« 武士道 | メイン | 喜んで調理させて »

2009年2月26日 (木)

浅井慎平さんの基調講演

A559

浅井慎平さんの講演を目当てに行ったお集まりが、何だか変です。

演目は「ファインダーから見た環境とエネルギー」講演の形を取らないでアナウンサーの質問に答える。最初だけかと思うと最後まで、そのまま進行してしまう……何で?

浅井さんは若くは見えるが70才くらいか。話しぶりにボケや病気の跡はない。前回、浅井さんの講演は……12年前の春には、無論そういう形式は取らなかった。講演主体は経済産業省、放射性廃棄物対策室……そりゃ訳ありだあ。言われる方もあるか?

浅井さんは昔のままがいい……という考えらしい。フランスのペットボトルの水を変と笑っていたが、10何年かすると日本もそうなってしまった。何か変と感じるのは理屈ではない、理屈より先に立つ感覚がある。その感覚を重視したがいい……との主張らしい。

インタビューは水上清乃さんという屈指の美人アナだが、お答が何だかストレートではないのです。

浅井さんどうでもいい。美人を見たいという方はこちら。

http://www.fmk.fm/personality/minakami.php

モルジブの沈む島をCMに使ったのは浅井さんです。それを聞くと、

「割れる氷河を見ると大変だと思う」それはそうでしょうが素直ではない浅井さんです。

「これはどうかと思うような汚れた水を、日本の水辺でも鳥が飲んでいる」

「根本は命を大切にすること、自分だけのハッピーはありえない」

マイ箸の話題を振られて、「持っています」の答えなのだが、

「箸にマイは変、携帯が正しい。国外では箸がめずらしがられる。話のきっかけになる」話題を一般化してしまう。この話ぶりではいい展開にならないと思うが……(笑)

「ゴーギャンの絵に『我々は何処から来たのか、我々は何者か、我々は何処へ行くのか』というのがあって……司会は知らないという顔をしていますが、これは根本的な問題です」そのアナウンサーにそういう事を言ってもダメよ(笑)http://www1.odn.ne.jp/~cci32280/ArtGauguinWhere.htm

その人はNHKの渡辺あゆみさんじゃないんだから。

「事実を知る。文明をコントロールする術を身につけたい」というのが浅井さんの結論になります。どこかチグハグした一問一答の後で全体を振り返ると、意外にまとまりがある。悪くない講演と気がつきます。

全国エネキャラバン、放射性廃棄物と地層処分というお集まり、後半はデスカッションになるのです。私、帰っちゃいました。

●画像はひねもす雑記より借り物です。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/394232/18684027

浅井慎平さんの基調講演を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿