« 電話相談 | メイン | 歯科治療~次亜塩素酸水~ »

2009年12月26日 (土)

試乗、アイミィーヴ

Mivu2

乗ってきました。いやあ、電気は静かです。キーをひねるが音がしない。

「それで、もう入りました。今、入っています」と担当。

車のキーではない。これはアンプのスイッチを入れて、CDもDVDもかけない状態と同じです。

――えぇ~ぇ。これで、ですか? えぇ~ぇ……

暫く私はリポートにもなりません。

敷地内から道路に出て行く時、ハンドルが独特に切れ上がります。これがアイです。そして信号機で踏む、効きのいいブレーキ感覚。これは間違いなくアイです。

――パジェロミニも試乗しましたが対照的ですねえ。

「パジェロミニは昔からある車で、小さな手直しはありますが基本を変えていません」

「このアイミィーヴは物足りないのではありませんか?」

――私のアイNAでさえ、時速40Kから70Kくらいまで、エンジン音は同じ変わらない。メーター見てあわててスピードを落とす有様、それがアイです。ミィーヴも、そこはそうで静かですねえ。

静かでもパワーはあるという。ターボアイと同じ程度、それはそうだろうと思われる。加速も坂道も静か過ぎて実感がない。前のパジェロミニと同じ道を走るのだが、感覚が違い過ぎる。

エンジン音を取ってしまえば、アイの車体は遮音がいい事に気がつく。陸橋の下で車の話をしていると、私の部屋より落ち着く気がして来た。そして、カーラジオは三菱ダイアトーン。

昔、NHKの標準スピーカは三菱でした。それで今もクラシック音楽と相性がいい……と私は思う。たとえばバッハの無伴奏バイオリンソナタで、つまりバイオリン一本の音楽を聴くとしても、アイならイケます。

安物なのにいける……特にライブ音源が面白い。音楽でなければ話し込みそうです。声のためらい唾を飲み込む息次ぎの音が聞き取れます……担当は今回、女性ではありません(笑)

つまりミィーヴは、自身だけでなく車全体の正体を晒した……そう言っては言い過ぎでしょうか? ノイズと振動のフィルターをかけて感覚をマッサージする。車は、よく言えば癒し効果の道具です。

悪く言えば……プリウスが剥がしかけた自動車の神秘を全部剥がしてしまったのです。多分、担当は自身がミィーヴを物足りなく思われている。車が持つ特別な意味が終わりかけています。

バッテリーの話になります。ミィーヴは10年10万キロを保障しているという。

「熊本市からだと北九州まで、ちょっと届かないかなあ。30分の急速充電をすると、また走れます」

――極端にいうと北九州の喫茶店で30分のコーヒーブレイクを入れる。その次は尾道か広島か? そういう感じですね。

「あ、それはローソンと提携しています」 

そんなには人間の生理は走れない。現段階でアイミィーヴは460万、それなら10年10万キロを保障しても採算は取れるのでしょう。それが半額になり、やがて100万を切る時に保障はどうか?

担当はミィーヴのバッテリーをケータイのそれに例えます。私は内心で、ノートパソコンと比較しています。バイオノートのバッテリーは簡単に寿命を延ばした訳ではない……そこが問題です。

簡単に行かないにしろ車の本流は電気です。トヨタやホンダは電気の前に、ハイブリッドを売れるだけ売るコンタンです。ハイブリッドが売れなくなった時に、電気を出そうという戦略です。

三菱はハイブリッドの手札がないので先に電気の手札で切る。マツダはロータリーエンジン水素ガスという手札を持っています。これまで書いたように電気が面白くない人に、これは面白い。

本流に対する支流として非常に魅惑的なカードになります。パソコンが普及につれ特別ではなく普通の道具になったように、車も普通の物になると思います……この予測は当たるでしょうか?

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/394232/22732785

試乗、アイミィーヴを参照しているブログ:

コメント

こんばんは
アイ・ミーブに乗られたのですね!動力性能的には、軽自動車の自主規制枠である64馬力相当に押さえられているみたいですが、直流モーターの特性で、発進加速がスゴイと聞いています。0-100m加速だと、ランエボにも勝てるとか。
あとはやはり低価格化とバッテリーでしょうね。航続距離の短さは何とかしてもらいたいものです。

こんばんは!
iMiEVの試乗、羨ましいです☆
これぞ未来のクルマって感じがしますね(^^)
試乗記を読んでみても、電気自動車に可能性を感じますが、これからは価格とコストの割合が問題となりそうですね(苦笑)
iMiEVはフランスのプジョー&シトロエンでも発売されるようなので、量産化でコスト削減できそうで期待できそうです☆

こんにちは。
一回あたり3時間以上連続の運転は、普通の人はやりませんから、かなり特殊な問題と思われます。ただパソコンのバッテリーが次第に短命になるように、次第にバッテリーは弱くなる……はず。

最大の問題は価格ですねえ。三菱はトヨタ、ホンダを、どうリードするか? あるいは提携するのか? 興味シンシンです。

電気は基本的に女性の自動車、日常使用と思われます。男性の遠出用、営業用は書いたように水素ガスが向いている。使い分ける事になるだろう……トいうのが私の予則になります。

もう1つ、私やツバメさんの深刻な問題は、今のプリウスのようにアイのデザインが陳腐化する。交差点では前も後ろも、右も左もみんなアイという事になりそう、そういう事(笑)冗談です。

コメントを投稿