« アートプレックス熊本秋レポート | メイン | 知って得するビューティー×健康セミナー »

2009年10月20日 (火)

編集中103号

Ozawa2_4

紙のかけはし103号を編集しています。ブログから視聴率のよかった記事を選び、幾つかつなぎ合わせたり、バラのまま集めるのですが、あまりインターネット前提に書いてる文はボツとします。

最近の記事でたとえば「カセットデッキ不調」はネットでは引き合いがある。視聴が高いのです。2年前にはこういう事はなかったのですが、需要は低くそうと記事と思って書いても、しっかり見て頂ける。

ありがたい限りです。自己規制とか手加減はしません。私は書きたいことを書きたいように書いています。そういえば家電修理教室の先生が言っていました。

「このカセットデッキはマニアが多いねえ。俺は耳が悪いのか違いが判らん」どうなのか? ヘッドが減らないなど頑丈な面もあるからと私は思います。しかし修理の模様を身障者に見てもらっても仕方がない。

筋トレや水泳記事なら大丈夫かと言うとそうでもない。筋トレも水泳もしないと決めている身障者は多いのです。なぜと言うに昼は仕事がある……夜は酒を呑む。スポーツ時間はないという。

健常者もそうですが酒に限らず、決めた事を守るトいう人も多い。それがここ数年、守りづらくなっています。電化製品は必ず近所の電気屋で買う。そういう人も身障者には多いのです。

まあ考え方は勝手ですが、得策とも言えない。握り寿司をスーパーで箱のを買ってくるのも得策か、どうか? すし八の方が評判いい。88円の日を狙って行った方が得策でしょう? ネ?

すし八は、今回、紙のかけはしにも出しますが、受けはどうでしょうか? 身障者は家で食べたい人が多いからかも知れません。なんでスーパーに拘るか。やはり不自由な体を見られたくない……ないからと思われます。

それはまあ、どう考えるのも本人の自由です。私は何とも思いません。思いませんが、選べる記事が一本、一本どれも難しくなって来る。これは何か変だと感じます。

時の流れが速くなっていて、古い事が致命的になっている。何で自民党は負けたかと考えるか? 何で民主党は勝てなかったのかと考えるか? どっちの問いかけが妥当と思いますか。その辺の違いのような気がします。

今回はブログでは書いてない政治関係も多くなります。民主優勢から長妻厚労省大臣への就任の流れに到る。この過程で身障者がらみの記事が量多く出ています。これは偶然ではない……と私は思う。

まず厚労省が要介護認定を軽度化していた事を認めましたよね。前から身障者仲間内では言われていました。郵便料金の不正運営、あれもまだ根が残っています。

障害者団体会長にも不始末が出ていて、もう頼りにならない政治体制を無理に頼ろうとした……ように私には見えます。今まで隠されたことも隠されず、暴露されるようになって来た。

自民系の議員団体の弱体化、行政も民主系へ方向転換している。その過程でボロが出ていると思われます。編集で記事を並べ変え、選択して行くと、それは改めてよく見えて来ます。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/394232/22024617

編集中103号を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿