« 白川秀樹講演会~セレンディピティー~ | メイン | マミーきな粉 »

2009年10月24日 (土)

カセットデッキそれから

Z71002 カセットデッキのゴムベルト等を交換して復活、デッキマニア・シリーズです。今回はA&Dの最高機種、Z9100EVをジャンクで入手、その復活に挑みたいと思います。では、これまでの経過から。

私は元々、A&DのGX-R3500というリバースデッキを使っていました。同機は2、3年でゴムベルトを交換した方がよいとして、私は時々、電気店にベルトだけ注文して自分で代えて10数年が立ちました。

そのうちHRAD・OFFハードオフではR3500が525円で出るようになります。モーターが切れた場合には500円機を使ったりします。R3500も上級機のZ7100もジャンクは同じ500円であることから、好奇心でZ7100も買います。

7100はリモコンが共通で、圧倒的に音がいい。ただ違いは判らない人もあれば、ないと断言する人さえあります。せっかく買った7100ですが3ヶ月でメカベルトが切れ、ベルト代替も見つかりません。

そこで壊れた9100を買って来てメカベルトのみ取り出します。だが7100に取り付けるのに自信がなく手が出ません。そこで家電修理教室に持ち込み、先生から教えをいただき、7100を無事に復活させます。

これが前回までの話です。キャプスタンベルト、およびメカベルトは本当にないのか? よくよく調べるとヤフーオークションにベルトを売る人があって、そこではメーカーではなく、ベルトサイズで注文する必要がありました。

……となると7100を腰をすえて使おうと思います。ベルト交換のテクニックも早い時期に再確認、復習して置きたい気もします。それやこれやでハード・オフをうろうろしていますと……

そこにA&D GX―Z9100EVのジャンクがあるではありませんか。さっそく買って来て開けてみます。キャプスタンベルトが古くなっている。R3500のベルトは巾が4ミリで、7100および9100は巾が5ミリで大きいがほぼ同じサイズです。

R3500のを代用しますが、ただちょっと、ベルトのテンションが足りないような……やはり5ミリでないと……あるいは、この9100EVは他の部分も弱いのかも知れません。

さて、7100と9100EVの音の違いはありますよ。(再生チェックのみ)やはり9100EVがいい。ただ線の細い感じでクラシック向きの音です。ビゼーのオペラ、真珠取りが素晴らしく鳴ります。7100の方が元気という感じで、一般には、この方向がいいのでしょうか?

9100EVジャンクは今回1050円で、525円の7100の時より高くなっておりました。それでもヤフーで買えば郵送代に過ぎません。ドアも開き固着もない、むろんリモコンも利きます。ここまで復活すれば何も文句はありません、ハイ!

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/394232/22072031

カセットデッキそれからを参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿