« お伽ばなし | メイン | デビッド・クローネンバーグ »

2009年9月30日 (水)

タバコと覚せい剤

Tv2_2覚せい剤のTVニュースが流れます。あんなもの、私も使ったことはありません。リアリティはないが覚せい剤は、悪その物でしょう。覚せい剤は悪いがマリファナ、大麻なら少しはよかろう。

大麻もまずいがタバコくらいなら……タバコも人前で大っぴらに、やるものでは、今はない訳であります。ちょい悪という表現がありましたが今は、もう言いません。自分はともかく家族を傷つけるのはよくない。

時代の流れはクリーンです。流れにサオ差しても仕方がない。ただこうなると悪への羨望は強くなります。羨望とはあこがれです。あこがれとは不明の部分へ惹きつけられる事。

惹きつけ言うとひきつけ、たいてい数分で治まります。強く抱きしめたり揺さぶったりすると長引く。そりゃ赤ん坊の話だろう……ちょっと違いましたか? まあ似たような物です。

正面からは出来そうもない。脇を突いてみようト考えるのです。試験勉強がはかどらないト先輩に昔の問題を聞きに行く。そこまでは何とかセーフ……教員室にテスト用紙を見に行った生徒がいます。

そうなると悪です。歩行者天国でタバコ吸ったような悪でしょ? もっと? 大麻くらいの悪ですか? いえね、私が高校の時に試験の前夜に、教員室に行った生徒がいるんです。

夜だから教員室は開きません。ドアガラス割ったところで警備に見つかって、翌朝が大変でした。生徒は情緒不安定というか、暗くなって症状が出たようです。

悪へのあこがれは、そういう所があります。芥川龍之介の羅生門というのは、若い下人が人生をどうしたらいいか判らない話です。試験の前の夜に勉強がはかどらない生徒のような所があります。

自分に自信が持てない。まともにやったのではダメではないか。それでまともでない事を考えます。外出にはブランド服でキメたら、自信が持てるのではないか。

それで夏場に冬買ったブランド服を着て出たがる。ナイフを持って出たがる。縫いぐるみを着て出たがる……つまり試験の前夜に教員室の前に立っている生徒のような所があります。

試験の朝に精神安定剤を飲んで行くいう子供は、あるという話です。別にそれが悪いというのではなく……覚せい剤に依存したいという心理はそういう物だろうと思う。

身障者も似たような所があって、手の悪い人はなんとか手を隠そうとします……私のように足の悪い人は足の隠しようがない。もし下半身だけ消えたなら、映画に出てくる幽霊ですもん。

覚せい剤も精神安定剤も姑息なんです。ブランド服もナイフも縫いぐるみも姑息です。姑息とは考えがケチ、一時逃れを言います。足が悪いと書きましたが、障害のある事をいう。

これもですねえ、身障者の私は悪くない。悪いなんて何で言われなくてはならないか? そういう人がいるんです。意味が違う。それを判っていていう。姑息な一時逃れですなあ。そういえば全能感の向こうには、たいてい姑息が見える。

覚せい剤を使うには理由があります。私は使ったことはありません。私はある意味の不幸と長く向き合って来た。姑息な考えでは長く持ちません。だから覚せい剤は、悪その物だろうと思います。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/394232/21792485

タバコと覚せい剤を参照しているブログ:

» 麻薬とタバコと (787.TSUBAMEのきまぐれブログ)
既に主要ニュースからは落ちつつある話題だが、お盆前に芸能人による麻薬事件が相次いだ。特に、かつてのアイドル“のりピー”こと酒井法子容疑者の逮捕は、リアルタイム世代にとって非常に衝撃的だった。 さて、芸能人による薬物事件だが、枚挙にいとまがないというほど数多...... [続きを読む]

コメント

こんばんは!
タバコは覚せい剤よりも止められないと聞いたことがあります(^^;
試験前日などはいつも徹夜していたのですが、そのおかげなのかいつも睡魔と闘うことで精一杯でした(苦笑)
今になって思うことですが、学校で学ぶことよりも、社会に出て学んだことの方が多いような気もします(^^)
学生の頃に知的障害者が通う中学校へ体験学習に行ったのですが、その時に担当してくださった方が「可哀想と思うほうが失礼だ」と仰っていたのが、いまでも鮮明に覚えています。
善も悪も考え方次第なのかと気付かされましたが、覚せい剤は法律で禁止されているので使うことは悪だと思います。

こんばんは
今年はどうやら、薬物犯罪の当たり年だそうで…。
同様の記事を8月23日に掲載しています。トラックバックしておきますので、ご一読ください。

今日もありがとうございます。
さて、考え方はありますが次第かどうかは? 少しいい、マシという事はある。酒やタバコをやる人は覚せい剤も受け入れ易いと思われます。依存的ということです。少し自立とは依存を弱める意味です。禁止されるされないでなく、方向の向き変える事ではないでしょうか?

体験学習しましたか? これも失礼はない方がいいが、それですむというなら差別や断絶よりはいい。教えではなく体験であれば、もっと深い理解や記憶になったかもしれません。CR-V乗りさんの存在は、私にとっては単なる記憶を超えつつあります。

ツバメさん、お早うございます。
落ちの話題ですか。そうですねえ。ニュースは演技派女優の奇行に移っていますか(笑)……私は今日も関係ネタです。私には、ずーっと前からそうです。もっともズーット前は薬は覚せい剤よりは大麻が中心だったような?

依存や自立のあり方といえば薬物を越えて、人間や社会との関係作りにつながっています。関係作りに行き詰まると奇行という所でしょうか。あれはある程度、演技のうまい俳優女優が自分の演技に行き詰って起こると思います。

コメントを投稿