていないからでありますな。言語障害でもあった日にゃ、コミュニケーションが取り辛い。そもそもの難関という事になります。

お互いの情報と情報を付き合わせ、微妙な食い違いを見つけるいう所にロマンチックがある訳ですが……そこまで行くのも、とてもとても。健常者さえも上記のように、サラリーマンは社内恋愛、手を広げても取引相手の会社いう事になります。

小山内さんのお相手も介護の学生だった。これが少し前は「施設の職員と出来た」いうのがせいぜいで、周囲が閉塞していて相手がなかったのです。閉塞状況が健常者といえど変わらなくなったのです。

重度身障者は介護を通して知り合う異性以外、異性がない。それはサラリーマンが社内恋愛しかなく、結活にはせっせとゴウコンするしかないのに似ています。恋愛の後半、つまり愛とは結婚生活という事になります。

結婚は約束です。お互い、不倫は止めとこう。違う異性は気になるが そういう事です。約束とは言っても前の約束ですから、シブシブ守るだけです。それは状況が許せば小山内さん所のようになります。

恋愛の前半に重きを置かれ、後半に目をつぶる方もあれば、後半に重きを置かれ前半に目をつぶる形もあります。前半後半、両方立てたがそれは一番いいでしょうが、するとますます成立しなくなります。

離婚したい離婚したい言う身障者も、むろんあります。金銭にシバリがあるのか、口だけで決定的な関係に至らないのか。そこまで私は知りません。……一般に言えるのは年上の相手のいる人は、やがて年下相手が気になるようになる。年下相手のいる人はやがて年上相手が気になる。

一般にそうです。また年下とマニアックになられる方も、無論あります。相談依頼の方の娘さんはどちらに属されるか……私はひとりもので、とんと判りません。福山さんの結論は? 離婚前提で結婚するのも、いいのではないかト……やはり、笑いますなあ。

2011年5月 8日 (日)

県立美術館「障害のある方の鑑賞デー」

Kansyo425

県立美術館のN様、先だってお願いした写真をお送りいただき有難うございます。メールからの礼状も考えたのですが、写真をどう使っているのか、ご心配もあるかと思い、その辺を明らかにと……ここに公開のお礼としたいト思います。

4月25日月曜日は、朝からあまり天気がよくない日でしたか? 入りが悪いと知り合いの係と話しておりました。そこに理髪業の方々が団体で入られ、結果としてはそこそこの入場者でした。聴覚の方は理髪をされる方が多いのは、私は知りませんでした。

県立美術館「障害のある方の鑑賞デー」のことは、このブログには10年4月21日に出しています。この時は写真は、私が自分で撮っています。この時は写真の参加者のすべてでした……天気が悪くて入りが悪かった……企画側は参加が一人でも多いようト期待される。

参加する側は、気楽なもんです。この日は通りかかられた館長にアピールして、私は撮影許可を取っています。それで来場者の顔を撮らない。なるべく作品も撮らない言うような内容での許可を願いました。

実際にはこのように顔の写った写真も撮りまして、これは反射的に撮ったので意図的ではないです。他のはNさんが撮られたような、客の顔のないのでした。帰って比較すると、当り前ですが顔写ってる方がいいのです。

それで悩みまして、顔を判らないようにソフトにかけて顔をツブしました。露骨にツブすと感じが悪い。ツブしたのが判らない程度にツブシています。

こういう企画はやはり、出来るだけ沢山の人に来てほしい。ある程度は出して見せた方が、行かなかった人が行きたくなって来る。気楽な私も、そういう風には考えます。

きっとNさんと同じと思います。観る側と観せる側が楽しんで企画を次ぎにつなげられたら……そういう思いで記事を書き、写真を選びました。そうするとこういう感じになりました。

……いけません。「永青文庫の至宝」について、私はまだ書いておりません。永青文庫の永青の意味を、私はつかみかねてます。細川家情報記録とは判りますが、どういう観点からの「情報収集せよ」指定はなかったように思っています。

細川家に残っている写真は、どの代も成人式には撮れとか指定がない……ないらしい。それで写真が好きな人は沢山撮っていて、好きでない人は嫌そうな顔で写っておられる。私たちカメラマンも差し障りのない映像とは思いますが、障りのない映像が必ずしもよい写真とは……

……かもしれませんよね。同じような事は他にもあります。細川家では茶の道具として、茶碗より茶壷に関心を持たれた。それがなぜなのか、これも記録はないらしい。先代がそうだったから自分も……それでたまたま茶壷がいくつか集まったいう事らしいです。

観客の中にはお茶の道具は「やっぱり茶碗よ」いう人があるかもしれません。「よく茶壷を集めた、さすが細川家」いう人もあるかもしれません。その辺り解釈は自由でよいようです。

自由な解釈いうことでは個人的には私、絵巻に関心で、このブログで5月1日に「通過儀礼~細川家、永青文庫から~」というのを書いています。お暇な時でもありましたら、ブログと絵巻をお見比べください。

写真はありがとうございました。また行きますので、お会いできたら、またお願いするかも知れません。この後、この「かけはし」は紙版を出します。そちらにも載せると思います。これも、よろしくお含み置き下さいますよう。

hataでした。

2011年5月 7日 (土)

ALWAYS/続・三丁目の夕日

Zoku32 本作にはさらに続編、つまり3作目があるらしい。1作目は手放しの郷愁で面白かったのです。この続編は、手放しの郷愁いうには違和感があります。1作目ほどの率直には、もう戻れれない。仕方ない事ではありますが……

……ト書いてきて、それと全く別な要素が加わります。以上のような感じに震災後という、別な感慨が加わります。そういえば何事にも震災の事実が影を落します。過去と郷愁に全てを置こうとする、このシリーズには特に大きな影を落します。

誰も、どんな小さな過去といえど取り戻すことは出来ない。過ぎてしまえば時間は帰らない……時間にからむ人も記憶も、行為も言葉も思いも悲しみも、完全消滅するわけではない。ないのだがリアルに確かでは、なくなってしまう。

古い玩具や昔の記念物にプレミアムがついて、とんでもない価格で取引される時がある。この映画自体にも正編に比べると1,5倍ほどの予算をかけたといいます。映画によせる思いも深まった……そこまでは言えないがそれに近い。

若かった時間は大きな意味を持ち……子供の時間はもっと大きな意味を持ちます。たとえば茶川とヒロミの恋の結末より、中川と六子の恋の結末に引力がある。中川武雄は今回から登場する堀北さんの相手役、浅利陽介さんの役柄です。

若い男優として抜群の感性があって、浅利さんは微妙な陰を上手く表現します。あの堀北さんが今回、食われ気味です。そういう意味では鈴木家に預けられる娘美香と、一人息子一平との間も微妙に表現されてしかるべき……だが、これは成功しているか?

淳之介君が茶川に引き取られ、茶川に懐いてるのに実家から取りに来る設定……これは今回色が褪せたため、鈴木家に預けられる美香を設定した。ところが美香は正編の淳之介ほど切なくない。美香の設定に一番よく出たのですが、みんな、それぞれ豊かになっている。

日本という共同体から、夕日町という共同体から、一人ひとりが自立して自分を生きるようになった。生きられないとすれば自分の力が足りない。煎じ詰めればそうですから……それで昔のように切なくないのです。

TVがデジタル化しても、昔のように一家で同じ番組を見ることはないでしょう。局が増える分、家族の各自が好きな局を探す。好きな番組に出会ういう事です。淋しいからお互いが、それぞれに依存しあった昔から、力を得て今は離れようとする。そういう事であります。

ALWAYS三丁目の夕日の3作目がどうなるか。もちろん判らないが、大筋はこのように読めてしまう……震災は震災前と震災後を大きく分けてしまいました。震災があったから、みんな一緒に帰る訳ではない。

日本は暫くの間、少し不自由にはなります。だけど各自の考えを元に、各自が自由に生きていく、そこの方針は変りません。各自の自由はシリーズ3作目にも影響します。無批判に昔が懐かしいなんて言えなくなった……ト私は思います。

2011年5月 6日 (金)

Wiiでリハビリ マイ・メニュー

Fittb

S子さん、見てますか。フィットプラスの経過リポートです。ご存知のようにフィットプラスはダイエットプログラムの管理ソフトで生年年月日から身長体重を登録して使い始めます。

食事欄や何やかやあるようですが私はあまり書き込んでません。身長体重からBMIを割出し、スイッチを入れると冒頭で度に報告して来ます。マメというかウルさいというか、意識させすぎでしょう? その辺にハマる人はハマる訳です。

いわば総合的に管理する。管理化した自分を感じ、管理に忠実になるいうのか、それは好きではない傾向に、私はあるようです。登録されたバーチャルな自分を、ソフトで管理する。アニメ化したキャラクターの自分です。

リモコンやバランスボードで、アニメの私を鍛えるのであり、私を直接鍛える訳ではない……ような気がしてくる。私の場合、ダイエットの必要はなく、リハビリする必要があります。しかし、手続きは変わりません。

試みに肩こりの症状を申告してみます。そして「お任せプログラム」を組ませてみると、筋トレでは「水平ひねり横ひねり」を処方してきます。ヨガでは「やしの木のポーズ」を勧め、スポーツゲームでは「ジャグリング」を推奨します。

仕事中にも「手を休めて肩を動かすように」アドバイスをしてくる。ただ内容は毎回同じで、前回も言っただろう……突っ込みを入れたくなります。DOKOMOのケータイに、渡辺謙さんが家来のように付いて来るCMがあります。

半透明のバーチャル・インストラクターが専任コーチのように口を入れて来る感覚は、あのCMに似ていない事もない。よく出来ていると評価しない訳にはいきません。折角なら最近人気の、あの女優でコーチ・キャラクターを作って欲しいのですが……

それは兎も角、矛盾するプログラムを組みたがる人はあるのかもしれません。肩こりに悩みながらジャグリングよりはゴルフがしたい……私? それは私だろうって? いえいえ、私はどちらかと言うとボクシングがしたい。

「不完全燃焼だったな」あの決めセリフが聞きたい。

●Wiiでリハビリは4・6に1回目、4・23に2回目、4・30に3回目を、それぞれ出しています。もう1、2回はケイゾクしたいと思いますので、よろしく。