« 2010年12月 | メイン | 2011年2月 »

2011年1月

2011年1月31日 (月)

ダンベル、ハンドクリップ

Photo

握力を鍛える器具をハンドクリップと言います。今時、これは百円ショップ、ダイソーにもあるがダイソーの物では男には足りない。バネに当たる部分が弱くて、女性用か身障者用にしかなりません。

仕方なくスポーツ用品店に行くと結構な値段します。3千円というのもあります。ダンベル価格についても、ほぼ同じ事が言えます。0.5キロの物はダイソーにもあるが、もう少し重くないと物の役には立たない。

プラスチック容器で中に水か、砂を入れる形式の物でもいいのですが、嵩張るので使いにくくはなります。買えば効くだろうとは思うが、どの程度きくか判らない。買ってみないと判らない。そういう出費をする人としない人があります。

私は流行の物に関して批判的な所があって、マッサージ器とかロデオマシーンとか、その手の機械には引っかかりません。しかしトレーニングに通うようになると、ダンベルとかハンドクリップに関心がいきます。

これらの道具を、ハードオフではないオフハウスで仕入れて来ました。ハンドクリップはペアで百円、二組買いました。ただ一組は固すぎたようです。ダンベルは元々4キロをペアで持っていて、3キロを買い足しました。価格はペアで315円。

ダンベルについては「ダンベル・エクササイズ」という教則本もブックオフで衝動買いします。百円では衝動買いとは言わないか? オフハウス、ブックオフという場所も場所で、出た物買いとでも言いましょうか?

この先は下りません。ダンベルを下見した時、3キロと認識して……下見ですから買わないで帰ります。「ダンベル・エクササイズ」教則本で3キロが需要の多いサイズと確認します。

再びオフハウスに行くとダンベルサイズは4キロです。3キロではなかったか? あてが違って妙な気がします。それでまた、当然と言うか買わずに帰るのです。

その次にたまたま行った時に、またダンベルを見て今度は3キロにもどっています。また妙な気がします。3から4に化けるダンベル……妙は妙でも、これは何かあると思い店員に聞きます。

ダンベルは別々に3キロと4キロがあるのです。オーナーがダンベルに興味を持っていて、3キロの方を自宅に持ち帰り、その次に4キロの方を持ち帰ったりして、店にはいつも、どちらか片方しかない。

私から見るとひとつのダンベルがある日は3キロになり、別な日には4キロになったりト……そういう状況でした。買った後は、読書本を見ながら3キロで遊んだり、ビデオを見ながら4キロで遊んだりしています。

●映像は無断借用、コメントの付け方が判りません。

2011年1月30日 (日)

七瀬ふたたび ドラマ

NanaseNHKドラマ蓮佛版をDVDで見ます。このドラマ中に未知能力の開発というテーマがあって、能力に否定的な人物と肯定的な人物が分かれます。私は最近、俳句作りを開発された体験があって、思い出し、再見したくなります。

 

今ここに居る意味、自分を生きる決意。仲間を得ることの喜び、失うことの悲しみ。「七瀬ふたたび」に描かれるのは親との決別、人の出会いと別れ……それは青春期の周囲との関係を意味します。

 

主人公七瀬はテレパスで、超能力で人と通信する力を持ちます。ドラマの中では超能力とは言わず、未知能力と言います。子供同士の付き合いは単純で、あまり言葉や声を使わずに、反射的に友達の意図や行動を理解しました。

 

多感な時期に私も、親友が来ることが予感で判った事があります。今のように電話の普及のない時期でした。予感と大袈裟に言える物ではなく、単に体験からの類推に過ぎないのかも知れません。

 

昼近くになって家族からコンセントプラグを買って来るよう頼まれます。私は昼からは友だちが来そうな気がするので「行きたくない」と言います。

「来そうってあんたたち、男同士で恋人みたいよ。気持ち悪いねえ……そういわれれば、そんな気がしてきた。じゃあ、私が行くから。あんたが留守番ね」そういう話になっていました。

 

七瀬と瑠璃の間もそういう親友なのですが、七瀬は自分の能力については瑠璃に告げていません。告げれば関係は破綻する関係と予感しているのです。七瀬自身が父の失踪もからんで、能力に肯定的ではありません。

 

恒介には予知という七瀬とは違う能力があります。恒介とも七瀬は深い友ではあるが異性、つまり恋人という関係になります。恒介は大人で、関係に入り浸る事がない。七瀬個人より広い周囲を見ていて、全体を調和させようとしています。

 

自分の能力に疑問を持つ段階は通りすぎている。結果として肯定的なのですが、七瀬の能力についても当然、肯定しています。瑠璃が「気持ち悪い」のひとことで七瀬との友情をご破算とするに対し、恒介は何もいわず全てを受け入れる。

 

違う関係の形を描くのがドラマであります。どちらを大切にするか? 今、この刹那が大事なのか。たとえ命をかけても広がりのある将来を選ぶのか……原作がどうなっているのかは知りません。超能力をダシにして生き方への問い掛けがある。

 

意識の高さが感じられる。脚本レベルでは主人公に批判的なところがある。原作、筒井康隆さん同作のほか「家族八景」「エディプスの恋人」のシリーズを加えてのドラマ化と聞いています。以下はウッキペデイアから取ったキャステング表は……このままにします。

●映画版は12・08・12に

田中(火田)七瀬 - テレパス :蓮佛美沙子

(幼少時代:奥森皐月, 少女時代:高瀬岬)

岩渕恒介 - 予知能力 :塩谷瞬(少年時代:北園心知)

漁藤子:水野美紀 

真弓瑠璃(七瀬の友人):柳原可奈子 

ヘンリー(岸谷直人) - 念動力 :郭智博

広瀬朗(あきら) - テレパス :宮坂健太

江藤亮太(刑事):載寧龍二 

増田店長(バーを経営):北村総一朗 

火田精一郎(七瀬の父):小日向文世 

高村刑事:市川亀治郎 

ゲスト(登場回順) [編集]

田中静子(七瀬の母):中村久美 

八百屋のおばさん:阿知波悟美 

西尾正人 - 透視能力 :今井朋彦

通り魔犯人:チョウソンハ 

増田尚子(増田店長の妻):伊藤榮子 

佐倉尚吾(昔の精一郎の助手):光石研 

大野(ジャーナリスト):堀内正美 

スタッフ [編集]

脚本 - 伴一彦、真柴あずき

2011年1月29日 (土)

諸田由里子情報

Ins_3

ご贔屓であるところの諸田由里子さんの熊本市内公演情報が出ています。情報を見る限りでは伴奏の感じが強く、ご本人の主演奏では?

    2月8日 神奈川フィルのメンバーによる一夜限りのゲリラライブ! 20時開演 

セカンドサイト「ジャンジャンゴー」(熊本市花畑町13-10)(096-323-1121)

行った事はないが中央にステージ、バーなど数軒が囲んでいる模様。ショーとしての代金は取らない。ドリンクなど代金のみの徴収となるらしい。ビルは栄通りの黒い建物で1Fに『スイス洋菓子店』が入っているビル。地図的には画像参照。

    ここで本人コメントが入ります。

「ありがとうございます!2月8日は20時開演。セカンドサイトにて。プログラムは当日発表。個性的な演奏家が集まって楽しい一夜を繰り広げます。いったいどんなライブになるのか、演奏家自身もわくわくです!」

Tr 倉田 寛 Hr 大橋晃一 Vl 石田泰尚 Vla 簗瀬省太 Vc 山本裕康 Pf 諸田由里子

2月12日 デュオコンサート 熊本現代美術館 14時開演 フリーコンサート

vc 山本裕康  pf 諸田由里子

    ピアソラ/リベルタンゴ ・ベートーヴェン/チェロソナタ第3番 他

●これにも本人コメ。「追伸です。2月12日は14時から現代美術館でチェロとピアノのコンサート。こちらはがっつりチェロの魅力とアンサンブルの魅力満載です。ブログで取り上げてくださるなんて本当に嬉しいです。ありがとうございます!」

2011年1月28日 (金)

食欲の対象

005_01232 ピアニストの中村紘子さんが1月25日の読売新聞で牛ステーキの話をされます。ステーキがお好きだそうです……何にでも好きな物がある事は楽しい、いい事と思います。私は何でも好き……でも裏返すと嫌いなのかも知れません。

タンパク質は魚でもニワトリでもいい。極端にいうと卵でも豆類でもこだわらない所があります。病院に行くと朝を食べて来るなト言われます。むろん検査のためですが、朝の検査に失敗して、

「悪いのですが昼も食べないで下さい」と言われます。

――ひょっとして夕飯も?

そう言いそうになって思わず口をつぐみます。病院でのいやな思い出が時々、はみ出しそうになります。中村さんは私より少し年上だったと思う。まだステーキがお好きという事は、もしかして魚がお嫌いなのかと推測します。

私の友人でそういう人がいます。魚が好きで肉が得意でなくなるか、肉が好きで魚が得意でなくなるか。私はどちらも食べるので、得意不得意がない。ただ昔、肉の好きな友人も今は大抵、魚好きになっています。

肉や魚の話をしていて気が付くのは……生きるのが好きか。嫌いになる事はないか。そういう問いかけも含まれる気がします。肉でも魚でもいいではないか……もう生きる事もいいではないか。私の場合には、ある種のニヒリズムがあるのです。

中村さんは演奏の瞬発力、持続力のためには肉を食べなければいけないトいいます。確かに70代のボデービル氏にも食物の大事は聞きました。中村さんはジャケット写真のためにダイエットした事があるそうです。ルックスは良くなったが演奏が悪くなった。

それで戻したトいう……ただトレーニングとダイエットは違っていて、現代のトレーニングについて若い人でも誤解しています。ダイエットについてもネ……この辺はクルム伊達公子さんの「カンバック」1、2で検証しました。

老いにも瞬発力と持続力は必要で、一般に誤解がある。中村さんがそうというのではないが、好きな食物はある日、食欲が消え食べられなくなるそうです。あわてて医者に行って見ると異常が発見される……よくあるパターンです。

医者は生活を見直すよう注意します。むろん見直しもいいが観念する手もありまして、70才代までも生きれば余生にお釣りというものでしょう。誰でも身体は自分で手を入れる。

私のトレーニングは筋トレ水泳、流派が違いピラティスいう人もあります。食べ過ぎない。禁酒禁煙は今や常識です。ダイエットとは違う。結果として似たような現象にはなります。

書いたように別に積極的に長生きしたい訳ではない。もともと身障者で介護負担も軽い身体で置かないと申し訳がない……欲望の限りに生きるのには疑問を感じます。

2011年1月27日 (木)

インフルにかからないために

Hideyo_2 インフルエンザにかからないには?ト考えて極端な方法を思いつきます。人ごみに行かず、人ともなるべく付き合わない。世捨て人の隠遁生活、これに近ければ近いほどインフルにはかからないはずです。

ただ限界はあります。インフル予防注射を打ちに行った病院で、たまたま来ていた患者さんがインフルだったとか? まあ程度問題でリスクゼロにはなりませんがネ……。接客業の人は、問題をどう考えるか? 気になりませんか。

ジムの人たちはバラバラです。マスクをしている人してない人……ジムの人で手指をアルコール消毒している人もあまり見かけません。

――今年、予防注射しましたか?

「してないです」

――去年はしました?

「してません」

もう少し、しつこく聞いたのですが大した事はないので省略します。泳いだり筋トレすると風邪は引き難くなります。でもインフルは判りません。ただ聞いた、そのジムのインストラクターは、その辺に自信があるようにも見えました。

長尾和宏さんというお医者さんが、職場でマスクはしないと言っています。患者の咳を顔で受け止める日々、ワクチン接種もしていないそうです。鼻水の抗体を測定したら開業医は測定値が異常に高いのだそうです。

「自然に免疫力がつくのではないか」長尾和宏さんの結論はそうなのですが、あまり科学的ではないと思います。なぜなら、そうであれば画像の医師は黄熱病にかかったりはしなかった。

得る物もあれば失うモノもある。物とモノは半々のはずだけど、そうではない事もある。

The More You Give

Babe the Less You Lose

運が悪けりゃ死ぬだけさ 死ぬだけさ

私が若い頃、そんな歌が流行りました。根拠もなく胸を張る、ただそれだけ。ジムのインストラクターと医師の共通点です。やたら逃げ腰では勝つものも勝てない。それが人生、生きるという事。

「みなさん、マスクよりも手洗いです!」長尾医師は言われています。

2011年1月26日 (水)

なぜ学ぶか?

088_01572

なぜ学ぶかと言うと漠然とします。答えはいくつもあると思われます。昔は何かを学ぶには、時間やお金が随分とかかりました。語弊がありそうですが、それより今は簡単に学べます。

メディアを使い、ネットや放送、それに本やDVDも安くなりました。これを活用すると様々な事が判るようになります。直近で私はクルム伊達公子さんがなぜカンバックしたか、ネットで調べました。

ネットに当たって、実際にテニスをやっている人に当たって……もっとも私は、テニスを始めるつもりはない。伊達さんのスポーツ手法から障害者リハビリの方法を導き出そうというコンタンです。古いやり方ではない裏付け、それはうまく行きました。

学生の頃、太宰や芥川の本を読んで、こんな小説を書いてみたい思った人はあるでしょうか? 二人の共通点は種本があるという事です。種を下敷きにして書く。二人の方法は国文学の本歌取りの伝統を踏まえています。

歴史的な古典を読み、共感できるモノ、自分に合いそうなモノを下敷きにして新しい表現をする。それが例えばですが伝統的な国文学の方法になります。

私が時に引き合いに出す夏目漱石の作品には基本的に下敷きはありません。そういう意味で坊ちゃんは伝統的な文学からは外れます。坊ちゃんを書こうと思ったら大変です。種本はない。方法もないに等しい。

新しいやり方を発明するか、漱石の考え方を教わりに行く事になります。そういう研究家の所に行くか、先生のいる学校に行くか。若ければ普通、学校に行くのですが、60才になると行きづらいです。

私には小説を書くことがテーマとしてあり、どういう小説かもほぼ決まっています。でも60才になっても何も決まらない……就職先だけがなくなった。テーマから探さないといけない。そういう人も学校、放送大学がいいかも知れません。

学びは基本的に楽しい。それは娯楽映画を見たり、旅行に行くのと違う楽しさに満ちています。学びには享楽性のない、少ないいう意味ですが楽しみがあります。享楽性がない所で人は、自分への信頼を深めます。

自分に深い信頼を持つ人が、他人にも深い信頼を寄せる。学生時代には自分はもっと人を信頼したのに、もっと人間を信じたいと思ったことはありませんか? それは学ぶことで出来るかも知れませんね。

〇いつでも、どこでも、だれでも 学べる
放送大学熊本学習センター
メール:
sc-kuma@ouj.ac.jp
電 話:096-341-0860
ホームページ
http://www.ouj.ac.jp

〇留学生と交流し、支援するボランテイア
熊本大学国際交流支援者会(ボギーズ)の会員募集中です。入会希望の方はメールをください

t-sakimoto@vogies.ggl.kumamoto-u.ac.jp

2011年1月25日 (火)

なぜ描く、書くのか?

Hashi 画家は絵を描き、私はブログを書いています。作曲家は譜面を残し、演奏家は演奏を残そうとします……それを十把一からげにナゼ? と問うのは乱暴でしょうか。

放送大学の公開講演にメール質問をしましたら丁寧な、お答えを戴きました。私だけで読んでも、もったいないので公開したいと思います。(2010年4月15日橋の歴史

崎元達郎先生

前回、所長の絵葉書を戴いた者です。講義とは離れるのですが葉書の絵に質問があります。どうやって描かれるのでしょうか?

ジミー大西さんが情熱大陸という番組で「企業秘密なんだけど」と言われた描き方は、外国の風景を線のスケッチで描いて、次に画材での色を決めるそうです。

あそこはあの色、ここはこの色、絵はぬらないで、雑記帖に色決めだけして、後は日本に帰ってから仕上げる。そうすると、独特の色使いと言われる、あの大西ワールドが出来上がる、のだそうです。

企業秘密でない部分のお話で結構です。先生はどうやって描かれるのでしょうか?

Hata様

崎元(熊本SC 所長)です。この度は、公開講演会のお申し込みをいただきありがとうございました。同時に、小生の絵について、興味をお示しいただき光栄です。

絵をどうして描いているかというご質問ですが、昔は、海外旅行の時にもスケッチをする時間が取れましたが、最近は、もっぱら、写真を基に、その時の印象と感動を大事に描くことにしています。

ジミー大西さんのような才能の持ち主とは比べようがあいません。

もう40年近く前の学生時代は、美術部で油絵を描いていましたが、  油はくさくて、時間のかかるので、油をやめ、もっぱら水彩画を描きますが、淡彩画を描くことができず、油絵のように濃厚なタッチになってしまいます。

Hata様も絵をお描きになるのですか? 次回、お会いする時には、是非、お声をかけてください。ありがとうございました。

なぜ描くか。前に新聞に「油絵をおくる楽しみ」という投書の方がありました。(このブログでは06・12・24に引用)80代男性、その方は自分の描いた絵を見て欲しい、飾って欲しいトいわれた

……私の場合、記事を使って欲しい。何らかの役に立てて欲しい。まあ大筋の気持ちは重なります。描くと書く厳密に同じではないでしょうが、大筋はそんな所です。

〇いつでも、どこでも、だれでも 学べる
放送大学熊本学習センター
メール:sc-kuma@ouj.ac.jp
電 話:096-341-0860
ホームページ:http://www.ouj.ac.jp

〇留学生と交流し、支援するボランテイア
熊本大学国際交流支援者会(ボギーズ)の会員募集中です。入会希望の方はメールをください。

2011年1月24日 (月)

迷惑メール

Hikkake

ネットがらみの詐欺被害が出ています。それが私に関係があるか? ないとはいいませんが、かなり遠い。遠く関心も興味も薄いが、いい材料が入りましたので記事化します。これはどちらかと言えば、紙のかけはしに向けた記事化です。

ある日、メールボックスに不明のメールが入ります。差出人は「さや」見出しは「連絡は面倒でしょうか?」みえみえの迷惑メールですが、なぜか迷惑フィルターを抜けている。見てみようかと思います。

迷惑メールに見え、実は内容が相談だった例もゼロではない。ブログ記事へのお礼だったり「私も身障者……」という真面目な(?)メル友希望だった事があります。

相談業務ではないのですが、あまりシャチホコ張る事もありません。私も適宜なお付き合いにヤブサカではありません。一般にも女性が、高齢でネットに目覚め、米国男性と知り合いトラぶった例、そのようなニュースが流れています。

ニュース女性の場合、相手は詐欺師だった。被害単位が数百万円、1千万円に近い例もあるそうです。街でばったりハンサムな外人と知り合ういうことは、絶対ないとは言えんでしょうが、確率は低い。

ネットでも当てにしてはいけない、少ないがない事もない。先に書いた私の例も嘘ではありません。この辺を求め、自分から働きかけると確率は高まります……ただ新しい友人には気をつけた方がいい。

前に杖の突き方の相談を受けた例はここにも書きました。電車の中とか知らない人に話しかけられる例は、ゼロではない。その時に名刺交換でもすればお付き合いの始まりにならないとは限りません。

その時、近所だったり共通友人だったりの項目が、相手を保障します。しかしネットの場合は、相手を最低保障する中間がないのです。芳しくない評判とか、グループの誰と喧嘩したとか、参考内容が全くない。

ニュースでは外人男性はジルコニアの指輪を贈り、婚約後に借金の申し込みをしている。数十万円を貸すとすぐ次ぎの借金が言われる。嫌われたくないのでつい貸し、最初の貸金を取り戻したくて次を貸す。後はよくある悪循環です。

娘の学資にするはずだった貯金を取られて悔しいト言われます。直の詐欺と違い、顔も名前も判らない。完全詐欺になります。それに若くない分別の女性がかかっておられる。

一方、私へのメールは下記のようになります。

「ここ(指示ホームページ)からの連絡は面倒でしょうか?
直接連絡をとっていくためにもお手数ですけどお願いします…
お会い出来る日程は任せますので…    さや」

指定ホームページに行くと冒頭の画像が出ます。冒頭画像をクリックされると大きくなります。文面は途中まで読めます。そしてこの画面の下の方にメルアドなど書き込みを言います。

その部分までは出しませんが、みえみえです。インチキです。これは国内の短縮アドですが、米国サイトにつながるようになっています……むろん書き込みは危ない。

何よりも文面、画像、共に矛盾に満ちて怪しいことはミエミエなのです。

2011年1月22日 (土)

本日休載

体調不良につき休載。

2011年1月21日 (金)

カムバック2

Date1

前回(1・15)の記事をまとめた後、もう一つしっくり来ません。クルム伊達公子さん12年ぶりの復活は……言い換えれば引退が間違いだった事になる。間違えたのは伊達さんか? あるいは日本女子か? 日本テニス界なのか?

前回書いたように伊達さんは個人能力が高い所があります。それと問題意識が高いのです。下記YOUTUBEを見てもらうと判るように、日本選手のテニスではパワーとスピードが足りない。個人レベルを超えて具体的に指摘しています。

日本選手は国内で練習し国内で試合をする。国内で勝って始めて国外に出て来て、初めて外国選手と試合をする。勝てないはずとまでいう……一方で誰にでも可能性はある。限界はないともいう。両意見に矛盾はないか。

前回に引き続き体育館のザ・テニスさんに聞きました。

「私は引退体験、ブランクはないので……」

話としては廻り道になりますが、高校野球部がここの筋トレに来ています。強い野球部は中央から監督を呼んで、若い監督は現代的なトレーニングを行います。

また巨人のトレーニング室には元々、プールはなかった。作ったのは松井選手と言われています。松井選手が野球のトレーニングに水泳を取り込んだ。……テニスも新しい方法がなかったからではないか?

ザ・テニスさんはマスクをしていて表情は読みづらい。

――賛成いただけますか?

目が輝いて賛成表示と見えました。

――さらに推測です。伊達選手はご主人が欧州の人で、欧州式の練習法に結婚後、開眼された。だからカムバックが出来たのではないか?

取材段階では伊達さんがピラティスをやっている事は、知りませんでした。カンバックの動機になったトレーニングはどうやらピラティスらしいが、ピラティスだけでは画像のような身体にはならないでしょう。

パワーとスピードのためには筋肉を付けないといけない。伊達選手はいう。筋肉のつき易い人、つき難い人あるが伊達さんは2年で変った。若い人はもっと早く変れるト言う。意識の持ち方も変えて行かないと外国選手に太刀打ち出来ない……日本にはテニスを変えようとしない選手がいるトまで言っています。

伊達選手が言っている事には、もっと普遍性があるように私は思います。たとえば身障者のリハはどうか? ペタンクを公式スポーツのように扱い、他のスポーツを検討されない。私は足りないと思います。現状に疑問を感じます。

    著作NHKまる得マガジン 伊達公子のピラティスレッスン 『ココロ』と『カラダ』のキレイをつくる12のプログラム [DVD]

    「二人でピラティス」アンコール公開 http://moura.jp/lifeculture/date/

●資料youtube「クルム伊達公子が思う日本人選手に足りないもの」