« インカ帝国のルーツ黄金の都シカン | メイン | マイナスイメージ »

2009年10月31日 (土)

遊々・車いす 本

Bunnken_2 「遊々・車いす」が本のタイトルですが、どうもエンジョイチェアウォーカーライフと洋題にしたかったらしい。サブタイトルはそうなっています。本文に入ると言葉として車いすとチェアウォーカーが交互に出ます。

どうでもいい指摘ですが、玉木文憲さんにとってここは重要な事のようです……車椅子生活に慣れない人にとって、車椅子は特別な意味があり、それは車椅子が身障者の象徴だからだろうト思います。

車椅子でない私は時々、身障者として肩身の狭い思いをしてショーウィンドウの前を歩いています。逆に健常者の意識のまま、身障者になり車椅子に乗る人は、屈託すると思われる。

屈託の結果、車いすとチェアウォーカーが交互に出て来るとあれば……のでしょうか? ここは過剰分析なのかも、あまり自信はありません……失礼しました。

車椅子は自分に合ってなければなりません。だが自分に合う車椅子は簡単ではない。人にもよりますが私の場合、中古の車椅子を何台か乗ってみて合う条件をつかみました。

2万円ぐらいの既製品を、ムダになるのを判って乗ってみるのも、手かも知れません。ギックリ腰になったら身体を動かすな。どうしても動かすんなら車椅子に乗れ、ト私はいいます。

玉木さんは車椅子の価格に驚くのですが、ギックリ腰の治療代と思われます。次回ギックリにも使え、身障者の気持ちも理解できる……むしろお安い買物かも。

玉木さんは、福祉事務所を通して注文すれば車椅子が安くなる事を書いておられます。身障者になったら身障者の友達を作って、具体的に教わった方が早いのです。

私はいくぶん希な軽車を買って、同じ車に乗っている友達を募ってブログ会議を開きました。問題は違いますが対処は同じようなものでしょう。

軽というのは普通車に比べれば劣等感につながります。普通車を買わなかった劣等感が自分を閉ざし、幾分希な車種の取り扱いの判らなさが、自分を自分から遠ざけます。

よくある車に乗る事のメリットはそこにあります。そしてメリットの裏にはデメリットが潜んでいる。玉木さんは車椅子を肯定的に捕らえようとして、この本を書かれています。身障者を肯定的に捕らえようと、私はこのブログを書いています。

玉木さんと私は、ほとんど同じ年齢らしい。ただ身障者としての経歴には倍ほどの時間差がある。もし、もし失礼な表現があったとしたら、身障の甲にてお許し願います。ご本人のお目に止まるは必定、予防線を張っておかなくては(笑)

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/394232/22156661

遊々・車いす 本を参照しているブログ:

コメント

大変遅い反応で恐縮です。今日はじめて、このブログを拝見しました。HPにメールへのリンクがありますので、仲良くディスカッションしましょう。本のタイトルはおっしゃる通りで、編集長に押し切られましたから、中身といくつかの矛盾があります。

今日は、私も問い合わせの時にブログの存在は言ってなかった気がします。
身障者で文筆家いうのは共通なのですが、実は作風いうか見解はかなり違っています(笑)それ突きあわせてみるのも面白い。かも?

コメントを投稿