« 作る言葉 | メイン | 家族狩り~終盤~ »

2010年4月25日 (日)

セーフティペダル

Img_04192

街で見かけたセーフティペダルの車です。簡単安全と噂になっている新しいシステムです。そこでネットで検索してみましたが、どうも私には理解できません。

いえね。私は3年前にマニュアル車からAT車に変えました。マニュアルに慣れていてATにしたくなかったのですが、選んだ車種にマニュアルはなかった。仕方なくATにします。

ATはマニュアルより簡単、慣れればATは可能と思っていました。ところが交差点に入る度に私の左手は、チェンジでニュートラルを探す。59才の左手は……私の左手はそうでした。

慣れればと口で言うは易く……私の反射神経はそうでした。頭で簡単と理解するより先に左手は、マニュアルの車に乗っている。私だけだといいのですが……安全に慣れるのは何才までの事か?

むろんネットのどこにも記載はありません。どんな簡単より古い体験は体に染みていて……私の場合はそうでした。むろん3年経てばATに慣れます。

ATに慣れたからセーフティペダルにも慣れるのかも知れません。でもワザワザ慣れるために変えるなんてしません。私は安全のためにATを通したいと思います。

ナルセペダル  http://www.naruse-m.co.jp/index5.html

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/394232/23975666

セーフティペダルを参照しているブログ:

コメント

お久しぶりです!
そういえば私の両親は以前「MT以外は運転するのが怖い」といっていましたが、いまではATに慣れてしまったのか「MTはもう運転できない」と言っています(^^;
クルマを安全に運転するのであれば、慣れ親しんだミッションやブレーキをそのまま使い続けるのも良いと思います。
特にブレーキなんてフィーリングが変わってしまうので、交換当初はビックリすることが多々ありますから(苦笑)

お早うございます。
そう、年齢にもよりますが、マニュアルオート両方乗っている人は少ないでしょうネ。それにセーフティペダルを加え日に3台を乗り分けるのは、かなり難しいのではないでしょうか。
言われる線で考えると私の場合はアイではなく、マニュアルのR1、R2という選択になった訳です。どっちがよかったんだろ。

こんばんは
私もマニュアルのジムニーからアイへの乗り換えですので、最初は戸惑いました。とにかく、快適で(爆)!
冗談はともかく、アイのシフトペダルは、マニュアル感覚での運転も出来ます。シフト操作でスポーティーな走りも、エコな走りも可能なわけです。私は、マニュアルライクな運転を楽しんでいます。

こんにちは、ツバメさんも戸惑いましたか……形を変えると誰でも多かれ少なかれ戸惑うモンでしょうねえ。
若い人が少なく年寄りはそれが多い……トすべきでしょう。それに個人差もあるにしても誰でも楽に運転トいう訳に行かない。そういうと当り前な気がします。
セーフティペダルは新オートマと位置づけたいのでしょうが……どうでしょうか?
マニュアルライクというのは多分、見えないセカンド、サードを意識しながら運転することでしょう。そちらのブログで解説しませんか?

こんばんは
少し、舌足らずでした。
アイのシフトレバーですが、いわゆる「ゲート式」というヤツでして、マニュアル車のシフトレバーのようにカチッ、カチッとシフトチェンジが出来ます。そのシフトパターンですが、2速モードはセカンド固定、3速モードは3速までのオートマチックです。
ですから、峠道を「攻めて」走りたいときには2速モードや3速モードを使い、下り坂などでエンジンブレーキを使いたいときも低速ギヤを活用する、さらに「鋭く」スタートしたいときはスタート時に3速、すかさず2速にシフトダウンして引っ張り、トルクピークの回転数で3速、Dレンジとシフトアップすればアイとは思えない加速も出来るそうです。
ボタンを押しながらシフトチェンジしないといけない直進式のシフトレバーではムズカシイ芸当ですが、ゲート式ならこのようにマニュアル車みたいな運転も可能だ、ということです。

今日は、なんだぁ。ツバメさんがやっている訳ではないんですね。
自動車もいわゆる幻影を売る商売です。出来るのと実際にするのとは、別なことと考えられます……いつかレースに出る事を夢見て、平道を走る人がいます。

アクション映画を観た帰りにスピード違反で捕まったり……最近はファッションモデルになったつもりでコンビニの駐車場に降り立つ女性もあります。似たようなモンでしょう。各自の自由でいいのですが。

……厳密にいうと、ちょっと暑苦しい。この方、このシールを貼りたくてセーフティペダルにされたのかも知れません。他人の事、言えません。アイはグッドデザイン賞を取った暑苦しいデザインです(笑)

それ言うのならイリジウムプラグに変えた方がいいらしい。トルク感ががぜん増す。燃費は落ちるいう話ですが、実際にやってみないと本当の事は判りません。
ナルセではシールだけは売らないんでしょうか。

最近、出た車のハンドルの隣に押しボタンが3つあってエコ、標準、スピードと好みで切り替える……だ、そうです。何だか違う話になってきました。また、よろしく。

こんばんは
なんか、久しぶりに「ブログで対談」になってきましたね。

>マニュアルライクというのは多分、見えないセカンド、サードを意識しながら運転する…

ではなくて、実際にセカンドモード、サードレンジの切り替えを行っていますよ。ただし、“飛ばす”ためではなくて安全運転と燃費軽減のため。エンジンブレーキとしての活用が主です。もちろん、峠の登りでもやってますが。

プラグを変えるというのは、効果があるみたいです。もうひとつ、プラグケーブルを変えるという方法もあるみたいです。いずれも、スパークを強力にすることで、ガソリンの燃焼を瞬時に行い、効率をよくする、という目的です。

>ハンドルの隣に押しボタンが3つあってエコ、標準、スピードと好みで切り替える…

一部の車には、「スポーツモード」というボタンがありました。シフトタイミングを引張り気味にずらすというボタンです。それに早めにシフトアップするというボタンが加わった、ということですかねぇ?
マニュアル車なら、引っ張って運転するのも、早めにシフトアップするのも任意ですが、AT車はそうはいきませんからね。
燃費という点では、ふんわり加速、一定速度での運転、急減速をしない、これだけでも効果があると思います。

コメント、遅れて申し訳ありません。
この辺の展開になると、私、判りません。パワー競争が行われたのはかなり前の事で、どこまで一般化したのか知らないのです。
パワー競争とエンストは微妙に重なるらしい。あるいは同じ問題なのか、ねえ。
さっぱり判らない。
私たちのアイは、どちらもターボもついてない。そういう運転には? その辺の関係はかなり薄い気がしますねえ(笑)
なお近日クルマネタです。よろしく。

コメントを投稿