« 風が吹きます | メイン | ラブソングス »

2009年6月30日 (火)

とうもろこし

Photo トウモロコシに凝りました。焼きトウモロコシを標準にすると昔式のトウモロコシ品種がいい。ただ、これは固く老人には不向き。ついでに歯並びの悪い人にも向きません。スキ歯の人は歯に詰まる……他は大丈夫かというと今は若い人はアゴが弱く、固いのはダメだそうです。

前に北海道、白熊コーンの事を書きました。表面の皮が醤油にはなじまず、熊本スートコーン同様、焼きトウモロコシとは相性が悪い。ここで787ツバメさんの提案で電子レンジに入れたのですが、確かにチンの方に向いています。(熊本県人はたまり醤油という濃厚な醤油を使います。端的にいうと、この醤油に中毒のフシがある)

ところで熊本のトウモロコシは、スイートコーンはすでに生りを潜め、主流は味来コーンと言われる品種です。味に来ると書きます。これも阿蘇の産物とみえ鮮度が高い。そのためか香りが強い。生で食べると十分に行けます。電子レンジに入れると、その香りが抜けます。

まあ好き好きではありますが、鮮度がいい内は生、日が経ってきたらチンした方がいいでしょう。白熊コーンも似たような物ですが、経路が長い分だけ日にちを食っており、味来コーンと比較という訳にはいきません。

日にちを置くと熊本県産も似たような傾向になる事は違いありません。まあ北海道に行ったら白熊コーンの生食をやってみようと思いますが、その後、付近での白熊コーンの姿を見ません。どうも入手困難、北海道で余らないと九州まで来ないようです。

何でトウモロコシに拘っているかと言えば、トウモロコシに植物性グルコサミンが含まれるとの、噂に寄ります。県産にしろ北海道産にしろシーズンだけのトウモロコシです。オフになったら食えません。拘ってみても高がしれています。

グルコサミンは、私の観察では2ヶ月ほど見ないと結果は出ません。米に変えるほど食わないと……どっちみち出ない。それは判りきっている……米国産の営業用、ポップコーンもやっと2袋目に入りました。1キロを約2ヶ月、ペースが遅すぎです。

トウモロコシで変形性股関節炎を治すのは……どう考えても現実的ではない(笑)当たり前か、アーァ、ア。それにトウモロコシはお米に比べると元々がうまくない。米を食えというのはJAだけの陰謀ではないらしい……

それやこれやでトウモロコシ食っています。ツバメさん、アドバイスありがとう御座いました。くだんのごとく使わさして頂いております。そういう所で……あ、クローバー社のポップコーン1Kg袋はドンキでは300円、Aプライスでは400円になっております。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/394232/20414261

とうもろこしを参照しているブログ:

コメント

はいはーい、こんばんは、787.TSUBAMEでございま~す!
トウモロコシをレンジでチン!お手軽でいて美味しく、かつ、茹でるのに比べたら栄養素の抜けも少ない。理にかなっているでしょ?
どうしても焦げ目が欲しい方は、その後に軽く炙るといいですよ。これにたまり醤油とバターなんて、最高じゃないですか!

最高ですねえ(笑)何だかんだ言っても、誰も飢えていない。飢えた国から見れば日本は天国ですね。幸福にはなれませんけど、幸福感のない天国、ああこれ、いいフレーズかも。
今日は渡辺淳一さんの講演を聞きに行きます。年齢に見合った鈍感力がつくかも……(笑)

コメントを投稿