« 2010年3月 | メイン | 2010年5月 »

2010年4月

2010年4月30日 (金)

家族狩り~終盤~

0400022

読む前からおよその想像はついていました。小説とは言え、これは家族論です。ある種の犯罪一般の原点には、社会問題のといってもいい。個人を超えたイエがある訳です。

身障者問題の根底にある重点にも、それはあります。ある部分ではつながっている。その観点から私は本を読みました。そしてほぼ予測した着陸点に着陸します。本の終りにあるのはハッピーエンドではなく、現実その物と言ってもいい。

イエは米国にはありません。イエは父が居て母が居て子がいる。子の子、孫の誕生によって生まれます。たとえば父はそうでなかったが、母が逆子で生まれた。子が同じく逆子で、どうやら孫もそうらしい。

すると家の伝統いうか。関係のない父をおいて、血脈をそう意識せざるえない。あるいは父が親友の保証人になって連帯責任を取った。たまたま子も人がよく同じようなハメになったとします。

それは血ではないが、孫に向けて連帯保証人になってはいけない。家訓のような物として向けらます。それがイエです。本来なら誰の連帯保証人になろうが、なるまいが個人の自由です。

本来を束縛するイエの存在が日本にはあります。少なくとも米国よりは濃厚にある訳です。子が親とは違う家庭を築こうとする。最初の難関は子育て、教育方針という形で出てきます。

お父さんはもっとお母さんに協力しなければならない。ベビーシッターを雇うためには、もっと収入を増やさなければならない。それが無理ならお祖母ちゃんを呼ぶ。お祖父ちゃんに経済協力……するとイエ、伝統を認めざるえない。

いきおい個人の自立は実質、危うくなる。もう一方で教育から立身出世を図るのは難しい現実があります。東大を出ても必ずしも高収入いう訳にいかない。となると家庭は何を目指すか?

目標を喪失します。中学にも行けば、子供本人は、こんな事をしていても自分の為にはならない。それが自ずと判ります。子は判るけど親はそうでない。もっと上、もっと上に子の幸福も自分の幸福もある……と信じる。

根拠はない、思うのではなく信じる。宗教と言った方が正しいでしょう。明治以来、敗戦の時さえ関係なく信じられてきた教育という名の宗教……その崩壊を書いた小説です。

なぜ私がこんな風に読むか言うと、漱石の時代にすでに問題の芽はあった。漱石は生なリポートで出して来て、天童さんはホラー仕立てで出して来た。生で出しても売れない。商売にならないからと思う。

書き直しの文庫版も売れたようで一応、商売にはなったと了解します。ではこれで理解がいったか? どこかの家庭に教育方針は立ったか? 立たなかったろうト私は思います。それどころか天童さん自身の目標が立っていない。

国の将来もかかるだけに大変です。同じ問題をよく似た形で出しているのは桐野夏生さんグロテスクではないか、思います。手の内も見えましたので文庫版は省略させて頂きます。

2010年4月25日 (日)

セーフティペダル

Img_04192

街で見かけたセーフティペダルの車です。簡単安全と噂になっている新しいシステムです。そこでネットで検索してみましたが、どうも私には理解できません。

いえね。私は3年前にマニュアル車からAT車に変えました。マニュアルに慣れていてATにしたくなかったのですが、選んだ車種にマニュアルはなかった。仕方なくATにします。

ATはマニュアルより簡単、慣れればATは可能と思っていました。ところが交差点に入る度に私の左手は、チェンジでニュートラルを探す。59才の左手は……私の左手はそうでした。

慣れればと口で言うは易く……私の反射神経はそうでした。頭で簡単と理解するより先に左手は、マニュアルの車に乗っている。私だけだといいのですが……安全に慣れるのは何才までの事か?

むろんネットのどこにも記載はありません。どんな簡単より古い体験は体に染みていて……私の場合はそうでした。むろん3年経てばATに慣れます。

ATに慣れたからセーフティペダルにも慣れるのかも知れません。でもワザワザ慣れるために変えるなんてしません。私は安全のためにATを通したいと思います。

ナルセペダル  http://www.naruse-m.co.jp/index5.html

2010年4月24日 (土)

作る言葉

088_01582

ある物をないかのように言うのは、むしろいけない。現実を言葉で変えては更にいけない……差別はなくならない言う人もあるが、差別を必要とするのならそうかも知れない。

言葉を変える必要はない趣旨のことを書いたばかりなのに、言葉を変えたいという趣旨の新聞記事が出ています。栃木に障害者支援施設があって、そこで言われます。

そこでは利用者を「〇〇ちゃん」と呼ぶそうです。熊本市の希望荘でも一時、それはありました。この記事で記者は親しみを込めてと表現しているが……私は違うと思う。

友達のように……本当の友達になったらそれはそうなる。だが利用者と職員、管理者と客の間は、実際、友達ではあるまい。意図的に「ちゃん」付けで呼んだのが実体では?

その辺は意識していて悪いが私は耳聡い方です。

――〇〇さん、あなたはここでは〇〇ちゃんだそうですね?

「最近、ああいう呼び方をするんです。馴れ慣れしい嫌な気がします」

それをどうする気ですかト私は聞いた。呼び方はどうでもいいト本人が言うかと思うと、そうではなかった。

その、ちゃん付けで呼ぶ職員の方から、私は呼ばれます。

「いい事を教わりました。呼び方は変えます」という。利用する側の立場があり、管理する側の立場も当然あります。

双方が双方を尊重するのに、友達を強調するのではおかしい。施設は施設なのであり宅地ではないという考え方です……ただ希望荘ではその後、他の職員や全体で「ちゃん」を止めたかは知りません。

私が注意した〇〇さんは身体障害だけで重複障害がなかった。重複がある場合にどう思われるかは、どうなのでしょう。あまり悪意とは思えませんが、一般論としてなら呼称は大切です。

ドラマなどで男女が異性として意識する場面で、〇〇君という男子を〇〇さんと呼んだら、そこから男として見た視点の変換になります。実例もそう聞きます。

私生活では〇〇ちゃんと呼んでいても、職場では改まった呼称で呼ぶのが普通と思われます。それを強調してわざわざ「ちゃん」呼称にしては不自然です。障害者だから意識しなければならないのなら……

いずれにしろ呼称は呼称に過ぎません。管理の立場から利用者を見下す。あるいは職員には「さん」の呼称にさせる事実がなければ、むろん問題にすることではない。

ない物をあるように言っても、もちろんいけない。差別はなくならない言う人も、思いや願いではそれがなくなって欲しい。ト私は思いたい。差別がなくならないのは、差別で自分を支える人があるのかも知れません。

●壁なくす表現は…=松本晃 /栃木

http://mainichi.jp/area/tochigi/hako/news/20100422ddlk09070109000c.html

2010年4月23日 (金)

言葉調査 害とがい

0260422

福祉大学で言葉の調査が行われています。「盲人」という言葉は視覚障害者にはOKなのに、学生はNGと思っている。「あんま」という言葉は視覚障害者がNGなのに、学生はOKと思っている。

食い違い、勘違いは言葉だけか? そこが気になります。調査対象は一般障害者についてではありません。紙面は視覚障害者の関係用語に限られているようです。ただ「障がい者」の名称については、もっと普遍性がありそう。

視覚障害者の76%は「『害』のままでよい」か、「どのような表現でも構わない」と考える。これに対し「がい」が良いとしたのは24%。調査報告書としても「こだわりがない」と考察している。

では、「害」「がい」混用でもいいのか? 平井教授らは「当事者が不快に思う言葉を使わないのは当然だが配慮が神経質」すぎて「障害を強く意識させる可能性がある」言葉ではなく、心情や認識を変える必要を言います。

3月19日には政府では「障がい者制度改革推進会議」が開かれた。この会議でも「害」をひらがなや「碍」の字に変えたり、ほかの言葉に改める是非などが議論されている。

その家族や当事者の委員から「障害者という言葉のイメージが変われば、今のままでよい」「碍の字でもあまり意味が変わらない」の意見が上がった。今回調査と重なる。

物や事柄があって名前が付きます。紛らわしい障りがある、最初からイメージが悪い名前になって行く場合も、ないではないが、みだりに名前を変えると混乱が起きます。

上記調査でも「あんま」が仕事内容や職業として言われるのは、かまわないと視覚から声がでている。障害名や視覚障害者の代名詞、あるいは蔑称とされるのが嫌と言われる。私も当然な事と思います。

不快な言葉を全部、刈り取ったとしても不快な事柄が消える訳ではないのです。どの身障者も自分の障害と向き合う他に克服の方法はない。言葉狩りから物事の解決は出来ません。

●「盲人」は不快?不快でない? 障害者と学生認識に差 2010/04/20

http://www.shizuokaonline.com/camnavi/etc/20100420000000000064.htm

●「差別ない日本へ努力」と首相 障害者制度改革で

http://www.shikoku-np.co.jp/national/social/article.aspx?id=20100319000361

2010年4月22日 (木)

松屋の牛めし

Gyuumeshi2

牛丼というか牛めしというか……どっちでもいいのですが、松屋に取材に行きました。便利からいうとすき家の方が近かった。わざわざ回り込みましたので、これ取材です。

値下げは吉野屋もしているのですが、混んでいそうで敬遠します。値下げ後に味が変わっているか? それについては大体、私は牛めしが特別には好きでない。電車通りから新市街サンロードへ、下通りに左に曲るその角、右手に見えます。

どちらかというと、これブログネタです。それで店内は、詰めれば20人は入りそうな中、従業員は2人だけ……がんばっていますねえ。もっとも生憎の雨、満員になんてなりそうもない。

民間といえばいつも行くプールが、今年から民間委託になって、黄色いポロシャツが赤に変わりました。従業員の声も大きくなってガンバっています……それが判る。目に見えるので大変さが推察されます。

心からの歓迎ではなく、どうかいっぱい来て欲しい。ヘタをすれば来年がないのだから、手を絞って2人前も3人前も働かないと、明日がない。必死さが顔に出て声に出る。

のん気なことは言っていられない。プールの運営に日に4人から3人に減らされています。プール場内では、前は客の方で歩み寄って目礼、今は係員が歩み寄って来てのご挨拶です。

そして牛めし、前はいくらか知りませんが御覧のように味噌汁をつけて250円……当然いいですよ。おいしい。毎日、来たくなるような味です。

コンビニの弁当は今、大きいのが500円で小さいのが300円、レンジでチンして持って行くんでしょ。車の中に持って行って運転席で食う……それが流行っています。

その習慣を破らせる価格設定、温もりの丼と味噌汁が松屋の作戦なのでしょう。ラーメンやチャンポン、マクドも佐世保バーガーもグルメなテイクアウトは恥じて死ねとも言わんばかり……気合が入っています。

いつも来る人には、もう一品100円サラダも受けています。牛めし味噌汁では野菜が足りない。情報は行き渡っています。栄養不足は判っていても思うように予算がかけられない……状況も透けて見えます。

天下りの偉い人は松屋で庶民がどうしているか見て欲しい。そして自分を恥じて欲しい。役所の職員にも見て欲しい。松屋でどんな従業員がどんな風に客に挨拶し見送るか、聞いて欲しい。死ねとは言わないが、自分を恥じて欲しい。

2010年4月21日 (水)

語りかける風景~身障者の日~

Img_04222

年度が変わって新体制の県立美術館の、身障者の日です。担当は学芸課の井上主幹、先の土曜日にはふつうのセミナーがあって、身障者向けの日とどう違うか興味のある所です。

私はセミナーの方にも行き、他に車椅子の人もあって、割合が違うだけで似たようなモン? それとも? 井上主幹のお話の印象は微妙です。後の写真、決定的なのはコレです。

体の動き、姿勢に個があって食い入るような視線は、絵に集中しています。関心のもたれ方が判り易いでしょう。理屈はパソコンスライドでも同じですが、こんなに見る人の個性は出ません。

言っていいのか。絵の前の方が格段にリラックスされ、闊達なトークと間の置き方は絶妙。土曜日のセミナーは悪いとは言いませんが、ほぼ満員の盛況なのに、これほどのノリはなかった。

「絵の大きさから来る誤解もなく、現物の方がやりやすいのです」それに私の見る所、パソコンの色は間違いではないが、正しい色彩が写らない。

「手が空くと常づね、会場でギャラリートークやってますから、それは慣れています。こっちの方が安心できます」

緊張される係員さんもあります。井上主幹はどうも身障者慣れがあるト私は読みます。

「障がい者の日は始めてですが、友達など、ありますから、それも慣れています」

そういうわけで今、県立美術館は元気いっぱい勢いがある。今回はスポンサーがRKKで「語りかける風景」コロー、モネからピカソまでをメイン展示している。

熊本の美術で「モダンエイジ」永青文庫展示室「細川一門」も合わせての開催です。ただ当日は雨、それで入場はちょっと少ない。会場は解説が始まるまで貸切状態。

その後、井上主幹の解説が始まります。それまで私はひとり点描画を近くで見たり遠くて見たり、のんびり言うより、我が物顔です。その時に何だか視線を感じる。

TVカメラが入っているのは知っていました。こういう時は絵柄が男より女性でしてね。私に来ると思っていません……が、視線を感じる。知らんふりして撮ってる……ああヤラれた!

この日、絵のニュース最初の1、5秒に使われました。それはいいとして県立美術館が熱い。今、行き時です。身障者にも慣れられ、対応の感触が全体に良くなっています。

見終わって出るとまた少し雨が降って来ます。傘はなくトレーナーのフードを立てて外に出ます。お出迎え係の担当が私を見つけます。

「大丈夫ですか?」

――大丈夫ですよ。

「ほんとうに?」

――本当に大丈夫。これからプール行くから、どっちみち濡れるんです。

「まあ!」ギャグは通じたようで、係員はズッコケるポーズをお取りになります。

●画像は客は誰だか判らない後姿を出す予定でしたが、こっちがいいでしょう。顔には見せない処理を入れています。

2010年4月20日 (火)

悩ましきパソコン?

Photo

パソコンの動きが遅くなった。何とかならないか? ……いうのでお宅訪問。4年目のWinXPのデスクトップ、メーカーはSONY。プリンタを新しくしてソフトをインストールした辺りから、すっきりしない。

これが行ってみるとスキャナー付きで、当然ドライバーソフトも大きいと思われます。旦那さんはインターネットを見るだけですが、奥さんがブログを書いていて、デジカメで撮った写真をアップする。

それに伴い教習に行ったフォトショップ2もインストしてます。家族写真もあるらしいが全部C:¥にしまっている。D:¥は空いているが、そちらには入れるのが面倒といわれます。

話によるとメールなどの活用もまだのようで、未開拓分野はありそうです。あまり早くソフトを消すのもどんなものか? これはTV付きであれば、その辺のソフトを消すのがいいか?

最初、山のようにソフトがつくタイプのパソコンで、何も消していない。空きスペースは30%とある。とりあえずディスククリーンアップとデフラグを行使します。

私のパソコンは60%の余白があって、それから見ると足りない。難しくするとパテーションの切り直し、そこからのインストールは険呑であります。大量の写真編集といえばメモリ増量も必要でしょう。この機種は可能かどうか?

実質的には使われてないのでハードディクの痛みは少ないようです。4年目というと一般論としてはHDの取替えも、そろそろ視野に入ります。悩ましい問題です。

それと夫婦でパソコンの活用、あるいはパソコン友達が足りないのでメンテナンスが出来なかった。その意味での人間関係が広がっていない……パソコンは金ばかり食っているらしい。

メーカー保障は切れて、本社に送るだけで5000円と言われたそうです(笑)それで私が呼び出されたワケ……延長契約していても似たような所でしょうネ。本社送付しても1度で治る訳ではないし……

これで様子を見て、まだ問題があったら来ましょう。そういった所で帰りましたが、このようなパソコン利湯者も多いと思われます。パソコンで関係を広げる。しいては人生を充実させる。

どういうやり方であっても勝手という物だが、昔のままに生きる。普通について行くために出費だけする。それでは意味は薄い。悩ましきはパソコン……とりあえずヤフーオークションをお勧めました。

時代に合わせてパソコンが人生に変化を強いると考えれば、変わらなければ生きる意味すら薄れます。自分を変えられるかとパソコンはあなたに問いかけます。現代を生きるのに、悩ましきは人生その物ではないか?

2010年4月19日 (月)

瑞宝太鼓公演

Zuiho

長崎の知的障がい者の和太鼓グループで、瑞宝太鼓という。20才の人もあるが29から33才まで、およそ30代の6人グループです。コンテスト、慰問公演、有料公演といろいろな活動をされている。

職業訓練所のクラブ活動から、プロの和太鼓奏者をめざす現在にいたる。希望し努力し感謝して生きるという基本姿勢に、チャレンジド、限りない可能性に挑戦を続ける……と裏面に書かれてあります。

5月9日日曜日、合志市文化会館 ヴィーブル

14:00開場 15:00開演

電話096-288-3400まで問い合わせを。

福祉協会の総会が近いので各理事とその打ち合わせ。業務連絡が幾つかあります。上の演奏会もそのひとつ。総会の方は当日には約50人が集まる手はずになります.

あと研修会の話で時間を取る……研修会はリクリ色が強いのだが、旅行は人気があり視覚障害者の要望とも矛盾しない。北海道、東北と下りて、次はどこへ行きたいかという内容打診になる。

●瑞宝太鼓 http://www.airinkai.or.jp/jigyosyo/zuihoutaiko/index.html

2010年4月18日 (日)

ちょっと子供のことで

105_00942

読むくすり箱の4月号が届きます。ここは投稿すると毎号、送るようです。ご近所のそうごう薬局で貰ってきて、ご投稿されるといいかも知れません。宣伝というかチクりは、この位にして……

連載の「薬の話Q&A」で面白いことに気がつきます。今号は子供関係の質問が多い。6つの質問中、4つ……5つ目もそうかな? 完全に大人向けの答えは1つしかない。

むろんインフルが流行った関係があって、そういう傾向が出たのでしょうが……薬の服用後、間食は? これは笑えます。食べてばっかりの子なのですね。

体が大きいと大人でいいか? シロップは大人は飲まない……う~ん、後ろから見るとお母さんが娘のように小さい、そういう親子はあります。まあ書面で相談せずに実際の薬局に相談して欲しい。

抗生剤を飲むと必ず下痢をする? こういうのは直接、医師に判断をあおがねばいけません。物事への直面を避ける傾向がありますからねえ。事なかれ主義は危険です。

ちょっと話が外れますが村上龍さんが、誰もが一律に幸福になれる時代は終わった。もう2度とやってこない……対策として自己決定を早めようと言います。子供の就職も早く準備すべきと主張します。

むろん大筋での進路を考えろいう意味です。とにかく大学を通ってからという発想では、村上さんは違うトいう。放送大学でも教授は志しを育てる。育てたいのです。

芽の先を予め摘んでは根を張ったとしても二度と伸びる未来はないかも知れない。生涯学習といっても老人の受皿が欲しいのであって高齢に志はないです。

そういえば将来は競輪選手志願で、今のところ重量挙げに熱中という学生をみかけました。むろんその子の勝手です。ただ思う事とする事の矛盾というのか。

誰にもありますねえ。本当の希望の叶わないのが見える。煮詰まるのが怖い……子が煮詰ったところで親は自分の要望を述べたい。そこで子をリモコンしたい。その方便かも知れません。

そういう教育方針が見え隠れする……昔で言う過保護が進行している。ウチの子は薬も、もっともっと子供に調節したい。私から見ると、そういう風に見えます。

13才の子供本人も「就職は、まだ決められません」と答えます。

決められないのは、親の下心を読んで、子供のふりをしている。正しくは決めようとしない。

13才のモラトリアム。13才の高等遊民……そして13才はたちまち30才になる。何よりも始めに志がない。ダラダラと流れに沿うばかりで自分に成すところがない……言ったように関係ない。私の知った事ではありません。

最後の質問は、野菜嫌いの子供にサプリを飲ませたい(笑)親馬鹿、いや偏食治すのが先なのに、諦めるのが先。親も弱腰を子供に読まれている……私も責任とらずに論調をトーンダウンします。

自分の子供を作らず犬を飼う。いえ私の側にいるのは、私の犬でさえない。ただの隣家の犬、これだけ犬が流行するのにも理由がありそう……などと分析して見せて。

教育は専門ではありません。あとは村上龍さんにでも聞いて下さい。今日は日曜だし私は、つまり相談員も業務放棄です(笑)

2010年4月17日 (土)

思い出のありか

031063おたくのタンスの上はどうなっていますか? 天井の下から食器棚の上あたりの空間に、使わない古い物を置いていませんか。道具が多い割りに収納が少ない。どの家も物持ちになっています。

新しい部屋だと上戸棚、背の高い食器棚の一番上の段には何をしまうか? 今すぐそれは出せますか。使わない食器やジューサーの類重い物には気を付けたがいいです。

地震があった時に人に降りかかって来て事故になります。20年前のアルバムと古本ですか? アルバムは落ちないように下の棚に入れて、読まない本なら、もう売った方がいいと思います。

手を伸ばして、イスの上に乗るんですか? 危ない。そういう折りイスとか回転イスに乗ると倒れて怪我する。専用の脚立とかハシゴを用意しておくものです。身体障害者がイスから落ちると命取りになります。

健常者も若い時の物は思い出が染みているので出したがりません。身障者も思いは同じですが、身体が利かなくなるのは早い。あっという間に高い棚が使えなくなる。

まあ身体が動くウチに整理できる物は整理した方がいい。介護保険のヘルパーだって最低限、毎日の暮らしを助けるんで、それ以上の介護は出来ません。今の所、ヘルパーの規則はそうです。

余分な介護……私が言うんじゃないですからね。表向きの決まりはそうなっているト申し上げているだけ、だけです。今の与党は福祉には配慮がありますが、いつまで持つかは判らんでしょう。

いわゆる民意という物も、基本的に身障者に理解を示した物かどうか。基礎が固いいうか、福祉社会を望む声は高くとも、将来、自分が老化した時に介護して欲しいのです。

今、自分が老人を介護したい。身障者を守りたい言うのと違います。仮に介護保険が、もっといろんな事をサービス提供するから保険料も高くします。税金多く納めていったら、理解が得られるかどうか?

身障者や高齢老人には昔の、若い時の物を整理する必要が、むろんあります。物置きやタンスの上に積んであります。民間では福祉整理と言って、そういう専門職が出来ています。

身寄りのない高齢者の遺品整理をやっているメモリーズという会社が、重度で動けない、生きている人に向けても仕事を始めます。でも、あなたがイスの上から落ちても整理には来てくれません。

まだ九州で支店がない。メモリーズ、思い出は、整理して少なくすべきで安全なタンスの奥もほどほどに……後年その始末は自己負担になるのですから。

●福祉整理のメモリーズ http://www.ihin-memories.jp/cat6/