« 点検日です | メイン | NAVERの進出 »

2009年6月22日 (月)

茂木健一郎INサンプロ 

Tahara 年齢に負けない脳活性化術 6,21のサンデー・プロジェクトより

勝間さんに続きベストセラー人に聞くのシリーズらしい。

――20才過ぎると脳細胞は1日10万個死ぬそうだが。

「年間3600万だが、脳細胞は1000億あると言われる……脳細胞は作られる事も判って来ているので心配の必要はない」

「それよりも脳回路が鍛えられないで衰えていくのが心配……側頭葉から前頭葉に記憶が引き出されるのが思い出すという事。田原さんはおそらく忙しくて思い出すことをされていない」

ないしは酒を呑んで日記も書かず、その日を忘れる人は危ない。私のようにキレイに昨日は忘れ、いい加減な話をでっち上げるのも……

「今日、昨日は何があったか思い出す。その回路を使ってないだけ……私は毎朝、ブログを書いているが昨日の事を思い出すのにいいと思う」

――昔は日記、今はブログ。

「感情と記憶の中枢が共同して覚える。感情のアップダウンが大事で、それが伴っていないと記憶が覚えてくれない」

「つまり好き嫌いは大事、選べない物を選ぶのが大事」

――茂木さんは自民と民主、どっちが好き。

「野党の役割は与党に対して批判をする。与党は実行しなくてはいけない……違う役割がある。政権交代をしている国では、国民も両方の考え方が出来る」

――今は与党に野党マインドが生まれて来ている。野党に与党マインドが生まれている。

「(笑)そうですね。両方のマインドがあった方が健全だと思います」

――では僕個人にもどって、70代だけど大丈夫?

「脳はオープンエンドといって脳はいつまで経っても学ぶことをやめない事が判ってきました。72才から絵筆を取られても院展に何度も入賞されている女性がある」

「一番、大事なのは意欲なんです」

――こういう突然のフリに答えるには?

「簡単です。抑制を外してあげる。とりあえず何か話す」

――語学をやるが感情に結びつけるのは、どうしたら?

強化しかない。バイリンガルの人の脳は強い事が判ってきました。語学は強く勧めます」

――田原メモから、五感って何ですか?

「五感を総動員して覚えると記憶が強くなる」

――百聞は一見にしかず、聞いただけではダメだってこと?

「神経の30%は視覚に使っています。逆にいえば見る事に頼り過ぎている。偏るとよくない。そういう意味からは聞くだけから想像する事も大事、とにかく五感を総動員して記憶する。偏らないのが大事なのです」

クオリア日記 http://www.kenmogi.cocolog-nifty.com/qualia/

映像、かなり昔、20年くらい前、講演会での田原さん写真

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/394232/20279251

茂木健一郎INサンプロ を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿