« 2009年3月 | メイン | 2009年5月 »

2009年4月

2009年4月30日 (木)

GOEMON試写

Goemon 「GOEMON」の試写です。映画というよりはシュミレーションゲームさながらの画像展開で才蔵、秀吉、信長、家康がバッコする世界です。マゲなしで現代服、中世騎士の鎧やお姫さまスカートで、あの人がこの人が出て来ます。

レッドクリフのヒットも言ってしまえばこれです。指輪物語3部作は大作映画のスタイルを確立させ、大きな功績を残した物です。指輪では主人公が生残り、指輪を消滅させる事があらかじめ約束されていました。その線で物語は展開していった。

主だった人物が基本的にハッピーエンドを迎える点は、レッドクリフも引継がれ、パート2、後編もヒットしていると聞きます。GOEMONはもう少し複雑な構成になって、誰がどんな役割を果たすか判らない仕掛けになります。

これは配給松竹の注文なのか。情感と情感のぶつかり会いのシーンが多く、レッドクリフとも一線を引きます。邦画の由縁という気もします。まあ、そうなると才蔵の大沢たかおさんが儲け役になりますねえ。ご注目、ネタは割りません。

ここまで奔放ではないが、物語の枠は大映「忍びの者」シリーズと司馬遼太郎「梟の城」からと見ました。司馬さんは戦争で中国に行って、軍人たちの横暴振りと日本に失望する。こんな日本人ばかりではないはずと、歴史に日本の長所を求める訳です。

司馬さんが戦後ブームというか。国民的作家になったのは司馬さんのような思考回路をたどる人が多かった。そういう意味を持ちます。歴史上の人物を思い浮かべ、厭戦ないしはまだ負けてないと思う。ですから敗戦でなく終戦、終戦記念日となる訳です。

映画の大きなメッセージはこういったオマージュになります。その点はよく出来ていて、いろいろはありますが最後には納得できる娯楽映画に仕上がっています。また戦国武将は女性にもブームという話で、その流れにも沿っています。

ただ天下取りに絡んだ3人はジジ臭い選択で、真田幸村や武田上杉の天下取りに絡まなかった武将が女性人気の中心なのに。そこは少しダサかった。女性の扱いにも疑問あり。まあ間違いなくヒットしますから、2作目のテーマになりますか?

個人的には芸術性のある映画が好みですが、考える所はありませんでした。見てれば全部、誰でも判ります。ややこしい所はありませんが……でもレッドクリフよりは複雑かな。おっと、そこが問題になる? 

勉強したい人は雷蔵さんの「忍びの者」篠田監督の「梟の城」と比較したら断然、面白くなると思います。また近い上映では松山ケンイチ主演で「カムイ外伝」がスタンバイ。クドカンさんの脚本は恐いけど、いやーぁ、忍者映画って本当に面白いですね。さよならさよなら、さよなら(笑)

2009年4月29日 (水)

グルコサミン サントリー

Gulu グルコサミンを勧めています。関節が痛い、曲げ伸ばしの具合が悪いという人へは今のところ、ほかに切り札はありません。DHC、ユウキ製薬、小林製薬、ファンケル、価格順にいうとそうなります。ファンケル以外は自分でも試しています。

そういうと「どれが効くのか?」言われますが、それは判りません。聞くところではカルシュームを処方する医師もあるようです。私の勧めもコレに類する事で、効く保障はない。むしろ効かない例の方が出ています。

長期に同じメーカーを比較した体験もないのです。ただ、どこが違うかト聞かれるなら言える事はあります。いい遅れましたが、サントリーのグルコサミンの試供募集に応募し、試供薬を戴きました。それで書く訳ですが(笑)

サントリーウエルネスの場合は商品名を「グルコサミン&コンドロイチン+ケルセチン」としています。グルコサミンはコンドロイチンと合わせる事はすでに言われていて、若干のコンドロイチンはどこでも入れている物です。

サントリーが提唱するケルセチンは、私は知りませんでした。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B1%E3%83%AB%E3%82%BB%E3%83%81%E3%83%B3

ただし当然の事なのですが、同じ重さコンドロイチンやケルセチンを入れると、その分のグルコサミン量は削減されます。ほぼ同じ量を飲んだ場合に、そこからも効目に違いが出ます。

試みに製薬会社が表記している分量の成分は下記のようになります。

サントリーで推奨する、一日分6粒で、

グルコサミン1200mg

コンドロイチン 300mg

ケルセチン 45mg

DHCで推奨する、一日分4粒では、

グルコサミン1680mgだけ、

コンドロイチンは別売であります。その別売では一日適量を、

コンドロイチン 450mg トしている。

この辺の目安はなく、各社各様になっています。現段階では何ともいえません。恐らくこれからも……コンドロイチンについては、

「カマボコ、ちくわ、天ぴらといった練物や魚類に入っており、それらを少し増やしてとる方法もある。肉食に偏った人でなければ、あまり気にしないでいい」と私はいっています。

それから女性には薬の粒の大きさは、問題になるかも知れません。書いたようにDHCは粒が大きく飲みにくい。女性に馴染みのDHCが女性には疑問の商品を作っているのか? 大粒にすると安価に出来るのか? それも私は知りません。サントリーは小さいです。

効果は2ヶ月くらいすると出て来ます。判らない、変わらないようだったら止めて、止めて2ヶ月くらい変化を見ていて下さい。それでも変わらなかったら、止められていいということです。何か体調が良くなったら、あるいは悪くなったら続けることです。

サントリーの試供は、驚いたことに一ヶ月分5000円近いものを、丸ごと送って来ました。腹が大きいというのか、売れているのだろうというか。DHCよりよいのか、飲み終わりに、また書くかもしれません。

ホームページは http://www.suntory-kenko.com/

問い合わせの電話は0120-333-310

2009年4月28日 (火)

勝間和代INサンデープロジェクト

088_00702 これは4月26日のメモです。多少加筆はしましたが、公開を前提にしていません。

首相への提言した事は「若者に投資しないと産業育成がうまくいかない」

時間の効率化は大事、本人は8:30からジムへ、行動力は体力から来る。スカッシュ、水泳、筋トレを3時間半。運動する仕組みを作る。

髪セット中にパソコン仕事。子供3人。支持層が広い。著書は応用が利く内容といわれる。

客の欲しいものを書く。本は一般には難し過ぎるか易し過ぎるかになる。

明日から始められる事から説明される。たとえばブログ。

3毒追放、妬まない。怒らない。愚痴らない……気を晴らすだけで得にならない。出来ることと出来ないことを区別する。

問題解決する癖。問題解決の妨げになる事をしない。努力は真似る。それを本にする。

9割は断る。時間は投資か消費。得意分野不得意分野を分け、ストライクゾーンに来るものだけを引き受ける。商業講演は断る。自分のためになる事をする。浪費は止める。酒たばこは浪費と思う。

運動と睡眠は十分に。移動は自転車。月、本50~100冊を読む。すきま時間の活用、風呂ではよく落す。早いと20分。

仮説、実験、検証をたどる。レンジを想定するが玉にレンジを突き抜ける。抜けた時に勉強になる。ユーザーに負担をかける手法だと売れない。ここは検討して反省。

日本では子供がいると取ってくれない。外資は成績が悪いと止めさせる。上位は給料が上がる。スピードが問題。即戦力化が悪い。発言しない人は呼んではいけない。効率化すると余裕が出来、趣味が広がる。スカッシュ、ブログ、映画にゆったりとした時間が取れる。

公的講演は受ける。しつこいほど判り易くて丁度いい。日本は機会の平等がない。教育水準ですべてが決まる。日本システム。

子孫に長期継続的な日本を残したい。残念ながら日本語がネック、外国は無理。だったら楽しめる環境を日本に作りたい。

日本では幸福度が低い。子供の貧困度もまだまだ大きい。自由がない。のびのびと自分らしく生きる事にバッシングが来る。ここらの問題には身障者もからむ。

……なるほど。意外なことに私と重なる部分がありました。大筋で賛成、ただし意識のマネージメントに終っている。無意識は管理されていない。酒やタバコを必要とするのも無意識で、衝動買いとか自棄食いとか浪費で出るのも無意識と思われます。無意識を予測しコントロールする……出来ればねえ(笑)

勝間和代オフシャルサイト http://www.katsumaweb.com/

整理が追いつかない状況と思われる。趣味となっており専門を雇った形跡はない。

2009年4月27日 (月)

中古でシャツを買う

69_055499 ウェブでの買物は初めてではないのです。が、服の選定はことが細かく疲れます。実際にヤフーオークションでは、あまり男の服は見掛けません。私の場合、長袖LでもMでもいい。ブログネタを兼ねて検討します。そうそう、何時かどこかで服はユニクロが標準と書きました。文責も兼ね。

通販では無印良品のタートルもあれば、ニッセンの長袖Tシャツも新品が買えます。ユニクロにはもうタートルはないけど、Tシャツ、ハイネックの両方があり、それがヤフーオークションでも中古が出ます。どうでもいいような物の、ここはひとつハイネックにしますか?

私は首が長い関係でタートルが合う。が、流行らない服にこだわっても野暮ったい。U首のTシャツもお寒いし、間を取ってハイネックで手を打つことにします。今の流行りはマフラー……というよりあれはストールか、スカーフというべきか?

街の最終見切り売りが終わる頃に、通販の最終処分が始まります。ヤフオクでも売れない物が並びます。一着千円のシャツの店ざらしは、3枚か4枚で千円ですが、作業着は嫌です。それに業者はどんなの送ってくるか判らない恐さがあります。送料は五百円強というところ。

無印良品のタートルは700円でユニクロのハイネックは980円、ニッセンのUTシャツはもっと安い。ただ着て見る訳にはいきません。LMか、微妙な感じはつかめません。一着買って具合をみて、それから2着とかの注文になります。送料はバラバラ、振込料は105円です。

そうすると費用はかさみます。男物ユニクロMサイズ、300円を見つけ、ここの採寸上でそっくりの女物Lサイズを見つけます。探索法は簡単です。ハイネックとかタートルを最初のキーワードに、男という字を二番目のキーワードに入れて検索をかけます。

男物のシャツは、ほとんど出て来ない。女物で着れそうなヤツを参考に出してみて、ついでに見たのです。ただ見ただけですが判りません。問合せる内に、何とかなるという気になってくる。300円か500円の物にめんどうという基本があると思われます。女物のLはサイズ的には、なんと一番、合いました。身障者はSが欲しい人も多いと思われます。その意味から通販は有利、女物のSがよかったりするかも。

街で店から店に歩くのは身障者には煩わしい。男物は少なくなっています。車はガソリン代、バス電車代もかさみます。ネットは送料がかかっても、まだ便利と考えるべきかも知れません。中古にはユニクロ以下の物は、まず出ません。中古で試してみて、そして新品を買う算段ならばユニクロが便利でしょうね。

個人はそれこそ色々ですが、今回のハイネックでのお相手は北海道の人で、理屈の上ではどこの人でも同じですが、南北ではるばるとした余情が漂いました。以下に、やりとりの大筋を収録します。

ニャン子様

お早うございます。hata、です。先ほど400円送金しました。

前メールは不足余りが出ても言わない事と解釈しました。それでいいですか? こちら九州ですので、まあ寒くなることもないとは思いますが、これで安心できそうです。ありがとうございました。

私については以下のブログを書いてます。お暇のおり、ありますればご覧ください。 

hata様  こんにちは。ニャン子です。ご連絡有難うございます。遅くなってすみません。本日入金を確認しました、有難うございました。

「解釈しました。それでいいですか?」はい。それでいいでしょうか?

yahoo簡単決済ご利用の場合ですと、元々直接銀行口座経由にしたくないという場合が多いので、細かい過不足を調整するのにご迷惑をかけてしまうかもしれません。重量だとまず間違いないのですが厚さで布地だとお店によっても請求額が変わることがあるので。発送方法:クロネコメール便、ご自宅宛で了解しました。

これから発送準備に入ります、もう少々お待ち下さいませ。

こんにちは。ニャン子です。昨日クロネコメール便で発送致しました。

お問い合わせ伝票番号は 8721966 です。お気遣い有難うございます、今回送料160円でしたが、迅速で気持ちのよいお取引でしたので、サービスさせて頂きます(_._)

それでは商品到着まで今しばらくお待ちくださいませ。到着しましたらお手数ですが、評価欄でご一報頂けると有り難いです。                      

本日到着。なお返金は切手でします。作っている「かけはし」と合わせますので暫く猶予を。名前は出さず詳細をブログに書きます。ありがとう御座いました。                            Hata

HATA様  こんにちは。ニャン子です。

今日は寒の戻りで雪が積もりました。暖かいところへ行ったハイネックはいいですね。返金の件、かえって高くついてしまいますね、すみません。誠実な方ですね。あまり気になさらないで下さいね。

ブログ、拝見させていただきました。いいブログですね。

ハイネックは子供用に購入したものです。滅多に欲しがらないので、買い物に行く時についつい何着か買うと、そのうち1着しか着ないであとは新品のまま・・・というのがたくさんあります(反省)またご縁がありましたら。

2009年4月25日 (土)

プラス思考のマイナス

202_00022 プラス志向にも限界があって、いつでも何でもプラスに持って行ける訳ではありません。前向きとは言うけれど前が何処だか判らない中では、判断も難しい。今日のような不景気はない事を前提に生きていれば、いざ来てしまった不景気に戸惑いも深い訳です。

物事に何も備えず何も考えない。開直りがいいように聞こえますか? 何も備えず享楽を楽しむだけ、行当りばったり、ものが判らなければ他人を当てに……それも困りものです。では明日や将来、未来はどう考えたものでしょう。

親、兄弟といえども本人の意思に反した変更、押し付けはまずい。人権は人が生まれ持つ権利を言いますが、世界の各国によって違います。人権も若い人にとっては可能性が重大で、中年、高齢化していくと保障が重視されます。

木村和也さんは障害を試練という。むろん試練と受け止める人もありますが、多くの人には試練では済まない。医師はわずかな可能性の兆候を見て、プラス思考を吹き込む。木村さんには確かに気配がありました。ただ奇跡の可能性は少ないから奇跡なのです。

ほどんどの人に、実は木村ケースはない。そのあてが外れた時……プラス思考のマイナスは残酷に押し寄せる。何も治らぬまま医師や看護師と別れ、病院を出る。ひとり動かない体だけを抱え、ひっそりと家に帰る。そして本当の試練が始まる……実はそういう人のほうが多い。

100人に99人、大多数がそうです。医学は治らない人への関心が薄い。木村さんの講演に行く人は、身障者になりたくない人……身障者になりたい人なんていません。軽い身体障害で済むなら、無論その方がいい、そう思うのです。

若い可能性のある人も、可能性はいつか無くなる。中年になり高齢化する事を考えないで済ます。済まそうとします。ある意味でそれは自然です。麻生首相が失言した時、健康保険も元気な人が得、トクになる仕組みに変えるべきと、同調した若い人がありました。

どんな若い人も必ず歳を取る。必ず老人になる。高齢者を見ても自分が老人になるとは思えない若い人はいます。身障者を見ても、自分は身障者にはならない。そう思う人もいると思います。もともと保険はそうは行かない時に向けるものです。

事故も病気もなく老いを迎えられたら、それは目出度いです。でも老人は若くはない。私は60才ですがプールで泳いでいると、太った60才くらいの健常者とお会いします。太った人は泳げない、憮然として歩いています。検査かなんかでそうしろと言われたのでしょう。

私とは挨拶だけ、話はされない。週に2度来られる話を最近、聞きました。何度も何度も会って、挨拶だけしていたのですが、先日、週何度プールに行くか、初めて話になりました。

――2回! もうちょっと回数増やしたいですねえ。

「アタは週に何回な?……ま、毎日てな。んんん……エラかなあ。スポーツは毎日、練習する人には勝たんもんなあ」

私は別にエラくはありません。これはスポーツでなくリハビリに近い、そして思いました。ああ、この人は身障者を見下げていたのだ。身障者より健常者がエラいと思って生きて来た人と感じました。

多分ですが、それで私とは挨拶だけ。話をされなかったのです。少しプラス思考と違う話にはなりますが、接点はあると思います。弱者の弱点に基準を置けない人は、そういう残酷を抱えます。他人に対して残酷なばかりでなく、老いて弱者になった自分にも残酷にしかできない。そういう点から見るとプラス思考は一種のご都合主義と思うのですが、どうでしょうか?

2009年4月24日 (金)

立花隆のすべて 文芸春秋刊

Tatibana 98年刊「立花隆のすべて」という厚かましい本です。インタビューと人物評などで描いた立花隆像がアラマシです。結果としては「ぼくはこんな本をよんできた」95年とよく似た本になります。同ヒットを受けて写真のいいのが入ります。

猫ビルの構造を妹尾河童さんのイラストで紹介した「ぼく本」、広角写真や小文字の解説も入れてマニアックな仕上がりが「すべて」になります。もっと具体的に指摘すると、立花さんは高血圧です。目、歯もあまりよくない。それが判る構造です。

高血圧なのにワインが好きで、グルメ嗜好という性格欠点が見えます。ここを見せた所が「ぼく本」との違い。私が立花さんなら、この辺を何とかして、関心の宇宙旅行を目指します。このスーパーマンはその辺を、早い段階で断念したようです。

意外にも原稿は手書き、余白の大きい自家製原稿用紙にモンブランの万年筆を使われる。この辺は合理的でない。黒電話、パソコンはマック、シェイバーとエアコンがSANYOであるらしく見える。この辺もマニアックな感じはない。

さすがにウォークマンはSONYですがノーマルです。私は音がいいというのでプロを取材には使っていました。取材は息使いで、その人の表情が出る事がありました。立花さん音楽マニアで、そこ同じはずです。耳が悪化して私は取材を止めました。

私からは、その辺が甘く見える……徹底していない。写真に出ていないのはカメラ、使わないらしい。それはなぜなのか? 立花さんは、そう言った人の生理にまでは関心がないのでは? ワンクッションを置いた言葉の意味による関心ではないか。

そういう風に考えてみます。時代の制約もあります。宇宙といっても家庭を持ち一家を構えてしまえば、それなり責任が生まれます。帰って来れるかどうか判らない旅に行くべきか、問題になるのです……そう考えてみると立花隆の限界もある事に気がつきます。

やはり時代と時期に生まれ合わさなかった訳です。つまり原爆映画を抱えて欧州を旅した時代は2度と巡らない訳です。マックでパソコンに入る人はあります。マックは悪い機械ではないのですが、あれで入ると文字を打ち込むのが苦になるらしい。

打ち込みを克服する人もありますが、苦になったまま大抵の人がウィンドウズも買います。そしてマックとウィンの間でイライラとパソコンへの葛藤に苦しむ事になります。文化は親切に未来を示してくれる訳ではありません。落とし穴に、はまる事もあります。

似たような事は女性についても言える。友人がいつかそういう風に言った事があります。しかす立花さんには関係のない事……私も詳しい事は知りませんので、それではまた明日。

2009年4月23日 (木)

緊急を要す 再起可能2

Saiki_2 引き続き再起可能の検討です。私は、いいえ私たちはでもいいと思われます。昔のことは覚えていないのです。病気の前後で記憶の薄れ方が、普通ではない。それは病気からの身体障害という、私にとって不都合があったからと思われます。

木村和也さんは経験した事のない痛みに、ギャッと叫んだ、そうです。私はそれが自然なことと思います。この下りを読んで、そういえばと記憶の底にうごめく物があるような、ないような。私の場合はそうですが、一般にこんな記憶はないでしょう。

体験した事のない痛みは一般にない。ウッと言うのかギャッというのかギャオ~ゥと言うのかは判らない。あなたならどう言うと思うか予想を聞くと、みんな困ります。困ったあげく一番多い意見は、判らないがギャッとは言わないと思うといいます。

体験した事のない痛みとは、予想も出来ない問題です。根拠はないがギャッとは言わないと思う。これは予想できない、ないしはしたくない意味がある。実際にしたとしても、思い出したくない。そういう風に記憶は頭に入って行って、やがて本当に思い出さなくなる。

どうも、そういうシステムが存在している感じがします。このシステムを理解するに、木村さんの再起可能は有力資料でその辺りを詳細に記録してあります。脊髄損傷の記録という意味では同じ、星野富弘さんのと比較しても違います。

これは木村さんが結果として、ほぼ健常者として復帰した関係が強い。精神的に傷が浅い、あるいは傷が癒えない先に出版された。私にはそう思えて興味深い。記載では「神様にでも仏様にでもすがりつきたいよ」とあるのですが、どうしていいか判らないのです。

大抵の事は親に聞きます。32才でも、ここの状況は対処が出来ません。今そういう事はあります。昔はガンになる前に寿命がきて死にましたから、ガン治療の現実はなかった。その対処を考える必要も覚悟をする必要もなかったのです。

お父さんはケータイから、痛いとかつらいとか口にするなト言われます。木村さんは、痛いのだから仕方がない、とも思う。思った後で言うのを止めようとも思う。私はここまで書けるのは立派と思う訳です。途中半端では役に立ちません。

神仏にすがる、奇跡を願う事ト思います。奇跡とは不都合な現実が消えてなくなる意味です。解消する。それは解決と違うのです。医師は何と言っているか? 回復には運も大切トいうんです。聞きようによっては不謹慎とさえ聞こえますね。

笑う人もいるでしょうか? 現実、そう言われたそうです。運を逃がさない為には決して諦めない。運を自分から引き込む姿勢も重要ト言われたのか自分で思われたか。必ずしもはっきりしません。私は医師に何も言われた事がありませんが、なるほどと思います。

即刻、手術して間を置かずリハビリに移行していく。むろん病気、怪我内容にもよりますが大筋での対応はこの原則です。私たちも対応して行く他はない。時間を置いて自然に治るのを待ったり、痛くない方法を優先したのでは取返しがつかなくなる。

この本は明らかにこう読み解けます。たとえばガンになったとしても取返しのつく方法を選んで、生き延びて下さい。それには思いきりギャッと言って下さい(笑)

〇星野富弘さんは06年4月14日に書いています。

2009年4月22日 (水)

再起可能 木村和也

Saiki_2 個人的にはガンの方に関心が深まり、身体障害はほぼ終った問題になります。私も老化によって重度化はするでしょうが、ガンによる問題は新しく始るからです。今は全く、これに対応できてません。どうしたらいいのだろうト思うのです。

ただ共通項目はあって似ている点もあります。熊本放送アナウンサーの木村和也さんの本「再起可能」の中で32才で受けた障害のことを克明に告白されています。私の障害は11才時でしたので、こんなに克明な記憶はありません。

痛い。恐い。眠れない。悲惨。腹が立ちイライラして悔しく……切ない。パニくる自分が、そういう風に1ページにまとまります。むろん細かい点は違いますが、身障者になった時は、概ねそういう感触がします。記述外になるが、詳しく医師の説明を聞いているらしい。

私はほとんど聞いていません。そこは分れます。これはガンも同じで、今は基本的に話す方針、昔は話さない方針……ここが人によって分かれます。どちらがいいのかも分れます。一応、患者は聞きたいとは思うようですが、最終的に聞いてみてよかったかどうか、これも分れます。

木村さんは痛み止めが効かないで眠れなかったそうです。私もそういう体験はあります。昔は薬が発達しない、今は薬があると聞いていますので信じがたい。しかし現実、そうだったのでしょう。これを医師は治っていく可能性と説明したらしい。

しかし説明は慰めにならなかったようです。この辺りの記載は、必ずしも適切でない。私は痛いと不安が増しました。不安なんて生ぬるいものではなく、自分に起こっていることが悲惨で恐ろしい。私の場合は本を読みました。物語の別世界に逃避しました。体にとって夜と昼の区別があるらしく、痛みは夜が痛い。

もし痛み止め、睡眠薬が効かないなら娯楽映画のDVDでも観て現実から逃げ出すしかありません。本もそうですが、すると目が悪くなります。あまり勧め出来る事ではありませんが、ガンになったら私はまた本を読むと思います。

鳥越俊太郎さんがTVに出て、やたら元気で陽気なのを見ると喜ばしいのですが、むろん偉いとも思うのですが、陰の部分はもっと違うのではないかト私は思ってしまう。出来たら私もあんな風に、振るまいたいが、そうは行かないとも思う。

引用はしませんが木村さんはボロボロになります。私も同じでした。もう60才ですから11才のようにボロボロにはなりませんが、まあ、少しは見苦しい様にもなって、早く立ち直って行けると思う。今のところ、その予定です。

〇「再起可能」本ではなく講演からの感想が07年9月24~26日にあります。

2009年4月21日 (火)

買物の日

Akaiha 思うようには物事は進みません。新型のコンタクトレンズが出ていて、高価で敬遠していたら、その価格が下がっています。……で、売り切れ、あの店もこの店も……ネット中のコンタクト店が軒並み売り切れ。欲しかったのに、のんびりしてはいけません。

失敗! でも、どうしてこんなに下げたんだろ。次ぎに出る時期は? 判りません……2月あたりまでの体調、私、必ずしも芳しくなく、プールに着て行く冬用のシャツに寿命が来てます。すっかり服のバーゲンに行き忘れていました。市内を探しても、もうない。これも失敗!

愛用のステッキはダイソーで調達します。細身で具合がいいと思ったら、ダイソーではこれをモデルチェンジしていました。太くなってプリントの模様が入って、女性用になっています。そういえば「おしゃれなステッキが欲しい」意見を女性から聞いていました。

女性意見は入ったけれど模様分の価格も入りました。今なら旧ステッキの売れ残りを見つけられるのか? それやこれやで、ちょいと出かける事にしました……新型のコンタクト、街では価格が下がっていません。まず消えた!

紳士シャツ、私の場合、できればタートル今はハイネックとも言います。少し違うの? ユニクロのお姉さんに聞くと「この時期なくなっていますが季節が変われば、戻って来ますよ」という意見でした。無印良品では紳士ものは扱いませんトすげない、お言葉。

ただの長袖Tシャツなら他にもあるんですがハイネックは? ……変なものを要望すると、当り前ですが入手不能になります。簡単に妥協してはいけない。しかしシツコクなり過ぎてもいけない。何だかフィリップ・マーロウみたいな気分になって来ました。

なってない? あ、そうですか。そうでしょうね(笑)

百円ステッキは値上げで二百円になっているのを10本ほど押さえました。あ、ここにもキーに使うバッテリーがある。仕入れ根元が同じだからです……という事は品切れも同じ頃でしょう?

状況としてステッキもバッテリーもタートルネックも似たような所があると思うのです。コンタクトはちょっと違うのですが、同じ対策でいいのではないか? つまり現地で仕入れるより通販の方がいい、そういう場合もあるようです。

アレはあれ、コレはこれと順序立てて書けないか……こう書くと言われるんですが、私はアチコチと行くんです。そして考えます。家に帰ってネット検索するとタートルシャツは通販の無印良品では売っています。

他にないか? 作業服用タートルもありますねえ。古いので3枚千円とか安過ぎてパスしたくなる……パスします。買い損ねたか、数回は着たけれども気に入らない……そういう個人の売りもあるんですね。確かにねえ、タンスの肥やしにしない方針か。

ブログネタも兼ねて買ってみましょうか? お買い物は、思うようには進みません。

2009年4月20日 (月)

レディ・チャタレー

Ladychatterley02 またしても「チャタレイ夫人の恋人」の映画化です。「レディ・チャタレイ」はセザール賞を総なめにしたと聞き、見ました。ウーン、多分これは日本では受けません。すぐ判るのは主人公の二人が画像のように、モデル体形ではない事です。

コンスタンスは30過ぎ、森番バーキンは40代半ば、年齢は原作より……女性監督の趣味が入ります。BGM、音楽がほとんど入りません。エンドタイトルで音楽が入り、私は息をつきました。原作DHロレンスの27才時の体験が元となっているト私は思います。

この時の女性は6才年上、2人の子持ちでした。ちなみにロレンスは労働者階級の出身で、お母さんっ子、貴族趣味ではなかったと考えられます。チャタレイ夫人の恋人というタイトルから想像される貴族のセックスは、まあ妄想となります。

原作者あるいは監督の主張も、ほぼセックスは自然がよいという内容では統一されます。しかしですね、ここに広がる映画の光景はチャタレイ氏の庭です。貴族家の庭が自然かどうか? まあ映画ですからねえ。あまり、うるさく言っても仕方がない。

日本人の思う自然と、フランス人の思う自然は、かなり違う。それにいいか悪いか、監督のセックス感も出ています。年齢設定だけでも……むろん表現は自由ですが、映画にして鑑賞基準になるものか、どうか? かなり怪しいと思うのです。

最近では団鬼六さんの小説が映画化され、昔は「O嬢の物語」というSM小説が映画化され、衝撃が起こったりします。誘拐や暴力や虐待を描くのですが、知らないで見るとリアリティを感じるのです。少なくとも男は……

SMに詳しい専門などいませんが、SMとしても映画は完全なウソなのだそうです。まあポルノがポルノである由縁ともなります。この映画「レディ」は一応、そういう所はありません。一応違うが、全面的に違うか? ロレンスは現実を、あるていど小説化しており、監督もあるていど映画化しています。

風景には音楽が掛からない。そういう意味では現実に忠実です。主人公の体形は現実以上に現実的です。でもそれは忠実といえるか? 観客はこういう体形の裸を見たいか、見たくないですね。今、モデル出身の俳優に占められています。いい事か悪い事か、モデル体形でないと通用しない。

日本では性は教育しない。家庭でも学校でも出来なくなっています。医学的知識は皆無とはいいませんが……それで表現としての性から知識を得ます。そうすると端的には団鬼六さんとかO嬢から学ぶ訳です。まあ、それなりの偏見が生まれます。

変態描写はありませんが、これが性の標準かといわれると私は躊躇します。私が見たのは135分のR18版、完全版168分のもあるそうです。ごらんになりますか?