« 2010年9月 | メイン | 2010年11月 »

2010年10月

2010年10月28日 (木)

紙の「かけはし109号」編集に

紙の「かけはし109号」編集に入りました。しばらく休載します。

Seseri

2010年10月27日 (水)

プラグ交換、イリジウムに

Vxuh22i

三菱アイのプラグをまた変えました。ここに書いたか書かないかと迷う所、普通車の感じにまた少し近くなったと言える。大差ないとも言える……イリジウムの点火プラグの話題です。

元々ついていたデンソーの点火プラグをNGKに変え「大きな変化」とここに書いたのは2007年末、エンストがあって三菱はそのNGKを新品に変えてしまった。

だからプラグは正味3年弱しか使ってない。走行距離にすれば7000~8000でしょう。プラグはまだ使えない訳ではないが初期状態ではなくなっていました……そこでネット検索します。

07年と違い、もうイリジウムプラグは珍しいものではなくなって安価でした。およそ3年前、イリジウムプラグには賛否両論があり、価格も一本2500円強という価格でした。

一本今は定価で1500円、ヤフオクでは900円前後から、デンソーではイリジウムパワーとイリジウムタフと2形式を出している。評判もいい方にまとまる。NGKはまだ価格がこなれないものの、少し下がっている。そういう状況の変化です。

メーカーはイリジウムプラグが万事、善いみたいに言うのですが、高い割りに寿命が短い。燃費は悪くなる。シロウトには判らないような微妙な違いでしかない……各説あります。

今回はデンソーの新型にしました。あまり理由はない。私自身、型番の読み込みが出来ず、取引先に迷惑をかけました。表記は下にもあげますが複雑怪奇で判らない。デンソーにメールで問い合わせる方がいいかも知れません。

http://www.denso.co.jp/ja/products/aftermarket/repair_parts/plug/news/2010/08-1.html

三菱はどうか? デンソーでは純正と差のない扱いですが、三菱では勧めない。不正改造に当たるのかが気になるが、不正改造とはいわない。カーショップに聞くと十分に知らないのか、取り寄せで一本1800円。

通販とヤフーオークションで比較、定形外(200円)で送るという人を見つけました。使う銀行も私と共通で振込料も、発生しなかった。取り付けは一般には三菱、カーショップ、スタンドでも出来るかもしれません。

白状しますと、私は「VXUH22」と「VXUH22I」の違いを知りませんで、前者がアイ用と取引中に判ったのです。これを知ったarajinn272さんは、郵便局に走り「間違えたので返して欲しい」と中身を入れ替え、送り直されたそうです。

arajinn272さんは厚めの封筒を使い、定形外でも十分破れは出ない。3~4本の注文なら郵パックの必要もない気がします。書いたように信頼の根拠で、私はarajinn272さんをお勧めします。

それでイリジウムタフVXUH22はよかったのか? よかったと思います。エンジン音が低音になってブルブルと震えるような音に変り、ノイズとして耳につかなくなった。低速から高速に向う走りはなめらかに、アイがより普通車っぽく感じられる。

ただネットで見ると判らない人もいる。差が大きいとは言えない。私としてはもっと時間をかけ、旧ノーマルプラグに戻しながら、詳しく比較したい所です。そういう所で今日の報告ここまで。

●デンソーの効果告知 http://www.denso.co.jp/ja/products/aftermarket/repair_parts/plug/iridiumtough/index.html

●2010・12・18 「イリジウムプラグ再び」で続きを出しました。

2010年10月26日 (火)

新型インフルエンザについて

202_00022

身障者相談員の講習会、本年度は新型インフルエンザについての物でした。この情報は広域に渡っていて、ここに細かくは書きかねますが、なるべく受けた方がいいようです。

また病院によって、料金と接種ワクチンの種類は同じではないようです。去年度に流行したものが再び、寒さによって勢いづくと考えられます。医師の診断、あるいは下記公示に対策されて下さい。

●熊本市インフルエンザワクチンについて

http://www.city.kumamoto.kumamoto.jp/content/web/asp/kiji_detail.asp?NW=1&ID=8825&LS=69

●厚生労働省による新型インフルエンザワクチンについて

http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou04/inful_vaccine22.html

2010年10月25日 (月)

コドクというコトバ

Twitterで孤独という言葉が使われています。言葉を使うには本当は定義が必要ですが、家族がいない。パートナーがいない、あるいは親しい友がないような状態は……常識的には孤独でいいかと思われます。

マツコDXさんは、ツイッターで「自分自身の孤独とちゃんと向き合っていれば、少しぐらい他人におかしなことをされたり、言われたりしても、簡単には傷つかない」とつぶやきます。

マツコDXさんは傷ついた事がないトのではなく逆、傷ついた事が多いと思われます。前の言葉から孤独を引くと「自分自身と向き合った体験があれば……」深く傷つかないでも済む。そう言って私には感じられます。

同じくツイッターにTOMOSUKEさんが、

「 自分の本質的な居場所は社会に出る前に、しっかり自分の孤独と向き合って、作っておいた方がいいと思います。会社に入ってから居場所をつくると仕事を切り離した孤独と向き合え無くなる」といいます。

表面的には社会や会社が、特定の個人を必要としたり、欠くべからざる人として遇する事はない。しかしどんな個人もつながりを必要とし、具体的な個人にそれを求めます。

介護する人と介護される人の関係もこれに似ていて、介護される人はする人がいなくなれば、生活を破綻させ、最終的に死ぬ他はありません。そして身障者は程度差はあるが、介護を必要とする。

時代が進んで高齢者が多くなった。高齢者をていねいに看ると子供に手が回らず少子化も進みます。少なくとも国レベルの経済はそうで、少子化が進めば医療、福祉も一般に先が見えなくなる。

社会が疲弊すると高齢者も、やがて社会から切り捨てられる存在となります。身障者は前からそうで子供も元々はそういう存在でした。同性愛者は一種の身障者なので普通の人より、その辺の意識が高いのです。

TOMOSUKEさんは、こういう状況に警戒があるのかも知れません。自分の本質的な居場所とは難しいが、それは自分の心のありかでしょう。掛け値のない自分の正体ですね。

心のありかが、居場所が社会や会社や仕事とは別にある。それは家族や友人と別な自分を用意し、考えて置かなければならない。身障者のあり方と似ていると思います。同じではないが似ている。

介護するのは介護される人にとって自分は何か。社会にとって会社にとって……そもそも自分とは何か。考えてみる事なのでしょう。今、ツイッターでは孤独という言葉が使われています。

2010年10月24日 (日)

やってあげる、させていただく

Images

ボランティアでやってあげる。ボランティアをさせていただく。講演会で質問してもボランティアとは言いません。白石真澄さんは私の最初の質問に「ご質問ありがとうございます」と言われた。続いてされた二人には言われなかった。

私は席を譲られて「ありがとうございます」といいます。本当にそう思い、そういう身障者もありますが、私などは反射的に軽めに言うだけです。ここだけの話、慣れっこで感謝心は薄いのです。

本気で、ありがとうト言ったほうが心はこもる。席を譲った人は声の響きを聞かれるかも知れません。いつもいつも事に、身障者は半ば当然の感じにもなる。開き直る訳ではないが、感謝に疲れてしまいます。

重度身障者では、健常者に借りを返す場面がない。すると申し訳なく心が萎えてしまう、らしい。席を譲るのは当り前だから感謝の必要はない……とかなんとか訳の判らない理屈をこねるようになります。

心の置き場として一理あるので、私は笑って見過ごす事にしています。ボランティアしてあげれば善意を示す機会を得て、自分への信頼いうのか気持ちがいい。単なる質問も長い沈黙のあとでは、我ながらほっとします。

ボランティアでさせていただくと普段から得られない。特別な事を感じたり、得がたい教訓も得るのです。可愛い子には旅させろ。物を知りたければボランティア……似たような意味になります。この辺から私は出来る事は極力やります。

それはボランティアとか奉仕ではなく、面白半分、ブログねたの仕込み……そう考えています。そういう意味で私は主体的に生きています。だからと思うのですが、つい「生きる」と表記した事があります。

「生きるではない、生かされてあるのだ」ト言葉を直された事があります。確かに理屈はそうです。ただ言葉狩りのニュアンスもあり、そこでは私は直しませんでした。生きるというのはどの辞書にも書いてある言葉です。それがいけないでは筋が通らない。

そういうのは他人に強制しないで自分で守ればいい決まりです。

「やってあげるよ」いう時に恩に着せようとか、へりくだろうとか。ここは謙遜の丁寧語を使おうとか、私は意識がない。妙な道徳律を押し当て、ああしろこうしろは当たらないと思います。言葉を計るな心を計れ。

言葉使いより人間関係で、さらに言えば自然や他の生物との関係です。生かす事で生かされ、生かされることで生かす……教訓にして壁にかける言葉とする事でもない。大事にする事は、少し違わないか?

「ひとつ貸しだからね」そう言ったとしても、大して気にする事でもない。ボランティアでやってあげる。ボランティアでさせていただく……どっちだって、いいではないかト私は思います。

2010年10月23日 (土)

少子高齢化の中で、いかにして地域を活性させるか?

Photo白石真澄さんの講演会に行きました。ネット検索をしないで聞きましたが、早くに新自由主義の傾向が判りました。具体的な細部からでなく大筋からの把握からの見識が目立ちます。不動産鑑定士協会の主催でした。

小泉首相の支持はいいのですが、小泉さんの破綻があっての現在の位置づけ、それが十分に行われない気がします。白石さんの言葉の端から、不安がこぼれてしまう。それとの関連はどうか。

1時間半の講演にしては盛り込み過ぎです。2時間原稿を刈込めないまま、もう時間がなくてステージに立ってしまった……そういう苛立ちが感じられます。

不機嫌のような、講演担当と連絡が取れなかったような……白石さんはTVより早口で、聞き手は言葉とスクリーン図表のすり合わせが出来ない内に、話は次に移ってしまう。

日本のお金はどこにあるか? 高齢者が持っているんです。持ってない高齢者もあるのですが「ある所にはある」白石さんは言われる。日本は儒教の影響下にあって、高齢者に直に使わせるのは道徳的に抵抗があるんです。

母の乳を赤子に与えないで歯のない高齢者に与えた……日本にはその話が美徳として伝わります。これは儒教からの道徳です。踏まえると「老後のために蓄える」いう百才のキンさんギンさんに、世の成り立ちを意見するのがむつかしい。

日本では高齢者より子供、過去より将来へ向ける切替が出来なかった。小泉さんは急ぎ過ぎたのだと思う。検討は十分されないが底辺での、そういう主張があったと思います。

このあたり「高齢者に金を使いきらせないといけない」ト表現されると客席は引きます。客席と演者の間に溝が出来て、その間は30分経っても1時間経っても埋まらない。

白石さんはますます緊張する早口になる。客席はますます付いて行けない。冷えてしまう……言っては悪いが、よくない形で儒教が染み込んで日本は自立できない。その辺りは共感します。

民主党には第2自民党の部分があって今後もそれはそのままのようです。論理明解に見える白石さんのような自由主義の人はおしゃれにでも自由を見出すしかない。それは明日をおいても、旅行に生甲斐を見る身障者と重なる。

この場面は質問を受けない方がよかったのですが、誰も手を上げない。私が上げました。

――バリアフリーもいわれましたが、高齢者の問題は簡単ではない。食事にしても歯が悪い人はうなぎと言います。少数ですが歯のいい人はいてステーキという。こういった問題の解決は?

「施設のような多数の収容ではなく、ここでは5人とか10人を考えています。それは当人たちの話し合いから結論を出されるようにしたらいいと思います」

講演からは離れるが、田島陽子さんが仲間を募り、高齢女性で一緒に住む家を考えられた。仲間は見つかり計画は進んだが、やがて田島さんは仲間から抜ける事になったという。

理由が何であるかは知りません。田島さんは歯が丈夫でステーキを食べる人ではなかったか? 高齢者が多数決でひとつのものを食べるというと必ず、うなぎになってしまう。あの田島さんでもみんなでステーキを食う夢は幻想でした。

バリアフリーとは歯のいい者は悪いみんなに合わせて、わざわざ悪くするような、そんな矛盾があります。

2010年10月22日 (金)

ストリート・アートプレックス熊本2010秋

5212_2 この16日、ストリート・アートプレックス熊本は前回あたりから女性ミュージシャンにシフトします。元々のプロデュースが女性とも聞きます……その辺から感じが変った訳です。

クラシックの諸田由里子さんは、すでに書いています。人にもよるがMCを取れ、おしゃべりにもウエイトいう女性が最近目立つようです。ボソリと一言、曲名だけ言って演奏に入るミュージシャンも、それはそれで味があるのですが……

最初の写真、Chihanaさんはこの時、加藤和彦を歌っていました。ある種の不安を歌にする人でバリアーはっている感じ。少し成功すると壁は取れるのかな。キーが低い、高い声で張れないのがコンプレックス? ご覧の通りファッションも男っぽいです。

     大西知花 たどり着いたらいつも雨降り 

http://www.youtube.com/watch?v=eL9yrOaSlbo&feature=related

  • 5272_3 次の犬塚彩子さんはフェミニーな感じです。どこか見たようなと思ったら、マラソンの高橋尚子さんに似ている。私はボサノバが好きなので行ったらボサノバでした。写真では左手が気になる。路上は精神的に大変なようです。

  •      犬塚彩子 風の記憶 

    http://www.youtube.com/watch?v=qm-g-y3qU7o

    5222 オジサンが消えた。若いミュージシャンが多い。そして東京勢も増えた。そういう傾向の中に今年初めて見たグループ、ringin' bells rondo club、ドラマーとクラリネットのトリオ。

    よくも悪くも垢抜けしていてスマートさが売りです。何度か撮った、いつもの写真角度です。被写体では手前の席に外人客がいて、ユーウツな顔でコーヒー飲んでたのが気になり、角度を変えたら写真としての面白さも消えました。

         ringin' bells rondo club どくだみの花

    http://www.youtube.com/watch?v=COQKJBjoc8A&feature=related

    この店はスターバックス。コーヒーは酸味より苦味が勝っていて、私のタイプではない。ブラジル豆をエスプレッソで飲ませるの、お好きですか? 好みなどない方がいい。コダワリもない方が楽しめる。あれも人生、これも人生……

    お気に入りの豊田隆博さんがいなくなったト思ったら、いらっしゃいました。10月23、24日に上通り並木坂の方で別なイベントがあるんですね。園田智子さんは両方出演になられる。さて当日、私のリポートは可能でしょうか?

         上通並木坂えびす祭

    http://www.studio-bailas.jp/cgi-bin/tl_cms/mt-search.cgi?tag=%E3%81%88%E3%81%B3%E3%81%99%E7%A5%AD%20DANCE%20FESTIVAL%202010%20in%20%E4%B8%8A%E9%80%9A%E4%B8%A6%E6%9C%A8%E5%9D%82&blog_id=14&IncludeBlogs=14

    2010年10月20日 (水)

    自動車保険えらび2010 3

    Aityaku

    手続きしないでいると三菱自動車から電話がかかります。保険について話がト、やってきた新担当は「イベントをするから来ませんか」トいいます。オイル交換1000円、ウーン、私は済ましたばかりです。

    それから自動車保険「東京海上と組んで仕事を始めた」トいいます。私は東京海上が高いから「そんぽ24」に変えるトいいます。担当はイベントまで待てという。

    キーの電池交換、空気圧の調整もフリーというので、どちらかと言うとそっちに吊られ行くことにします。担当は東京海上で保険も見直すトいうのです。

    1回目に調べたように他者運転特約など、私にも不要部分はありますが金額的に小さい。大きな変化は無理と思われる。しかし、

    「いえ、資格担当がいますから」新担当は胸を張ります。

    三菱イベントで資格担当員の女性と話し込んで、見積もり直してもらった数字をみて正直、驚きました。さらに資格担当が言うのに、

    「高齢者の自動車保険は来年以降も改正が進むと思われる。3年契約にしませんか?」

    ――たかが保険の契約に、こんな丁寧な対応されて採算は合うのですか?

    ト聞くと三菱はやるのだと言います。私はそれで契約しました。

    話が少しズレますが、イーデザイン損保というダイレクト保険があります。あれは東京海上のダイレクト保険です。イーデザインの私への提示が25000円強から3パターンありました。

    三菱版の東京海上保険も、同じような提示ではないでしょうか。保障本体を東京海上で担い、ロードアシストを三菱工場で担うといった分担らしいのです。

    三菱アシストはソニーやチューリッヒのアシストに比べていいのか? 比較するといろいろ問題はある、判りませんよ。ただいつもの三菱工場がアシストしてくれる点は素晴らしい。

    アイはスペアタイヤはない。エンジンは後ろだしバッテリーだけ前だし、コンピュータ制御にはバージョンアップも伴う。そこがいい点でもありますが、アイは特に訳の判らないクルマでしてねえ。

    三菱車を利用の方は一度いかれて、三菱あんしん保険プランを検討したがいいと思われます。次に三菱車でない人に向けて、私のメッセージです。今から自動車保険は老人には厳しくなります。

    知人の高齢組に聞くとすでに上がっている人もあります。しかしイーデザインのようなダイレクトの存在を見ると、全体の流れはまだまだ下げる傾向に行く気もします。

    有名な所、知名度にこだわらず毎年、比較して入り直すいうのも賢いかもしれません。見直しに対してはマック券や図書カード、アイスクリーム券を用意する保険会社があります。

    私はキーのスペアを目標にして目標を達成しました。オイル交換1000円を年2回やってくれないかなあ、電池交換は2年おきでいいけど……そうは行かないでしょう。

    ●三菱あんしん保険は三菱車を対象に、どの保険からも移行が可能なようです。

    ●画像はせしめてきたキー電池交換券、会員手帳には三菱の記載が先で、最後に東京海上の電話番号。画像をクリックすると見やすくなる。

    2010年10月19日 (火)

    自動車保険えらび2010 2

    I223

    それにしても保険会社選びは面倒です。私の居住は熊本、ダイレクト保険というのは概ね、地方に弱い。東京、大阪の人には必ずサービス拠点はあります。しかし熊本には、まずないのです。

    熊本どころかサービス拠点が九州に一点もない。電話連絡で現場に来られ、また電話でだけで拠点に報告が行く。この場合、現場での裁量権は薄いでしょうね。事故の際は、その濃さ薄さがどう響くか。だからダイレクトにしない人もいます。

    チューリッヒやエース保険(私には20000円強の提示)はいずれも福岡には拠点があります。知名度の低くてもエースはチューリッヒ並み……そこだけ、そこだけなら言えるかも知れません。九州に拠点がない保険よりはいいでしょう。

    割と重大な事なので、熊本に拠点のあるダイレクト保険はないのか? こだわって探して見ました。そんぽ24いう保険は日本興亜損保に事故処理を委託し、その点に限っては同じと考えられる。地方にあってこれは有利。

    「任意保険の評判」サイトで「そんぽ24」はソニー損保と僅差の総合評価を受けている。だが同サイトの主は、そんぽ24を使っていない。主が使っているのは三井ダイレクトです。三井は最近、安いというので評判のいい、私への提示も20000円強、安いのは嘘ではないのです。

    そんぽ24の総合評価を見るとレッカー距離、宿泊帰宅費にウィークポイントがあるが、これは主婦層に向きがある。むろん私へも、ここの提示は20000円台半ば……こういう風に、自分の実際必要と重点を見ていくと何が何でも東京海上いう事はありません。

    キーが無くなれば、落とした勢いで壊した日にはモバキー全体の復元には60000円が必要になります。その時、保険は利きません。つまり得体の知れない不安を根拠に保険だけかけても、こっけい……というのが私の主張です。

    それは出来れば何でもかんでも100%保障がいい。だから全部お任せと考えるのは得策ではない。反対に金で済むなら……そういう考えもあります……バブル志向でしょうネ。今とはズレ、思考が現実と合わなくなっている。私ら世代にもなるとよくあることです。

    そういう訳で自動車保険だけなら、せいぜい2万円の違いです。これが家庭の運営なら最大20万円の違いになりましょうか? 会社の経営だと、潰れる会社と生き残れる会社の違いになります……話の方向が怪しくなって来ました。

    それで私、そんぽ24に決めてまだ手続きはしない……ここから話の展開があります。では以下次回、次では本当に終ります。

    ●任意保険の評判 http://www.sonpo-direct.com/

    2010年10月18日 (月)

    ショパンの夜

    Morota

    子猫の背中を撫でるように、男の横っ面を張るように、諸田由里子さんのピアノは通る。ピアニッシモからフォルテッシモへのグラデーションはなめらかに移りいき、かさつく事がない……

    訥々とした言葉の連なりに真実を感じる人もいるし、使い慣れた言葉のなめらかさに美を感じる人もいる。前者はたとえばベートーベンだし、後者はたとえばショパン。

    ダ・ダ・ダ・ダーンは運命で、あれは「そうですね」と最初に言わないと何も言い出せない人……その口癖に似ている。運命の出だしは第9の出だしに似ていている。

    その類似はベートーベンの内面が基本、変らなかった事を意味する。タッタッタッタッターン、タ~ンタ……物事のそういう面はあるとしても、洗練されてこなれれば部分も出てくる。

    コーヒーの粉に落とす湯の量は手首と、親指と人指し指が覚えてしまう。サイフォンやコーヒー・メーカーさえ、ぎこちなく恥じ入る。ショパンのワンフレーズは次のフレーズに重なる。

    音の一つひとつでフレーズが出来、休止符を入れて次のフレーズに移ることをショパンはしない。コーヒーを引きながら茶碗を並べ、その碗を湯で温めながら、ドリップ布を用意する喫茶店のマスターの手のように、終りかけたフレーズ音と音は次のフレーズの始まりの音と音なのだから。

    だからと思う。ショパンのフレーズは、あたかも一つの音のようになめらかでなければならない。私はそれを知らなかったので、ホロビッツのショパンをFMで聞いた後、何でもいいとショパン全集を3枚買った。

    ノクターンとマズルカ、ポロネーズ集。マズルカはまあまあだが、ノクターンはいけなかった。いけなかったので誰と書かないがクラシックはそういう物です。

    ホロビッツのショパンをなぜ買わなかったか? 弁明は一言、あれはモノラルです……しかし最終判断で、結局それも買う事になる。お粗末、クラシックはそういう物です。

    そのホロビッツも諸田由里子さんに比べると、多少かさついたフレーズを弾く。先の全集と、ホロビッツと諸田を合わせてショパン大会をやると楽しいですねえ。コーヒーがもう3杯目になります。

    諸田さんはいつかマズルカ集を出すと思う。私の人生は残念ながら、それには間に合わないかもしれない。私がホロビッツに注目した頃、ホロビッツの時代は終わろうとしていた。

    まだ生きてはいたが、ホロビッツは若い時のようには弾けなくなったト、そう言われていた。アートプレックスで聞いた諸田さんが当夜、はかれていたミニスカートと、はずみで二人だけになった話を書く予定が、そう行かない内に終わりそう……ですネ。