« 店頭展示品 | メイン | 抗がん剤は適切だったか »

2010年11月30日 (火)

大正ビオデイ

Bio2申し込んでいた商品モニターの商品が送られます。大正製薬のビオデイ、BioDayがモニター品です。主成分はビフィズス菌でいいだろうか。ただ、これは花粉症への効能を言って、便秘薬とは書かれない。しかし便秘薬としても使えそうと申しこみました。

一昨日のこのブログで乳酸菌ビフィズスは食べるか呑むか、と書きました。森永ヨーグルト、ビフィダスのビフィというのはビフィズス菌の事を示します。

また武田便秘薬の新ビオフェルミンS、蒼井優さんがCMで「人には人の乳酸菌」と言っています。あのビオもBIO、バイオ、つまりビフィズスからのネーミングと思われる……ビオデイのビオも同じです。

およその出所は同じという事で了解をお願います。およそであって厳密ではない。人には人たって人用乳酸菌、乳酸菌に猫用や犬用の専用菌があるかどうか、私は知りません。

乳酸菌ですからねえ。あ、不用意に便秘と書いてしまいましたが武田製薬では便秘とは言ってない。新ビオフェルミンS錠ですか。生きて腸に届く乳酸菌と書いています。

正しくは整腸薬です。まあ便秘も含む。してみると私の書いた分も大勢には影響がない。便秘対策いうより免疫力を増すと考えたい、そういう解釈というか言い回しもあるようです。便の回数と免疫力には関係があるらしいです。

大正ビオデイ、BioDayも同じように解釈していい。寒い今から免疫力を増しておいて春の花粉症に備える薬、ないしはサプリのようです。箱にはヘルスマネージ、身体管理とありビオデイは後者でしょうね。

身体の管理では食べたい物を食べたいだけ食べ、それが自然という考え方を否定している。ある意味で私の主張と重なります。大正製薬もバランスの取れた食事はむろん、酒タバコを控えたストレス解消、寝る前に入浴して安眠をと勧めます。

あとは体全体をよく動かす事です。高齢、身障者は体を動かしていない。で便秘や身体不調に落ちいる。大正のいう基本をないがしろに好調だけを望んでも、ビオデイや薬だけの対応では無理と思われます。

昔、カスピ海ヨーグルトが見つかり、不老の薬発見かと期待された事がありました。残念ながら不老不死の薬ではなかった。ただ便秘を解消すれば、免疫力という霊験は今もあらたかなようです。

こういった薬やサプリは各社から出ており、某洋酒メーカーで出してるプロディアもそうです。価格は月額3000~4000円ほどに設定されています。

成分、でん粉(とうもろこし(遺伝子組換え不分別))、デキストリン、グァバ葉エキス、乳糖、麦芽糖、甜茶エキス、シソの実エキス、ショ糖、ビフィズス菌末、CMC-Ca、ショ糖脂肪酸エステル、炭酸Ca
●ビオデイ http://www.taisho-direct.jp/products/hm/20600/20600.html

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/394232/25497727

大正ビオデイを参照しているブログ:

コメント


もう見ました、とても好きです

いつもありがとうございます。

コメントを投稿