« 按摩と女 映画 | メイン | 低額第三種郵便物の謎3 »

2009年6月26日 (金)

カメと野村監督

Photo 何処か近くの家に巨人ファンがおられる。TVが野球中継をやると拍手が聞こえます。今年はトレードもうまく行って、巨人は間違いないと思われた。原監督の実力だけでも勝負は決まらず、水物ですから難しい。

うまく行かない現実に関心が強く。肥後もっこすではなく、私は不条理の世代なのです。まあまあイっている楽天を面白がる。私は野村ウォッチャーも嫌いではない。あの人、作戦があるようでない。ないようであるのかも知れません。

軍国少年、少女には基本的に作戦がないト聞きます。たとえば海軍は、今日に集中しろト教育したそうです。先を考えないで今日に集中すれば、今日と今日の後に歴史が出来て、過去や実績がついて来る。そう教えたそうです。

現状分析と望ましい将来を照らし、今、何をするか? そういう風には考えない……米国映画の進行は必ずそうなります。日本映画の主人公は意味ありげに行動するようで、単に一生懸命なだけです。例外はありますが基本は受身なのです。

一生懸命を口実に、将来には見通しがない。上司や政治や行政から見ると都合はいいかも知れません。だが本人には思う生き方は出ません。本人が自分に生き方を持つのも、西洋の考え方であり日本には元々なかった。

早い話、周囲の人のマネをすればいい。ただ身障者ですから健常者のマネには限界があります。健常者を物差しに自分を計るのにも無理があります。野村監督が力のないチームで、力のあるチームと戦う戦略は、状況的に似ている。

応援ではないがニヤニヤします。見ていて楽しい……では身障者は楽天ファンが多いか? そうは行きません。障害者も圧倒的に巨人ファンが多い(笑)なぜかは知りません。とにかく、そういう状況にあります。私の営業方針は、この希少価値だけ。あまり戦略ともいえない。

野村監督はカメの理論を説いています。亀は甲羅に閉じこもって何もしない。健康のために何かすると寿命を縮める。そういう野村理論を立てておられる。そうすると障害者も自分の障害に閉じこもって何もしない方がいい……そういう理屈になります。

あれはマスコミをケムに巻く逆説と、私はニラんでいます。海千山千の野村監督の言葉を額面通りに聞く訳にはいきません。だって亀の生き方がそんなに有利だったら、地球上は亀だらけになるでしょう。甲羅が発達した亀人間が地球を支配していますか?

あなたにも私にも甲羅がない。これ、証拠です(笑)

私は時々、身障者に聞いています。明日のために作戦ありますか? 大体ないみたいです。もう一問、どういうのが理想なのでしょうか? それは健常者のように生きられる物なら、それが一番!……(笑)

いえ、若い人ではありません。私より年上の障害者でも、そう答えられる。私は間違っているとは言わない事にしています。戦前は海軍だけでなく戦略を持てとは言わなかった。今日に集中すれば、やがて歴史になるのでしょう。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/394232/20359437

カメと野村監督を参照しているブログ:

コメント

こんばんは
「先見の明」といいます。ところが我が国では、「出る釘は打たれる」のです!どうすればいいのか?出すぎちゃうと打つことが出来ません。Yahoo!がそうですし、楽天(野球じゃなくて、本業のバーチャルモールのほうです)、マクドナルド、セブンイレブンやユニクロなんかもそうでしょう。
ライブドアはYahoo!になれずに、楽天にもなれなかったから、ナンバー2以下を買収し、ナンバーワンにのし上がろうとした。そのためには自分を大きく見せる必要があったから、粉飾だのなんだのをやってしまった。

日本では“上”に従うほうが賢明な生き方とされていますが、米国は違います。フロンティアスピリットを持って先を行く人を応援します。万一失敗しても立ち直らせて再挑戦する時間を与えてくれます。アップルのスティーブジョブズ氏は一度CEOの座を追われましたが、後に返り咲いています。私、嫌米派なんですが、彼の国のこういうスピリットは学ぶべきだと思っています。

先が見えずに今、この時点しか見えないというと、以前hataさんがお書きになった「発達障害」と通じるところがあります。私がここから述べているのは、その中でも高機能自閉症、いわゆるアスペルガー症候群のことです。
彼らはまさしく、「真っ暗闇の中をペンライトで照らすほどにしか」周りのことが見えていないそうです。当然、先を見て行動するということも考えていません。我が国ではそれを、「協調性がない」といって敬遠されます。
ところが彼らは、とてつもない才能を持ち合わせている場合が多いのだそうです。アインシュタイン博士、山下清画伯、イチロー選手、山下画伯はアスペルガーとは違うのかもしれませんが。私が嫌いな米国は、むしろこちらを強調します。溢れる才能を探し出して、伸ばすほうに仕向けるのです!

スミマセン、話が落ちません。
私ですか?オフィスでは周りより一歩か二歩、先を行っているつもりです。

見えないのではなく見ない……おはようございます。
いわゆる日本人は発達障害とは違うと思います。20年近く前、私が水泳を始めたのは、取材半分で教室に行って、それから……福祉協会はゲートボールをやっていて、競争の水泳には関心を示さなかった。

水泳がリハビリとして見直されるのは、もう少し後になります。水泳とグルコサミンの組み合わせは、ネットの一部に流れた情報で……今から見ると合理性が感じられます。これも当時は海のものとも山のものとも……

私は水泳と筋トレを組み合わせ、リハに使えるのではないかト最近、実験を始めました。どちらもリハに使えるという情報がネットに流れています……福祉協会はというとゲートをペタンクに変えました。多分、私の方に大きな結果が出るでしょう。

米国嫌いは勝手ですが、この国はかの国の属国であり、嫌っても何も始まりませんが……判ってますよね。

コメントを投稿