« 2009年1月 | メイン | 2009年3月 »

2009年2月

2009年2月28日 (土)

樹の海

  • 025009

    昨日みた映画はものすごく、ちょっと書く気にもなりません。

    そろそろ春なので草が芽吹いて、早い草は小さな花が咲いたりしています。草も花が咲くまでは大変で……それを種から植えるとするとこれまた話になります。何か植えたことがあります?

    グレープフルーツを食べた時に、実の中で芽の出た種をみかけ、気まぐれに植木鉢に埋めたら、芽が出たことがあります。双葉が三つ葉、じわじわと伸びて行き、根が鉢にあふれて行く。育った所が南方のせいか、やたら元気でした。

    小さな植木鉢を中型に変え、大型に変え、それでもグレープフルーツは伸びて行く。面白がってアボガドも埋めましたがアボガドも芽を出しました。あまり大きく育てても意味がない、日本で生まれた植物ではないので実はなりません。グレープフルーツには蝶が来てミカンと間違えて卵をつけて行きます。

    同じ理屈で柿を弁当代わりに持って行って、種を埋めた人がいたそうです。柿のない所に柿を植えるとちょっとずつ環境が変わります。カラスが飛んで来てイノシシもやって来る。足や糞に別の草の種をくっつけて……どちらかというと人に都合のいいように変わります。

    別な草が芽吹く、草の種類が複雑に入り組む。虫の数が入り組む、鳥の数が入り組む。つまり単位あたりの生物の数の種類が増えます。そうすると植物は安定します……意味が判りますか。たとえば、はぶ茶が増える。

    都合がいいので増やしていると三年くらいで減って来て、やがて生えなくなります。一定養分を取り、土がはぶ茶に向かなくなったのではびこるのが止まる。はびこりは一時期でやがてその種類は見えなくなります。隣合わせにいろいろな種類が多くあると長持ちします。

    一種類の草の風景は外国に多く、日本の風景は基本的に複数の草です。家畜に食わせるとか、そういう目的は表面からは見えません。私はハブ茶を秋に取って翌夏に呑んでいました。野草独特の適度な甘さがコーヒーのようにクセになります。

    はぶ茶がなくなって、売ってあるのを買いに行くと驚くほど高かった。そんなに高いならコーヒーの方がいい(笑)……そういう訳で自家製のドリンクを作るのも自然との対話であります。植物を育てると面白い。しかし大麻やトリカブトは、どうかと思います。

    人間が生きていくのは、結局、植物、米や穀物の力に頼らねばならず、肉というのは穀物を食べる動物から取る訳で、直接間接の違い。明確に意識するかしないかです。現実には別な世界はなく、同じひとつの世界を生きるしかない。

    気まぐれに植物を植えると極端にいって木になります……そう簡単にも育ちませんが、植樹に行って自然との関係を感じてもいいのですが、行っても気がつかない人もあるようです。晩飯、おかず、すき焼き、金ラベルのブランド肉が出てきます。

    ブランドの雑穀、十六雑穀もブランド化され植える現場が見えなくなっている。話がまとまりませんが、ブランドラベルばかり見ていると人生を見失う……そうそう昨日、見た映画は「樹の海」という。生き方を見失った人達が富士の青木ヶ原樹海に死に行くという話でした。

    映画[樹の海]http://www.bitters.co.jp/kinoumi/

2009年2月27日 (金)

喜んで調理させて

Img_0279

田崎のHIヒロセ、介護車があるという話で行ってみたけど、車椅子も見当たりません。オープンの時だけだったのか? 代わりに見つけたのが、この表示。大書してありますねえ。3枚に下ろせなくとも何とかなります。ここの店だけでなく、今、各店でこうなっています。私の腕も落ちます。

3枚おろし

腹だし

うろことり

色々

喜んで

調理させて

いただきます

           店主

前にも紹介したお店[hiヒロセ]

http://www.hih-net.com/event.html

2009年2月26日 (木)

浅井慎平さんの基調講演

A559

浅井慎平さんの講演を目当てに行ったお集まりが、何だか変です。

演目は「ファインダーから見た環境とエネルギー」講演の形を取らないでアナウンサーの質問に答える。最初だけかと思うと最後まで、そのまま進行してしまう……何で?

浅井さんは若くは見えるが70才くらいか。話しぶりにボケや病気の跡はない。前回、浅井さんの講演は……12年前の春には、無論そういう形式は取らなかった。講演主体は経済産業省、放射性廃棄物対策室……そりゃ訳ありだあ。言われる方もあるか?

浅井さんは昔のままがいい……という考えらしい。フランスのペットボトルの水を変と笑っていたが、10何年かすると日本もそうなってしまった。何か変と感じるのは理屈ではない、理屈より先に立つ感覚がある。その感覚を重視したがいい……との主張らしい。

インタビューは水上清乃さんという屈指の美人アナだが、お答が何だかストレートではないのです。

浅井さんどうでもいい。美人を見たいという方はこちら。

http://www.fmk.fm/personality/minakami.php

モルジブの沈む島をCMに使ったのは浅井さんです。それを聞くと、

「割れる氷河を見ると大変だと思う」それはそうでしょうが素直ではない浅井さんです。

「これはどうかと思うような汚れた水を、日本の水辺でも鳥が飲んでいる」

「根本は命を大切にすること、自分だけのハッピーはありえない」

マイ箸の話題を振られて、「持っています」の答えなのだが、

「箸にマイは変、携帯が正しい。国外では箸がめずらしがられる。話のきっかけになる」話題を一般化してしまう。この話ぶりではいい展開にならないと思うが……(笑)

「ゴーギャンの絵に『我々は何処から来たのか、我々は何者か、我々は何処へ行くのか』というのがあって……司会は知らないという顔をしていますが、これは根本的な問題です」そのアナウンサーにそういう事を言ってもダメよ(笑)http://www1.odn.ne.jp/~cci32280/ArtGauguinWhere.htm

その人はNHKの渡辺あゆみさんじゃないんだから。

「事実を知る。文明をコントロールする術を身につけたい」というのが浅井さんの結論になります。どこかチグハグした一問一答の後で全体を振り返ると、意外にまとまりがある。悪くない講演と気がつきます。

全国エネキャラバン、放射性廃棄物と地層処分というお集まり、後半はデスカッションになるのです。私、帰っちゃいました。

●画像はひねもす雑記より借り物です。

2009年2月25日 (水)

武士道

ニュースショーで某評論家が、日本の生き方という時に武士道をいいます。一瞬、WBC野球かと錯覚しながら私はその女性に見入ります。確かに時代劇は主人公は町人、百姓よりは、侍である事が多く、話の筋は仇討ちです。仇討ちは出世と結びつく夢がある。

立身出世の方法として仇討ちに目が行った。いろいろ断りはあるでしょうが、武士道とは仇討ちの事ではなかったか? 私はそのように考えます。新渡戸さんを読んでも行儀作法や、修身の時間を増やしても、それでも人は変われない。

それより仇を討てば金儲けになる。給料倍増、生活も優遇されるかもしれない、農民町民がこぞって忠臣蔵に血道を上げた理由は、そう考えると納得がいきます。肝心の仇も居ないのに、武士道も刀もチョウチンもあるものか。

出世がない花も咲かない、ただ腹切ならさぞ痛かろ。トぼやきひとつ言いたくなります。ただ忠臣の子孫はお抱えがあったらしい。忠臣蔵は三大歌舞伎の中でも一番とされます。その歌舞伎の代名詞の忠臣蔵も後期では、義経でも道真でもなく四谷怪談と対になる。

四谷怪談も仇討ちの話で、仇を取るまでに紆余曲折や幽霊がある。お岩さんは父を切られ、切った相手と知らず仇と結婚してしまう。因果も背負えば返討ちもある。仇討ちは大変だよ、そういう教訓もある。武士ではなくてよかったね、視点もあります。

時代の流れで初期の頃は義士を誉める内容から、後期はやっぱり仇討ちも大変との解釈に変化があったのかどうか……そういう推測も可能です。武士道に時々で変化がなかったかどうか保証もありません。なにしろ文書化されていない。

大体は判ってると言う方があります。私が知っているのは最近の武士、新撰組があります。新撰組の人は生き残りがあって手記や本人が言い伝えておられる。ただ服は残っていない。予算がなくて浴衣地で作った上っ張り、いわば制服ですが一枚も残っていない。

何で判るか? 東映の新撰組、東宝の新撰組、松竹の新撰組……映画会社であの制服が全部違います。漠然とは似ていますけど、良く観て細かくいうと違う。見本になる資料がないのです。武士道も大体そんなふうな物でしょう。

「無礼な奴、切り捨てご免」といって、どのあたりまで無礼をすると切り捨てご免になるか、ならないか。その時々のストーリー展開の都合で大河ドラマは進行する。外国が宛にならないから国内に規範を探そう、急にも引き合いに出そうという。

そんな都合のいい武士道がある訳がない。新撰組のハッピも出ませんから……そういう訳で武士は人口数も少なく、道も少なかった。百姓さんなら沢山いたわけで文書はともかく、生活が形になって残っている。つまり百姓道ならあったらしいのです。

2009年2月24日 (火)

取りました、おくりびと

026070 取りましたねぇ。アカデミー賞外国語映画部門「おくりびと」が受賞しました。たそがれ清兵衛は取れなかったし、シャルウィダンス?は、あれは興行的によかったのでノミネートされていなかったのでした。いや、知りませんでした。

おめでたいです。「出来れば、またここに帰って来たい」滝田監督はまるで私のように厚かましい事を言っていましたが、夢ではありません。何度でも帰って行ってほしい。いやいや、今年の日本映画はイケルかもしれません。

しかし、ここだけの話ですが、対抗馬はイスラエルと言われておりました。これを見た人は「今年は無理だろう」いっていました。企画および主演の本木さんも上映分を観て、弱気になったとか? それが一転、日本への追い風になったのには……

影響があると思われます。米国といえばイスラエル贔屓ではなかったか、それとも公然とイスラエル支持が出来なくなったのか……確かな事は判りませんが、そういう政治事もからんでいるアカデミー賞ではないでしょうか。

それはさて置き、受賞作おくりびとは死を通して生を考える。私としても推薦できる内容です。これで普段、映画に行かない人が映画館に行く事になり、DVDも借りに行くようになるかも知れませんし、喜ばしい事であります。

先だっては木村多江さんの話を書きましたが、この映画で広末涼子さんは主人公を否定する敵役に近い役をこなします。木村さんのような女優さんは時々見かけるのですが、いい女も悪い女も両方演じられる女優は滅多に出ない。

そういう意味では広末さんの方が要注目。たとえば岩下志麻さんとか桃井かおりさん夏目雅子さんに続くような10~20年に一度の逸材と思われる。本木さんの役は、もうあれ以上の演技は出来ない。山崎さんも、あれ以上はないです。

この映画のキーマンは広末さんで、広末さんがもっとよかったら、この映画はまだよくなる。悪いといってるんではなく、広末さんの可能性はこれから大きい、そう思うのです。広末さん、その辺は判ってるみたいです。

なぜなら日本アカデミー賞の方の出席、席上でアレ演技していました。本木さんの隣でいい奥さんみたいな顔になったり、違う顔を見せたり……目まぐるしく変化しました。悪だけをこなしても善だけをこなしても意味はうすい。

善悪を両方、高める中に発見もある。そうでしょう? 欧州も限界、米国も限界、ならば日本を探そう……そこまではいいとして、やれサムライだの、なに武士道って? そんなん、ありきたり。そんな調子で私も行ってみましょうか(笑)

2009年2月22日 (日)

木村多江さん

Tae 実の所、何も見てはいない。単に見たような気になったのであります。本年の日本アカデミー主演女優賞は「ぐるりのこと。」木村多江さんです。何年か前に……もう十何年になったかもしれませんが……最初にCMで木村さんを見かけた時は清冽でしたねえ。

その清冽が、顔の印象ではなく、怪しむとやはりそうで再見すると陰りがあって整って、いい具合に和風で、でも顔そのものではない。顔が出るまでの身体の動きのなめらかさが印象的でした。俳優とは歩く動きと走る姿が基本であります。

一歩動いた自分に意味をつけ、印象づけるのは至難であり、それが出来る俳優は並みではない。今から昔の印象を文章に起こすとそういう事になりますが、果たして私がそう観ていたのか、どうか? はたして……書き出しの1行のようにそれは怪しい。

木村さんの受賞映画は観ておりません。もっと長いドラマで木村さんを観たのは「雨と夢のあとに」という深夜の連続ドラマでした。ここでの主役はすでに死んでおり、死んだ自分に気がつかず、いまだこの世を左往する、幽霊の話です。

時間帯から低予算枠、ずいぶん怪しいドラマであります。その主役の隣人で、主役の娘のお節介をやいている内に、主役に恋愛感情を持ってしまう……後に自分も幽霊と告白に到る。思い出して書いている間に、私も訳が判らなくなって来る。

そういうドラマの演技でした。何という事のない気のいい女性を演じて見せて、自分の部屋にもどる。もどって一人になった時にふいに見せる顔が難しかった。木村さんとしては、その一瞬に自分が幽霊である、この世の未練を演じなければならない。

この世への未練を一瞬の表情で表せます? 幽霊になった事がないって? いえ、あなたも幽霊です。あなたが30代とすれば、もう20代には帰れない、20代からの幽霊であります。私は60才ですから50代の幽霊で、兼任40代の幽霊であります。

ただし、昨日に未練はありません。どんな日々にも若さにも、終わってしまえば何もなかったのと違いはなく、あとは忘れてしまうだけ、化けて出る甲斐性なんてありません……それでも人は過ぎた昔の幽霊です。振り返っても返らなくても。

誰もが帰る所のない幽霊です。やり残した事の未練あるかないか、それは知りませんが、人前ではともかく一人になれば心は翳る。若くはないデビューでやっと役にありついた。木村さんの素顔も透けるようでドラマは悪くありませんでした。

木村さんは初ノミネートで即受賞、うれしそうでした。もう若くはない女性の顔の、すでに清冽を通り越し妖艶の域に入ったその顔と、トロフィ像との間を擦り抜けて行く、あのドラマの幽霊を見たように思ったのは錯覚でしょうか?

写真は雑誌NAVIによります。それからYoutubeで見る木村多江CM集。清冽な陰のある頃はなく、ジイサン殺しの妖艶ばっかりですけどね。

2009年2月21日 (土)

クレイジー・キャッツ

不安な時にはクレイジー・キャッツを聞くといい……そういう話があります。就職時期の不安にも効くと、これはかなり前に聞きました。クレイジーの歌をさんざん聞いて面接会場に行くと落ち着く、判ったような判らぬ話を思い出しました。

私、クレイジー・キャッツはドンピシャ、現役の世代であります。ちょっと前がお笑い3人組で、ちょっと後がザ・ドリフターズ……どちらを取っても似たような効果はあると思われます。ただ一人を取るとすると植木等さんにとどめを刺す。

陰鬱を、インウツと読みますが漢字を見ただけでインウツになるような所はあります。就職面接やその他さまざま、人生の陰鬱につながる事に対して、対抗すべく折り合うべく植木等さんの歌を聞く事が処方箋です。

スーダラ節が代表曲と思われます。あの妙に明るい空気の正体は何なのか私は戸惑い、判らないまま現在に到ります。植木等という人はスーダラ節などの持つ空気感を、歌い終わった後も奇妙に持ち続けます。若い時に身につけた空気感を中年になっても老年になっても、放す事がなかった。

ユーミンが「いちご白書をもう一度」で詞に書いたように、就職はある意味で青春の終りを意味します。青春を終わらせたくない人にとって、巡る時がそれでも祭りの終りを意味する。今の終り、明日の始まりに人は不安になる。

不安の正体は時間です。不安は個人が自分の裁量で克服して行くしかない……だがそれはそれ、何らか対策というので植木等さんを聞く手が考え出された。それは魔術の呪文のように不安から抜け出すことが出来ます。

人によってそれは、寅さん映画だったり、カトケンのビデオだったりして同じ意味かもしれません。それを観て少しの間、不安から抜け出して下さい……でも生きてある事は本来、不安であり、大袈裟にいえば恐ろしい訳です。しかし不安だからこそ別な面で安心できる。

不安と安心が結局おなじでは、言葉の遊びに聞こえますか? 相談員も占師も似たようなもので(笑)……少し実のある事をいえば、ひとりの失業は別な人の就職を意味します。ひとりが喜べば別な一人が悲しむ……この不況の中ではそうとも限りませんが。およそそうです。

スーダラ節の騒々しさは近所にいる人の迷惑です。レクイエムや子守歌を聞きたい人には迷惑です。魔法の呪文のような歌ではあるけれど決して魔法ではない。陽気の力にあふれるけれど、それは束の間、ただの一瞬にすぎない。

最近、そんなクレイジー・キャッツの歌を聞きましたか?

2009年2月20日 (金)

不正経理

熊本県の不正経理のニュースが出ています。差し替え、預け金と呼ばれる取引相手との癒着、および公私混同です。ある程度、偉い人のする悪事で、私などよく判らない部分も多い。最近、大きくいわれた不正経理はキャノンのケースです。6年と言われますが、その前がなかった事はなく、判らない判らなかった。そういう意味ではないか。

県の115部署で不正経理1億円 

県の知事部局、教育委員会、県警の計115部署で、2003年から6年間に計約1億円の不正経理があったことが20日、分かった。昨年11月に県自然保護課で「預け」と呼ばれる不正経理が発覚したのを受け、県が全庁調査。同日の県議会特別委員会で蒲島郁夫知事らが報告、謝罪する見通し。(くまにちによる)

http://www.nishinippon.co.jp/nnp/item/78447

http://mainichi.jp/select/jiken/news/20090213k0000e040068000c.html

あの裁判

Saib 結審、あの裁判に結果が出ました。納得がいかれましたか、それとも?いえ事件自体が変わったというか、極端な事件でした。私としても元々はこういう風に書きたくない事件だった訳です。それが結局こうして取り上げる事になるとはネエ……

裁判員制度自体には、私は肯定的です。それは最初から完成されたいい制度なんてありません。疑問や不都合を乗り越えて、いいものは育てて行くものです。世間からはかけ離れた裁判官という人達の判決に疑問を抱くなら、制度を受け入れる。

それは嫌、あれも嫌、嫌々尽しで全部が嫌なら、それは仕方がありません。どこの国でもしていることを日本だけが出来ないはずはありません……ただ自分が裁判を受ける段取りになって、裁判員が茶髪の姉チャン、金髪兄チャンばかり、だったらゾッとしない。

年配同士、そういう話が出たことがあります。それが年令差別、人を外見から判断する見方であります。金髪兄チャンを信じられず、年配ネクタイ氏に信頼を置くなら、最初から裁判員制度の必要がありません。いくぶん世間離れの裁判官に任せればいい。

裁判になるような事をしておいて……そこにも事情もあるのか。 問題意識が低く自分は裁判員では出廷せず、裁かれる時だけ年配裁判員を選びたいでは勝手が過ぎます。裁判員制度を意識して、検察はこの裁判で変わった方法を導入しました。

それにあおられたのか? 事件自体が変わっていただけか? 被害者も加害者も冷静を失った法廷ではあったという。別に私も直接、見てきた訳ではありません。ニュースを見ただけです。しかしニュースは正確でないという人があります。

何を見て正確とか、不正確を言われるのか……よく判りませんが自分の都合が悪いとニュースの製作にあたられ、漠然と「マスコミは……」と発言される。少し話の筋を違えました。裁判では写真や再現動画が異例に多かったそうです。

求刑は本来、無期くらいを特別に死刑の求刑。その分が逸脱したんです。求刑には検察、被害者側、加害者の意見が揃った。裁判に到る取り調べ過程も短期に進んだ事件でした。最後がキレイに揃った。揃い過ぎる点が、怪しいといえば怪しいきらいはありました。

その事件に普通の結果が出た。私などは、それに納得します。

「死刑どうするんだか知りません。知りたくもない」そういう市民の声をTVカメラが拾っています。日本の死刑は絞首刑と言いますが、首を絞めての窒息死ではないと聞きます。

私も事細かく知っている訳ではない。ただ何も知らないが面倒だから、知りたくもないから死刑を求める、それは無責任な気がします。

2009年2月19日 (木)

熊本城 川村晃

Kawamu_2 

去年一年、熊本城への来訪が多かったと聞きます。無論かなりの数は市内からで、県外からの数ではないので経済効果も限られると思います。不景気の折に、それでも珍しく目出度い話であります。熊本市としては更に基金を募り、城の補修を続けるといいます。

この前の補修は天守閣、昭和34年に再建された鉄筋であって、城で本当に古いのは石垣です。天守閣の再建に功績があったのは株で儲けたお大尽、当時の金で5千万円をポンと差出した。義挙に刺激を受けてたちまち一億八千万が集まったという。

見ていたのか! 私が歳たって、そんな昔は知りません。この本に書いてあります。いい加減な所もありますが、一応は調べて書いてある……だろうと思います。歴史はたいてい曖昧で、書いた人が好きなように書きます。

株大尽というがもう、その人の名前が知れないのか。名前は書いてありません。私が知っているのは広漠とした史跡に草が伸び、風が吹いている光景です。子供が遊ぶのに都合のいい景色ばかりです。株大尽の続きで作ろうと企画……ヒットしたのだから妙案です。

また名無しになってはいけないというのか、城主として今度はプレートを残すそうです……いくら建ててもお城ですから、市民にそれ以上の意味はありません。その昔に加藤の清正公さん、かなり無理して作ったと思います。

清正公さん、時代はすでに徳川の世だったのに、豊臣の世を夢見たフシがある。普通の城より力を入れ、徳川に対抗、それが今に持ち越された原因の一つになっている。この本に書かれた事は、およそ言われた話で珍しくはないが面白い下りがあります。

清正公さん、俗説、毒饅頭を食わされて死んだ事になっています。この本では脳出血とか、頑張り過ぎではなかったか、と仮説があります。清正公の母も寝たきりになった。清正公さんも苦労が重なった……それは並外れた規模の城にも見て取れます。

熊本市民もあまり頑張ると続かなくなる。この復旧にはキリがない。完全になんて出来ない。少しやると勢いが付きます。それでもう少しもう少しと頑張る。それは一面、立派なことだけど、必ずもう一面の不足になります。

他がおろそかになる。つまり一時は持つけれど、長くは持たず、やがて全体を失うことになる。7年に及ぶ朝鮮出兵の後に、毒を呑むように倒れたという清正公さんが、今生きていいたら何をいうか……そう、後は申しますまい。