« 車検、済み | メイン | 牛乳栄養セミナー »

2009年12月22日 (火)

微笑の理由

Taito 綺麗な女に逢いました。その話をしますか? 

いえね、女が美しく見えるには理由があります。その場合の理由は女性にではなく、見た方の男の側にあるもんです。しかし、それは今日のところ置くとします。

電車に乗ると私はマン・ウォッチングをします。文字通り男の場合もあれば女性の場合もある。その日は女性でした。40がらみの、もう若くない。その女性は女優のように美人でした。

いつもの郵便局に行かないです。駐車場に車がいっぱいで先を走って道を行きます。そして駐車場の空いた、通りがかりの郵便局で止める。まずアマゾンで買った本の代金を振り込みます。

女優のような女は席に坐ると、背筋を伸ばして直立します。訝しいのは女がタクシーを使わず、電車を使うということ……つまり水商売ではない。かといって奥さんでもありません。

それから私は知り合いに出す、手紙の切手を買おうとする……窓口の女性が微笑む。その係員を見て、私はアッと声を飲む。見たことのある女性がそこにいました。

事務員風の女性が花畑町から乗り込むとは、多分ですが熊本駅界隈で客に会うのではないでしょうか。銀行員は外ではそんな風の感じの服装をするものです。

「こちらに来られるのですか?」切手一枚を売るにしては、おせっかいな言葉なのです。

――お久しぶりです。ここにおいででしたか? いえ、たまたま来たのです。

「時々、こちらにもお寄り下さい」窓口は切手とポケットティッシュを渡します。

銀行員でなければ証券会社、保険勧誘員……最後の可能性が強いと私は思います。どちらにしろ灰色のタイトスカートで詰め寄られると、弱い男は多いのではないでしょうか?

窓口は私の昔の……ではありません。私が最初に留めようとした郵便局に、5~6年前に勤めていた局員です。あたかも旧友のように笑いかけ、おせっかいを聞き、また来いという。油断が出来ません。

どうして女性はあんな風に微笑が出来るもんでしょうか? それとも私が特別、女性の微笑みに弱いからでしょうか? モナリザ以前の大いなる謎と思います……いえね、その謎が解けたのです。

電車の方の美人は、ハンドバックの中から鏡を取り出します。熊本駅が近くなりました。美人は鏡に向って凄まじい速さで百面相を始めたのです。

役者志願の若者がよくやる。顔の体操、訓練法にそういうのがある事は知っています。そうすれば表情が自然になる。しかし電車の中でやるとは……美人にも営業時間が近づいたのでしょう。

あの郵便局員も窓口に坐る前には、百面相をやったのでしょうか? 微笑の謎を解いた時、可笑しいような悲しいような、私は気妙な哀感に打たれました。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/394232/22693609

微笑の理由を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿